CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

『ホッ』と茶屋 参加してきました [2011年04月16日(Sat)]
昨夜、かなり久しぶりに『ホッ』と茶屋に参加してきました。

おいしい夕食(さんまごはんと豚汁、ポテトサラダ)と自分でデコレーションするパンケーキ
をいただきながら歓談する感じでした。

こぐまは遊んでくれるやさしいお兄さんにびったりくっついてレゴで色々作っていました。

私はものすごーいお久しぶりに色々な方と再開して楽しかったです。

ほんと昨年度はまったく積極的に動いてなかったんだと実感。

今年度は攻めの姿勢で色々やっていこうと思いました。

で、ナオさんから『私の嫌いな10の人びと』から『私の○○なひと』を考えるとあったんですが

『私の嫌いな・・・』を読み始めたらおもしろかった!

これ自分で手に入れて読もうと思います。


さ、攻めの姿勢で、ゆるーくぼちぼちがんばります笑い


『IOS26000勉強会』 @ [2011年04月12日(Tue)]
『IOS26000 勉強会』

 第1回 ISOとは

日時 2011年4月10日(日)
場所 カフェ パルル
担当 中村奈津子さん

いよいよ始まりました!
今回はそもそもISOって?というところの勉強会でした。

@ そもそもISOとは

 国際標準化機構(こくさいひょうじゅんかきこう、International Organization for Standardization)、または略称 ISO(アイソ、アイエスオー、イソ)は、電気分野を除く工業分野の国際的な標準である国際規格を策定するための民間の非政府組織  

ISOの第一号は『ネジ』

A ISO26000とは

 SR(社会的責任)についてのISO規格。
 SR(社会的責任)とは何かということと、社気的責任のある方法で組織を運営するために組織が行う必要があることはなにか(課題認識と具体的取り組み指針)ということに関する、世界的な共通理解(ガイドライン)を示している


A ISO26000の特徴

1) あらゆる種類の組織を対象としている
・ 社会的責任に関する、世界初、ほぼ世界共通の国際規格
2) ガイダンス文書である
・ 認証、規制、契約のための使用を意図しない
・ マネジメントシステム規格ではない
3) マルチステイクスホルダー・プロセスによる規格開発
・ 特に先進国の2倍を上回る発展途上国の参加があった。途上国からのCSRに関する国際基準を求める強い声が今回の開発につながっている。
・ 6つのステイクスホルダーグループ(産業・政府・消費者・労働・NPO/NGO・SSRO:サービス・サポート・研究及びその他)の参加。ISO初。
・ 2010年5月総会時点で、99カ国、42機関から450名の専門化が登録。


日本でのNPO/NGOは上からのお声がけではなく代表を選出する組織として『NNネット』が2008年に発足している。

勉強会の資料で日本の検討委員会の名簿を見たんだけれど、どういう基準で選ばれたのだろう。

NPO/NGOは代表を選出してるってことで分かりやすいけれど、労働の分野で参加している組合は連合系だけ。
それで日本の基準決めちゃうんだと思うと、ちょっと考えてしまう。
心して自分が担当する『労働慣行』勉強しなくちゃ!

ISO26000ってなんだか難しそうと思っていましたが、中村さんの分かりやすい説明と皆さんの発言で、ぐぐっと身近に
感じました。

中村さんありがとうございました。
おひさしぶりです・・・ [2011年04月09日(Sat)]
まったく更新していないという・・・。

年度も変わって心機一転!

ボチボチ更新していきます笑顔
『経営者のための労務管理講座』 [2011年04月08日(Fri)]
私の勤めているNPO法人でお世話になっている社労士さんの講座に参加しています。

江南短期大学のオープンカレッジで『経営者のための労務管理講座』に今年で3回目の受講です。

初めて参加した時もそうでしたが、

『労働者と向き合うことが労務管理で大事。』

雇ってやってる・・・そんな経営者はいまどき居ないかとも思うけれど、意外といたりもします。

いかにきちんと対応できるか、それがリスク管理としても生きてくるというお話でした。

仕事として労務管理をやってはいるのですが、やはり一人一人を大事に考えて誠実にやっていくって大事だなぁとおもいます。

勉強しているときはものすごいわかった気でいるのですが、実際の仕事となるとすっかり忘れていてあたふたしてるので、ブログでアウトプットしていきたいです。
プロフィール

まあくまさんの画像
リンク集
早起き生活
Powered by 早起き生活