CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« MARE ログブック | Main | 海研メルマガ・会員募集»
メニュー
プロフィール

特定非営利活動法人 海の自然史研究所さんの画像
最新記事
愛媛県今治市で「この先、海です。」しました! [2013年01月25日(Fri)]
2013年1月19日(土)愛媛県今治市桜井公民館を会場に、「この先、海です。プロジェクト」を実施しました。
子どもだけでなく、大人の参加も多かったのがうれしかった。
リンゴを使った学習や絵本、ペイントや周辺の川辺を歩いてみるなどなど、いろんな場面で大人と子どもが関わって良い学習になったと思います。
s2013-01-19 12.02.59.jpg
この日はとても天気が良く、「この先、海です。」ペイントもうまくいきました。
ペイントしている最中も、通りかかる車や近所の人が興味深げにこちらを見てました。
後でペイントを見て、道路のゴミを少しでも減らすことに気づいてくれるといいな。
s2013-01-19 14.04.31.jpg

この公民館のすぐ近くに、川を渡る橋がありましたが、そこにこんな表示がありました!
s2013-01-18 10.12.51.jpg
橋の欄干の一番下で、道路との境のあたりにつけてある表示なので、本当に目立たないのですが、でも、この言葉には「みんなで川をきれいにしよう」という思いがあふれてますね。
さすが、今治!
熊本で「この先、海です」 [2011年07月25日(Mon)]
熊本で「この先、海です。プロジェクト」をしました。

熊本は湧水の多いところ。とても水がきれいです。あちこちに水源があり、豊かな水量で土地を潤しています。

今回の「この先、海です。プロジェクト」はそんな場所で実施しました。

会場となったのは神楽殿。
ピカピカに磨き上げられた木の床に座って、雨水溝の話を聞いてもらいました。



神楽殿の周りの雨水溝も見に行って、そのあとペイントしました。




みんな、この美しい水源を守ってね!

Ocean Ahead (この先、海です)実施しました [2011年06月10日(Fri)]
2011年6月6日、沖縄にある在沖米軍海兵隊のキャンプ・キンザーで、「この先、海です」をしました。
対象は、ガールスカウトの子どもたちとその保護者。
キャンプ内にあるスーパーマーケット前とガールスカウトの教室前でステンシルペイント。子どもたちもとても楽しんでいました。

このスーパーマーケットは、基地内の人たちは基本的にはここで買い物するという場所なので人通りも多く、ここでのペイントはかなり効果的だと思われます!
そうそう。海研のこのプログラムは「この先、海です」という名前ですが、英語圏で実施するときは「Ocean Ahead」という名前で実施してます。
いつもやっている絵本の読み聞かせのパートは、今回は子どもたちが「どうしても私たちが読む」と言ってきかないので、3人に読んでもらいました。
なかなか良かったです。こういうのもアリですね。

この基地の前はすごくきれいなリーフが広がっているのですが、残念なことに、もうすぐここに道路が通ります。
今ある道を有効利用すること、車を減らすことを考えずに、沖縄のセールスポイントでもある美しい海を道路に変えるとは。
やるせないですね。
藤前干潟も「この先、海です」 [2011年01月21日(Fri)]
2010年12月11日に、藤前干潟の稲永ビジターセンターで「この先、海です」を実施しました。
名古屋市の水道局の協力で、地元の雨水の流れ方のプレゼンをしていただきました。
路面ステッカーは後日貼付することにしたので、この日はステンシルペイントをベニヤ板にする、という新しい試みに挑戦。
思ったよりもきれいに仕上がりました。
これの良いところは、ペイントしたものを持って歩ける、というところですね。
人に説明するのに便利です。
海研でも説明ツールとして作っておこうかな、と思いました。

伊里前小学校で「この先、海です」 [2010年12月10日(Fri)]
2010年11月22日(月)宮城県南三陸町の伊里前小学校4年生と「この先、海です。プロジェクト」をしました。
前週に担任の阿部正人先生が「地球上で飲める水はとても少ないんだよ」というアクティビティをしておいてくださいましたので、22日は、絵本の読み聞かせと雨水溝についての写真などを見た後はペイントへ。
真剣にどの生き物をペイントするか選んでいます。



みんな上手にペイントできていました。
このサカナは、伊里前川にやってくるシロウオです。今回の授業を一緒に協働してくださった南三陸町自然環境活用センターの太齋さんが手にマメを作りながら切り出してくださったもの。



このペイントした場所は、大きめの側溝にかかる橋の上。この溝を少し先に行くとすぐに伊里前川に流れ込んでいます。

実はこの場所を前日に下見した時に、ペイントする場所のコンクリートがデコボコしていたのでうまくペンキがのるかどうか心配していたら、橋のすぐ横でお店を経営しているPTA会長さんが、なんと、モルタルの下塗りをしてくださったのです。
写真でもわかるように白いペンキの下に、真新しいモルタルが見えますね。
夜間に猫などが歩かないようにと金タライをかぶせてくださっていたり、コーンを立てておいてくださったり、それはそれはお世話になりました。
しかも、ペイントしている最中には通る車を交通整理して子どもたちの安全管理までしてくださいました。
本当にありがとうございます。

この授業の後、先生から、子どもたちは授業で外に出たらすすんで空き缶を拾ったり、自分たちでチラシを作って周りの人にも知らせようとしたりしていると聞きました。
とてもうれしく思います!
入間で「この先、海です」 [2010年08月11日(Wed)]
2010年8月8日に、入間市青少年活動センターにて「この先、海です。プロジェクト」を実施しました。
この場所からは海はとても遠く、身近に感じることはできませんが、でも、足元にある雨水溝は川を通って長い旅をして海へとすべてを運んでいきます。
体験アクティビティをしたり、絵本を読んでもらったり、地面の下を通って行く雨水溝の水を見せてもらったりして、雨水溝の水の行方を学びました。



みんなに知らせるために道路にペイントもしました。自分でしたペイントには愛着がわきますね。これをみてたくさんの人が雨水溝にゴミが入らないようにと気づいてくれるといいなあ。
そのほかにも人に知らせるための手段としてカードも作りました。
みんなの力作!願いがこもってます。

 

ステンシルペイントしました [2010年06月29日(Tue)]

読谷小学校での授業もいよいよペイントの時になりました。
今回もまた子どもたちの通学路を中心にペイントを行いました。



足や手にペンキがついてしまったりすることもありますが、全部上手にマークが描けました。
ペイントをしながら子どもたちと歩いていると、溝にゴミがたくさん入っているのに気付きます。
「こういうの、誰がするんだろうね」「この間、お父さんがタバコを捨てようとしたから、やめてって言ったよ」などなど。いろいろ話しながら歩きます。

ペイントが終わって教室に戻ってから、「この先、海です」の授業で学んだことを、周りの人たちに伝える練習をしました。
みんないろいろ工夫をしながら、どう説明したらわかりやすいだろう、と考え考え文章を組み立ててました。

朝夕の登下校で、誰かにペイントのことを聞かれたら、上手に説明してね。

今年も「この先、海です」 [2010年06月06日(Sun)]
海研が、4年前に初めて「この先、海です。プロジェクト」を実施し、その後もずっと継続している読谷小学校。今年は、一学期に「この先、海です。プロジェクト」をしようということで、6月にはいって授業を開始しています。
5年生3クラスです。



最初の授業は、「森で海を考える」というアクティビティで、海に流れ込む水がどこからどんなふうに来るのか、自分たちの暮らしが水に与えている影響などを考えました。
そのあと、「ここは海の入口」という絵本を読み、「この先、海です。プロジェクト」の全体のお話をしました。

2回目の授業で、昔から地元で使われてきた湧水池や、きれいな水の流れが集落の中を通った後の排水路の様子、海岸にある雨水溝の排水管の出口などをバスで見学しに行きました。

授業後には、「他の人にも教えてあげたい」「雨水溝にゴミを捨てようとしている人を見かけたら注意したい」などのコメント発表がありました。

その気持ちを、次の授業のポスター作りに生かしてくださいね!


そうそう。
読谷小学校の授業で必ず見学に行く湧水ですが、今回はエビや魚がたくさんいてほっとしました。
前回行ったときには「テナガエビ」が全く見つけられず、代わりに、池のほとりに「いかにも!」という人たちがいたのです。
(いかにも、というのは、夜中の沖縄の山の中や、浅い海などで、希少生物を捕獲して違法に売りさばく人たちっぽい、という意味です)
一緒に行った子どもたちは、さすがにそこまでは気付いていませんでしたが、その人たちが吸っていたタバコを川にポイ捨てしたことはちゃんと見てましたよ。
子どもたちの描くポスターや、雨水溝のペイントを見て、ポイ捨てをやめたり、海や川に生きる生きもののことを考えてくれるようになったりしてほしいです。
Ocean Ahead [2010年04月08日(Thu)]

在沖米軍基地には幼稚園から大学まで学校があり、たくさんの子どもたちが通っています。そのアメリカの小学校の中のひとつで、「この先、海です。プロジェクト」をしました。



もちろん、このコピーも英語にしなくてはいけませんので「Ocean Ahead」とすることにして、これにあわせて、のぼりも、ステッカーもシールもステンシルシートも用意しました。

身の回りにある雨水溝のことを考えるプレゼンテーションと、絵本の読み聞かせ、ステンシルペイントとステッカー貼付をしました。

天気が安定せず、どうなることかと思いましたが、ものすごくフレキシブルな先生方の協力により、からりと晴れた今日、3年生1クラスと4年生3クラス全員、ペイントできました。


読谷小学校 ポスター展 [2010年04月01日(Thu)]
5年生3クラスに、4回にわたって授業をしてきた「この先、海です。プロジェクト」のポスター展が始まりました。
読谷村役場のロビーに、全員のポスターを貼りだしました。



いつもながら、子どもたちのポスターにはパワーがあって、貼りながらついついメッセージを読み、絵に見入ってしまいます。
たくさんの方に見てもらえるといいなあと思います。

| 次へ