CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

津波マリンハザード研究講座

神戸大学大学院海事科学研究科に、公益財団法人住友電工グループ社会貢献基金の大学講座寄付によって、2013年度から設置された研究室です。南海・東南海地震と、これによる津波に起因する海洋での災害や環境変動に対して、具体的な減災方法を研究・教育しています。


寄付贈呈式 [2013年02月19日(Tue)]
2012年10月に公益財団法人住友電工グループ社会貢献基金の2012年度大学講座寄付に採択され、2013〜2017年度に神戸大学大学院海事科学研究科に「津波マリンハザード研究講座」が設置されることになりました。
2013年2月14日に大阪市にある住友ビルで贈呈式が開催され、講座紹介を行い、目録を贈呈されました。
Posted by 神戸大の林@深江 at 22:24 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(1)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
http://blog.canpan.info/tb/805274
» 2度目のFSU滞在を紹介する前に from 海洋学研究室@深江
4年ぶり、2度目のフロリダ州立大学滞在を開始しました。 あっという間に日がたち、そろそろブログをと思っている間にまた時間がたち、そして今日に至りました。 私の手元には、川北新報の英語版写真集があります。 1年前、深江丸で塩釜に行ったとき見つけました。その時点でFSUに来ることは決まっていたので、私のカウンターパートであるBillに渡すつもりで購入しましたが・・・ここを離れるときに渡そうと思っています。 ここに来る前に、何とかみたび被災地に、とバラバスを探しました(思い直して行きませんでしたが)。そして今、FSUレポートを書く前に、これです。 どちらも自分に対するexcuseでしかありません。それが3年目を迎える私の状態です。 さて、被災地に直接的に何も貢献できない無力な私ですが、こんな情けない事を繰り返したくない、そして災害で起こる社会全体の”辛さの総量”を少しでも減するため、有能な方々の力を借りて仕事を始めました。「津波マリンハザード研究」です。 この仕事を本格的に始める前に、他の滞っていた仕事をここで片付けないと!そして棚ぼたとは言え、来たからにはEnjyoしないと! Go ahead ! 私の3年目の始まりです。 [Read More]
Tracked on 2013年03月11日(Mon) 07:45
コメント
雷 記事投稿方法 雷  右斜め上右斜め上 ”CNAPAN FIELDSはこちら” → ログイン → 上部の”ブログマイページ” → 上の”ブログ” → 記事を書く画面に到着!  ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)
プロフィール

神戸大学大学院海事科学研究科「津波マリンハザード研究講座」さんの画像
リンク集
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/marhazard/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/marhazard/index2_0.xml