CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«あけましておめでとうございます | Main | マリスクラブ全国会議»
K38JAPAN 魂の授業 [2015年03月16日(Mon)]

DSC_3409.jpg
マリンスポーツ財団(以下財団)が新潟県立海洋高等学校(以下海洋高校)で
おこなう特殊小型船舶の操船実習の流れで実際に小型船を扱う職業や現場
という視点から財団が所管するK38JAPANのリードインストラクターである
山岡氏が講師として海洋高校で2時間の授業をおこないました演劇
開業間もない北陸新幹線糸魚川駅にて財団職員、山岡氏が糸魚川入り新幹線
当クラブからも1名お手伝いで海洋高校へお邪魔しました。

在学中は海の英才教育を受け、卒業後の進路や余暇に海に触れる可能性が
高い学生に水上オートバイの楽しさ≠場合により地域から嫌われる現状バッド(下向き矢印)
その対応策、優れた機動性、利便性、公的利用等々・・学校では教わらない
水上オートバイのことをクールに熱く笑いを交えて授業をおこないました。

昨年GWの5名が犠牲になった県内での水の事故を踏まえ【ういてまて】や
【セルフサバイバル】の心得と知識を論理的かつ直感的に学生に伝えました。
今回手伝いの合間私も聴講しましたが事前に学ぶ機会は大事であることペン
便利で楽しい道具(水上オートバイ)楽しさと危うさの双方を免許を取得前の
就学時確かな知識として吸収してもらうことが事故や地域のトラブル回避に
きわめて有効であると実感しましたashiato02.gif

Posted by マリスクラブ柏崎 at 23:06 | 海洋教育 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1136250

コメントする
コメント