CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
参議院議員 大沼みずほ メールマガジン29号 [2016年09月13日(Tue)]
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
参議院議員 大沼みずほ メールマガジン29号
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

暑い日々が続いていますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
参議院議員 大沼みずほです。メルマガ29号をお送りいたします。

冒頭、この度の参議院選挙におきましては、山形県選挙区では、つきの薫自民党公認候補に皆様より温かいご支援をいただいたことに、心からの感謝を申し上げます。結果は、残念ながら、惨敗でありました。自身の力不足を反省するとともに、去る、7月16日(土)には、自民党山形県連において総括を行い、今後は党員の若返り、党員への頻繁な活動報告、各支部に政調会などを設置し、現場の声を具体的に政策提言していく等のご意見をいただきました。これから一歩一歩、地域政党、国民政党として、山形県でも、自民党が支持されていく土台づくりに奔走して参りたいと思います。皆様からのなお一層のご支援のほど、宜しくお願い申し上げます。

今月は、1.外航クルーズ船、酒田入りが決定! 2.護衛艦「いせ」、イージス艦「みょうこう」の視察 3.経済対策に対する党内議論白熱!!の三点をお送りいたします。

1. 外航クルーズ船、酒田入りが決定!

今年3月に、政権交代後初の国土交通省政務三役の酒田港視察が実現しました。外国人観光客はすでに政府の2020年までに2000万人を到達し、政府はその目標を4000万人に新たにしたところです。山形県は、今年、観光客の数が東日本大震災前の数字にようやく回復したところです。

観光客増のためには、酒田港への外国人観光客船の誘致こそが起爆剤になるとの思いから、当選直後から三年間、こつこつと、自民党の中での議連での活動や国交省酒田港湾事務所・上原修二所長と連携しながら、その土台づくりに奔走してきました。江島潔大臣政務官の視察により、接岸にかかる機能強化や観光にかかる設備調査費などの予算およそ2億円が国から交付されることが決定しました。さらに、機運を盛り上げるため、クルーズシンポジウムも開催していただくことができました。

こうした活動や県のご理解もあり、「プロスパーポートさかたポートセールス協議会」の中に、新たに「外航クルーズ船誘致部会」設置いただきました。これにより国、県、市が一体となって誘致活動ができる体制が整いました。そして、20日に、とうとう、その第一歩の夢が叶うことになりました。イタリアのクルーズ船会社が運営する「コスタ・ネオロマンチカ」が来年夏に酒田港入りすることが発表となりました。1800人の観光客が乗船したクルーズ船が酒田港に入ります。一度にこれほどの大規模の観光客が来県することは大変意義深いです。県内各地を周遊してもらうためにも、今後つめなければならない課題もありますが、まずは、第一歩、大きな一歩となりました。

2. 護衛艦「いせ」、イージス艦「みょうこう」の視察

酒田港に寄港した海上自衛隊の護衛艦「いせ」とイージス艦「みょうこう」を7月17日視察しました。
「いせ」はこの春、インドネシア、フィリピン、シンガポールなど南シナ海を訓練航行し、米軍との共同訓練も行ってきました。中国の南シナ海での行動は、国連海洋法条約違反である旨が仲裁裁判所で示されました。今後も中国には法の支配、力や威圧ではなく平和的な手段で問題の解決を図ることを粘り強く訴えていくとともに、日米がともに地域の海洋を守れる体制を整えていかなければなりません。オーストラリアやニュージーランド等ともスムーズに連携が取れる体制を整えていくべく環境整備に尽力していきたいと思います。
また、「みょうこう」は、北朝鮮のミサイル発射などに備えて日本海に配備されているイージス艦です。つい先日も、北朝鮮によるミサイル発射があり、出航されていたとのことでした。それぞれの役割をしっかりと果たしていくためにも人員の確保、人材育成、装備の充実を図るため、働きかけをしっかりとしていきたいと思います。日々、日本を守るために第一線で、頑張っていただいている隊員の皆様に感謝の気持ちでいっぱいとなりました。
3. 経済対策に対する党内議論白熱!!

来月2日に閣議決定する総合経済対策について、自民党内での議論が白熱して行われました。イギリスのEU離脱や世界情勢の不安定化からくる経済不安を吹き飛ばすように、内需の拡大、アベノミクス、ローカルアベノミクスを力強く推進するために、事業規模は、当初の予想20兆円を上回る28兆円を超える見込みです。「働き方改革」や「雇用保険料の引き下げ」、「給付型奨学金の創設」など国民生活の変化に応えるものがトップ事項に掲げられました。特に、若い人達の消費喚起に向けた制度づくりは、構造的な改革も含め、今後も日本の経済を支える土台となります。今後は、社会保障費などの歳出削減も大きなテーマとなりますが、社会福祉の現場とのずれが生じないよう、負担と給付のバランスを一番に、内需拡大と結びつける議論をもっと深掘りしていく必要があります。

さらに、地方では、まだまだ地方創生、ローカルアベノミクスが浸透していません。経済の好循環を力強くまわしていくためにも、地方にしっかりとした財源、さらに、国の進める方向性と合致した政策へのインセンティブが必要です。政府の農産物の輸出1兆円計画を達成するには、ある程度まとまったロットでの輸出が望まれます。高品質の農産物を安定的に基本ロット確保するためには、農地基盤整備や農業と商工業との連携、輸出用の工場整備など土台づくりが喫緊の課題です。農業が基幹産業である山形での地方創生の取り組みは、息の長い取り組みとなりますが、現場がしっかりと動けるように、きめ細やかな政策プランの確立にとり組んで参ります。

経済対策に続く、本予算編成でも引きつづき、山形の現場の皆さまの声を予算に反映させるために、全力で頑張って参ります!

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
◆◇===============================◆◇
【Webサイト:大沼みずほホームページ】
https://mizuho-onuma.jp/ 
【Webサイト:大沼みずほフェイスブック】
https://www.facebook.com/onuma.mizuho
◆◇===============================◆◇
※こちらの大沼みずほメ−ルマガジンは大沼みずほ、大沼みずほ事務所の
スタッフと名刺交換を頂いた方々などに配信させていただいております。

●配信を停止されたい方は、下記のメールアドレスに配信停止の連絡を
お願いします。
mizuho_onuma01@sangiin.go.jp 

◆◇===============================◆◇
発行 大沼みずほ事務所
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館312号室
電話03−6550−0312
---掲載記事の無断転載を禁じます---
◆◇===============================◆◇
Posted by 大沼瑞穂 at 12:48 | この記事のURL
メールマガジン28号 [2016年05月10日(Tue)]

参議院議員 大沼みずほです。メルマガ28号をお送りします。

熊本地震が発生してから、1ヶ月が過ぎようとしています。亡くなられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、今なお、余震で不安な日々を過ごされている被災者の皆様に心よりのお見舞いを申し上げます。

山形県内各地域で、募金活動が行われ、第六師団の掛川師団長をトップとする東北の陸上自衛隊も現場にて復旧活動を行っています。団員の皆様のご家族にとっても心配な日々が続きますが、無事任務を全うされて、戻られることをお祈りいたします。

3月、4月はメルマガ発行ができず、連休明けに2ヶ月分の活動報告となってしまいました。
今月は、1.総務委員会にて初質問、2.江島潔国交政務官の酒田港視察とクルーズシンポジウム 、3.老人介護施設視察と福祉関係者の皆様との意見交換会、4.「政経セミナー2016 in東京」と「地域を語る会総会」の4点をご報告いたします。

1.総務委員会にて初質問
昨年までは、厚生労働委員会に所属しておりましたが、今年からは、総務委員会所属となりました。大臣の所信表明演説に対する質問では、山形に関わる課題について質問しました。山形県はじめ東北の雪国は、毎年除雪費などが足りなくなり、特別交付税を総務省にお願いしています。その割合は、4パーセントから6パーセントになりましたが、いつこれがまた4パーセントに戻るか分からない。そんな不安の声があがっていました。今回法改正により、6パーセントがしっかりと法律の中で定められるようになったため、その意義や重要性について資しました。

また、山形市は今後中核市を目指していきますが、県との権限・財源移譲については、探り合い状態です。国からしっかりと支援していくことが大事だと指摘した上で、国の山形市へのバックアップをお願いしました。さらに、蔵王でのWi-Fi整備や新幹線のトンネル走行中の通信インフラの整備について質問しました。蔵王は台湾など海外からの観光客も増えてきていますが、Wi-Fiがつながらない場所も多く、総務省・観光庁のさらなるバックアップが必要です。

新幹線のトンネル走行中の通信インフラ整備については、「そうした事業が総務省にあるとは知らなかった、トンネル内だから携帯が通じないのは仕方ないと思っていた」など地元の方からも大きな反響をいただき、山形新聞一面にも取り上げていただきました。企業誘致や観光客を呼び込むためには、通信インフラの整備が重要です。今後も、委員会で提起した問題に対し、課題解決に向け、一つずつ丁寧に仕事をしていきたいと思います。

2.江島潔・国交政務官の酒田港視察とクルーズシンポジウム開催
去る3月21日に、政権交代後初の国土交通省政務三役の酒田港視察が実現しました。外国人観光客はすでに政府の2020年までに2000万人を到達し、政府は改めにその目標を4000万人にしたところですが、山形県は、東日本大震災後、55%しか外国人観光客は戻ってきていません。観光客増のためには、酒田港への外国人観光客船の誘致こそが起爆剤になるとの思いから、当選直後からその土台づくりに奔走してきました。

江島潔国土交通大臣政務官の視察により、接岸にかかる機能強化や酒田港を中心とする観光にかかる整備調査費などおよそ2億円の予算が実現化したことは大きな喜びでした。午後には、「酒田港外航クルーズシンポジウム」が開催されました。私は、クルーズ船観光振興議員連盟の幹事として「クルーズ船を取り巻く昨今の情勢」をテーマに講演させていただき、西川公也(同議員連盟会長)にもご出席いただき、支援をお願いしました。

また県のポートセールス協議会の中に、新たに「外航クルーズ船誘致部会」設置いただき、国、県、市が一体となって誘致活動ができる体制が整いました。観光ルートの具体化など各市町村にもご協力いただきながら、客船会社との協議も進めていかなければなりません。今後もなお一層誘致活動に力を入れていきたいと思います。

3.老人介護施設視察と福祉関係者の皆様との意見交換会
山形市内の老人介護施設を視察し、利用者の方々や施設で働く職員の皆様と意見交換させていただきました。利用者からは、「虎屋さんのお孫さん?うちのお父さんは虎屋さんのところの酒しか飲まなかったんだよ、そんぐらい好きだったんだぁ」とお声がけいただいたり、「デイサービスを利用して、体が動くようになった、ここに来るのが楽しみ」等のうれしい報告を受けました。職員の皆様からは「保育園の送迎がつらい、職場に保育所があったらいいのになと思う」、「男性は、女性より育児を理由にした休みがとりづらい」、「子育て支援を充実してほしい」などの声をいただきました。現場の皆様の声をしっかりと国の制度改革において実現できるよう働きかけをしていきたいと思います。

4.「政経セミナー 2016 in 東京」と「地域を語る会総会」
4月4日、東京にて岸田文雄外務大臣を講師としてお迎えし「大沼みずほ政経セミナー」を開催いたしました。岸田大臣からは、「これからの日本外交のゆくえ」というテーマでお話頂きました。「外交は勝った、負けたではなく、そのバランス性に本質がある」との話は大変意義深く、日韓合意やG7外相会合の広島開催などで手腕を発揮されている生のお話を聞く貴重な機会となりました。ご出席、ご支援いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

また、4月16日に開催したJCシニアと現役を中心とした「大沼みずほと地域を語る会(会長:岡崎彌平治)総会」では、松山政司参議院議院運営委員長(元外務副大臣、元日本青年会議所会頭)をお招きし、一年間の活動報告ののち、懇親会を実施しました。山形県内の各地域を回らせていただく中で、本当に地域によって課題が大きく異なることを実感します。山形県全体を見回して、どの地域のどの課題を最初に解決していくべきかの優先順位を考えながら、すべての地域がウィンウィン関係を築けるよう、地域連携もしっかりとできる体制づくりをしていきたいと思います。


<お知らせ>
大沼みずほ国政報告会を開催いたします。
日時:6月11日(土)14:00〜
会場:山形国際ホテル(山形市香澄町3-4-5 023-633-1313)
参加費;:5,000円(当日申し受けます)
講師:環境大臣 丸川珠代 先生
お誘い合わせの上、ご参加ください。

Posted by 大沼瑞穂 at 13:43 | この記事のURL
メールマガジン27号 [2016年03月18日(Fri)]
参議院議員 大沼みずほです。メルマガ27号をお送りします。

四年に一度のうるう年の今年。2月29日の最後の日はどのようにお過ごしに
なりましたか。
春一番が吹き、すっかり春らしい天気で2月も暖かい日が続きました。

さて、2月は、自民党の議員が何かと世間を騒がし、私も地元でいろいろな
ご意見を賜りました。
今月は、1.国会議員の育児休業について、
2.初のふるさと対話集会女性版in 村山、寒河江 
3.自民党山形県連青年局と菓子工業組合青年部との意見交換会
の三点をご報告いたします。


1.国会議員の育児休業について
議員の育児休業に関しては、個人的には、地方議会で制定が進んでいる議員の
病欠、出産、育児、介護にかかる条例を参考に休暇時の歳費のあり方も含め、
国会でも議論すべきと思っています。
現在、病欠や体調不良で国会に出てこなくとも歳費は全額支払われます。育児
のみならず、介護など少子高齢化社会を踏まえて、議員の休暇について包括的
な議論を始めてもいいのではないかと思っています。

男女がともに子育てに参画する社会。共働き世帯が5割を超す現代において、若い
世代の考え方も変わってきています。出産は女性にしかできませんが、子育て
は、ともにしていくことが、今後の日本の当たり前の姿であるように感じます。
国会においても、男女がともに子育てに参画する制度やしくみが整えられること
が望ましいです。


2.初のふるさと対話集会女性版in 村山、寒河江
自民党は、参加者30人以下のマイクを使わないミニ集会「ふるさと対話集会」
を、野党時代に全国各地で実施してきました。
その数、700回以上。議員ひとりひとりが現場を歩き、つぶさにその声を
拾っていく。そうした積み重ねがあって、政権復帰することができました。

与党に戻ってからも、そうした地域政党としての原点を忘れてはいけないと、
ふるさと対話集会は続けられています。
しかし、いつも、前の方で発言をするのは、男性ばかり。女性が手を挙げて
発言することはなかなか難しい。そんなお声もいただいていました。
そのため、今年からふるさと対話集会女性版を全国で開催していくことになり、
栄えある1回目を山形県寒河江市と村山市で開催することになりました。

中央の講師として、上川陽子・党女性活躍推進本部長(前法務大臣、元少子化
担当大臣)に来県いただきました。
出席者からは、「産婦人科、小児科の充実をお願いしたい」、「子どもの遊び場が
もっとほしい」、「息子は航空自衛隊に勤めているが平和安全法制でどのような
ことが変わるのか」、「六次産業化を進めるというけれども、衛生指導をもっと
徹底してほしい」、「ジカ熱対策はどうなっているのか」、「子どものスマートフォン
依存問題の解決方法はあるのか」など女性視点の多様な意見をいただくことができ
ました。今後も、各地域で実施し、女性の声を丁寧に集め、政策立案にいかして
いきたいと思います。

3.自民党山形県連青年局と菓子工業組合青年部との意見交換会
自民党本部に青年局、女性局があるように、各地域の自民党県連にも青年局、
女性局があります。
山形県は、矢吹栄修青年局長を筆頭に、各種団体の青年部との意見交換会や、
党本部の青年局役員を山形に招いて出羽桜さんや天童木工さんにご視察いただく
機会を提供するなど、活発に活動をしています。

このたびは、山形県菓子工業組合青年部の皆様との意見交換会を実施しました。
原材料を取り扱う会社や冷蔵機器の会社なども参加いただき、多岐にわたる
ご意見を頂戴しました。
「消費税増税を前にインボイスのためなど必要な設備投資の負担が重い」、「原料
でお酒などは10%のままだが商品への上乗せはできにくい」、「マイスター制度
の拡充が必要」、等々多くの意見を賜りました。

山形では、いちご大福はもちろんですが、ラ・フランスやシャインマスカット
を使った大福や酒ゼリー、のし梅など地域の特性を生かしたおいしいお菓子が
たくさんあり、若手ががんばっているのも特徴です。
日本酒とお菓子のコラボの話など懇親会でも、いろいろなアイディアが出ました。
各地域で頑張っているお菓子屋さんを応援していくためにも、こうした会を今後
も重ねていきたいと思います。

◆自民党動画配信サイトCafeSta出演のお知らせ◆

3月3日(木)17:00〜
CafeSta 『自民党!この人だぁれ?』に司会として出演いたします。
番組では、自民党国会議員の知られざる一面や素顔に迫ります。
今回のゲストは、参議院議員 三原じゅん子 先生です。

下記のサイトからご覧いただけます。是非、ご覧ください。

CafeStaライブチャンネル
https://www.jimin.jp/activity/movie/0ch_cafe_sta/




¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
◆◇===============================◆◇
【Webサイト:大沼みずほホームページ】
https://mizuho-onuma.jp/ 
【Webサイト:大沼みずほフェイスブック】
https://www.facebook.com/onuma.mizuho
◆◇===============================◆◇
※こちらの大沼みずほメ−ルマガジンは大沼みずほ、大沼みずほ事務所の
スタッフと名刺交換を頂いた方々などに配信させていただいております。

●配信を停止されたい方は、下記のメールアドレスに配信停止の連絡を
お願いします。
mizuho_onuma01@sangiin.go.jp 

◆◇===============================◆◇
発行 大沼みずほ事務所
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館312号室
電話03−6550−0312
---掲載記事の無断転載を禁じます---
◆◇===============================◆◇
Posted by 大沼瑞穂 at 19:01 | この記事のURL