CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«メールマガジン第24号 | Main | メールマガジン26号を発行しました»
メールマガジン第25号 [2016年01月04日(Mon)]
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
参議院議員 大沼みずほ メールマガジン25号
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

参議院議員大沼みずほです。メルマガ25号をお送りいたします。

皆さん、楽しいクリスマス・イブをお過ごしになれましたでしょうか。ちょうど、メルマガも25号となりました。今年も、メルマガをお読み頂いた読者の皆様、ありがとうございました。各地域で「読んでますよ〜!」というお言葉を頂き、励みとなっています。

今年は、本会議での初質問、平和安全法制特別委員会での総理への初質問と当選して2年半の間に大きな仕事をさせて頂く機会を得ました。

1.「女性活躍推進法案」で本会議にて初質問
特に、本会議での初質問は、党本部で当選直後から女性議員の先生方とその法案の骨格を議論してきた「女性活躍推進法案」で行うことができ、大変うれしく思いました。

全国で初めてプルチナくるみん認定を受けた企業が地元の山形銀行であったことも励みとなりました。山形市での初の「女性の集い」の実施や7月に実施した政経セミナーにおいて、宮沢経産大臣(当時)に「女性が働きやすい制度の構築」を直接、女性経営者の皆様と要望を届けることができたのも大きな出来事でした。

国会には、女性議員が10%ほどしかいません。これからも、子育て・介護といった視点はもちろんのこと、幅広く女性の声や気持ちを政治に届けて参りたいと思います。10月からは、党の女性局長代理に昇進しました。各地域で、ふるさと対話集会女性版を行っていくことが決まり、その担当となりました。各地に出向いて、皆さんのお声に耳を傾けて参りたいと思います。

2.総理への初質問
NHKテレビ入りでの総理への初質問も新人議員にはなかなか回ってこないのが通常のようですが、貴重な機会を与えていただきました。平和安全法制については、憲法違反かどうかに論点が絞られ、幅広く北東アジアの安全保障環境や世界の中での日本の平和貢献のあり方が議論されなかったことは大変残念でありました。

私からは、世界各国から、このたびの法案は支持されていること、個別的自衛権と集団的自衛権の違い、中国の脅威だけでなく、日中における防衛交流で海賊対策なども行われていることなど、パネルを使ってわかりやすく平易な言葉で説明できるよう工夫しました。総理からも質問の後、「よかったよ」とのお褒めの言葉を頂戴しました。

平和安全法制については、今後も丁寧に各地で説明責任を果たしていく必要があると感じています。なぜ、日本が中東の平和構築に関与していく必要があるのか、抑止力を高めるとはどういうことなのか。日本においては、防災意識は高いものの、防戦意識というのはまだまだ低いと思います。戦争を防ぎ、平和を構築していくために、日本は、世界でおきている紛争から無関心であってはいけないと思います。今後も外交・防衛分野においてもしっかりと政策を国民一人一人に伝えていきたいと思います。

3.通常国会での役職
本日、1月4日から始まる通常国会での役職につき、自民党幹事長室から連絡がありました。当選以来、所属していた厚生労働委員会から、総務委員会へと代わります。総務委員会においては初めての所属でありますが、理事という大役を仰せつかることになりました。特別交付税や情報通信、郵政など国民生活に直轄する様々な出来事に迅速に対応できるよう、しっかりと務めて参りたいと思います。

また、ODA特別委員会においても、理事の内示をいただきました。昨年は、イラク、ヨルダンのシリア難民キャンプを視察し、国連を通じてのODAの重要性、女性や子どもの人権を守るための日本独自の取り組みなど今後もしっかりと岸田文雄外務大臣の下、議論して参りたいと思います。

昨年に引きつづき、議院運営委員会、憲法審査会の委員も継続となりました。選挙制度改正を含め、憲法改正の議論もしっかりと腰を据えて行って参りたいと思います。


本年も、多くの皆様に支えられての議員生活でした。山形県をはじめとする日本全国の支援者の皆様、ご支援頂いている県内外の企業の皆様、官公庁の皆様、事務所スタッフ、そして家族。心からの感謝を申し上げます。皆様にとって、来年が今年よりもよりよい一年となりますように。来年も大沼みずほへの温かいご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。




¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
◆◇===============================◆◇
【Webサイト:大沼みずほホームページ】
https://mizuho-onuma.jp/ 
【Webサイト:大沼みずほフェイスブック】
https://www.facebook.com/onuma.mizuho
◆◇===============================◆◇
※こちらの大沼みずほメ−ルマガジンは大沼みずほ、大沼みずほ事務所のスタッフと名刺交換を頂いた方々などに配信させていただいております。

●配信を停止されたい方は、下記のメールアドレスに配信停止の連絡をお願いします。
mizuho_onuma01@sangiin.go.jp 

◆◇===============================◆◇
発行 大沼みずほ事務所
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館312号室
電話03−6550−0312
---掲載記事の無断転載を禁じます---
◆◇===============================◆◇
Posted by 大沼瑞穂 at 17:56 | この記事のURL