CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

まさゆめプロジェクト最新情報は、まさゆめサイトへお越しください [2015年02月09日(Mon)]

まさゆめプロジェクトの最新情報は、
http://masayume.or.jp/  からどうぞ!晴れ
のぞみちゃんの夢が叶いました。 [2014年11月07日(Fri)]

のぞみちゃんの夢が叶いました

朝、7時のぞみちゃんの家に集合。
朝からドタバタと準備。
前日はハロウィンということもあり、皆仮装しています。

IMG_6051.JPG

阪神間の天気は曇り。
雨よ、降らないでおくれ!っと願いつつ伊勢神宮へと向かいます。

残念ながら、伊勢神宮は雨でした。
IMG_6126.JPG

でもしっかり、のぞみちゃんはお父さんに抱かれながらお参り。
IMG_6116.JPG

夜は部屋で少し遅い誕生日会と夢実現おめでとうの
ささやかなパーティをしました。
IMG_6167.JPG
IMG_6181.JPG

翌日の空は晴天。
無事に兵庫県まで帰ってきました。
IMG_6281.JPG

ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。















じゅりあちゃんの夢実現の旅 ご報告B [2014年05月01日(Thu)]

4月12日

旅3日目の朝も、ご親戚の方がじゅりあちゃん・お母さんに会いに来てくださいました。
マッサージを受けて、気持ちよさそうなじゅりあちゃん。
暖かく迎えてくださった皆様、本当にありがとうございました。
61.jpg

62.jpg



最後の観光地、琉球村へ。
靴を履かせてもらって、リップクリームを塗ってもらってまーす。
63.jpg

64.jpg


琉球村へ来た、一番の目的は、「エイサーの太鼓を聴く」です。
10時10分ギリギリの到着。
最前列で迫力ある太鼓を聴きました!
そして、最後は民謡にあわせてみんなで踊りました。
65.jpg

66.jpg

67.jpg

68.jpg

69.jpg

70.jpg

71.jpg



エイサーを聴いた後は、園内を周りました。
甘〜いさとうきびジュースの飲んだよ〜。
牛にも会い、お土産を見て、満喫しました。
72.jpg

74.jpg

75.jpg

73.jpg

76.jpg

77.jpg

78.jpg

昼食は、海ぶどう、ラフテー、ブルーシールアイス。
今回もたくさんいただきました。
79.jpg

80.jpg

82.jpg

81.jpg

おちゃめなお母さん〜!!
シャーッ
83.jpg


お土産選びに大忙しのお母さん。
84.jpg


旅の終わりには、
なんと学生さんから、サプライズプレゼント!!
シーサーの置物とキーホルダーをもらいました。
じゅりあちゃん、最高の笑顔を見せてくれました!!
学生さん本当に本当にありがとう!!!
85.jpg

86.jpg

87.jpg



車内にて、学生さんにもらったシーサー。
同じ顔で、ハイチーズ!
90.jpg

89.jpg

那覇空港でお世話になった学生さんとお別れ。
さみしい〜
みんな本当にありがとう。
みんながいてくれなかったら、こんなに安全に、快適に、楽しい旅はできませんでした。
本当にありがとう!!
91.jpg


最後の難関、飛行機をなんとか乗り越え、
関西に帰ってきました。
伊丹空港で迎えてくれた、学生さんと一緒に、
自宅へもどりました。
久しぶりのベッドでほっとしている様子のじゅりあちゃん。
92.jpg

93.jpg

94.jpg


3日間、楽しい旅をありがとうございました。
たくさんの方々に支えていただき、無事帰ってくることができました。
多くの市民の皆様からの寄付、一緒に街頭に立ってくれた学生さん、旅中ずっとサポートしてくれた学生さん、道中サポートしてくださって皆様、沖縄で迎えてくださったご親戚の皆様、数え切れないほどの人がこの旅に関わってくださいました。
写真の中に写るじゅりあちゃん・お母さんの最高の笑顔を見て頂ければ、この旅がどれだけ素敵なものになったか、感じ取っていただけると思います。

関わってくださったすべての皆様に、心より深く感謝申し上げます。


まお会計報告につきましては、後日改めましてご報告させていただきます。
本当にありがとうございました。
じゅりあちゃんの夢実現の旅 ご報告A [2014年05月01日(Thu)]

4月11日

旅2日目は素敵なモーニングから始まります〜!!
18.jpg


朝一番でご親戚の方が、じゅりあちゃんに会いに来てくださいました。
「じゅり〜」とやさしく声をかけてくださいます。
妹のゆりあちゃんの眠るお墓の場所を案内してくださいます。
19.jpg


出発準備中。
学生さんが靴を履くサポートをしてくれています。
お墓までどのように、どこまで入るのか、下見をしにいってくれた学生さんと合流し、
出発します。
20.jpg

22.jpg

21.jpg



ゆりあちゃんのお墓は、少し小高い、畑の中にありました。
海を望み、風が吹き抜けるとても気持ちのいい場所でした。
しかし、お墓の目の前に行くためには、急な坂を下らなくてはいけませんでした。
28.jpg

24.jpg

23.jpg




ご親戚の方や、学生さんの見守る中
18年ぶりにゆりあちゃんと同じ空の下に来ることができました。
じゅりあちゃん、どんなお話できたかな。
周りにいた私たち・・・胸がいっぱいになりました。
25.jpg

27.jpg

26.jpg

30.jpg

31.jpg

29.jpg



次に向かうのは、ちゅら海水族館です。
沖縄らしい、ハイビスカスの道を通ります。
みんなで集合写真〜!!
まさゆめポーズ決まりました。
32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg



まずは腹ごしらえ。
じゅりあちゃんもたくさん食べました。
紅芋の天ぷらに、アイスクリーム!!
おいしかったね〜!!
39.jpg

40.jpg



食後は、イルカショーがあると聞きつけ、向かいます。
イルカの大ジャンプ!!オキちゃんの大ジャンプ!!すごかったです。
歓声が飛び交っていました。
42.jpg

43.jpg

41.jpg



次はいよいよ館内を鑑賞します。
学生さんにサポートもらいながら、進みます。
46.jpg

44.jpg

45.jpg

47.jpg

48.jpg

49.jpg

50.jpg

51.jpg

52.jpg

IMG_2626.jpg



ちゅら海水族館を出て、一度、ホテルにもどりました。
次は、沖縄の海に入りに行きます〜。
お母さんのサポートで海水浴。
まだ少し冷たいけど、気持ちよかったね〜!
53.jpg


なんと、学生さんからシャボン玉のプレゼント!!
54.jpg



夜は、BBQ!!
ご親戚の方が次々とじゅりあちゃん・お母さんに会いにきてくださいました!!
サプライズで、三線を引いてくださる方も。
こんなにたくさんの方が来てくださるなんて、私たちも本当に嬉しかったです。
また、「あなたたちのサポートがなかったら、来ることなんてできなかった。本当にありがとう」という言葉をたくさんいただき、感激しました。
55.jpg

56.jpg

57.jpg

58.jpg



部屋に帰ったのは、23時ごろでしょうか。
じゅりあちゃんもお疲れ模様。
じゅりあちゃんの横で、思わす学生さんが添い寝。
とっても仲良しなまさゆめファミリーです。
59.jpg


お母さんの最高の笑顔いただきました。
本日もお疲れ様でした。
60.jpg
じゅりちゃんの夢実現の旅 ご報告@ [2014年05月01日(Thu)]

2014年4月10日〜12日

「18年前に別れた妹と同じ空の下に行きたい」

というじゅりあちゃんとお母さんの夢が叶いました。

じゅりあちゃん自身も何度も街頭に立ち、一緒に夢実現の資金を集め、

この日のために体調をととのえてきました。



4月10日午後
出発当日は準備のため大忙し。
大量の荷物を車に積み込むため、学生さんたちが助っ人にきてくれました!!
1.jpg


いよいよタクシーに乗り込み、伊丹空港に向けて出発です。
2.jpg

伊丹空港では、チャレンジャー直生くんのお母さんがお見送りに来てくださっていました。
搭乗前の準備中です。
4.jpg


行ってきます〜!!
3.jpg

18年ぶりの飛行機にはストレッチャーで乗り込みます。
5.jpg


たくさんの方々にサポートいただきながら、酸素チューブがひっかからないよう、慎重に慎重に搭乗・・・なんとか寝台に到着しました。
6.jpg


シートベルトを締めて、人工呼吸器に切り替え、酸素の接続も完了!
吸引器セットし、準備完了!!
いよいよ離陸です。
お母さん、スタッフにも緊張が走ります。
7.jpg


ところが、私たちの心配はよそに、じゅりあちゃんはいたって平気そうでした。
お母さんに、水分補給をしてもらい、リラックスモードのじゅりあちゃん。
機内で、直生くんのお母さんから預かった直生くんからの手紙を読みます。
『ゆりあちゃんといっぱい話してきてね』
直生くんありがとう〜!!
9.jpg

10.jpg

8.jpg

11.jpg


約2時間で沖縄、那覇空港に到着〜!!ハイサイ〜!!
那覇空港では、先に行って待ち構えてくれていた学生さんと再会できました!
まずは、救護室で休憩を取ります。
12.jpg


夕食を食べて、ホテルまで介護タクシーで走ります。
移動が長時間になってしまい、じゅりあちゃんもお疲れの模様。
ホテルまで、もう少し。休憩しながら走ります。
じゅりあちゃん頑張って〜。
13.jpg


ようやく、ホテルに到着!!
今日から3日間お世話になります、ホテルオン・ザ・ビーチルー。
部屋の中まで、学生さんにサポートいただきました。
とにかく、無事到着ということで、みんなで始めての集合写真。
16.jpg

17.jpg

15.jpg


いつもとは違うけれども、久々のベッド。
ほっとしてるのかな〜
明日に備えて、よく眠れますように。
14.jpg
ごめんな。そんな言葉では… [2014年01月21日(Tue)]

※このブログは、メールマガジン006号と同様の内容になっております。

ごめんな。そんな言葉では…

「ごめんな」
心の中で、なんどそう言っても
また、心の中で「ごめんな」っと。
私はつぶやいてしまう。

本来であれば、
2月8〜10日にかけて、夢であった
能登半島へのドライブを実行する予定だった。

そのために、
本日のこのメールマガジンから、
夢のチャレンジがスタートする予定だった。

「だった」という言葉は、今や過去形。

脳幹部神経膠腫(小児癌)と闘う11歳の少年、
私やまさゆめfamilyである学生と話すとき、
地図を見ながら語ってくれた。

家族皆で、まさゆめfamilyと一緒に、
ワイワイガヤガヤとドライブを楽しむ予定だった。
何より、「生」を感じてほしかった。

1月16日
必死に涙を堪えながら会場に集まった
まさゆめfamilyの学生8名。
祭壇の前に立つと、
ダムが一気に放水するかのように、涙があふれる。

そしてまさゆめfamilyである学生は、
「このまま終わらしていいんだろうっか」
っと、涙目でみんなで考える。

私は、本当に情けない。
難病の子ども達の夢を夢で終わらせないProjectなのに、
夢を叶えるお手伝いも、
チャレンジャーとして、
スタートラインに立たせてあげる事すらも、
出来なかった。


永眠した11歳の少年と、
少年の弟、その家族。
また、まさゆめfamilyに
ごめん。

まさゆめProjectに、
資金があれば。

もっと資金を集める為に
努力していれば。

もっと早く、
少年と出会えていれば…。

悔やんでも
悔やんでも、
悔やみきれない。

同じことがないように、
緊急性の高い子には
すぐに対応できるように、
これからは、
まさゆめ応援団の募集に力を入れて行こうと思う。
http://masayume.or.jp/donation-monthly/

それで、少しでも
心が晴れるのであれば。

───────────────────────────────
↓本日お送るする予定であったメールです。このメールを送るのを
 機にチャレンジャーとして夢の実現へ挑戦する予定でした。
 宜しければ読んでください。
───────────────────────────────

「ぼくの病気、治るの?」
自分の子どもから真剣な眼差しでそう質問されたら、
私だったらどう答えるだろう。

「お父さん、ちょっといいですか?」大きな病院の病室で、
白衣を着た先生に外に出るよう促され、
身を固くしながら次の一言を待つ。
そして、先生から発せられる信じがたい言葉。
どこか狭い真っ暗な部屋に閉じ込められたような
気分になられたのではないだろうか。

その時の気持ちを「晴斗君11歳(仮名)」のお父さんは、こう語りました。
「ショックではなくて、なんで?」と。
いつも元気いっぱいで動き回っている晴斗が。
社交的で好奇心旺盛な晴斗が。

脳にできた癌細胞。
発症したのは2013年4月で、まだ一年も経っていません。
抗がん剤治療、放射線治療、ステロイド治療。
あらゆる治療を試しました。

その間、いつもと同じように大好きな学校にも行き、
いつも以上に家族との時間を大切にしながら、
日々の生活を送っています。

でも、癌細胞は晴斗君の体を蝕み続け、
体は徐々に、少しずつ、動かなくなってきています。
つい先月(昨年12月)には言葉を話せていたのに、
今はそれも難しくなってきました。

『治』。
今年一年を表す漢字一文字。晴斗君はこう書きました。
俊介くん.jpeg

『癌』としか知らされていない晴斗君。
「治るの?」と聞かれる度にお父さんは言葉を失います。

晴斗君の夢は、自分で考えたドライブコースを車で走ること。
そんな些細な夢であっても、
晴斗君にはもう、先延ばしにする『時間』がありません。

俊介くん 夢内容 - コピー.jpg
────────────────────────
のとドライブに2はく3か 1日目 名古屋よりみちして
ビューサンセット
2かめ しんえつドライブ ビューサンセット
3かめ あいちによって終了
────────────────────────


「(晴斗は)一日一日を生きている」というお父さん。
「病気治るの?頑張って治すよ」
今も、晴斗君は前を向いています。

晴斗君にも家族にも大切な思い出の宝物を。
市民の皆様からご協力頂ければ幸いです。
クリスマス2013 [2013年12月30日(Mon)]

クリスマスキャンペーン2013

関西学院大学1回生が中心となり、
関学、兵庫県立大、神戸松陰女子大、兵庫医療大、甲南大などの学生を巻き込み
実施した、クリスマスキャンペーン2013。

思いが一つになれば、何でもできる。
そんなことを学生から教えられたキャンペーンになりました。

このキャンペーンですごい所は、合計204人の難病の子ども達へのプレゼント
を、学生自身が様々な募金活動を実施して実現しました。
12月初めの街頭募金では、30人を超える学生とチャレンジャーが参画し、
多くの方にご支援頂きました。

その結果、多くの元気と笑顔を届けることができました。

■県立子ども病院にサンタクロース役で参加した学生
県立その@.JPG

■県立子ども病院で、各ベットを回りプレゼントを渡す学生と私(小倉)
県立そのD.JPG県立そのC.JPG県立そのA.JPG

■チャイルドケモハウスさんでの集合写真
チャイケモその@.JPG

■フィンランドから来た?サンタクロースが一人一人丁寧にプレゼントを渡しました。
チャイケモそのB.JPG

■その後は、その場で広げて遊びました〜
チャイケモそのA.JPG


まさゆめfamilyである学生に、
小倉:大変だったでしょう? 
学生:めっちゃ大変でした。
小倉:来年はどうする?
学生:もちろんやります!皆の笑顔を見ていると、疲れなんで吹っ飛びました!!

っと、クリスマスキャンペーン2014が今から楽しみです。

小倉譲 拝
もったいないProject 始動! [2013年12月19日(Thu)]

もったいないProject 始動!

今年4月にスタートしたまさゆめProject
皆様のおかげで、何とか年末を迎えようとしています。

ただ、やはり資金的にはまだまだ足りない現状として、
兵庫県立大学と連携し、「もったいないProject」が年末年始限定でスタート!

もったいないProjectとは、家庭の中に眠る
@書き損じ葉書(年賀状)
A未使用切手
B貴金属(指輪やネックレス等)
C商品券
を、配布された封筒に入れて頂き投函。

封筒はこんなイメージです。
写真 2.JPG写真 1.JPG

その後、換金して

@緊急性の高い子どもへの夢実現費用
Aまさゆめ事務局の経費

として使わせて頂く形になります。

今週火曜日に2,000部配布すると、本日早速1通届きました。
しかも、ご親切に切手まで貼って。
写真.JPG

この封筒は受取人払いになっていますが、経費削減のために貼ってくれていたのです。
本当に、会って感謝申し上げたいほど。
この場を借りてお礼申し上げます。

本当に嬉しいです。

是非、100部単位でご協力して頂ける方を募集しています。
会社で配る!
地域で配る!
PTAで配る!
と言って頂ける方、是非まさゆめProjectまでご連絡ください。
【りょうすけくん夢実現の旅ご報告A】 [2013年10月04日(Fri)]

【りょうすけくんの夢実現の旅 ご報告A】

全員集合したところで、いざ、ヤフオクドームへ!!
23.jpg 

24.jpg

福岡ソフトバンクホークスVS日本ハムファイターズ
26.jpg

〜ファイターズのうちわを持って観戦中〜
28.jpg

27.jpg

試合の後、室内練習場にて、念願の大引選手と会うことが出来ました!!
りょうすけくんの
「キャッチボールしてください」
から始まったキャッチボール。
りょうすけくんは
この日のために、お家でたくさんキャッチボールの練習してきました。
30.jpg

33.jpg

31.jpg

ご家族さん、学生さん一同が涙する中、大引選手とりょうすけくんの静かな、でもあたたかいキャッチボールが始まりました。
大引選手より「ナイスボール」「ナイスキャッチ」の声掛けをいただきながら。

バッティングもしました〜
34.jpg

そのあとは、りょうすけくんが書いた手紙を大引き選手に・・・
35.jpg

36.jpg

大引選手から素敵なプレゼントが!!
これまでの試合で使用していた大切なバットをりょうすけくんに。
39.jpg

38.jpg

41.jpg

最後は大引選手に抱っこしてもらっちゃいました。
りょうすけくん素敵な笑顔を見せてくれました。
42.jpg

45.jpg
今回参加できなかった、仲間の写真をもって。
りょうすけくんの夢実現のためにこれまで一緒に頑張ってきた大切な仲間です。

43.jpg

44.jpg
大引選手本当に、本当にありがとうございました!!

大引選手と会った後は、試合後の球場に招待していただき、
広々とした芝生の上で、かけまわりました。
46.jpg

47.jpg

48.jpg

51.jpg

49.jpg
ベンチにも入れていただきました!!

52.jpg

夢の時間の後は、博多にきたらもつ鍋でしょ!!
ということで、まさゆめファミリーで晩御飯!!
54.jpg

53.jpg

55.jpg

57.jpg

りょうすけくんの夢は
「大引選手とキャッチボールしたい」から

大きくなったら「野球選手になりたい」に。

今回の夢実現によって、りょうすけくんの夢がより大きく広がったようで、

本当に嬉しく思います。

市民の皆様の多大なるサポートのおかげで

無事、りょうすけくんの夢を実現することができました。

また、一緒に夢実現に同行させていただいた私たちにとっても、

一生忘れられない思い出となりました。

本当に本当にありがとうございました。

まだまだ、夢をかなえたい・努力をしたい子供たちはたくさんいます。

どうか、今後ともまさゆめProjectを見守っていただけますよう
よろしくお願いたします。


                                辻 明代 拝











【りょうすけくん夢実現の旅ご報告@】 [2013年10月04日(Fri)]

【りょうすけくんの夢実現の旅 ご報告@】


りょうすけくんの夢が実現いたしましたので、ご報告させていただきます。




脳腫瘍と闘っているりょうすけくんの夢「大引選手とキャッチボールがしたい」

その夢を実現すべく、幾度となく、街頭に立ち、市民の皆様に呼びかけてきました。

その呼びかけに耳を傾けてくださったすべての皆様に感謝申し上げます。


市民の皆様が多大なるサポートをしてくださった

数十人という学生さんが一緒に汗を流してくれた

大引選手が迎えてくれた

旅程中もたくさんの方に支えていただいた

数えきれない感謝の気持ちの中、
来る9月15日、福岡ヤフオクドームへ


前日の9月14日深夜12時
りょうすけくんをサポートする学生メンバー9名の出発準備が始まっていました。

1.jpg

2.jpg

神戸から博多までの道のりは約650q
りょうすけくん家族が到着する福岡空港へ
キャラバンに乗りこみ出発!!
学生のみんなから頂いたパワードリンクで運転乗り切れました!!
5.jpg

車内の様子は・・・
4.jpg

3.jpg

関門海峡にて、魔貫光殺法!?

7.jpg

8.jpg

6.jpg

福岡空港まであと少し!!

9月15日午前9時ようやく福岡空港到着しました。
りょうすけくんの到着を待ちます。

一方、りょうすけくんとご家族は・・・
早朝出発で神戸空港にいました。
航空会社の皆様やパイロットの方に歓迎を受け、人生初の飛行機に乗ります!!

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg
りょうすけ機長!!かっちょいい〜
13.jpg

14.jpg


りょうすけくんご家族が到着しました〜
15.jpg

みんなでトンネルを作ってお出迎え
お母さん感激でもう涙されていましたね
16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

はるちゃんもお気に入りのまさゆめTシャツ着てきてくれました!!
22.jpg


〜続く〜








| 次へ