CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年09月18日

平成21年度第5回運営委員会議事録

平成21年度第5回運営委員会議事録

開催場所  丸柱地区市民センター 和室
開催日時  平成21年9月18日午後8時
出席者   葛原 誠、小島憲二(以上「議題1.獣害アンケートの結果と進め方について」に出席)
       奥野 勇、福森茂雄、稲住幸弘、森里 透、北村 武、前川勇雄、谷本政明、
       奥野忠彦、宮田栄司、城野正巳、林崎 清、小林行雄、川村槐美代、藤森宣博

議事決定事項など

1.獣害状況アンケートの結果と進め方について
   伊賀地域農業改良普及センター主査 中西正明氏より
    丸柱区の獣害アンケートの集計結果の説明あり。
    ・分析結果に基づいて集落点検を実施する。点検の結果いろいろな課題が出てくると
     思われるので、その中から集落で出来るところから取り組んでいくのが良いと思わ
     れる。
    ・丸柱区全体で6ヘクタール弱に被害が出ており、そのうち水稲が5ヘクタールを占め
     ている。
    ・猿は94回発見されているが6回追い払いしただけで、非常に少なくて良くない。人間
     は怖くないという情報を猿に与えていることになる。それが定着すると今度は群れで
     現れて悪さをするようになる。はじめの1匹があとで50匹を呼ぶことになる。猿や鹿を
     見つけたら車から降りて山へ追い払い、里に出にくくする努力をして欲しい。
    など・・・
   阿山支所産業振興課主任 福原淳氏も質問の応答、補足説明あり。
   「獣害状況調査に関する報告書(丸柱地区 農家のみと全体の2種類)」を丸柱の組長
   さんから各組に回覧してもらう。

2.けんずい祭りへの出店について
    今年は各戸に200円のご協賛を頂くようお願いすることになった。
    区のテント出店は無料、丸柱と音羽で一張り出店の予定で、出店の申し込みを既に
    行った。
      詳細説明は小林産業振興部会長より説明あり。
      部会を開き出店の内容を皆で検討した。
      コンニャクをメインに出していこうと決めた。それと甘酒も出す。
       さらに地元産の伊賀焼きの釜に地元産のお米をセットにして、現地で炊きおにぎ
      りにして、来場者に丸柱をアピールしたいが、部会員の人数が少なく、こちらに関し
      てはまちづくり協議会の応援をお願いしたいと考えている。
       なお、けんずい祭りに前述のようなことを行うに当たり、広報を発行して知ってもら
       い、店に出す釜や米の出品を公募したい。
      人選は別の会合を設けて行う。
      店に出す釜や米の公募を行う。

3.10月・11月の行事予定
   ・健康福祉部会
     サロン 8月22日 翌月の防災月間にちなみ、防災について高齢者の取り組み方を
                消防署や社協から来て話をしてもらった。好評であった。
         10月17日 70歳以上の方を対象にハーモニカ・クラブや奇術を見てもらおうか
                と考えて手配も済んでいる。
         11月16日 食事つきサロンを開く予定。松茸ご飯など。
    映画会 10月24日 午後1時から阿山合同で「さんさんホール」にて実施する。チラシを
                回覧して多くの子供に見てもらうよう手配した。
    七草粥 1月 7日 七草粥と共にお茶会を行う。お茶会は吉向氏にお願いして確約が
                とれた。
    ・環境美化部会
      学校道の草刈を10月25日に実施予定。組長集会で回覧させてもらう。
      12月用の葉牡丹の苗を作っている。花が咲きそうなら協力をお願いしたい。
    ・教育文化部会
      人権講演会を阿山合同で10月31日(土)午前10時30分に阿山保健福祉センター
      にて実施予定。今回は歌もふんだんに交えて講演していただく。
      玉滝地区で食育を考えることからテーマを「地産地消の推進」として、みえ出前トー
      クから講演してもらうことになった。おそらく来年の講演会はこのようなテーマにな
      ると思われるので知らせしておいてくださいということであった。
    ・産業振興部会
      獣害研修会を今夜の委員会前半に実施。丸柱区のアンケートの回収率は85.6%
       (9月17日現在)に上った。アンケートのお礼と結果を、20日の組長会から各組に
      回覧してもらい区民の皆さんにも知ってもらう。
      10月11日丸柱区秋祭りに例年のごとくジャンボかぼちゃを出展してもらう。20人ほ
      どの人が育ててくれている。昨年は出展かぼちゃの重さを、見本を参考にして当て
      てもらっていた。今年は机の上に置いたかぼちゃを抱えて重さを当ててもらうように
      しようかと考えている。皆さんから良い考えがあれば教えてもらいたい。
      ハロウィンのかぼちゃを保育所で作ってもらい、今度の9月21日の敬老会の日に市
      民センターに展示し来てくれた方に楽しんでもらう。
      稲のポット栽培を保育所と交流する意味で園児一人にひとつづつ栽培してもらって
      いる。9月下旬に稲刈りを行い、10月21日に収穫祭を執り行う予定である。
      試験植え付けした「ひめあわだれ草」が市民センター正面の斜面に育っている。

5.その他
  ・備品管理の件
    文書で基準を設け残しているところはない。伊賀市では判断基準として、1年以上使
    用するもので、購入価格が1万円以上としている。
  ・ブログ上に議事録などを載せる。
    広く会員以外の方にまちづくり協議会の活動を知ってもらう。
    (→了解。)獣害の情報などは頻繁に発信するように努める。
  ・コピー用紙の件
     コピーする団体は自分で必要枚数を用意してコピーして頂くことにした。これは、有る
    から使うということでは良くないので、皆さんに意識を切り替えてもらう意味から実施し
    た。(トナーは丸柱地域まちづくり協議会が常時使える状態にしておく。)なお、丸柱地
    域まちづくり協議会の各部会がコピーする分は事務局に予め知らせてもらえば必要枚
    数を用意する。
  ・次年度の計画について
    会長より、立案に着手するよう指示があった。

次回運営委員会は、平成21年10月13日(火)午後8時より開催。