CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« うみけん日誌 | Main | この先、海です。 ログブック»
メニュー
プロフィール

特定非営利活動法人 海の自然史研究所さんの画像
最新記事
MAREリーダー養成ワークショップ開催推しました [2014年03月03日(Mon)]
2014年3月1日2日で北海道大学大学院水産科学研究院・函館市産学官交流プラザにて開催したMAREリーダー養成ワークショップは、参加者23名でにぎやかな講習会になりました。

sIMG_3855.jpg

今回は特別にMAREだけでなく、海研オリジナルの教育プログラム「Poseidon」の指導法講座も加え、函館ならではのアクティビティを学んでいただきました。
今後、MAREとPoseidonで海の教育をすすめていってくださいね!

sIMG_3907.jpg
大阪でMAREリーダー養成講座が行われました [2013年11月25日(Mon)]
2013年11月23日、24日で、大阪府青少年海洋センターにてMAREリーダー養成講座が開催されました。
主催は、環境学習支援倶楽部。ジャパンMAREセンターのMARE拠点です。
こちらからも講師を派遣し、一部お手伝いをしました。

sDSCF3634.jpg

この養成講座では、センターで行われていた子どもたちのジュニアリーダー研修会とドッキングさせる試みで、完全な養成講座と、子どもたちにMAREを実施してもらいその様子を見学しながら指導法を学ぶやり方とを組み合わせてありました。
MAREリーダーの養成講座は、指導者たちだけで講座をすすめることがほとんどなので、こういった「実際に子どもたちに指導しているところを見る」というのは、なかなか良いですね。
きっと、子どもたちがどんな反応をするか、など参考になるところも多かったと思います。

sDSCF3669.jpg
愛媛県総合科学博物館でMAREしました [2013年01月25日(Fri)]
2013年1月20日(日)に、愛媛県総合科学博物館にてMAREしました。
午前と午後でそれぞれ低学年向けと高学年向けのMAREをしました。
低学年向けには磯の生きものになって、どんな暮らしをしているか、磯はどんなところかを学びました。
さて、これは何の生きものになっているところでしょう。
s2013-01-20 11.39.50.jpg
8人できっちりつながっていることと、真ん中に背の高い人が入っているというのがヒントです。
そう。ヒザラガイです!
8人でヒザラガイの暮らし方を真似しているところです。
こんなふうに、みんなで次から次へと磯の生きものになりました。

高学年向けには、プランクトンに注目して、どんな適応をしているかを学ぶアクティビティをしました。
s2013-01-20 15.16.32.jpg
自分たちでプランクトンをつくる活動は、いつもみんなものすごく真剣にとりくみます。
理屈がわかっている大人でさえも、最後の最後まで粘ります。
最後に「競争」をしますが、ここでもまたミラクルなプランクトンが誕生しましたよ!
仙台市の小学校でMAREしました [2012年10月20日(Sat)]
2012年10月16日と17日に、仙台市立大野田小学校の3年生4クラス、講師2名で2クラス同時進行でMAREしました。
各クラス3時間を確保していただいたので、子どもたちとたっぷりMAREできました。
またぜひ呼んでくださいね!

sCIMG3550.jpg
台東区環境ふれあい館でMAREしました [2012年08月28日(Tue)]
2012年8月26日に、台東区環境ふれあい館ひまわりの「環境学習講座」にてMAREを実施しました。
こういう募集型での実施の場合、MAREの「一緒に学ぶ。協力して活動する」というところをスムーズに進行するのに最初のアイスブレーキングが大切です。
みんな仲良く活動できたかな?

sCIMG3394.jpg
東海大学海洋科学博物館ボランティアの学生さん向けMARE [2012年05月22日(Tue)]
2012年5月20日 東海大学海洋科学博物館の学生ボランティアスタッフの皆さん向けにMAREを実施しました。
普段の博物館での来館者対応や、企画するイベントプログラムなどに生かせるヒントもたくさんあるんじゃないかと、まずは参加者となってMAREを体験してもらいました。

DSC_0086.jpg


仲間と意見交換したり一緒に考えたり、チームで競争したりしながら学ぶスタイルはどうでしたか?何か、新しい発見はありましたか?
ぜひ、MAREの「教えるコツ」を使ってくださいね!
愛媛県総合科学博物館でMAREしました! [2012年03月15日(Thu)]
2012年3月3日(土)、4日(日)に、愛媛県総合科学博物館でMAREしました。
3日は小学校低学年向けに魚の着ぐるみを使って体の形を学ぶアクティビティ。
4日は小学校高学年向けに鮮魚を使って形態的適応を学ぶアクティビティ。

sCIMG3160.jpg


低学年は、自分で考えたオリジナル魚の絵を描くところもあり。独創的な、しかも、その魚たちが水の中で生きていけるような工夫もこらされた魚たちを描きました。

鮮魚は地元の魚たち。素手で触れるとか手袋が欲しいとか、みんなそれぞれ考えて魚と向き合いました。

sCIMG3170.jpg


さてさて。今回、すごく魅力的な子どもとの出会いがありました!
低学年の部に、なぜか参加していた幼稚園児がひとり。
他の子たちと一緒にどんどん挙手して発言もしてました。
魚の絵も描きましたよ。その魚が、体にどんな工夫を持っているか、ちゃんと説明もしてました。感心!

sCIMG3161.jpg
葛西臨海水族園でMAREしました! [2012年03月04日(Sun)]
2012年2月25日葛西臨海水族園でMAREしました。集まってくれた子どもたちはとても元気が良く、しかも、魚に詳しい!どんどん発言があって活気に満ちたMAREとなりました。側線までみんな回答してくれて、ちょっとびっくりしました。水族園に通って、魚や海への興味をずっと持ち続けて欲しいです。それにしても、マグロは大きくなっていたなあ。
sCIMG3128.jpg

ウォットでMAREしました! [2012年02月12日(Sun)]
2012年1月28日(土)静岡県の浜名湖体験学習施設ウォットにてMAREを実施しました。

ここは、静岡県水産技術研究所浜名湖分場に併設の体験学習施設で、浜名湖に面して建っています。
館内の見学スペースもエリアの生き物が丁寧に解説されており、とても興味深いものでした。
さて、ここでは「サカナをつくろう!」を実施しました。
参加者の中からサカナになってくれる人にボランティアを頼み、みんなで魚をつくりました!

台東区環境ふれあい館でMAREしました! [2011年12月15日(Thu)]

2011年12月4日(日)台東区環境ふれあい館ひまわりでMAREしました。
小学校2年生から5年生、それに保護者のお母さん、いろいろな年代の方が参加してくださいました。
スケッチしたりイラストクイズをしたり。グループごとの作業が多く、知らない同士で座っていても、すぐにみんな協力体制に!



試行錯誤の工作時間は、全員すごい集中力でした。
かなりがんばりましたね。



MAREが終わった後、「また来てほしい」と言ってくれた男の子。
「来年来るよ」という返事に「いつ来るかわかんないから、ずっとここのイベントに来ておく」と。
かわいいなあ。
ありがとう、また会おうね。
| 次へ