CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
メニュー
プロフィール

特定非営利活動法人 海の自然史研究所さんの画像
最新記事
南三陸・海のビジターセンターオープンしています。 [2016年12月04日(Sun)]
先月になってしまいますが、海研が運営を委ねられています三陸復興国立公園 南三陸・海のビジターセンターが19日オープンしました。
websiteも立ち上がっています。いろんな自然情報発信や、自然に親しみ学ぶ企画をしていきますので、ぜひ一度お越しください。


IMG_1731.JPG
最新号の「どっとちゃん通信vol.7」を発行しました! [2016年11月08日(Tue)]
「どっとちゃん通信」とは
地域の方々に、もっと地元の魚を知ってもらう、もっと食べてもらう、そしてもっと海に
親しんでもらうためにつくりました。

最新号の「どっとちゃん通信vol.7」を発行しました!!
「どっと」とは南三陸の方言で魚のこと(幼児語)。
今回は大好きな海のそばで働く素敵な女性を取材しました!

「どっとちゃん通信vol.7」はこちら
ここ」に置いてあります。

これまでの記事
「どっとちゃん通信vol.1」はこちら
「どっとちゃん通信vol.2」はこちら
「どっとちゃん通信vol.3」はこちら
「どっとちゃん通信vol.4」はこちら
「どっとちゃん通信vol.5」はこちら
「どっとちゃん通信vol.6」はこちら
Posted by NPO法人 海の自然史研究所 at 16:09 | うみけん日誌 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
石巻市環境市民講座で「この先、海です」 [2016年09月12日(Mon)]
10日土曜日、石巻市環境市民講座で「この先、海です」プログラムを行いました。実際の道路へのペインティングはできなかったのですが、こういうことをこういう意味を持ってやるんですよという説明をすることで、参加者の理解にはつながったかなと思います。
どこかの地域で、道路へのペインティング許可が取られて、実際にこの先海です表示がされるようになったらいいなと期待しています。
IMG_0001.JPG
南三陸町で「ネイチャーキッズ特派員」の受け入れをしました。 [2016年08月25日(Thu)]
南三陸町で、7/26(火)〜29(金)に「ネイチャーキッズ特派員」の受け入れをしました。
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)と株式会社カスミが環境活動・環境教育の一環として2002年より実施している自然体験エコツアー「第15回ネイチャーキッズ特派員」の企画協力・現地受入を、当団体が昨年に引き続き担当することになりました。

「ネイチャーキッズ特派員」は小学校4〜6年生を対象として「自然の恵みと人の暮らしのつながり」をテーマに作文に応募し選抜された子どもたち8名が南三陸町を訪れ、自然体験を通して多様な生物の生きる南三陸の海を知り、また人々の暮らしを学ぶことを目的としています。
P7270114.JPG
4日間のツアーで、スノーケル観察カヤック体験、漁業体験、入谷のトレイル等を通して地域の方々との交流もあり、盛りだくさんの体験をお手伝いさせていただきました。
今回のツアーを通して、自分たちの身の周りの自然を慈しむ気持ちをもってもらえたらなあと思いました。また、今回たくさんの地域の方々にご協力を頂きました。この場をお借りして感謝申し上げます。
0819 8.46.26.jpg
Posted by NPO法人 海の自然史研究所 at 15:49 | うみけん日誌 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
最新号の「どっとちゃん通信vol.6」を発行しました! [2016年08月17日(Wed)]
「どっとちゃん通信」とは
地域の方々に、もっと地元の魚を知ってもらう、もっと食べてもらう、そしてもっと海に
親しんでもらうためにつくりました。

最新号の「どっとちゃん通信vol.6」を発行しました!!
「どっと」とは南三陸の方言で魚のこと(幼児語)。
今回の見所は、新魚市場の内部に迫る!&韮の浜の海ボーイです!

「どっとちゃん通信vol.6」はこちら
ここ」に置いてあります。

これまでの記事
「どっとちゃん通信vol.1」はこちら
「どっとちゃん通信vol.2」はこちら
「どっとちゃん通信vol.3」はこちら
「どっとちゃん通信vol.4」はこちら
「どっとちゃん通信vol.5」はこちら
Posted by NPO法人 海の自然史研究所 at 17:20 | うみけん日誌 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
南三陸町で「海藻おしば講座」を実施しました。 [2016年08月12日(Fri)]
8/9(火)、栃木県から来町された小学生35名向けに、南三陸ポータルセンターにて「海藻おしば講座」を実施しました。海のない栃木県の子どもたちにとって、海水浴の経験は出来ても、海中の海藻を知るという機会はなかなかないようで、貴重な時間を過ごして頂けたようです。

海藻おしば_160809.JPG

海藻おしば_160809A.JPG
未来を担う子どもたちに少しずつでも海への探究心を持ってもらえるようなお手伝いができたらなぁと思います。
Posted by NPO法人 海の自然史研究所 at 14:54 | うみけん日誌 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
海研南三陸オフィス、移転しました! [2016年08月05日(Fri)]
7月中旬、5年間お世話になった仮設魚市場の事務所から
新しくできた南三陸町地方卸売市場の試験室にオフィスを引っ越しました。
(南三陸町地方卸売市場の再建についてはコチラ

↓今までの事務所はここ。
11.jpg


↓新しい事務所はここ
10.jpg



新魚市場はとても大きくて、2階の廊下も凄く長〜いです。
高度衛生管理型市場ということもあり、市場内はいつも清潔にされています。
もちろん、海研のオフィスでもある試験室もきれいに使わせていただいてます。

事務所も片付きました!
12.jpg


2階の廊下からは、水揚げされた魚やセリの様子を下に見ることができ
今はミズタコやシライトマキバイなどが多く水揚げされ、賑わっていますよ!

皆さんも是非、見学に来てくださいね。
スタンドアップパドルサーフィン 通称SUP [2016年07月24日(Sun)]
海研が、南三陸町と石巻市北上で運営をサポートする国立公園ビジターセンターは(それぞれ10月と4月オープン)、自然体験をどんどん進めていく拠点ということでとても特徴的な施設になります。そのプレイベントとして毎月月例で体験プログラムをしているのですが、この18日海の日にはSUP体験会を行いました。
P7180022.JPG
ボードの上にバランス良く立つことがまず難しいのですが、立つことができれば非常にアクティブでもあり、快適でもある海の活動になります。
こういう機会をどんどん作ることで、多くの人が自然に親しみ、自然を好きになって、大事にしていこうって意識が高まっていけばいいなと思っています。
皆さんも、ぜひ南三陸・北上エリアに足を運んで海や森とふれあってみてください。
石巻市環境市民講座vol2 白浜海岸ビーチクリーンアップ [2016年07月24日(Sun)]
昨日、石巻市環境市民講座の十三浜白浜ビーチクリーンアップに講師として参加してきました。「ゴミってなんぞや」「ゴミはなぜ問題?」「ゴミの行く先は」「ゴミの源を知ろう」なんてレクチャーをして、40〜45分ほどのゴミ拾いを行いました。
予想以上にたくさんのゴミがあって(写真のとおりです)、達成感はあったものの複雑な気持ちですねえ。
来週末の30日(土)と31日(日)は、白浜海岸の年に一度の海開きです。来られる方々に、少しでも気持ちよく過ごせていただけたらなあと思っています。
IMG_1388.JPG
13734891_993833387413703_5646547483510125889_o.jpg
石巻市環境市民講座 [2016年07月09日(Sat)]
石巻専修大学にて石巻市環境市民講座の講師を務めてきました。

当初、平井にオファーがありましたが、こちらに来てそんなに経っていないところで、自然のことを語れと言われても難しいとお断りしましたところ、では代わりの方をと相談されまして、ではということでダイビングショップ「ハイブリッジ」を営まれている高橋正祥君(マサ君)をお勧めしました。海の中の綺麗な写真を撮っているし、海岸清掃活動など頑張ってやっていらっしゃるので、講師としてうってつけだと。マサ君、快諾で今回の講師を務めていただくことになりました。

やれやれと思っていたら、2時間のうちの半分ぐらい、やっぱり話しをしてほしいと連絡が来ました。どうしようかと悩んで、そうだ、マサ君に海の中のことを写真を使って説明いただいたら、平井は沖縄で活動してきたことを一般化してこちらの地域の参考になるように話ししたら、美しい海・自然を大事にする気持ちになってもらえて、かつ方法の参考になるのではと思いつき、そんな講義をやってきました。

結果、なかなか良かったのではと。

「なんだよ、成果報告はそれだけか」と言われそうですね、すいません。悩んだ経緯から成果をイメージしていただけたら幸いです。ということで。

13516705_994120404020478_4268101304920196117_n.jpg
ここまで読んでくれてありがとう!ページトップへ