CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 子どもへのまなざし | Main | 今週の「まめのめ」 »
タグクラウド
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
手のなかのひかり[2017年07月10日(Mon)]
こんにちは。
久しぶりのブログです。
書かないうちに卒園や入園を迎え、春の様子などが過ぎていってしまいました。
書きたい気持ちと自分事ですが妊娠してパソコンに向き合えない私がいて、やっとのことで書くことができました。

最近の出来事で、6月23日にホタル鑑賞に大地沢に行ってきました。
ホタルは夜に光ります!
そんな夜にホタルを見に行けるのは、とんび(5才)ざりがに(4才)とまめのめ卒園の1年生のみ!
大きい子だけの特別な日!!
24名のまめの子・まめの木が集まり公共交通機関を使って行きました。

集合は14時45分なのに、楽しみにしていたのか早く来て遊んでいるみなさん。
スタッフが行くと「遅い〜」と、とんびのZくんとRくん。
前日から盛り上がっていたので本当にワクワク・ドキドキしている姿はみんなに伝染。1人お母さんとの別れの際に泣いてしまう子もいましたが、みんなが作る楽しそうな雰囲気は伝わったようで出発してからはニコニコ笑顔。
小学生はスポーツ公園と日野駅で合流。合流の際、照れていましたが会うと小学生だけで集まりニタニタと嬉しそうに話している姿が。

DSCN1524.JPG

少しだけ、まめの子と距離がありましたがそんなのはすぐに解消!!
大地沢につき、アスレチックや沢ガニとりなど遊び始めると去年のみなさまに大変身。
いつも一緒にいるんじゃないかと思うほど。
自然と関わって遊んでその場を楽しんでいました。
大人なんていらない感じ!そんな感じがまたいいですよね〜。みんなの様子をみて嬉しくなってニヤニヤしている大人でした。(笑)
遊びには喧嘩がつきもの。でも喧嘩をしても今までの関係性もあるので話し合って解決へ。うまくいかないときだけ大人の出番。話を聞き、どうしたいのか聞くと自分たちで考え動き出すみなさん。喧嘩の仲裁に入りつつも、「なんかこのまま暗くならずにずーっと一緒に入れたら楽しいのに」って思っちゃいました。

P1250358.JPG

今日は、お弁当が夕飯に変身!お母さんたちの愛情こもったお弁当(夕飯)を夕方に食べているからか、いつもと違う感じがしましたがいっぱい食べ遊び出すみなさん。

残念なことに遊んで居ると次第に空は暗くなってきて、19時半過ぎには真っ暗に。楽しみではやく行きたい子と、少し暗くなってドキドキしている子といましたが、みんなで一度集まり気持ちを落ち着かせてから行くことに。
ホタルの「ほ、ほ、ほーたるこい」を静かに歌いながら行くと、すぐにふら〜と飛んでいるホタルの光が!!
「いたよ〜」や「ほらあそこにも〜」など発見したまめの子たちの声が続々。水田の横の道を歩くと次第にいっぱいのホタルの光がきれいに輝いていました。

P1250367.JPG

とんびのYちゃんの手にはホタルがのってきて「みてみてのった〜」と手にのったホタルを嬉しそうに、でもちっちゃい光で「大丈夫かな〜」と心配そうに見せてくれました。「手にのってもつぶさなければ死んだりしないよ」と声をかけると手を広げたままじーっとみて少ししてから飛んでいくのを見守っていました。
何を感じたのかな〜

ホタルの光をみて子どもたちは何を感じているのだろう?
(今年は蛍がいっぱい出ていたこと、まめの子の手の上で光っていることが多かったきが…)
“キレ〜”とかだけじゃなく、みんなで大地沢にきたこと、遊べたこと、喧嘩したこと、どんな気持ちが残っていくのかわからないけど、それぞれきっと来年もホタルの時期がきたら何かしら覚えているのだろうな〜!!
毎年、とんびさんが、ざりがにさんに「ホタル楽しかったよ〜」「大地沢にいくの〜それも夜〜」などなど伝えてくれるのを聞いているとみんな覚えてるんですよね。
まぁ、どんなきもちでもいっぱい遊べたならOK!
毎年、特別な時間を一緒に過ごせることが嬉しいな〜
また、来年も行こうね〜

ちなみに、まめの木のRくんの車で一緒に帰ったとき、少しするとRくんは寝てました。ひろみさんの乗った車でもとんびのRくんやHくんもすぐに寝てしまったとのこと。
みんな力尽きるまで遊んでたんだね〜!楽しかったね〜!!
夜のお迎えでしたが、現地までお母さんやお父さん達が来てくれるので力尽きるまで遊べると実感。本当に感謝です!ありがとうございます!

ゆきんこ

=======================================
NPO法人子どもへのまなざし
野外保育「まめのめ」は、みなさんの応援に支えられています。
=======================================
★情報シェアで応援!facebook「いいね」で応援!
★お買い物で応援!毎月11日、イオン黄色いレシート
まなざしの今を「メルマガ」を読んで応援!
寄付や会員になって応援!

街中を歩く「まめのめ」に出会った大人たちが、
その姿を見て「いいね」という輪が広がってくれれば…。

まめのめの子どもたちだけでなく…、
子どもたちが、とことんあそぶ姿をあたたかいまなざしで
見守るおとなが増えると信じています。

そんな願いを込めて。
わたしたちは、みなさんに応援をお願いしたいのです。

野外保育「まめのめ」の詳細はコチラ(↓)
http://www.manazashi2009.sakura.ne.jp/mamenome_new.html
=======================================
Posted by まめのめ at 18:33 | ゆきんこのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
おとまり[2016年11月01日(Tue)]
こんにちは
先月の話になりますが、10月26日から3泊4日のお泊まりに行ってきました〜

お泊まり1日目の朝から…

「やった〜大地沢」(^o^)

と、朝から嬉しそうに集まってくる、とんびさん(年長)・ざりがにさん(年中)たち
10月26日〜29日まで3泊4日の冒険に出発する14名の仲間たち
泣き出す子も見当たらず、お母さんと元気に別れて

P1140570.JPG

さあ、出発!!

電車の中でも嬉しそうに話すまめの子たち
高尾山口をおりると高尾山に登る人でいっぱい、そこを通り抜けいざ山のなかへ
草戸峠に行く人は少なくて、すいている山道を上り始めてすぐ
ざりがにさんのAちゃんとYきちゃんが「山登りやだ〜」だって!!
最初が少しきつい登りになっていますが登り始めたばかりなのに・・・
「じゃ、ばいば〜い」と言うと「いやだ〜」と言いながら笑っている2人。
ふざけあう2人と一緒にふざけながら登りました!
Aちゃん、Yきちゃんは山登り中も手をつないで歩き
「どっちかが転ぶとともう1人も転んじゃうかもよ〜」と言っているさなか2人でコテ。
あ〜転けた!でもケラケラ笑い楽しそう。
3泊4日ずーっとAちゃんとYちゃんはどこに行っても、誰といても笑顔が絶えず過ごしていました。

今回の山登りの中で、いつも先頭にいたのがざりがにさんのHくん。
普段、先頭にこだわらないHくんが張り切っており先頭をキープ!
「登るの得意なんだ〜」と自慢げに。

P1160458.JPG

とても楽しみにしていたみたいで、山の中の探検もその中で起きることも、遊びも、みんなでのお風呂や寝ること全てにおいて全力で楽しんでおり、お母さんに会う少し前に「たのしかったね」としみしみ言うHくんの表情はキラキラしてて素敵でした。

Hくんが先頭を歩いていることで、自分が前に行きたいのに、前に出れないでモヤモヤしているとんびさんのRくんとKくん。
2人のモヤモヤは、去年来ているから先頭に立って教えたい気持ちが強いよう。
お泊まり前に大地沢ってどんなところなのかミーティングをしたとき、ざりがにさんに大地沢でカレーを作ったこと、みんなでお風呂に入ること、去年アケビを捕ったことなど色々教えてくれました。
去年楽しかったんだよね〜。だから案内してあげたいよね〜うーん。わかる!!
先頭で案内したいのに先に行っちゃうHくんにモヤモヤしちゃうよね〜
だからか、時々ぶつかりあう3人。
でも、ぶつかりあいながらも一緒に悩み泣き、考え、遊び、笑いあって仲間になっていました!!最終日までには1番でも、2番でも、もういい感じ。お互いを尊重し合い、その場を楽しんでいる様子。これって4日間ずっと一緒にいるからさらに仲間になれるんだよね〜!!

お泊まりを楽しみにしていたひとりひとりのこと…
とんびさんのMちゃんとTちゃん
2人もミーティングの時からテンション高く、カレー作りは誰としよう、一緒に誰と寝よう、お風呂はみんなで入るでしょ、などなど頭はお泊まりのことでいっぱいの様子。
ざりがにさんで夜寝る時が不安だって子にはMちゃんが「一緒に寝よう」と声を掛けたり、カレー作りの班をなかなか決められない子にはTちゃんが「いいよ〜」って自分の班に誘ってあげたりと、みんなでお泊まりを楽しもうという姿勢が。


お泊まり中も山の中で楽しそうに話しながら歩いたり、いいものを探したりと自分たちも楽しみつつ周りの子にも教えてあげ、一緒に楽しんでいる姿がありました。1年先に経験しているってちがうな〜自分たちも前年のとんびさんに教えてもらっているんだよね〜!
お姉さんになっていることがわかるお泊まりでした。

お泊まり前からテンションが高いざりがにさんのHじめくん!
お泊まり行く前から、何を持って行こうかな〜山では何を食べるかな〜などなど、こちらもお泊まりのことで頭がいっぱいの様子。
お泊まり当日は興奮しすぎて朝4時に起き散歩をしてからきたとのこと!
そんなに楽しみだったんですね!!
朝、散歩につきあったお母さんはすごい。お疲れ様でした!
そんなHじめくんは山の中でもいいものをいっぱい探し、お腹をすかせ、今日は何を食べる、おいしいね、次なにをする、どんなところに行く?などなど、目をキラキラさせながら先を知りたい様子。(楽しんでいるのはわかるけど、ちょっとゆっくり今を楽しみましょう〜って思うわたし。笑)
日中は全力で遊んだので夕食後には、目がウトウトしている方が多く、Hじめくんもそのなかの1人。布団に入りすぐに寝ちゃいました。朝までぐっすりとおやすみなさ〜い。

おはよ〜!
2日目の朝、私の隣で寝てたRくんが目を覚ましたとおもったら、いきなり「今日楽しかったね」と笑顔。朝から癒されたぁぁ〜!
”今日” というのは昨日のことなんだと思いますが、”楽しかった!”ってことが伝わったし、聞きませんでしたが、夢の中でもみんなであそんでいたのかな?

P1160601.JPG

1日目は何となくかたい様子で緊張しているような感じでしたが、Rくんなりにみんなとのお泊まりを楽しんでいた様子。2日目の朝から、固かった表情がなくなり満面の笑み!起きてすぐ、みんなと廊下をダッシュしていました。

3日間、山の中でいいもの探しをしていたみなさん
いいもの探しといえば…
とんびさんのHちゃんが白いビービーダンの様なきれいな実をみせてくれました。
「どうしたの?」と聞くと「竜のヒゲだよ」と。
「皮をむくと、ほら」って実際にむいて見せてくれた竜のヒゲの実は、とってもつやつやしててきれいな実!
Hちゃんに「知らないの〜」と(ニタッと笑われながら)自慢げに言われながら、きれいなものが好きな私もHちゃんやみんなと歩きながら話しながらも黙々と集めてしまいました。
Hちゃんもいっぱい集めていましたが、あとで他の子に「あげようか?」と声を掛けあげていました。知っているからこそ教えたり、おすそわけするのは嬉しいよね〜
お母さんへのハガキも竜のひげをかいていました。
絵を描くときはいつもみんなの様子を見てからだったりしますが、今年は描くものが決まっていたからか、楽しそうに竜のヒゲをかいていました。昨年も竜のヒゲを描いていたので、もっと上手に描きたかったのか、みんなに教えることができて嬉しかったのか…いいお手紙ができました。

P1160586.JPG

お母さんたちは、お手紙喜んでくれたかな〜
みんなが楽しかったこと伝わったかな〜

お泊まり前から心配をしていたのはざりがにのYちゃん。
お母さんに「お泊まりいかない」と言っていたそうですが、行く前に一緒に寝てくれる子が決まったりで不安も少し解消したのか、お泊まりの朝も笑顔できました。お泊まり中もなんの問題もなくいろんな子と楽しんでいるYちゃん。初めてのことって不安になるよね〜
けど、いつものみんながいるから、共に楽しめる仲間がいるから不安も乗り越えられるんだよね〜
子どもたちの力ってすごいと関心。

お泊まり中も生き物に夢中だったのが、ざりがにのTくん。
Tくんは生き物が大好き。山登り中もみつけると興味津々!!
なにやら発見したものを袋に入れ持ち帰っていた様子。
何だろな〜っと思っていたら…次の日の朝、その正体が発覚!!
朝リュックを置いている部屋の扉を開けたら、鋭いカマをもった生き物と目が合い、お互い静止状態。さ、どっちが勝つか!それはもちろん私の勝利!!
登場したカマキリさんにはまた袋の中に戻っていただき、Tくんに渡すと「昨日とったんだ!大きいでしょ」と嬉しそう。持って帰りたくなっちゃうほど好きなんだね〜。
沢ガニもとんびのHちゃんやSちゃんととったので持ち帰りたい様子でしたが、沢ガニは水がないと死んでしまうのでまた来年会えるのを楽しみにし、Tくんは置いてきました。

P1160632.JPG

お泊まり2日目は城山湖に行きました。
天気もよく城山湖はきれい。もっと城山湖がきれいに見えるのは上からみる景色!!階段がありますが、横は急な斜面になっているので階段も急なんです。でもそんな急な斜面をみて急に登りだしたお方が…それはざりがにさんのJくん!!
みんなが、足場が安定せず、掴む場所を探し登ろうとているなかバランスを崩すことなく登り切ったのです!!

P1140822.JPG

Jくんすごい!!去年まめのめに入ってきたときは木登りも上手く思うように出来なくてイライラしていたのに…得意気にてっぺんへ!!成長を感じると共に、勇気ある行動!
いろんな事に興味があり、自信がついてきているんだと感じました。そんなJくんの姿を見て負けられない!!と火をつけられた皆さま。次から次へと挑戦して登っていました。
Jくんは頂上でニコニコ笑顔!
「頑張れ〜」
ってみんなの応援をしていました。頼もし〜Jくん!

自信がついていると感じたのはとんびさんのSちゃん。
去年は最後尾でいつも一緒にいたからか、山登りはSちゃんと長い時間を過ごしたことが思い出。
去年のお泊まりで転んで泣きながらも頑張っていたSちゃん。
でも今年は違いました!
この1年で体力もついたのと、本人に自信がついた様子。
去年のロングコースを体験しているからか、今回は弱音も吐かず、転んでも泣くこともなく、山を歩いているときの表情は自信に満ちあふれ、余裕さえ感じるほど楽しんで歩いていました。
やっぱり一緒に去年と今年を経験しているからこそ、感じれること

P1160728.JPG

私は「幼稚園のうちから3泊なんて無謀なんじゃない?」 って思っていたのですが
やっぱりみんなと過ごすこの3泊4日は特別であり、特別じゃない!
無謀じゃなく、いつもの続きなんだな〜っと実感!
外でいっぱい遊び、おいしいご飯を食べ、また仲間ととことん遊ぶの繰り返し!
お互いのことがさらにわかった4日間でもありました。
森でお母さん、お父さんに会った子どもたちの安心したような顔、少し恥ずかしそうな顔をみてなんか私がウルウルと泣きそうに。

P1150035.JPG

あ〜今年も充実した4日間を過ごせました。
楽しかった〜素敵だった〜
冒険してきた14名のまめの子たち、ありがとう
みんなのお泊まりを支えてくれたみなさん、ありがとう

あ、そうそう!
お泊まり明けの月曜日、29名でミーティング。
もぐらさん、かえるさんに楽しそうにお泊まりの事を教えてあげるとんびさん、ざりがにさん。
小さい子たちも大きい子に何して遊んだのか一生懸命教えてくれ、楽しかった様子が伝わってきました。
そして、小さい子たちはお泊まりが楽しみなのか、大きい皆さんの楽しかった事を聞いていて、最後に「また、来年お泊まり行きたい人〜」って聞いてみると…
 「は ー い !」とみんな手をあげていました。
とんびさんは小学生になっても来るらしい…笑
ざりがにさんは行く気満々!
もぐらさんも楽しみな様子!
かえるさんは…わかっているのかな〜?笑
また、来年お泊まり行こうね〜またの冒険をお楽しみに〜!


ゆきんこ

=======================================
NPO法人子どもへのまなざし
野外保育「まめのめ」は、みなさんの応援に支えられています。
=======================================
★寄付で応援!
★情報シェアで応援!facebook「いいね」で応援!
★お買い物で応援!毎月11日、イオン黄色いレシート
★まなざしの今を「メルマガ」を読んで応援!

街中を歩く「まめのめ」に出会った大人たちが、
その姿を見て「いいね」という輪が広がってくれれば…。

まめのめの子どもたちだけでなく…、
子どもたちが、とことんあそぶ姿をあたたかいまなざしで
見守るおとなが増えると信じています。

そんな願いを込めて。
わたしたちは、みなさんに応援をお願いしたいのです。

野外保育「まめのめ」の詳細はコチラ(↓)
http://www.manazashi2009.sakura.ne.jp/mamenome_new.html
=======================================
Posted by まめのめ at 18:17 | ゆきんこのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
てんとうむし[2016年09月12日(Mon)]
こんにちは。
夏休みも終わり9月5日から通常のまめのめに戻りました。
先週一週間、まめのめが始まり少し緊張をしている子もいましたが、意外と落ち着いて
みんなに会いたかった子が多く笑顔いっぱいで遊んでいるまめのめたち!!
夏休みは小学生がいてまた違った楽しみもあったけど
まめの子たち29人全員がそろいみんなの元気な顔が見れ、一緒に過ごし遊びを楽しめるって幸せな気持ちになりました!!

そんななかで、ちょっとしたできごとなんですが…
9月12日 多摩川の土手に行ったときのこと
2歳児のHちゃんがテントウムシを発見!
嬉しくてとろうとしますが、小さいけど動くから少し怖いため上手くつかめず苦戦。
何度も挑戦しているHちゃん!

P1130510_01.JPG

そこに、年長のSちゃんが「何してるの〜」と近寄ってきました。
すぐにテントウムシがいることに気がつくSちゃん。
気がついたら早い行動!何も言わず手が伸びてくる!!
私は「だめ〜」っと言いそうになったところで集中していたHちゃんの反応も早く、
「ダメーーー」っと大きな声で怒るHちゃん。
びっくりしたSちゃんは手を引っ込め、少ししてからHちゃんに「とってあげようか?」と聞いていました。
Sちゃんに捕られないことがわかったHちゃんは素直に「うん」といいお願いしていました。
「はい」って、Hちゃんの手の上にテントウムシを乗せ、にこって笑って違う場所に走っていくSちゃん。
嬉しそうに手の上のテントウムシを見て、さわっているHちゃん。

P1130511_01.JPG

2人の5分程のなにげないやりとり。ですが、私には素敵な5分間でした。
そして、Sちゃんに学びました!

はじめ、Sちゃんが来た時、私はSちゃんに捕られる(Hちゃんが頑張ってるから捕らないで〜)
と思い声を掛けようとしましたが、声をかけずに見ていてよかった〜。(セーフ)
Sちゃんは始めからテントウムシをHちゃんに捕ってあげようとしていたのです。
けど、急に手が伸びてきたことでHちゃんも私も勝手に ”とられてしまう〜” と思ったので
急にHちゃんが ”ダメー” と言ってしまいました。
でも、そこですごいのはSちゃんは怒ったりせず、Hちゃんがわかるよう考え、「とってあげようか?」と伝えたことです。
すごいですよね〜!!自分のしてあげようとした気持ちに一度否定されたのに、2歳の子にわかるように考えたことは、普段関わっているからこそ関係ができているからこそできるのではないのかな〜っと美化しすぎかもしれませんが感じました。
年齢関係なく、関わっているみんなだからこそ、子ども達の中での育ちがあります。
本当に私が先走ってとめなくてよかった〜。
でも、先走っちゃうことって多いんですよね〜(^_^;)
声かけのタイミングは難しいですが、子ども達同士の関わり方をじっくり見守っていることも大切と再認識させられました。

日々のちょっとした出来事も素敵でいっぱいなので見て感じていこ〜!!
自分がせかせかしているとき、余裕がないときこそ
ふと思い出しちっちゃな素敵を見つけるぞ〜!!
(余裕がないときの自分に言聞かせています…笑)

ゆきんこ

=======================================
NPO法人子どもへのまなざし
野外保育「まめのめ」は、みなさんの応援に支えられています。
=======================================
・寄付で応援!
・情報シェアで応援!facebook「いいね」で応援!
・お買い物で応援!毎月11日、イオン黄色いレシート
・まなざしの今を「メルマガ」を読んで応援!

街中を歩く「まめのめ」に出会った大人たちが、
その姿を見て「いいね」という輪が広がってくれれば…。

まめのめの子どもたちだけでなく…、
子どもたちが、とことんあそぶ姿をあたたかいまなざしで
見守るおとなが増えると信じています。

そんな願いを込めて。
わたしたちは、みなさんに応援をお願いしたいのです。
=======================================
Posted by まめのめ at 15:19 | ゆきんこのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
夏のまめのめ[2016年08月17日(Wed)]
こんにちは。
毎日暑いですね〜。

暑いときは、やっぱり川遊び!!
ってことで、毎日のように川遊びをしているまめのめです。
まめのめは7/15から夏休みに。

私は夏休みのまめのめではなく、まなざしの企画に参加していたので
やっと先週の月曜日8/8からまめのめの夏休みにもどってきました。

ただいま〜まめの子たち〜!
時々まめのめに入っていたので
みんなからしたら“ただいま?”って感じなんだろうけど
朝から気合いを入れて、まめのめに来たわたし。

まめの子に久しぶりに会えて嬉しいわたし。

登園してくるときに恥ずかしそうに
ニコッって微笑んでくれるだけで
うぅ〜ん!やっぱり可愛い皆さん!
夏は暑くて移動が大変ですが、
先週は晴れて暑い日が多かったので
高速下や新井橋、ドロドロ、森のプールに入ってきました。

P1110764.JPG

久しぶりすぎて
子どもたちの様子はどんなだろ〜っと思いながら朝きました。
久しぶりに一緒に過ごした先週一週間。
子どもたちは日々成長していることが判明し
ビックリしたことや感心したことなどがありました。

まずは…
夏休み前まで川に入らなかったH君。
でも「夏もまめのめに行く!」といって参加することに。

川に入らないで過ごす夏はしんどいけど大丈夫かな〜?
と心配していましたが、
夏休みにはいって少ししてから川に入るように!
洋服のまま、おむつを付けたままですが
川に入っている姿を見て感激!

P1110698.JPG

きっかけはどんなことか本人しか分かりませんが
地道に声掛けし、見守っていて良かった〜と。

やっぱり、無理に入っても面白くないですもんね!
自分のタイミングがあったんですね。

おむつをお母さん以外が取ることを嫌がっており
また見られるのが恥ずかしいのか
おむつのことが引っかかっていると聞いていましたが、
もしかしたらそれ以外にみんなの様子を見て川を確認したり、
どんな遊びをしているのか見ていたのかな〜?

ともかく、入れたことが嬉しくて
その場にいたスタッフで喜びあい、
帰りにはお母さんにすぐ報告し
パンパンに水で重くなったおむつのお土産つき!

渡すと、お母さんも喜んでくれました!

それもとっても嬉しくて、子どもを中心にし
お母さんとスタッフとみんなで見守れているんだな〜って
実感したできごとでした。

この話には続きがあって、先週火曜日には
スタッフに自ら近づいてきて「取って」とのこと。

おむつの事だと気づき取ると、そのまま川へ。
すごいですよね〜またまた感激!!

川に入り遊びだしたこと、
川が楽しかったのか、不安が少しでもなくなったのか
おむつが濡れると重くて遊びづらいと感じたのか
おむつをスタッフにとらせてくれること、
つけさせてくれること
ちょっとしたことかもしれませんが
本当に嬉しい気持ちになりました!

H君と少しでも信頼関係ができてきているのかな〜っ
とかってに思ってるわたし。(笑)

次に、今年の夏は
まめのめの卒園児のUちゃんが一緒に過ごしています。
小学2年生で大きいお姉さんだからか
しっかりしていてスタッフを助けてくれます。
大活躍です!!

スタッフより小さい子の面倒をみるのが
上手いんじゃないかと思わせるほど。
先日、朝カエルさん(2才児)のRちゃんの前に行き、
手を差しのばしRちゃんが繋ぐとそこからお話をしたり
Rちゃんを笑わせたりと
楽しい雰囲気を作りながら手を引いて歩いていました。

小さいのでいろんな物に興味があり、
立ち止まると一緒になり立ち止まり
興味を共有してからすっとまた歩き出すのです。

すごいな〜と関心。
わたしは、一緒に待っても動くまでに時間がかかったり
電車に乗る前だと私に焦りがあるのか
小さい手に伝わるようで、ぐずることが…。

自然体の優しいUちゃんだからこそ、みんなが「Uちゃん」って近寄っていくんだろうな〜!
小さい子たちを引きつける魅了がUちゃんには
あふれているんだとおもいました。

それと、ここでもがきんちょ団の成果が!
高速下の多摩川に行った際、3才から小学生までの男の子たちが
“魚がとりたい、とりに行こう!”
って誘われたのでいそうな場所を何カ所も
そーっと、手を突っ込み探していると
ピクッと反応が!1匹のがしてしまいましたが
「いたよ〜」っていうと探したいと言っていたみんなは
手を入れるのをためらっていたのに
HじめやRもが手を入れて探し始めました。

P1110743.JPG

ほかの子はあみでガサガサ探し始めたり
みんなで協力しながら追い込む人と捕まえる人にわかれて開始。
近くを見ると魚が泳いでいることに気づき
この辺にいることを子ども達と確認し
「そーっとね、ゆっくりね、しー」なんていいつつさがすと
まず1匹目を私がゲット!

すると、みんなの目の色がかわり
 “自分もーとるー”
 と集中する皆様。


各場所で魚探しをしていると
水草が広がっている場所を発見。

Sのすけ君とH君とみきちゃんと、私の4人で協力して
水草の両端・真ん中から追い込んでいきました。

魚は小さいですが、ナマズをゲットしました。

P1110747.JPG

みんなで喜びました〜!っが、そのナマズはケガしており
みんなの意見が一致し逃がすことに。

カニが食べたのかな〜?など考える子ども達。

知ってる知識をフル回転させ
魚をさがしながら話していました。
そんな、こんなをしているうちにお腹が空いたわたし。
時計を見ると、
お昼の時間が過ぎていることに気がつき急いで戻ることに。

その戻るときの子どもたちの表情は
キラキラしてて楽しそうな顔なんです。
“もっと捕りたかったね〜”
“どこにいるかな〜”
“お昼食べた後にきたら、同じところに戻ってきているかもよ”
“捕まえたかったな〜”
“あそこにいるんじゃない”
“Kぽんちは捕まえたよ〜”
なんて、いろんな話をしながら戻るみなさま。
こどもって時間を忘れちゃうぐらい
遊びこめちゃうんですよね〜
すごいですよね!!

私も、みきちゃんも、
子どもと真剣になり魚をとってるこの時間は
子どもに戻ったように感じました。
あ〜楽しかった!

これから夏休み後半戦もまめの子たちと楽しむぞ〜!!

P1130083.JPG

ゆきんこ

=======================================
NPO法人子どもへのまなざし
野外保育「まめのめ」は、みなさんの応援に支えられています。
=======================================
・寄付で応援!
・情報シェアで応援!facebook「いいね」で応援!
・お買い物で応援!毎月11日、イオン黄色いレシート
・まなざしの今を「メルマガ」を読んで応援!

街中を歩く「まめのめ」に出会った大人たちが、
その姿を見て「いいね」という輪が広がってくれれば…。

まめのめの子どもたちだけでなく…、
子どもたちが、とことんあそぶ姿をあたたかいまなざしで
見守るおとなが増えると信じています。

そんな願いを込めて。
わたしたちは、みなさんに応援をお願いしたいのです。
=======================================
Posted by まめのめ at 17:19 | ゆきんこのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
夏を楽しんでます![2016年08月15日(Mon)]
こんにちは。もう8月半ば、夏休みも終わりますね〜
でもまだ暑い日や台風が近づいている今日この頃。
まめのめは7/15から夏休みに。
私は夏休みのまめのめをお休みして、
まなざしの企画に参加してきちゃいました!
少し紹介させてください。

夏休みは行ってすぐに、まなざしの夏企画が始まりました!

7/19〜21 ちびっこ団に参加
ちびっこ団では、日野市にある多摩川と浅川の
遊べるポイントや魅力を知ってもらう事と
川の危険を知ることで消極的になるのではなく
楽しく川遊びができることを伝える企画!

保育園、幼稚園の年中さんから年長さんが参加。
今年は第2回目ということもあり、去年参加してくれた子もいました。
嬉し〜かぎりです!!

普段川遊びなんてしてない子たちなので、
まめの子たちと違い反応が新鮮!!
「魚いたいた〜」や「きゃ〜虫!とって〜」や
ドロドロではすべって歩くのが大変で
キャッキャ言いながら歩くみなさん。
川で流れることや網でガサガサやり魚をとったり
石でプールをつくったりなど川で遊びました。
川での過ごし方をまめのめでやっていても、知らない子に伝えると
川の楽しさを再確認できいい時間になりました。

P1110923.JPG

3日目は雨の中、
川には入れませんでしたが雨に濡れながら一日雨を満喫しました。
雨が降ると川の状態が変化するのでみんなで見に行くと
すごい水量で勢いよく流れていく川にびっくりしている子どもたち。
普段気にせず通り過ぎていく川も意識してみると違いがわかり
自然の変化も感じられる3日間でした。

7/25〜27 まめのき海に参加
まめのめを卒園していった、
まめのきさんたち4年生〜6年生の人たちと
川ではなく「海」をステージに遊びつくす3日間に挑戦!
西伊豆の海にみんなでいってきました〜

うーみーはーひろいーなー、おおきいなー♪
歌の通り、海はひろくて大きかったです!

海に着くなり「もういっていい?!」の声が!
みんなで荷物を運んでっていってるのに男の子達はダッシュ!
海に入り泳いでいました。

男の子と違い女の子達は落ち着いていましたが、
海を目の前にするとウズウズしてきたのか
荷物をすぐおき海に走り出しました。

みんな楽しみにしていた海!
気温は低めでしたが、それぞれ夢中で遊ぶ子どもたち。
砂浜で水が通る道や山を作ったり
岩場でカニやウニをとって楽しんだり
ボートに乗ってる子、泳いで魚をみている子などなど…
シッタカも取れたのでお味噌汁にして食べました。美味しかった〜

P1120367.JPG

2日目は岩場に行き、
プライベートビーチでまめのきさんたちだけ!
なんて贅沢!
この日はムラサキウニ、バフンウニ、シッタカ、ホラ貝などをとり
みんなで美味しく頂きました。

P1120575.JPG

まめのきさんたちは、
まめのめで関わっていた仲間なのでなんかいい感じ。
言葉で上手く伝えられませんが
男の子だけでの関わり、女の子だけっでの関わりもあれば
ごちゃごちゃになり関わり合うみんなを見ていて、
仲間なんだな〜っと。

ケンカもしていましたが、子どもの頃から自分が出せる友達
わかってくいる仲間がいるっていいな〜って思いました。
話したいことまだまだあり、面白い話もありますがこのへんで…


7/30 大人の川遊びにも参加
大人に川遊びは1日で多摩川と浅川のポイントを周り
「子どものあそび」の大切さを理解する大人を増やそう!
という企画。

また、川がきの下見もかねて川で遊んできました。
普段子どもたちと遊んでいるところですが
今日は大人だけ!!
自分のしたいことをしてきました〜!

P1120882.JPG

まめのめに入って手づかみで魚を捕れなかったわたし。
ひろみさんも、たもつも、
あいちゃんも、みきちゃんもとっているのに・・・

葉っぱの中に手をいれる怖さと、
魚に触れた時、魚がピックって動くとびっくりしてしまう。
うぅ〜悔しい!!今年は捕る!!と決めていたので、
サスケにどんな所にいるのか聴き、コツを教えてもまらいました。

最初はやっぱり怖く、魚を掴めないでいましたが
そーっと手を入れて手に触れた時、
そのまま石や水草に押し当てたらなんと捕れたのです!
初の手づかみでの魚!それもヌマムツくん!!
とっても嬉しくて子どもみたいに喜んでしまいました!
大人だけなので川でも遊ぶポイントを確認できたり
子どもたちとここでも遊べそ〜って場所を見つけられた一日でした。

また、

 “したい、やりたい、してみた、悔しい、できた、うれしい”

などの子どもたちが感じているであろう気持ちが
再度分かった大人の川遊びでした。
よければ、みなさん来年参加してみてくださ〜い!!


8/3〜6 がきんちょ団に参加
がきんちょ団は、夏をおもいっきり楽しもう!という企画。
日野市周辺の自然の中で、
思いっきり遊ぶ体験を通し外遊びの楽しさを知る。
地域の子どもたちの体験を広げる。
自分らしく過ごす、ことが目的になっているがきんちょ団!!
今年も沢山の人が参加してくれました。

参加してくれた子の中には
去年も参加してくれた子や
まめのめの卒園児や初めましての子などなど…
4日間の中で沢山の大人も交え、
みんなで川やキャンプを楽しみました。

飛び込みや、魚取り、川に流れたり、温泉をつくったり
「夕やけ小やけの里」に行き川遊びやカレー作りをしたり
キャンプファイヤーをやりテントに泊まったりと盛りだくさん!

私のグループにいた3年生のR君はずっと「がきんちょ団」を
楽しみにしていてくれたとお母さんが教えてくれ感激。
楽しみにしていたからか、1日目3メートルジャンプにすぐ向かい
1日ずっとジャンプを楽しんでいました。
終わった後に「怖くないの?」って聞くと
この前(去年)もやったしって誇らしげで
自信がある様子で応えていた顔がいい顔をしていました。
毎年来てくれている子は成長がみれて嬉しく感じました。

P1130139.JPG

また、Yちゃんは1年生の女の子で初めての参加でしたが
元気に川に行ったので水が怖くないんだ〜っと思い
一緒に少し流れにのって浮かんだり、魚取りをしたり
石を積んで川を堰き止めたりして遊んでいました。
楽しそうにニコニコして遊んでいましたが、
お母さんから顔に「水がつくことは嫌いなんです」って聞いた時、
びっくりしました。
たしかに顔を漬けて遊んではいなかったですが
バシャバシャと水しぶきをあげて遊んでいたのは
みんなの雰囲気がそうさせたのか、
川遊びが楽しかったのかかな〜?
どんな気持ちだったかは分かりませんが
初めての参加でも自分ができること、やりたいことを川でやり、
楽しんでいるようでした。

それと、大人の川遊びで習得した魚を手づかみでとることは
なんと子どもの前で実践し成功することができました!!

子どもたちと

 こうするんだよ、ああするんだよ、あそこにいそうだね
 上と下から一緒に協力して追い詰めようか、

などなど話しながら・考えながら
みんなで広くない空間の中ごちゃごちゃになりながら
魚を手づかみで10匹以上捕まえました!!

捕れた喜びを
子どもたちも一緒に喜んでくれたり
子どもがとれたときに一緒に喜べたり、
くやしがったりしながらでき
みんなで川を楽しんだ一体感があって
とてもいい時間が過ごせました。

最後に全体で
各グループ4日間の楽しかったことを書いた絵を見せながら
グループの人たちの楽しかった事を発表しました。

どのグループも楽しかった様子が伝わる絵でステキでした。
「今日で4日間終わりか〜」っと思うと
仲間になれた感じが終わるようで悲しい気持ちにもなりますが、
これから繋がっていけたらいいな〜と思う、がきんちょ団でした。

こんな企画に参加させていただきました!
どれも夏の川を満喫できよかったです。

来年、参加したいな〜って人がいたら参加して下さい!
一緒に楽しみたいで〜す!!
さぁ、これからはまめのめの子どもたちとの夏休み!!
楽しんできま〜す(^o^)

ゆきんこ

=======================================
NPO法人子どもへのまなざし
野外保育「まめのめ」は、みなさんの応援に支えられています。
=======================================
・寄付で応援!
・情報シェアで応援!facebook「いいね」で応援!
・お買い物で応援!毎月11日、イオン黄色いレシート
・まなざしの今を「メルマガ」を読んで応援!

街中を歩く「まめのめ」に出会った大人たちが、
その姿を見て「いいね」という輪が広がってくれれば…。

まめのめの子どもたちだけでなく…、
子どもたちが、とことんあそぶ姿をあたたかいまなざしで
見守るおとなが増えると信じています。

そんな願いを込めて。
わたしたちは、みなさんに応援をお願いしたいのです。
=======================================
Posted by まめのめ at 18:35 | ゆきんこのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
新まめのめスタート 28年度![2016年04月28日(Thu)]
こんにちは。
はやいもので、28年度のまめのめが始まったと思ったら、もう4月が終わろうとしています。
はやいな〜すぐに夏になり、秋になり、お泊りなど終わって卒園式になるんだろうな〜
って、考えている前に遅くなりましたが、4月18日までに今年度の新入園児が全員入園しました!!
まめのめ総勢29名のスタートです!!
去年は37名いたので、29名なんて…なんてすくないんでしょう。
でも大変!!ちびまめちゃんたち(2歳児が6名)が多くなったのでスタッフわたわた!!
ですが、母たちも頑張ってくれているし、大きくなったまめのめの子たちも頑張ってくれているので、スタッフも頑張らねば!!
新とんびさん、ざりがにさん、もぐらさんはまた一つ大きくなったので顔つきが変わった感じ!!みんな〜よろしくね〜
楽しく、のんびり、いきましょ〜

P1090382.JPG

まめのめの新入園児を少しご紹介。
今年度、9名の子がまめのめに入園しました!
そのうち、かえるさん(2歳児)に4名の子が入園しました。

Hちゃんは、兄弟がまめのめにいるため入園前までの送りの際は帰るのが大変。みんなと一緒に遊ぶんだー!っと主張していました。それがやっと、「かえろ〜」って言われずずっといていいことに目をキラキラさせ、毎日リュックを背負いみんなと一緒に楽しんでいます。

Kくんは、朝にこにこして来ます。お母さんと別れる際も、泣くことなくバイバイをします。そんなK君は毎日登園した後は、みんなの遊びをじーっとみて何しているのか観察中!ゆっくりと観た後は、興味があるものにとりかかるK君。そうすると、おしゃべりしはじめ、ふざけだします。

Rくんは、兄弟がいるからすぐになじみました。小さい体で、“重たいリュックを背負うんだ!”と張り切り背負います。後ろからみるとリュックの方が大きい感じか、かわいらしいのです。そんな頑張り屋のRくんはとっても食いしん坊!春の食材をみせるとパクッと食べたり、先にお弁当を広げて食べてしまったり…これからいっぱいまめのめで、美味しいものを食べようね〜

Yちゃんは、お姉ちゃんが一緒にいるので嬉しそう。お姉ちゃんも妹がいるので張り切って手を引いて歩いています。Yちゃんは、大人しいのかな〜っと思っていましたが、かえるさんだけで公園に行ったとき、“違う!”っと思いました。みんなと走り回ったり、花をむしったり、こっちの道がいいと主張したり、貸し出していた三輪車をみつけると飽きるまでかさない!!なんだ〜活発な子だった!ちゃんと関わらないとだめですね〜姉がいない時の姿ってやっぱり違います。

もぐらさん(3歳児)に5名の子が入園しました。

Hちゃんは、元気いっぱいでなににでも興味がある子。気になることはすぐに聞き、人が好きで自分から関わりに行き、名前を覚えるのははやい様子。木登りも得意でリュックを背負ったまま登ってしまいます。はやく遊びたいよね〜

Mちゃんは、恥ずかしがり屋さんの様。でも少しずつ関わっていると、最近では近くに来て「お花探そう」とか「みてみて〜」と話しかけてきてくれます。藪の中は苦手な様子ですが、少しずつやりたいことを一緒にやっていけたらな〜。まずはお花など好きそうなので花束づくり興味あるかな〜

Hくんは、朝お父さんと別れるときなかなか別れられなかったり、お家で行き渋りがありましたが、ここ最近泣かずに来て、お父さんとバイバイするのです。お〜っと感心!どんな気持ちの変化があったのだろう?でも泣いて別れた後も、少しずつみんなの様子をみて遊んでいたので大丈夫!この前は、他の子が花束作りをしていると葉っぱの中寝そべってふざけながら「みて〜」って顔お出して楽しそうにしてたな〜

Mどかちゃんは、いろんな事に興味があり藪の中でも平気で入り「これなに」って聞いてきたり、みんなが拾っているものを見に行き、気になったものだと一緒に拾っています。のびるも食べれることを教えると一生懸命抜いておみやげにしていました。

Zくんは、戦いごっこが好き。棒を持つとすぐに“ ベシ!”と叩いてきます。仲良くなった子、Z君が好きになったお友達が2人います。一緒に遊びたいので「あそぼ〜」といいながら“ベシ”って叩きます。そりゃ〜相手は泣きますよね。でもよく遊んでいますが、少し子どもには分かりにくい愛情表現で関わるZ君の姿が可愛らしいです。

このような9名の子がまめのめに入りました〜
これから、もっともっといっぱい遊び一人一人をみていきたいと思います。
みんな“まめのめ”にようこそ、これからいっぱいやりたいに事に挑戦していこうね〜

P1090308.JPG

とことん!遊びつくそうね〜

ゆきんこ
Posted by まめのめ at 15:09 | ゆきんこのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
あたたかいまなざしのなかの卒園式[2016年04月05日(Tue)]
久しぶりすぎるブログですみません。
こんにちは!!
25年度の1年間も終わってしまいましたが・・・
卒園式の話を聞いてください!
とっても温かいまなざしにかこまれながらの1日でした☆

3月13日(日曜)に森で卒園式がありました。
卒園式でのまめのめさんはドキドキしながらも、それぞれがいい表情をしていて素敵な1日になりました。
この日は子どもにとっても特別な日でもありますが、遊びの延長線上にある普段とかわらない日でもあるような〜
今年はまめのめではバスを借りて出かけることが多く、バスの日は時間めーいっぱい遊び帰ってきます。その日のバスは1日“まめのめバス”になるのです!みんな嬉しくて、嬉しくてずっと騒いでいるまめのこ。帰りは疲れ果て寝てしまう子も。でも寝れるのはバスの特権!!バスでの思い出が卒園の前の話でも出てきていたので今回はバスに乗っている設定で卒園式を進めていきました。

IMG_8309.JPG

卒園では1年間遊びを見てきた中でみんながやってきたことなどを取り入れていきました。

それを少しご紹介!
1歳児と2歳児のかけるさんは、今年はかえるさんたちだけの時間が多くありました。そんな時は決まって、かくれんぼをよくしており、かくれんぼなのに隠れていなくても「○○ちゃん、みつからないな〜」と探していると嬉しくてニコニコしながら見ていて、自分たちのタイミングで“ばー”と出てくるかえるさんたちは、とっても可愛い姿です。それを卒園式には取り入れてみましたが可愛さが伝わったかな〜?

IMG_8383.JPG

3歳児のもぐらさんは、お祭りや踊りが好きな子が多く、畑でお面を作り遊んだときにとても喜んでいました。そこで、もぐらさんは獅子舞になり、そこから自分で作ったお面を付けてきつねやうさぎに変身!!してでてくることに。お囃子の音楽にのって出てくる姿はとってもカッコ良かったです!

RIMG0130.JPG

IMG_8476.JPG

なんで獅子舞ときつねかというと、お母さんたちが企画した演劇会でお囃子をみた子どもが楽しそうにやって遊んでいたことからとりいれました。見たり体験したりすることってやっぱい大切で子どもたちの心にちゃんとのこっています。お母さんたち、ありがとう!

4歳児のざりがにさんは、とんびさんと一緒になりよく遊んでいました。こまや大縄、戦いごっこ、家族ごっこなどなど…また1年通してリズムをおこなってきました。大きい子のチームに入り一緒にできるリズムは本当にうれしそう!そんなざりがにさんは、とんびんと“ 一緒 ”がよくて、楽しんでやってきたリズムから、とんびさんたちと一緒にスキップをしたり、大縄、竹登りなどやりたい遊びに入り披露しました!

IMG_8651.JPG

さあ、5歳児のとんびさんたち!
今年のとんびさんはなんと16人!!
大勢いたので遊びも色々。好きなことがいっぱいあり、大勢いるからみんながやっていることを挑戦したくなるみなさま。大勢いるのってすごいな〜っと感心。小さい子もとんびさんたちをみてやりたい気持ちをかきたてられていたと思うほど。
卒園式では好きな遊びを1人2つまで披露することに!大縄の早飛び、二人飛び、一人で何回飛べるか挑戦したり(今回は人数多いので1人20回まで)、コマや投げゴマ、竹馬、三角竹馬、竹登りをやりました。みんな一生懸命、カッコいいところを出来るところを見せたくて頑張っていました。

IMG_8453.JPG

ここでひとつ出来事があったので、ちょこっと伝えたいことが。
卒園式では得意な投げゴマをすることになったS君!いつもは成功していて自信があったはずなのに当日上手くいかず回らなかったコマ。S君は勝負事には負けたくないという気持ちが強い。また今回はコマの紐がほつれていたことが原因で上手くできず悔しい気持ちに。気持ちがあふれ出てしまい、途中うずくまり泣きだすS君。それをみたお母さんが、「母のもとにきてもいい」と言ってくれましたが、スタッフの中では大丈夫と判断。だって泣いてもいいんです。自分の気持ちを表現でき、なんで失敗してしまったのか本人が分かっていて、頑張って気持を落としこんでいるのだから。ダメだったら自分から親のもとにいっている気が…。それをしないS君はきっと卒園をやりきりたい気持ちがあるから、大丈夫!

DSC_1027.JPG

その後、少しして立ち直り、次の自分の出番には気持ちを切り替えていました。こどもってすごいね〜やっぱり成長しています!
今日は親がいて少し普段と違うけど、やっていることはいつもと同じ遊び。観ている人は心配になるし、他の園の卒園式ならビシッとした姿を披露するのに何度も繰り返し練習をしますが、ここは違う気が。卒園式のイメージを教えてもらったとき、ひろみさんは「まめのめの卒園式は日常の遊びの延長線上にあるもの。卒園式が終わっても遊びが続いていき、卒園式に披露したら“終わり”にならないもの」って話していました。遊びの延長線上にあるなら悔しくて泣いてもいいし、怒ってもいいし、笑ってもいいし、楽しんでもいいてことのような気がする。“日常”だったら何が起こってもOKだよね?
観ている親はワクワクしながらも失敗したらどうしようとか色々ドキドキしながら、見守っていると思う。だって自分の子どものカッコいい姿をみたいと思うだろうし。私は親じゃないからどんな気持かわからないけど、でもどんな姿であろうが見守っていてください!いままでの過程を知らないからなお不安もあると思うけど、あたたかいまなざしで子どもたちを見守っていてください。頑張れ〜大丈夫だよ〜素敵だね〜って!(^^)

長くなってしまいましたが、もう少し話したいことが!
リズムでやってたスキップを2人組でやりました。一緒にやる人と息を合わせてやることは難しいことなのに楽しんでやっている姿は素敵でした。
そのほかに、とんびさんの見せ場は1人ずつの紹介!16人一人ずつが舞台の上にのってインタビューを受け、証書をもらう姿をみてひろみさんは涙がポロポロ…。私も今年1年皆と毎日いたので感動し、泣けてきますが2人で泣いたら16人すべて終わらなくなるので私は涙をこらえ、せっせと次へ。16人1人ずつが舞台で輝いた後は一列に並び“一瞬の今を”を歌いました。素敵な声で堂々と歌っている姿はなんともいえず、感無量!!

RIMG0212.JPG

また、卒園式が終わった後もお母さん、お父さん、親戚の人たちみんなと遊びの続きをしました。親御さんんが回してくれる大縄に卒園時も在園児も入って一緒にあそんだり、大人だけの大縄をしたり、卒園式ではひとり20回までだった縄跳びに再挑戦したら100回飛べたり(Sょう君)、小さい子ができていたからか小学生の子が竹のぼりや、竹馬を練習していたり、親子でコマの対決をしたりと…
本当に楽しそうで、あったかい雰囲気の場でした。
上手く言えませんが、知らないまめのこもいるのに、卒園した子どもたちや親御さんまで年に一度のまめのめの卒園式に集まり、みていること、過ごしていること、遊んでいる卒園式って普通ないよな〜っと思いながらみている私。まめのめの繋がりって切れないで、ずーっと続いていくんだろうな〜っと。なんかすごい光景を見ている気がしました。こんな中にいれることってないなと実感。
私は素敵な方々に囲まれていることを再確認し、この1年みんなと一緒にいれたこと、過ごせたこと、本当に嬉しく感謝しています!!
本当にありがとう!!
そして、おめでと〜!!

ゆきんこ


Posted by まめのめ at 08:25 | ゆきんこのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
ウキウキ、ワクワク、ドキドキ、大地沢お泊り  [2015年11月11日(Wed)]

こんにちは
すぐにでも話したいことがあったのですが、少し遅くなってしまいました
「話したい話」というのは、大地沢のお泊りのこと!!
とんびさん(5歳児)とざりがにさん(4歳児)と
10月28日(水)〜31日(土)の3泊4日間、大地沢青少年センターにお泊りに行きました

10月に入ってからお泊りに向けてとんびさんと、ざりがにさんはミーティングを何度も行い
その度にワクワクしていました
ざりがにさんは初めての大地沢のため、どんな事が待っているのか分からず不安になってしまうかと思いきや、ミーティングの様子は楽しそう
はやくお泊りに行きたそうな様子
(なかには不安な子もいたと思いますが…ちなみに初参加の私はちょっぴり不安でした)

みんなで
どんなことが楽しみか
不安はあるか
とんびさんの役割って何かなぁ
カレー作りのグループ分けはどうするか
自分たちで作った旗は誰が持つのか

P1030841.JPG

お泊りの持ち物は何が必要かなどなど
色々な話を「こーでもない、あーでもない、こうしよう」と決めてきました

そして、ついにまちにまったお泊りの日!!
楽しみな気持ち、不安な気持ち、いろんな気持ちを胸いっぱいにして集まったまめの子たち
泣く子もいましたが笑顔の子が多く
“ついにお泊りの日が来た”とテンション高く集まってきた子たちの雰囲気にのまれ
泣いている子も笑顔に
みんな期待に胸ふくらませて、出発しました!!

P1000824.JPG

電車やバスに乗って向かい、大地沢では遊びながらハイキング
いっぱい遊び、いっぱい歩き、いっぱい美味しいご飯を食べ
いっぱい素敵な人との出会いがあった3泊4日のお泊りでした
すべて話すと長くなってしまうので、ちょこっとだけ!

まず、お弁当について!
1日目、テンション高いまめの子たち、お腹が空きお弁当を食べることに
リックから出し座ると、みんな同じ袋の同じお弁当箱なのを見て
テンションが上がるみなさま
お母さんたちが愛情を込め作ってくれたお弁当の中身を見て、テンションMAXに!!
「何がはいっているの?」
「これが入ってた!」「いいな〜、美味しそう」
「おんなじだね!」などなど嬉しそう
同じお弁当箱だというだけなのに、それが嬉しくて喜んでいるみんなを見て
微笑ましく感じるわたし
一体感みたいのがあって嬉しいんだろうな〜
それに、中身はお母さんの作ってくれたご飯だから、お弁当箱が一緒でも、特別感があるんだろうな〜とみんなを見つつ考えて笑ってしまうわたし

P1000836.JPG

やっぱりお弁当って素敵、毎日作ってくれるお母さんたちに感謝!!
まめの子たちは幸せものだな〜

2日目、今日も同じお弁当箱を持ってハイキングに
お昼にお弁当を広げてびっくり!!今日はお弁当箱もお弁当の中身もみんな同じ!!
ご飯前いっぱい歩いて疲れていたのに、お弁当のふたを開けてテンションあがるみなさま
“同じ”が嬉しい様子

P1000982.JPG

のりが一人半分あったので、のりにご飯をのせ海苔巻にしたり、ライスバーガー風、ふとまきなどなどにして食べました
そんな中で、誰かが上手に海苔巻できると「いいな〜」という子が!
「いやいや、みんな同じものだよ」と思い笑ってしまうわたし
自然の中で楽しみながら食べるご飯は格別ですね〜
今回、再度「食」って大事なんだな〜っと実感し、本当にまめを支えてくれているお母さんたちに感謝!
子どもたちの事を考え、少しずつ準備してくれたこと、お泊りの間の食材の下ごしらえをしてくれたこと、調理をしてくれたこと、すべてにありがとう!と伝えたくなりました

話は変わり、城山湖のそばで探検をしている時
Sのすけが「こういう所には、アケビがありそうだね〜」と言っていると
Cさとが「あったー」とのこと
一緒にいた子たちが「どれどれ」と見上げると、なんと大きなアケビがあるではありませんか!!
みんなで木やつるを引っ張り、頑張ったことで大きなアケビをひとつ落とすことができました!
採れたことが嬉しくて、たもつや他のみんながいる場所に走ってもどり見せていました

P1030959.JPG

「すごい!すごい!」と言われ、とってきたみんなは嬉しそう
そのあとは少しずつ分けて食べました
とっても甘い美味しいアケビでした
普段から色んな場所で何かないか探しているまめの子たちは
どんな場所に何があるのか知っている事に感心しちゃいました
お泊りって特別だけど、子どもたちの遊びは普段とかわらないんだな〜と感じました

あと、ざりがにさんのSちゃんのこと
1日目、Sちゃんは山登りをはじめてすぐ
葉っぱが山道にいっぱいあり足をすべらしてしまいました
滑りそうな時、滑った時、少しスタッフと間があいた時に泣きだしていたSちゃん
ゆっくりペースで山登りをすることで少しずつ頑張っていました
2日目、Sちゃんにとって急階段や起伏がある道
距離がある山登りだったため大丈夫か心配でしたが、ゆっくりペースですがしっかりとした足取り。泣くことは何度かありましたが昨日と歩く感じが違っていました。長距離も歩け、最後にみんなからの「Sちゃん、Sちゃん」と応援されると、照れ笑いをしていました。

P1000961.JPG

頑張っていっぱい歩いたからか、夕食前ウトウトと今にも寝てしまいそうな様子でしたが、ごはんはしっかり食べ寝ました

P1050046.JPG

3日目、泣くことなく、山道をしっかりと歩いているSちゃん
やっぱり一番後ろを歩いていますが、よくしゃべり、歌を口ずさみながら、少しテンションが高く、楽しそうに歩いていました。日々、山歩きが上手なってるSちゃん!!
4日目、元気よく大地沢を出発!楽しそうに一番後ろを歩き、もう心配な様子なんて感じられないほど、日に日に変わっていくSちゃん
そんなSちゃんを見ていて気づいたことが!
Sちゃんは自分のペースを知っており、楽しみながら無理なくあるいていると!
なので、解散場所に行くまでも元気!まだまだパワーがありそうに笑っているSちゃんを見て
強さ、たくましさを感じました

P1050122.JPG

誰かが言っていましたが、普段やっている活動の延長線上にあるお泊り
日々の遊びの中で体をつくっているから、登山道にいってもへこたれず遊びに変えながら楽しみながら歩けているんだと
私はみんなと過ごしていて、3泊4日のお泊りは活動の延長線であったとしてもやっぱり特別な気がしました
4日間だれにも邪魔されず、ずっとみんなで終わらない”あそび”【山歩きも、ご飯の時間も、お風呂も、寝ることさえも、全てが遊び】ができる素敵な時間。そんな時間を仲間と過ごしたみんなは、心も体も成長しているはず。

みんなでたっぷり遊べる時間を用意してくださった、ざりがにさん・とんびさんのお母さん、お父さん、本当にありがとうございました。
家族の支えがあったから、お泊り担当のお母さんたちがいたから、おいしいご飯を準備してくださったから、まめのめの小さい子たちを見守ってくれるスタッフがいたから、たもつに元気が出るお弁当を作ってくれるお母さんたちがいたから(笑)、みんなでいっぱーい楽しい時間をすごしてこれました。ありがとうございます!!
私もみんなと素敵な時間を過ごせて幸せでした。
それと、お迎えに来てくれているお母さん、お父さんに会った時の安心したような、みんなの表情をみて、4日間頑張っていたんだな〜会いたかったんだな〜っと感じました。

P1050248.JPG

まめの子も家族のみなさんも、お疲れ様でした〜!!

もう来年を楽しみにしている、ゆきんこでした〜



Posted by まめのめ at 15:41 | ゆきんこのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
新まめのこ5    [2015年10月16日(Fri)]
こんにちは
もう10月半ばですね
季節が過ぎていくのははやいものですね〜
最近のまめのめは9月に新入園児3名、10月には2名の新しい子が入園してました
かえるさん(2歳児)が多く小さい子が増えたまめのめです
やっぱり、ちびは可愛いですね〜
ちょろちょろしていて危なっかしい事もありますが、癒されます

私、保育士を目指したのは兄弟がいたり
周りに小さい子が多く一緒に遊んでいたこと
保育園の先生が大好きだったこと
保育園には0,1,2歳がいるから保育士になりたいな〜と小学生のころから思い描いていた夢でした
夢が叶った今、まめで子どもたちと関わっていると幸せな気持ちになります
でも時々、まめの子たちに話を聞いてもらえずふざけられたり、動いてくれずイラっとしたり
うまく伝えられない自分にイラっとしたりしちゃいますが…(-_-;)(だめですね〜ごめんなさい)
でもでも、日々楽しんでいます

10月に入り、今年度の入園予定の子たちが全員揃いました!
まめのめ総勢36名!!
さ〜これから多くなったまめのめ、どうなってくか楽しみです!

P1030437_01.JPG

今日は新しく入ってきたまめの子たちの話を少しずつ…

まずはHるま君
お姉ちゃんがいるからか朝お母さんと別れる際も泣かずにバイバイでき
お姉ちゃんにくっついて(半分はお姉ちゃんが気になって近くにいる感じですが)
楽しそうに過ごしています
最近、同年やひとつ違いのまめの子たちと遊ぶと
お姉ちゃんに守ってもらえないのでみんなと喧嘩したり、泣いたりしています
しかし、喧嘩は悪いことではなくその中で学んでいる事も多く
お互い怒っても泣いてもすぐにお互い笑顔いっぱいで走りまわって遊んでいます
この前は同年のMちゃんとお花摘みをしていました
声が小さくてわからなかったんですが、会話しながら二人の世界になっていました

Hかる君は一番小さいまめの子
お兄ちゃんの真似をして戦いごっこをしたり、あとについておいかけたりしています
私には真似というより一人でちょこちょこ動いているだけに見えますが
ま〜見ていると微笑ましいのです
入った時、抱っこをして体重軽い〜っと思っていたら、一か月たった今ではずっしり
皆の輪に入り砂遊びをしています
この前は目が合い「Hかる〜」と呼ぶと、にこっと笑って走ってきてくれました
認識されているのかは分かりませんが、とても嬉しかったんです
転びそうな、転ばない彼なりのダッシュをみんなに見てもらいたいなぁ
あと、転んでもめったに泣かず自分で起き上がるHかる君はとってもたくましいです

Aちゃんは声をかけるとちらっと上目づかいで、にこって笑ってみてきます
お姉ちゃんがいるためくっついて行動している事が多いので控え目なのかな?と思いました
ですが、最近違う事に気づきました
「ねぇねぇ、みてみて」が多かったり、「Aちゃんね〜○○なの〜」とか
後ろからアタックしてきたり、抱きついてきたり、かまってかまってっときます
その時の表情は満面の笑みでキラキラしているのです!
あれ?ココに慣れてきたのかな?(居場所になってくれたなら嬉しいな〜)
お姉ちゃんがいない時だからなのか、とっても活発
甘えてくる笑顔がなんとも素敵なAちゃんです
少しずつここが居場所となり、Aちゃんらしく過ごせたらいいな〜と思います

Mちゃんは入ってきたときから、いつもニコニコしています
「M○〜」と呼ぶとニコニコした、きらきらした目で「なに〜」って答えてくれます
お兄ちゃんがいますが、1人遊びができるMちゃんは
砂で何かを書いたり何かを作っていたりするのが好きな様子
はじめての雨の日も、森で張り切ってあそんでいました
近くで見ていてもそんなことおかまいなしに、黙々とニコニコしながらたのしんでおり
Mちゃんの世界があるようす
この前は帰り道に鳥の小さな羽が落ちているのを拾い、小さい手に握りしめていました
でもふわふわの羽は手からするっと落ちてしまいます
歩きながら何度も拾い、持ち帰っていました
マイペースですがMちゃんのペースで歩くと小さなものでも発見できるのです

最後にK君
ママが大好きなK君、毎日お土産を集めママにあげています
K君はお話しするのがとっても好きでよくしゃべります
この前は「カマキリいんだよ〜」と言いながら
顔やからだ全体でカマキリを表現しながら話をしてくれたと、ひろみさんから聞きました
私が他の子と話をしていても、伝えたいことがあると目の前に顔を近づけ話してきます
それが本当に近くてびっくりしますが、とても生き生きした表情で話します
話すことも面白いK君です
こちょこちょが好きなのか、公園で急に横になり、「たおしていいよ」と言うのです
なので、遠慮なくこちょこちょをすると、きゃっきゃ笑いながら転がっています
私にだけでなく、近くにいた同年のSじろうにも「やっていいよ」と言っていました
Sじろうに伝わっていなかったようなので、まず私がこちょこちょすると
真似してやってあげていて、2人で楽しそうにこちょこちょしている姿は面白かったです

こんな新しいまめの子たち、素敵でしょ!?
伝えるの下手で上手く伝わらないかもしれませんが、素敵なんです!
みんなペースが違い興味があることが違うから、面白い!
興味があること、やってみたい気持ちなどを大切にしながら、見守っていきたいと思います
もちろん、楽しみながらね!

ゆきんこ


Posted by まめのめ at 00:03 | ゆきんこのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
いっちゃった夏〜そしていらっしゃい秋  [2015年09月17日(Thu)]
こんにちは
雨が今日も降っていますね〜
8月の終わりから雨ばかり
もう川遊びができないと思うと少し残念な気持ちに・・・
ようやく先週の金曜日にやっと晴れ間が!
暑くて川〜!っと思ったら増水していて残念
でもライフジャケット着て流れたら楽しそうかもっと思ってしまったりね
川で泳ぐのはまた来年ですね☆

今週はとんびさん(年長)とざりがにさん(年中)が恒例の案山子作り

P1020735.JPG

できあがった4体の案山子をお母さんたちに田んぼまで運んでもらい
立てきてもらいました

その案山子さんたちを田んぼに見に行くと・・・
いました!いました!
イナゴがいっぱい!!

「まめのめ」でイナゴ獲りをするのははじめての私
黙々と田んぼでイナゴを獲る大きいみなさん

P1020830.JPG

その中で年中のK君が
「イナゴってどんなのだっけ?どうやってとるの?」と聞いてきました
イナゴ取りは毎年やっていると聞いたのでK君も知っているのでは?と思いましたが
一緒に田んぼに入りイナゴを探すことに
よーく見ながら探しているとイナゴがぴょ〜んと跳ねたのをみて
2人でそーっと近寄り捕まえました
捕まえたイナゴをK君に見せ、これがイナゴ!と言うと
じっと見たり、持ったりしてイナゴを確認していました
確認が終わると田んぼの中をゆっくり歩き始めK君のイナゴ取り開始!
スタッフの「そろそろ、リュック背負うよ〜」の声がかかるまで
黙々とイナゴ取りをしていました
途中、私に「とれたよ」と見せにきてくれました
「すごいね〜」と言うと照れて、写真を撮ろうとすると顔を隠そうとするK君

P1250862.JPG

その日、イナゴ獲りのことをお母さんにお話すると
「虫きらいなのに取ったんですか?」とびっくりしていました
虫が嫌いな話を聞き、納得
「イナゴってどんなの?」って聞いてきたのは
虫が嫌いで、今までやってこなかったのかと
でも日々成長しているんです!
去年出来なかったことも、何かきっかけがあってやってみたいと思い挑戦してみるなんて
いろんな年齢の子がいて自由に過ごすなかで
色々な刺激をお互いに受け、学び合い大きくなっています

獲ったイナゴは・・・
みんなでいただきました!
今まで田んぼで元気に飛んでいたイナゴを食べる!
うん、これってすごい
イナゴ料理、噂では聞いていましたが・・・なかなかのものでした

P1020840.JPG

P1020842.JPG

そして、本当に美味しかったですよ!!
年に一度のイナゴ料理
田んぼで会った農家の方が「害虫だからがんばっていっぱい獲ってね」
って声をかけてくれましたが
こうして子どもたちと美味しく食べるところまで想像していたかどうか・・・

『生きることは食べること』

「まめのめ」にとって「食べる」は、切っても切れない大切な活動なのです

ゆきんこ

Posted by まめのめ at 19:34 | ゆきんこのつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

子どもへのまなざしさんの画像
リンク集
QRコード
http://blog.canpan.info/mamenome/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mamenome/index2_0.xml
Support by 日本財団 2010〜2012 スタートアップ助成を頂きました。