CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年04月16日

釧路でも


 東日本での震災に伴い、道内全域の沢山の方々が「被災された子供たちや妊婦さん、ご家族を救いたい」とホームステイ受入れを申出てくださいました。
 このたび、また新たに釧路でも新たな支援の輪が広がりました。

● 「被災者ホームステイ受入れ釧路ネットワーク」
 
 ≪ 代表 ≫ 菊池 桂子 氏
   ・連絡先:「食堂くるみ」(釧路市貝塚2-17-35)
   ・電 話:0154−42−7157
 
 菊池桂子さんは、元看護師されていた方で、事務局を手伝ってくださるマシオン恵美香さんはチェルノブイリ事故の翌年からベラルーシの子供たちの里親運動でホストファミリーをされたこともある方です。 
 既に寝具を提供してくださる方や、お部屋を提供してくださる方も集まってきているそうです。

 支援の輪がどんどん広がり、一人でも多くの方が1日も早く安心して生活をスタートさせることができればと願うばかりです。
 釧路地方でボランティアや支援のご協力をいただける方がいらっしゃいましたらご協力をよろしくお願い申し上げます。


posted by 伊東 秀子 at 01:04| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く