CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ちょっとひと休み・・「ホッ♪」茶屋 転記 [2010年01月29日(Fri)]
私もお世話になっている『東大手の会』からなかなか楽しそうな
企画のおさそいがありました!

興味がある方はぜひ!(以下転載です。)




ちょっとひと休み
 「ホッ」と茶屋
----------------------------
 ここ最近考えてること、
 ここ最近感じていること、
ことばにすると見えてくる。
 誰かと話すと、つかめたりする。
----------------------------
 お茶しながら、
 おいしいお菓子を食べながら。
 忙しい毎日だからこそ。
 たまには、そんな時間を。
----------------------------
 ひとりではなかなか
 つくれないから、
 ご用意しました
++++++++++++++++++++++++++++
[セッションやワークを!]
人間関係トレーニングのエッセンスを
取り入れつつも、
ふりかえったり、見通してみたり、
じっくり思いにふけってみたり

・・・深すぎず、浅すぎず・・・

ゆったりのんびり、すごします。
++++++++++++++++++++++++++++

会場づくりや場の進行は
クレセント・ワークス小山田奈央が承ります。
なので・・・
21時から小1時間、
ワークショップを体験することも出来ます
参加しても、しなくてもOKです。

まずは、プレオープン
3月19日(金)
時間帯は、18:30〜23:00
入場料:500円(珈琲or紅茶&お菓子つき)
※持ち込みOK(飲み物から、弁当まで)☆



ホントのカフェで。
場所は、
 新栄のカフェパルル
中区新栄2−2−19
新栄グリーンハイツ1階
新栄駅から徒歩3分

ちょっと寄るだけでも、
  しっかり楽しんでいっても大歓迎
お仕事終わりにお立ち寄りください。

※来店を予定される方は、ご一報くださいネ。
*********************************************
お問い合わせ・ご質問は
東大手の会(担当:サイトウ)
hotto.tyaya@gmail.com
080-5135-1100
blog:http://blog.canpan.info/higashiote/
*********************************************


すぐに役立つ研修会 @ [2010年01月20日(Wed)]
『NPO法人・支援センタースタッフ向け研修会』
〜すぐに役立つ研修会〜
 第1回 NPO法人の基本を押さえる

日時 2009年11月27日(金)
場所 あいちNPO交流プラザ
講師 齋藤 雅治さん(特)犬山市民活動支援センター
   矢内 淳 さん 市民活動支援機構ぼらんぽ
   河合 容子さん 市民活動支援機構ぼらんぽ



NPOの職員向けのまとまった研修会ははじめてでものすごく楽しみにしていました。

●あなたの団体をふりかえる

ワークシートを使ってのセミナーでした。

@ 定例総会開催にむけた、理事会・総会の開催スケジュールをつくる

定款を改めて読む事が今までなくて、欠いてある通にスケジュール化するには若干無理があることに気がついた。
総会のスケジュールだけでなく、設立してから何も変わっていなくて、見直す必要性がある。

A 自分の団体の基本情報を整理する

以前『伝えるコツ』というセミナーでチラシを作る作業をしたので、スムーズに作業ができた。
基本情報を整理するということは、誰かに伝えるときに明確にできるし、これを共有することでミッションのズレを防ぐこともできそうだ。

B 団体の年間スケジュールを振り返る。
事務局の仕事の流れをつかめて、これも共有することで仕事を抱え込むことも防げそう(笑)

● NPO法人がしなければならないこと

団体が信頼を得ていくためには、しなければならないことを確実にこなすこと

@ 年1回以上
・ 定時総会の開催(NPO法14条の2)
・ 理事会の開催(定款による)
・ 決算(財産目録、貸借対照表、収支計算書の作成)
・ 事業報告書の作成
・ 財務諸表、事業報告書、社員名簿等県に提出
・ 事業報告書等の事務所据え置き
・ 登記(資産の変更登記)
A 少なくとも2年に1回以上
・ 役員の改選
・ 役員の変更、住所移転等、県に報告
・ 登記(役員変更の登記)

  当たり前だけれど、きちんとやるべきことをして、初め
て認められる。これって団体だけでなく個人的にもいえるんじゃないかな。

●協働の担い手としての力とは

正直、うちは完全事業型なので協働という言葉にピンときませんでした。
たとえ行政でなくても同じことが言えるんじゃないかと思うのですが、ちがうんでしょうか?

全体的にNPOに限らず相手の立場に沿ってやっていくこと
WIN WINの関係が大事じゃないでしょうか?
メンタルバランスワークショップ 最終回 [2010年01月19日(Tue)]
メンタルバランスワークショップ 最終回

日時 2009年1月17日(日)
場所 名古屋学生青年センター
講師 小山田 奈央(クレセントワーク代表)


私的にかなり楽しみにしていました。
なんといっても、小山田さんのほんわかした空気感が大好きです。

正直言うと、性格なのか、思考パターンなのかわからないけれど、かなりのイラチ(関西弁でいうせっかち)なので、余計なことに気が行ってしまったり人を排除したくなったりするのですが、ワークショップをやっていると

『こんな自分でもいいんだ!』

とものすごく肯定的になれます。

今回は最近の自分を振り返ったり、自然のもので自分を置き換えてのワークショップをしました。
それに基づいて今の自分の状態を確かめるために有効な方法なども教わりました。

なかでも人間の中にあるものを
『思考 感情 感覚 存在』
と分けて、
思考と感情は言語化できるから共有出来るが
感覚と存在は言語化できないもので共有不可であるそうです。

このときに『感情は反応でしかない』といわれて、びっくりしました。

何かに感動したり、怒ったり泣いたりっていうことが先だとずっと思っていたのですが、よくよく考えてみると何かに感覚的に反応していやだって思うから怒るわけですよね。

ということはきちんと感覚的でも理由があるから起こっている訳で、そこを冷静に判断できれば、自分の状態を保つことができるってことで・・・。
(冷静にはきっとその場で判断はできないから振り返りでやるとして)

それとネットなどでネガティブな愚痴などを吐き出す掲示板は結局負のスパイラルが起きるのでやめたほうがいいということでした。
確かにお互いにマイナスを共有しあうって疲れてしまうので気をつけようと思いました。

自分の状態を知って他者とうまく付き合う。
難しいけれど、少しづつやってきたいです。

 参加者の皆さん、いつもいつもしゃべりすぎてごめんなさい。でも、すごく楽しかったです。


NPO法人の労務セミナー  アドバンス編 [2010年01月08日(Fri)]
NPO法人の労務セミナー アドバンス編

日時 2009年11月26日(木)
場所 あいちNPO交流プラザ 
講師 加古 朗先生


とにかく加古先生は熱い!完璧にノックアウトされてしまいました。
いつもお世話になっている社労士の先生はうちに秘めている感じなのですが、加古先生はものすごいエネルギッシュ!
話されていた中身も勉強になりましたが、その姿勢に感銘を受けました。

@就業規則 10人以上の事業所は必ず必要。
     (悪質な場合は10万円以上の罰金あり)
  特にきちんと整備しておくのは服務規程で、ここが採用
の決め手となる。
 A労災保険 労働者が一人でも居たら加入
  
  理事長は使用者とみなされるため入れない。
  民間の保険もしくは特別加入(労働保険事務組合*1)
  *1 商工会議所など、事務処理委託をする。
 B雇用保険 週20時間以上は強制加入
  代表理事は入れない。代替を考えておく


安心して働ける職場のためには労働条件のルール作りをきちんとして、それこそが団体をも守っていくことになる。
いつも思っていること(受け売りですが)はやっぱ大切なんやなぁとつくづく思いました。

他にも退職金(機会を見て加入しようと計画中)など、すぐに役立つ情報なども満載でした。

NPO業界はやりがいがあるけれど給料に反映されていないとよく聞きますが、労務の観点から見えてくることって多い気がします。

私もがんばって勉強しなくちゃ!



ファシリテーション入門講座 [2010年01月08日(Fri)]
聴く、書く、感じる、見えてくる
〜ファシリテーション入門講座〜

日時 2009年11月21・22日(土・日)
場所 つながれっとNAGOYA
講師 井上淳之典先生(寺子屋プロジェクト)


以前から興味のあったファシリテーションの講座を受け
に行きました。
はじめに疑問点を付箋に書いていったのですが、正直なところ価値観の違うもの同士がどうやってまとめていくのかにすごく関心がありました。

インタビューゲームやいろいろなワークを通して感じたのは
私は人の話を聴いていなかったということ聞きながら書き留めるのが苦手だということ、そしてまずは受け入れるということです。

聴きながら自分はこう言おうとか色々考えていたり、勝手に解釈していたり。
『自分が伝えたいことと相手の伝わったものにはズレがある』
そのために情報の共有化をし確認と了解を得ることを繰り返していくことをうまくしていくためのツールがファシリテーションなんだと思いました。

ちなみに2日目のワークで解決したいことをテーマにグループでワークをしたときに私の職場の話をテーマに決めたのですが、色々ありつつも何とかまとまりとても面白いものになりました。
内容はトップシークレット(笑)ですが、まったく違う環境の人たちと話すのはものすごく刺激を受けました。

一度受けたぐらいではなかなか身にはなりそうにもありませんが、ここでの経験はかなりの衝撃でした。

自分自身がどうしたいだけでなく、どんな人の意見もまずは受け入れること。

かなりのハードルの高さです。



どう乗り切る?シングルマザーの仕事とくらし [2009年11月05日(Thu)]
sシングルマザー応援セミナー2009

『どう乗り切る?シングルマザーの仕事とくらし』

日時 10月24日(土)

講師 赤石千衣子 (NPO法人しんぐるまざぁず・ふぉーらむ理事)

会場 つながれっとNAGOYA 交流ラウンジ



わたしも4歳の息子をもつシングルマザーなので、すごく関心があり参加してきました。
(諸事情・・・息子がぐずって困った途中参加でした)


NPO法人 しんぐるまざぁず ふぉーらむ の赤石さんのお話は
いままで知らなかったこともたくさんあってすごく面白かったです。

労務に関して言えば

『特定求職雇用開発助成金』

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/c02-4.html

新たにハローワーク等の紹介により高齢者、障害者、母子家庭の母等の
就職が困難な者や緊急就職支援者を継続して雇い入れた事業主に対して
賃金相当額の一部を助成するものです。

金額としては中小企業だと90万くらい出るそうですが

ひどいところだと助成金が出なくなる1年後に解雇してしまう。
しかも助成金を受けていることすら当事者に話していない。

なんてこともあると話しておられました。

今ある制度をきちんと知りかしこく生きていくことは本当に大事なんだと再認識しました。


交流会では全員が輪になってセミナーに着たきっかけ等を話したのですが、
中には今現在離婚に向けて戦おうとしている人たちがいて
去年、自分が苦しかったことを思い出しもらい泣きをしてしまいました。

(かなり見た目と違い情にもろく泣き虫だったりします汗

今の自分があるのはたくさんの人に支えられてきたから。

やはり私は困っている人や苦しんでいる人の力になりたい!と
強く強く思いながら帰ってきました。


『伝えるコツを身につけよう』 [2009年10月06日(Tue)]
9月27日(日)にこまき市民活動ネットワークのNPO講座『伝えるコツを身につけよう〜広報力・コミュニケーション力UP講座』に参加してきました。

『何よりも大切なことは、伝える目的を明確化すること

自分(自分の所属する団体は)どのような団体なのか

何を・誰に・どうやって伝えたいのか』

ということしっかり考えて、整理し伝えていくことが大切だそうです。

いろいろと参考になる話はいっぱいあったのですが、なによりはっとしたのは

『手間暇をおしまない』ことです。

この時代はインターネットなども含めて情報が過多になlっている。
だからこそ、広報(ひろく伝える)ではなく、私があなたに伝えるということが大事で
口コミが一番利用されているのもそのためだそうです。

いかに心をこめて伝えるのか・・・・。

いい活動をしているから、上から情報をシャワーのように伝えるのではなく、1対1でコミュニケーションをするように伝えていくことがだいじなんだなぁと思いました。


あと、びっくりしたのが『最近の若者は600〜400文字くらいまでしか活字を読めない』ということです。
基本、活字大好きの私は信じられないのですが、いかに情報(文字数・色数)のダイエットをするのか・・・。


シンプル族にドーンと響く広報を日々考えている、広告業界の人達はすごいなーと感心しきりです。




プロフィール

まあくまさんの画像
リンク集
早起き生活
Powered by 早起き生活