CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
メニュー
プロフィール

特定非営利活動法人 海の自然史研究所さんの画像
最新記事
国際海洋リテラシー調査にご協力ください(3月22日まで) [2019年01月29日(Tue)]
sOL表紙.jpg世界の高校生が、海洋科学の学習についてどのように考え、どのような経験をしているのかを理解するための国際海洋リテラシー調査 the Internatyional Ocean Literacy Survey がローレンス科学教育館(カリフォルニア大学バークレー校)により12の言語でおこなわれます。解答の締め切りは2019年3月22日です。できるだけ多くの高校生にこのオンライン調査に参加してもらえるよう、ご協力をお願いします。
(海研は、協力機関として翻訳や広報を担当しています。)

調査のために以下のものが用意されています。(A〜Dはダウンロードできます。)
@オンライン調査のサイト URLもしくは下記QRコードからどうぞ。
QR_Code1548743814.jpg

A高校生に調査の参加を呼びかける際に使える「高校生あて参加呼びかけ台本」
B高校生に調査内容を説明する「高校生向け説明書」
C保護者に調査内容を説明する「保護者向け説明書」
Dこの調査の広報に協力できる方むけの説明書「パートナー向け説明書」

◆ 高校の先生方へ
上記のAをつかって生徒たちに調査に参加するよう呼びかけてください。その際、BとCを手渡し、調査の内容を自分で理解することと、保護者にも理解をしてもらうことを促してください。生徒たちがオンライン調査に参加するURLやQRコードはBに記載してあります。
◆ この調査の広報に協力していただける方へ
上記のDを読んでください。調査の説明やどのように協力をしてほしいかなどが書かれていますので、それをもとに、知り合いの高校生に調査への参加を促したり、高校生にアクセスできる方に調査のことを紹介したりしてください。
◆ 調査に参加するにあたり、所属長あての協力依頼書が必要な方へ
この調査の協力機関である海研もしくは日本海洋学会から協力依頼をお出しできます。ご連絡ください。

この調査では、海洋リテラシーについて、言語、文化、国が異なる高校生たちがどのような知識をもっているかを測定し、比較します。そしてこの調査ツールが、各国でこういった調査を必要とする誰でもが容易に利用できるものになることを目的としています。
この調査に関する詳細は、このwebsiteをご覧ください。日本語では、D「パートナー向け説明書」に調査について説明されています。
この調査の開発は、ローレンス科学教育館(カリフォルニア大学バークレー校)、ヨーテボリ大学(スウェーデン)、全米海洋教育者協会が中心となってすすめてきました。今回の国際海洋リテラシー調査は第4版で、これまでの経緯と第2回の試験調査の結果は論文として詳細に紹介されています。
Géraldine Fauville, Craig Strang, Matthew A. Cannady & Ying-Fang Chen,2018.
Development of the International Ocean Literacy Survey: measuring knowledge across the world.

この調査はオンラインでおこなわれ、解答する個人を特定できる情報は集めません。学校に個人の解答結果が知らされることもありません。答えたくない質問には解答せずにすすむことができ、途中で解答をやめることも可能です。

ひとりでも多くの高校生の参加が得られるよう、ご協力よろしくお願いします。

この件についての問合せは、担当:今宮まで noriko@marinelearning.org
『丸の内キッズジャンボリー2018』でサンゴのテリトリーウォーズします [2018年07月19日(Thu)]
2018年8月14日(火)〜16日(木)に『丸の内キッズジャンボリー』が東京国際フォーラムで開催されます。
ここに出展する「サンゴ礁ってなに?おきなわから出前教室」に、海研はサンゴのテリトリーウォーズを出展します。
今、ウェブから参加者募集中です。
小学校1年生から中学校3年生まで、親子での参加も可。
この会場では、写真展示や劇、サンゴ礁をつくる体験、踊りなど、サンゴ礁に思いをはせるいろいろなことを3日間出展します。
事前申し込みが必要なもの、当日整理券で参加できるもの、自由にお越しいただけるもの、それぞれウェブに表示されていますので、興味のある方は是非こちらをチェックしてみてください。

『丸の内キッズジャンボリー』のイベントパンフレットはここからダウンロードできます。
サンゴのテリトリーウォーズ [2018年03月07日(Wed)]
海研の海洋教育教材のひとつに「サンゴのテリトリーウォーズ」というものがあります。
サンゴとサンゴ礁を理解し、その保全を考えることにつなげる参加体験型のアクティビティです。

小学5年生くらいから大人までが、教室など屋内で学べるようになっています。

このアクティビティについての概要をリーフレットにしました。


“サンゴのテリトリーウォーズ”
南三陸町福興市2018in仙台駅に出展します! [2018年02月01日(Thu)]

2018年2月2〜4日にJR仙台駅で開催される物産展
「南三陸町福興市2018in仙台駅」に南三陸いであるミュージアムショップとして出展します。


おなじみのサケ・カメ生すごろく手ぬぐい、
新商品のアリストテレスのランタンペーパーウェイトまで、
この三日間は仙台駅でお求めいただけます。
また、Tシャツについては特別価格でのご提供となっております。

P2010064.JPG

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
来られない方も、オンラインショップでお買い求めいただけます!
↓↓↓
南三陸いであるミュージアムショップURL
https://ideal.marinelearning.org


*南三陸・海のビジターセンターのミュージアムショップは
5日まで休業いたします。ご了承ください。
P2010062.JPG
石巻・川のビジターセンタースタッフ募集 [2018年01月06日(Sat)]
来年4月に石巻北上に川のビジターセンターがオープンします。これに伴って運営スタッフを募集します。我こそはと思う方、この人いいんじゃないとお勧めいただける方、ぜひご連絡ください。

■就業場所
宮城県石巻市北上町十三浜東田1 石巻・川のビジターセンター
宮城県本吉郡南三陸町戸倉字坂本21-1 南三陸・海のビジターセンター

■業務内容
・川と海のビジターセンターでの運営に関わる業務全般
・自然体験活動の企画運営
・三陸復興国立公園内の自然情報発信

■雇用形態
1.正社員
2.契約社員(パートで週3日〜5日可能な方)
平成30年4月〜平成31年3月31日
契約更新の可能性あり・正職員登用あり

■学歴
大学・大学院もしくは短大・専門学校卒

■年齢
35歳くらいまで

■必要な経験・免許など
・PC操作可能な方(word・excel)
・自然体験活動経験、子どもとのふれあい活動経験
・普通自動車免許

■給与
1.172,000円〜180,000円
2.時間950円
通勤手当
住宅手当
各種資格手当

■就業時間・休日
8:30〜17:30
4週8休のシフト勤務
土日祝出勤あり
21時頃までの業務の日あり

■求人条件など
・社会保険加入(就労時間による)
・喫煙者不可
・土日祝日の出勤可能な方
・NPO法人海の自然史研究所の所属となります

ハローワーク気仙沼0226-41-6720に連絡をいただき、ハローワーク紹介状と履歴書をお送りください。

送付先:987-0781宮城県本吉郡南三陸町戸倉字坂本21-1 南三陸 海のビジターセンター 平井宛
TEL:0226-25-7622
Email:kazuya_hirai@kawatouminovisitorcenter.jp

書類及び面接により選考いたします。
Posted by Peace Kazu at 17:30 | 募集 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「いきもにあ2017」に出展しました! [2017年11月22日(Wed)]

2017年11月11日と12日に、京都市勧業館みやこめっせで開催された
いきもにあ2017に海研「南三陸いであるミュージアムショップ」として出展しました。
いきもにあは、ありとあらゆる「いきもの」好きによる、参加型創作・交流イベントです。
会場ではいきものについての作品やグッズの販売と、研究者の発表が行われました。


海研では南三陸の自然をテーマに作られた教材、Tシャツ、アクセサリー、小物を販売しました。
おなじみのサケ、カメ生すごろくやカジカの生物画Tシャツなどに加えて、
今回は「アリストテレスのランタン ペーパーウェイト」を初お披露目。
南三陸町で漁獲されるキタムラサキウニの口の部分を取り、クリーニングしたものが
レジンに封入されています。こちらは南三陸町の装飾具屋Ventさんとの共同製作グッズです。
志津川湾で起こっている磯焼けの原因のひとつと考えられているウニを食用以外でも
グッズにできないか、という背景から作られています。

PB120009.JPG
商品説明をするスタッフ

PB230107.JPG
アリストテレスのランタン ペーパーウェイト


いであるのブースに立ち寄られた方々にはグッズを通して、
キタムラサキウニやマボヤ、ダンゴウオなどの東北の海の生きものについて、
少しでも知っていただける機会となっていれば幸いです。



石垣島で「この先、海です。プロジェクト」を実施しました [2017年10月25日(Wed)]
2017年10月20日と23日に石垣市立平久保小学校で、
2017年10月24日に石垣市立八島小学校で、「この先、海です。プロジェクト」を実施しました。
この授業は、沖縄県の「赤土等流出防止活動支援事業補助金」のサポートにより、海研と「わくわくサンゴ石垣島」との協働でおこないました。

平久保小学校は石垣島の北部にある小さな小学校。幼稚園児も一緒に、お休みしていた一人を除く全校生徒8人での授業でした。2〜4校時を使っての授業でしたが、台風21号が接近していたこともあり、屋外でのステンシルペイントができるかどうか、心配していました。雨が時折降る中で20日の授業では半分、台風が去った23日に残りのペイントをおこなって、無事完了しました。
20171020平久保小学校.JPG


八島小学校は市街地にある学校で、5年生2クラス34人と一緒に学びました。
こちらは1〜6校時の一日授業。給食まで一緒に食べてがんばりました。
取材に来てくださった各社が、さっそくニュースでとりあげてくれました。
NHKニュース
RBCニュース
やいまタイム
COSIA体験ワークショップ 開催しました [2017年10月17日(Tue)]
2017年10月16日 日本海洋学会秋季大会 イベントC 「第 6 回 COSIA(海洋科学コミュニケーション実践講座)体験ワークショップ」

日本海洋学会でのCOSIA体験WSも6回目になりました。
毎回、COSIAの講座の中からセッションを選んで、その一部を体験してもらうワークショップをしていますが、今回は「海洋の概念を伝える教育プログラムをつくる」というものを実施しました。
イベント会場での海洋教育プログラムの実施を想定し、対象者の年齢や会場のセッティング、人員配置や時間配分、人の導線、そして、海洋教育プログラムの内容も。
たくさんの検討事項を、どのような視点で、どのような配慮で、どのように準備するべきかを検討するワークショップとしました。
もちろん、このワークショップの時間内で完成することはできませんが、検討のポイントを理解していただけるように準備しました。
COSIAは、海洋の専門家がその知見を一般に伝えるスキルを学ぶ講座です。体験WSだけでも参考になるところがあればうれしいです。

sDSCF6785.jpg
日本海洋学会でポスター発表しました [2017年10月16日(Mon)]
仙台市で2017年10月13日(金)〜10月17日(火)に開催された日本海洋学会2017年度秋季大会にて、海洋教育特別ポスターイベントに参加しました。
10月15日(日)仙台国際センター 会議棟でのポスターイベントです。
@地域の海に根ざした海洋教育実践の取り組み(海研)
A南三陸・海のビジターセンターでの海洋教育の取り組み(フィールドミュージアム運営協議会)
の2つを発表しました。
Aのほうの発表者は、海研が事務局をしている協議会です。
この海洋教育特別ポスターイベントには、仲間たちの活動も発表してもらおうと声かけし、
・特定非営利活動法人 浜わらす
・環境水族館 アクアマリンふくしま
・一般財団法人函館国際水産・海洋都市推進機構
・やまがた「科学の花咲く」プロジェクト クラゲマイスター『海月師(クラリエ)』
・函館市立函館高校
・NPO法人 海の自然史研究所
・三陸復興国立公園 南三陸・海のビジターセンター
・気仙沼市立面瀬小学校(ポスター掲示のみ)
の8件の発表となりました。
発表会場で懐かしい面々と会うことができたり、引き継がれた新しい担当の方と会ったりできました。
またこのような機会があったら積極的に発表していきたいと思います。

sDSCF6782.jpg
最新号の「どっとちゃん通信vol.8」を発行しました! [2017年02月09日(Thu)]
「どっとちゃん通信」とは
地域の方々に、もっと地元の魚を知ってもらう、もっと食べてもらう、そしてもっと海に
親しんでもらうためにつくりました。

最新号の「どっとちゃん通信vol.8」を発行しました!!
「どっと」とは南三陸の方言で魚のこと(幼児語)。
今回は新コーナーが盛りだくさん!!

「どっとちゃん通信vol.8」はこちら

ここ」に置いてあります。
これまでの記事
「どっとちゃん通信vol.1」はこちら
「どっとちゃん通信vol.2」はこちら
「どっとちゃん通信vol.3」はこちら
「どっとちゃん通信vol.4」はこちら
「どっとちゃん通信vol.5」はこちら
「どっとちゃん通信vol.6」はこちら
「どっとちゃん通信vol.7」はこちら
Posted by NPO法人 海の自然史研究所 at 15:27 | うみけん日誌 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
ここまで読んでくれてありがとう!ページトップへ