CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
まなびのたねネットワークの『まなびのたねまき』
ようこそ!まなびのたねネットワークへアクセスありがとうございます。
学校教育と社会教育において行っている「まなびのたねまき」をご紹介します。
活動カテゴリ一覧
最新記事
<< 2014年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
まなびのたねネットワークの目指すところ


学校教育支援と社会教育支援を通して、
青少年育成と市民が育つ地域社会づくりを目指して活動する「教育支援NPO」です。

人が育つ土壌がしっかりしている地域は元気になります!

私たちは、「教育支援」を通した「地域活性化」を実現していきます。
夏だ!桂島だ!夏祭りボランティア大募集![2012年07月23日(Mon)]
事務局Tです。

いよいよ夏休みに突入しましたね〜グッド(上向き矢印)
私たちがお世話になっている塩竈市浦戸諸島桂島では、
毎年8月13日に夏祭りを行っています。

桂島へは船で30分程度。
カモメにエサをあげているうちに着く小さな島です。
高齢化と過疎化が進む中、
昨年の東日本大震災では島の半分が津波で壊滅しました。

毎年島民が手作りで行う夏祭り。
当日は島へ沢山の人がやってきます。
目の前で打ちあがる花火は見事です!

盆踊りやブース出展など、お祭りを盛り上げるため、
桂島でボランティアしませんか?
学生の皆様をはじめとしてお待ちしていまーす!

*****************************************************
東日本大震災復興支援〜浦戸諸島桂島
夏祭りボランティア募集

日  時:2012年8月13日(月)9:40〜21:30(マリンゲート塩釜発着時間)
場  所:塩竈市浦戸諸島桂島
内  容:島歩き(午前中、島外からいらした方々と一緒に歩く予定です)
     夏祭り会場でのブース運営・販売
     盆踊り(輪に入ってみんなで踊りましょう!)
募集人数:20名程度
持ち物 :浴衣一式(女性の方は着付をお手伝いします)
     おこづかい(出店で買い物して復興を応援しましょう!)
申込方法:7月31日(火)までに、下記の内容をご記入の上
     E-mail info@manabinotane.net
にお申し込みください。
※マリンゲート塩釜までの交通費は自己負担になります。
主  催:桂島夏祭り実行委員会

【申込内容】
@名前
A年齢
BTEL(携帯)
C連絡可能なE-mailアドレス

募集チラシはこちらをご参照ください↓
夏祭りチラシ.pdf
Posted by まなびのたねネットワーク at 18:21 | ボランティア募集!! | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
防災教育ワークショップ開催のお知らせ[2012年07月20日(Fri)]
事務局Tです。

今年3月末に実施した防災教育ワークショップ。
今年度も文部科学省 復興教育支援事業を受け、
下記のとおり開催することとなりました。

今回の対象は小学5年〜中学1年です。
(高校生、大学生、大人の方々で関心のある方はお気軽に問い合わせ願います)
定員がありますので、まずはお申込&ご相談ください。

【防災教育ワークショップin浦戸】
日時:平成24年8月20日(月)〜21日(火)
    ※仙台駅からの参加者はみんなで移動します。
対象:小学5年生〜中学1年生 20名
内容:島の消防団のお話、島あるき、避難体験、サバメシ作り、大学生による防災プログラムなど
参加費:一人7,000円(体験費用、4回の食事代、宿泊費、船代、保険料込)
締切:7月27日(金)
申込み方法:メールかFAXにて
E-mail:info@manabinotane.net
Fax:022-268-4042(LCNo.102と明記)

主催:特定非営利活動法人まなびのたねネットワーク
協力:一般社団法人浦戸夢の愛ランド 兵庫県立大学防災教育センター
後援:宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、塩竈市教育委員会

※チラシはこちらをご参照ください
CCF20120625_00000.jpgCCF20120625_00001.jpg
Posted by まなびのたねネットワーク at 16:39 | 講座・イベント案内 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
自然体験プログラムin浦戸〜カキ 申込締切23日(月)に延長します[2012年07月13日(Fri)]
みなさま

こんにちは、事務局Tです。
「カキのことを理解するには、(講座が)年4回は必要だ」
この言葉を胸に2010年度から始まったこのプログラム。
震災を経ていよいよ今年、念願の年4回連続プログラムを実施しますぴかぴか(新しい)

夏のカキはどんな様子なのでしょうか?
カキはどのような一生を過ごすのでしょうか?
漁師さんはどんな思いでカキに触れ、
浦戸で仕事をしているのでしょうか。

カキがこの世に生れてから私たちの口に入るまで、
その一生と漁師さんをウォッチングするプログラムです。
子どもも、大人も(ボランティアスタッフとしての参加となります)
ぜひお気軽にお問い合わせください。
***************************
みやぎNPO夢ファンド助成事業  
自然体験ツアー in 浦戸 〜カキ養殖の現場を体験しよう!〜

○日にち:平成24年8月4日(土)、9月29日(土)、12月1日(土)、3月23日(土)・24日(日) ※悪天候時は室内で体験プログラムを行います。

○場所:塩釜市浦戸諸島野々島・桂島周辺

○参加費:21,000円(4回分の船代・体験費・昼食代・保険料・宿泊費込)
 ※JR往復分は各自負担となります。

○定員:20名
 ※応募者多数の場合は抽選となります。

○応募締切:7月23日(月)

○主催:特定非営利活動法人まなびのたねネットワーク
 協力:一般社団法人浦戸夢の愛ランド 宮城県漁業協同組合塩竈市浦戸支所桂島

○後援:宮城県教育委員会・仙台市教育委員会・塩竈市教育委員会

○申込方法
 以下の内容について記入の上、info@manabinotane.net
までメールでお申込ください。


 1.名前(ふりがな)
 2.性別
 3.保護者の方のお名前
 4.住所(郵便番号もお願いします)
 5.緊急時連絡先としての電話番号
 6.同メールアドレス(携帯電話が望ましいです)
 7.小学校名
 8.学年
 9.その他特記事項等(アレルギー等)

CCF20120625_00002.jpgCCF20120720_00000.jpg



 【お問い合わせ・申込先】

 NPO法人まなびのたねネットワーク
 電話:090−1376−3572
 FAX:022−268−4042(NO.102と明記)
 メール info@manabinotane.net

*************************   
Posted by まなびのたねネットワーク at 09:02 | 講座・イベント案内 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
JKA補助事業完了のお知らせ(公表)[2012年03月31日(Sat)]
こんにちは、事務局田中です。
財団法人JKA補助事業「新世紀未来創造プロジェクト」
banner3.gif

について、ご報告です。

----------------------------------------------------------
各位

財団法人JKA平成23年度公益事業振興補助事業
新世紀未来創造プロジェクト
地域ふれあい交流活動補助事業について、
下記の通り事業を終了したことをご報告します。

新世紀プロジェクト補助事業完了のお知らせ(事業成果公表).docx

ご協力いただきました皆様、
本当にありがとうございました。

本事業で得られた成果をもとに、
今後も活動を広げてまいりたいと思います。

NPO法人まなびのたねネットワーク一同
-----------------------------------------------------------
Posted by まなびのたねネットワーク at 18:13 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
防災教育ワークショップ開催のお知らせ[2012年03月16日(Fri)]
震災から1年。カキの自然体験を実施させていただいてから、この1年ずっと浦戸諸島桂島に通っておりました。津波被害を受けながらも犠牲者がいなかった桂島。この津波被災地から学ぶことがたくさんあるはず。
この度、当団体では文部科学省 復興教育支援事業を受け、下記のとおり
防災教育ワークショップin浦戸を開催します。
小学生が主な対象ですが、中学生や高校生、大学生、大人の方々のご参加も秘かに歓迎です。
定員がありますので、まずはお申込み&ご相談ください。

【防災教育ワークショップin浦戸】
日時:平成24年3月26日(月)9:00〜15:30
    ※仙台駅から皆で移動します。7:50集合、16:10解散
対象:小学4年生〜6年生 20名
内容:島の消防団のお話し、島あるき、サバメシ作り、グループワークなど
参加費:無料
締切:3月20日(火・祝)
申込み方法:メールかFAXにて
      E-mail:info@manabinotanenw.com
Fax:022-268-4042
主催:特定非営利活動法人まなびのたねネットワーク
協力:一般社団法人浦戸夢の愛ランド
後援:宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、塩竈市教育委員会

Posted by まなびのたねネットワーク at 19:57 | 講座・イベント案内 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
JKA活動報告D小学校編[2012年03月15日(Thu)]
こんにちは、事務局田中です。

財団法人JKA補助事業「平成23年度新世紀プロジェクト
banner3.gif

当団体では今年度実施するキャリア教育の授業や研修事業等について
上記の助成をいただいて実施しています。

今回は、小学校編です。

◆仙台市立古城小学校
2012年1月17日、25日 6年生80名
実施プログラム「ライディング・ア・バス」「夢の設計図」「友達から見た自分」「宝さがしインタビュー」

◆仙台市立虹の丘小学校
2012年1月31日 6年生80名
実施プログラム「お仕事マップ」「お仕事カルタ」

◆仙台市立北六番丁小学校 
2012年2月6日、13日、24日 5年生43名
実施プログラム「ライディング・ア・バス」「夢の設計図」「友達から見た自分」「宝さがしインタビュー」「推薦状発表会」

◆女川町立女川第二小学校  
2012年2月21日、27日 5年生33名、6年生34名
実施プログラム「ライディング・ア・バス」「夢の設計図」「友達から見た自分」「お仕事カルタ」

◆仙台市立栗生小学校
2012年3月1日 6年生117名
実施プログラム「ライディング・ア・バス」「夢の設計図」

onagawa3.JPG
onagawa.JPG
kuriu.JPG
kitaroku.JPG

<児童の感想>
「ライディング・ア・バス」
・YesかNoを選んだあと、意見をたくさん言いました。
・みんな意見が必ず一緒ではなく、みんな分かれていたことに気づいた。
・今日習った「認める」ということをやってみたら、その人の言いたいことや、なぜそうなのかとかがわかりました。
・人とは違う意見を持つことはいいことだと改めて学んだので、私はたくさんの意見を持とうと思いました。

「夢の設計図」
・夢は人に見つけてもらうものではなく、自分で達成するものだと思いました。
・友達添えrぞれがいっぱい夢を持っていたんだなーと思いました。
・人それぞれ考え方が違うけれど、答えは自分の中にあるのだから不正解はない。
・自分でも自分にじっくり聞かないと気づかないこともあるということも学べました。そして、紙に書いていくと何か気づくこともあるということも学べました。

「友達から見た自分」
・友達の良いところを書いてみたら、友達がいいことを書いていたのでうれしかった。
・自分の夢を認められていたのがわかった。
・自分のことをどう知られているか改めて知ったのでよかった。
・みんなに色々なことを書いてもらって自分のことが知れた。

「お仕事マップ」
・いろいろな職業やら何歳からできるのかなど、たくさん知れてよかったです。
・私はやりたいことをどうしたらなれるのか、そしてどうしないとなれないのか、ということが分かった。

「お仕事カルタ」
・いろいろな職業があるなと思った。
・それぞれの仕事で免許や資格が必要なことがわかった。
・みんなと協力して問題の分け方をできて楽しかった。
・仕事をするにも何をするにも人とつながりがないと絶対にできないということが分かった。


Posted by まなびのたねネットワーク at 16:51 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2/27 地域づくり勉強会のお知らせ[2012年02月15日(Wed)]
代表の伊勢です。 一昨年度、新潟点塾の「日本型ファシリテーター養成塾」で
ご一緒したご縁で、木村さんを講師に迎え下記勉強会を開催させて頂きます!
地域づくりに関わる方、コミュニティ・ビジネスやソーシャル・ビジネスに関心のある方
ご参加、お待ちしております!


「地域づくりに関わるお金の話
 〜地域内"志金"循環(お金の地産地消)〜」
 
 
 日時:2012年2月27日(月)19:00〜21:00
 場所:仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール
 定員:60人
 参加費:一人1,000円 学生500円
      当団体会員・んだから会会員 無料
 講師:コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事 木村真樹氏
 内容:≪講話≫ 地域内‘志金’循環、コミュニティ・ビジネス、ソーシャル・ビジネスとは? 
           momoの活動事例紹介、東日本大震災復興支援活動に活かせることなど
     ≪質疑応答≫ それぞれが感じている課題や疑問について、解決のヒントを得よう
           
 ※終了後、懇親会を行います。先着30名 会費一人4,000円 場所は当日お伝えいたします。
 お問い合わせ&申込先
       NPO法人まなびのたねネットワーク
       e-mail:manabinotane@yahoo.co. jp  / fax:022-268-4042(#102と記載)
       ご所属、お名前、懇親会の参加有無を記載の上、お申込みください。
       
【講師プロフィール】
 1977年愛知県名古屋市生まれ。大学卒業後、 地方銀行勤務を経て、A SEED JAPAN事務局長やap bank運営事務局スタッフなどを歴任。
2005年にmomoを設立し、若者たちによる" お金の地産地消"の推進や、社会責任・ 貢献志向の企業やコミュニティビジネス、 NPOへのハンズ
オン支援を行っている。 全国NPOバンク連絡会理事、 東海若手起業塾起業家支援コーディネーター、 NPO法人名古屋NGOセンター理事、
愛知淑徳大学非常勤講師( パブリシティマネジメント入門)なども務める。著書(共著)に『 NPOと社会的企業の経営学』 (ミネルヴァ書房・09年)

 
 momoさんの詳しい活動はこちら
 →http://www.momobank.net/
 

 木村さんの詳しいプロフィールはこちら
 →http://kimura-office.net/ about/profile/post_000039.html


 主催:特定非営利活動法人まなびのたねネットワーク
 協力・協賛:仙台んだから会  (仙台市地域づくり人材育成講座受講生ネットワーク)

Posted by まなびのたねネットワーク at 13:53 | 講座・イベント案内 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ドイツの皆さまへ[2012年01月04日(Wed)]
 
 皆さま、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 
 休みなく復興支援や団体の活動に尽力し、あっという間に激動の2011年が終わりました。
 実は、代表である伊勢のつながりで、ドイツミュンヘン在住の方々が昨年より当団体の
 復興支援活動を応援して下さっています。
 
 この度、1月19日にミュンヘン大学でチャリティコンサートが開催されるそうです。
 なんと、チャリティの収益を当団体に寄付して下さるとのこと。 大変有難いご支援です。 
 
 日本とドイツは昨年、友好150周年を迎えました。
 ドイツの方々も日本の復興を応援してくださっています。
 個人的に世界中に多くの友人がおりますが、国境を越えて日本の、東北の復興を
 応援してくださることは非常に有難く、心強いです。
 しかも顔が見える「つながり」ができるということは、私たちも嬉しいです。

 情報発進もままならない当団体の活動を理解され、つなげて下さった脇田さん、福山さん
 ピアニストの大田さん、ご紹介してくださった世界青年の船同期の田村さんに心から
 感謝いたします。
 そしてミュンヘン大学でのチャリティコンサートのご盛会をお祈り申し上げます。

 以下、ドイツの方々へのメッセージとミュンヘン大学のHPのリンクです。

 

【ドイツの皆さまへ】
2011年3月に起こった津波による被害を受けた宮城(仙台)で活動し、主に子どもたち    
のためにさまざまな活動を通して復興支援を行なっています。今後も親を失った子ども    
たちも含め、将来を担って行く子どもたちが独り立ちできるよう支援を続けていきます。    
皆様からの温かい励ましとご支援に深く感謝いたします。
     
特定非営利活動法人まなびのたねネットワーク 代表 伊勢みゆき 国旗


【Liebe Freunde in Deutschland】

Miyagi (Sendai), ein Nachbarort von Fukushima, ist durch den Tsunami im März 2011 weitestgehend zerstört worden.

Sehr viele Kinder haben ihre Eltern verloren und sind völlig auf Hilfe angewiesen.

Unsere Organisation "Manabi no Tabe" hat sich dieser Kinder angenommen und will sie durch Kindheit und Jugendzeit begleiten, bis sie Selbständigkeit erreichen.

Über Ihre Anteilnahme freuen wir uns sehr und wir bedanken uns sehr herzlich für Ihre Spenden.

Vorsitzende der Hilfsorganisation "Manabi no Tabe"

Miyuki Ise


 Ludwig-Maximilians-Universität München
 Institut für Musikwissenschaft
 Geschwister-Scholl-Platz 1
 80539 München
 GERMANY


 http://www.musikwissenschaft.uni-muenchen.de.de
  The homepageadress of concert is:音符
 http://www.musikwissenschaft.uni-muenchen.de/aktuelles/benefizkonzert/index.html
Posted by まなびのたねネットワーク at 00:48 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
JKA活動報告C研修・講座編[2011年12月27日(Tue)]
こんにちは、事務局の田中です。

財団法人JKA補助事業「平成23年度新世紀プロジェクト
banner3.gif

当団体では今年度実施するキャリア教育の授業や研修事業等について
上記の補助をいただいて実施しています。

今回は2つの講座についてご報告します。

@仙台市適応指導センター相談員研修
2011年8月2日 参加者:30名
内容:仙台自分づくり教育※の意義と必要性、Open/Closed Questions、I/Youメッセージについて
※仙台市教育委員会では「仙台自分づくり教育」としてキャリア教育的な授業を展開しています。

soudanin.JPG

<参加者の感想>
・相手に言われて初めて気づく自分の良さや欠点、悩みもあり面白かったです。
・子どもの対応を振り返るとても良い機会になりました。子どもが一時的でなく心の底から喜んで自信をつけられるようなIメッセージをこれからどんどん見つけて使っていきたいと思います。
・研修を通して学習したことは、子どもの気持ちになって活動することができ、その活動をすることで子どもがどのように感じ、どのように考えるかを学ぶことができたことです。実際に子どもを指導するうえでその活動をする者の気持ちになって考えることは重要だと思います。大変参考になりました。
・仕事以外でも人と人とのかかわりの中で大切なことを学んだ気がします。
・自分づくり教育の意味と必要性については、若い人たちと話す中で個性尊重など、自分が若いころにあまり取り上げられなかった価値観が今は前面に出てきているので、そのような視点からも「自分づくり教育」が必要なのだと気づかされた。


A教育ファシリテーション講座編
2011年10月30日、11月6日、11月20日(全3回連続) 参加者:9名
目的:子どもや参加者が主役になる場を支援するため、ファシリテーションスキルやその考え方を学ぶ
内容:教育現場におけるファシリテーションの活用について/インタビューゲーム/ファシリテーションを用いた授業体験/ファシリテーション・グラフィック演習/マーケティングゲーム/グループワーク「ファシリテーションを用いた授業づくり」

FT.JPG

<参加者の感想>
・マーケティングゲームでは、新たな発見がありました。情報収集の後、加工するということです。今まで自分の考えと人から得た情報で自分の考えを深めるのですね。ちょっとワークシートの形を工夫して、授業で実践してみたいと思います。
・学級活動のあり方を考えさせられました。合意形成する最初の一歩ということにドキリとしました。もう一度新しい目で学活のあり方を見直そうと思います。子どもたちが子どもたちの中で思考しながら自分なりの考えを持てるようになっていく、そんなファシリテーション型の授業づくりに取り組んでまいりたいと思います。
・教育とは、子どもに何を育てることなのか、どんな力をつけてもらうことなのか、根っこのところを一人一人が、そして大人が真剣に考えることの大切さを再認識させられた。市民の声が世論となるためには、学校生活の中で子どもたちが自分の考えを構築でき、主体的に考え、相手を尊ぶスキル(あえて)を養育していくしかないと強く感じた次第です。
・ぜひ来年もこの講座を開設していただいて、教育とファシリテーションの垣根を取り払えるようお力添えをお願いしたいと思いました。
Posted by まなびのたねネットワーク at 17:31 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
JKA活動報告B中学校編[2011年12月20日(Tue)]
こんにちは、事務局田中です。

財団法人JKA補助事業「平成23年度新世紀プロジェクト
banner3.gif

当団体では今年度実施するキャリア教育の授業や研修事業等について
上記の補助をいただいて実施しています。

今回は、仙台市立七郷中学校での授業のご報告です。
2011年9月27日、10月25日、3年生143名
実施プログラム「夢の設計図」「友達から見た自分」「イキカタ・おしごTALK」
ゲスト講師数:7名

今回は、仙台市立沖野中学校での授業のご報告です。
2011年12月6日、13日 1年生150名
実施プログラム「夢の設計図」「いろいろな働き方」「正社員とフリーター」
ゲスト講師数:4名

★授業の様子
okino1.JPG

okino2.JPG

<生徒の感想>
・自分の将来について考えるのはとても楽しかったです。こうなれたらいいなと思っていると顔がにやけてきそうなくらいでした。
・私は昨年から保育士になりたいと思っていました。しかし、その前後に何をしたいかは考えたことすらありませんでした。今日の授業を通して自分のしたい仕事が見えてきた気がします。
・正社員のフリーターのメリット、デメリットがわかった。
・正社員もフリーターも仕事をするって大変なんだということが分かった。
・お母さんってすごいと思いました。
Posted by まなびのたねネットワーク at 16:27 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
まなびのたねネットワーク基本情報

まなびのたねネットワークさんの画像