CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 凧は今いずこ… | Main | 今週の「まめのめ」(4/10〜4/14) »
タグクラウド
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
検索
検索語句
まめの子のリュックサック。[2017年03月21日(Tue)]
まめのめの活動で、なくてはならないもの!
それは、リュックサック!

晴れの日も、雨の日も。
暑くて汗ダラダラな日も、寒くて凍えそうな日も。
まめの子の相棒なのです。

なにが入っているのか、
いや、何を入れて帰ってくるのか?
今日は、そんなリュックの中身を大公開!!



リュックサック。
01.jpg
我が家は、ミレーの12Lを使っています。
これは、年少少(2歳児)から入園したから。年少(3歳児)で入園するなら、14Lでもいいのかも。ぎゅうぎゅうに荷物が入っていると、子どもには取り出しにくいのです。我が家も、しばらくしたらサイズアップする予定です。オークションで1,000円台で購入。おさがりが回ってくることも。



いざという時のお守り
迷子ふだ
02.jpg
リュックを開けると、内ポケットには「迷子ふだ」。ないことを祈りたいですが、いざという時にこれがあると安心だということで、つけています。


そして、そして、、、
リュックの中身は?
03.jpg
荷物を入れる際も、子どもが取り出しやすいように考えて入れています。使わない日もある「着替えセット」「防寒着」は下に。毎日必ず取り出す「お弁当」は一番上に入れています。



着替えセットの中には?
04.jpg
これを撮影したのは3月なので、冬セット。年少少の下の子には、秋ごろにオムツを卒業したのですが、一応うんち用に、おしりふき&うんち用袋を入れています。汚れ物袋は、何度も使うので、丈夫なアウトドア用のスタッフバックを使っています。



防寒着
05.jpg
我が家は17時お迎えなので、夕方は冷えを考えて3月現在でも防寒着を入れています。以前、防寒着をリュックに引っ掛けている子を見て、自転車に引っかかって危ないなぁ〜と感じました。なので、防寒着は小さくたたんでリュックに入るものを入れています。
これも古着で800円でした。冬物は夏場にオークション購入するがお得です。たき火で穴の開いた場所は補修しています。



夏は、防寒着に代わって水着が入ります!
17918983_1875360042747213_161928641_n.jpg
真夏は、ほぼ毎日川で泳ぐので、リュックの一番上に入れています。
ラッシュガードは、子ども自身で着替えしやすいようにフルジップのものを。ハーフジップのラッシュガードは自分で着替えるのが難しいと聞いたことがあります。スパッツも、本当は短い方が着替えやすいのですが、我が家は肌が弱い人がいるので長いものを使っています。
泳いだ後は、アウトドア用の防水バックに入れて持ち帰ります。



お弁当セット
06.JPG
手提げ袋の中に、お弁当、お手ふき、フォークやお箸。



おみやげもの袋
07.JPG
おみやげものぶくろは、リュックの内ポケット(迷子札のうら)に入れています。いいもの探しが好きなうちの子。草や花や、時にはビックリするほど重い石やら…。いつも、どきどき?はらはら?しながら開けています。



リュックの外側ポケット
08.jpg
ザックカバー、水筒、レインウエアを入れています。



リュックカバー
09.JPG
雨の日も、荷物を守ってくれるリュックカバー。アウトドアのお店に沢山あるのですが、我が家は、肩ベルトで固定できるものを使っています。


レインウエア
10.JPG
雨の日あそびの必需品!レインウエア。やっぱりアウトドアメーカーのものを使っています。気になる方は、ぜひぜひ森で母たちに聞いてみてくださいね。




実は、このリュックを使う前に、二人ともモンベルの8Lのリュックを使っていました。それは、まめのめ立ち上げメンバーから代々引き継がれて、何度も修理されて、我が家の下の子で7代目でした。なので、リュックの底が破れてしまい、現在、我が家で眠っています。7人の子どもたちと、毎日一緒にいて、このリュックは何を感じているんだろう?そんなことを考えてしまいます。

そして、私は、ものにも魂があると思うのです。不思議な事に、なくしたはずの水筒も半年後、1年後に見つかったという経験があります。

カンカン照りの夏の日も、動けなるほど寒い雨の日も、ずっと一緒に過ごしてきたリュック。私の知らない姿をリュックは知っています。そんなリュックは子どもたちの相棒。見た目はボロボロかもしれない。でも、手を加え、修理をすると、今までにまして愛着がわくのです。それは、ちょっぴり、親のエゴかな?でも、そんな大人の姿を見て、子どもに「たいせつ」が伝わったらうれしいと思うのでした。



>>>このブログを書いた人
まめのめ母ちゃん『たなかみゆき』
年少少(2歳児)&年少(3歳児)&小2の母。
古着大好き!子どもたちのまめのめグッズも、フリマやオークションなどを活用しています!


=======================================
NPO法人子どもへのまなざし
野外保育「まめのめ」は、みなさんの応援に支えられています。
=======================================
★寄付で応援!
★情報シェアで応援!facebook「いいね」で応援!
★お買い物で応援!毎月11日、イオン黄色いレシート
★まなざしの今を「メルマガ」を読んで応援!

街中を歩く「まめのめ」に出会った大人たちが、
その姿を見て「いいね」という輪が広がってくれれば…。

まめのめの子どもたちだけでなく…、
子どもたちが、とことんあそぶ姿をあたたかいまなざしで
見守るおとなが増えると信じています。

そんな願いを込めて。
わたしたちは、みなさんに応援をお願いしたいのです。

野外保育「まめのめ」の詳細はコチラ(↓)
http://www.manazashi2009.sakura.ne.jp/mamenome_new.html
=======================================
Posted by まめのめ at 10:54 | 親のつぶやき | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/mamenome/archive/242
コメントする
コメント
プロフィール

子どもへのまなざしさんの画像
リンク集
QRコード
http://blog.canpan.info/mamenome/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mamenome/index2_0.xml
Support by 日本財団 2010〜2012 スタートアップ助成を頂きました。