CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年04月 | Main
タグクラウド
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
スタッフも育ち、育てられて…[2017年05月07日(Sun)]

少し前のことになりますが…

春休みに新1年生〜新4年生の卒園児たちと「まめのきキャンプ」に出かけました。
毎年3月末に計画しているので
今年も最終日がちょうど長年保育スタッフをしているあいちゃんのお誕生日とぶつかりました。
で帰りの電車の中で、子どもたちと「あいちゃん誕生日大作戦」の準備がはじまりました。
折り紙を折ったり、手紙を書いたり…
もちろん本人にはナイショの計画なのですが
「はい、あいちゃんお誕生日おめでとう!」
と小学生になってもナイショができない人もいてバレバレではあるのですが…
そして、折り紙を巡ってケンカ
(はい、それは何も用意していかった私が悪いのです…m(__)m )
まぁ、お誕生日をネタにみんなで楽しんだわけでして…

そんなドタバタの中でも気持ちをしっかり綴ってくれる子どもたち

P1220015.JPG

小学生の成長を感じさせてもらえる旅となりました。

お祝いの準備が整って、無事日野駅に到着
解散場所の「なかだの森」に着いた時には、辺りは真っ暗
お迎えのお母さんたちもクッキーを用意しておいてくれたので
2泊3日、お疲れ様♪
そしてあいちゃんお誕生日おめでとう!!

そうしたら
今年はサプライズで「賞状」を用意していてくれたのです!

P1220017.JPG

「ここは、あいちゃんの居場所です。あいちゃんがいてくれてよかった。ありがとう。」

それから、同じく3月がお誕生日のたもつにも…

P1220019.JPG

「ちっちゃな枠にとらわれず、大人のつまらない視野にはまらず…(中略)
あなたの熱い想いに母も子も魅了されています。たもつがいてくれてよかった。ありがとう。」

うん、うん!!
スタッフが子どもひとりひとりを丸ごと受け入れ
スタッフも親たちからありのままを受け入れられる
忘れられがちな視点だけど
子どもだけでなく、スタッフも幸せであることが欠かせない
決して高いお給料ではないけれど
この温かい人の輪に包まれることが、今貴重なのだと思う

それは、親だって
子どもを真ん中につながった大人の輪の中で育ちあう
失敗しても大丈夫!
むしろ失敗できる『居場所』でありたい
支援する側とされる側の関係でなく
共に考え、学びあい、育ちあう人の輪づくり

今年度も、決して「楽」じゃないけど
「楽しんで」まいりましょう♪

(hiromin)


=======================================
NPO法人子どもへのまなざし
野外保育「まめのめ」は、みなさんの応援に支えられています。
=======================================
★寄付で応援!
★情報シェアで応援!facebook「いいね」で応援!
★お買い物で応援!毎月11日、イオン黄色いレシート
★まなざしの今を「メルマガ」を読んで応援!

街中を歩く「まめのめ」に出会った大人たちが、
その姿を見て「いいね」という輪が広がってくれれば…。

まめのめの子どもたちだけでなく…、
子どもたちが、とことんあそぶ姿をあたたかいまなざしで
見守るおとなが増えると信じています。

そんな願いを込めて。
わたしたちは、みなさんに応援をお願いしたいのです。

野外保育「まめのめ」の詳細はコチラ(↓)
http://www.manazashi2009.sakura.ne.jp/mamenome_new.html
=======================================
Posted by まめのめ at 15:25 | hirominのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
プロフィール

子どもへのまなざしさんの画像
リンク集
QRコード
http://blog.canpan.info/mamenome/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mamenome/index2_0.xml
Support by 日本財団 2010〜2012 スタートアップ助成を頂きました。