CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
@ままっぷる とは?

山口市の子育て情報(子育てサロン、サークル、幼稚園、保育園マップやコラムなど)を発信。

特定非営利活動法人あっと が実施しています。

〜@ままっぷるからお知らせとお願い〜
【コラム・ママサポートについて】
コラムはNPO法人あっとのメンバー(理事・事業スタッフ)が『子育てエッセンス』を綴っています。ママサポート情報は@ままっぷる事業スタッフにより取材、企画、編集されています。


【幼稚園・保育園について】
情報は過去の実績や保護者の感想に基づいています。重要な点については必ず各園(公立については山口市に)直接お問い合わせください。


【サロン・サークルについて】
情報は2008年1月に「NPO法人あっと」が発行した「山口市子育てサロン・サークルナビ「ままっぷる」を元に更新・加筆したものです。年度途中でも比較的入りやすいものです。


【託児グループについて】
情報は2010年9月に「NPO法人あっと」が実施主体となり「山口市子ども家庭課」が発刊した『一時預かりガイドブックあずけちゃお@まなびっちゃお』を元に更新・加筆しています。

<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事

Google
www ブログ内
http://blog.canpan.info/mamapple/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mamapple/index2_0.xml
〜もくじ〜

                      
(H23年度現在) (H23年度現在)
公立幼稚園   ○育児サロン・サークル   ○ママサポート      ○コラム
私立幼稚園   ○つどいの広場                                       ○あっとほーむ情報スタッフ紹介
公立保育園 
私立保育園
4歳児おちんちんの話 [2017年09月18日(Mon)]
夏休みが終わる頃…。
年中の息子が「おちんちんが痛い!」と。
みれば、赤く腫れてかわいそうな感じに。


母は、これでも一応女子なので…おちんちんの事は謎だらけ。
なので、人生初の泌尿器科に行ってみました!


まずは、問診票の記入と検尿。

そして、待合においてある絵本を読んでいたら 
あっという間にお医者さんの診察に呼ばれました。




話は逸れるけど、病院の待合が長いと親は大変ですよね。

特に子どもが元気(!?)な時…。


4歳になった今でこそ絵本でなんとか間が持ちますが、
それまでは、ミニカー(普段使いじゃなく待合用に特別なものを一台用意してました)を持たせたり、紙とペンでお絵かきさせたり、最終手段はジュースやお菓子。

でも、そんなことで動きを止められるのも僅かな時間で…はぁ。。。


思い返せば、いろんなエピソードがもりもり出てきますが、話を戻して。



診察室では、まず子どもはベッドで横になります。
そして、ドクターが優しくお話されながら、サッと見てくださいました。


結果、検尿も悪くなく、おしっこする時に痛みもないので
おちんちんと包皮(おちんちんを包んでいる皮膚)の間にばい菌が繁殖して
炎症を起こしている状態と診断を受けました。


お話によると、ばい菌といっても特別な菌というわけではなく、
普段から私たちの体のあちらこちらについているものだそうです。
疲れていたり、風邪をひいていたりして免疫力が低下しているときに、
おちんちんを触ったりするとなることがあるとのこと。


4・5歳の男の子はよく触りますもんね。
このくらいの年頃は珍しいことではないようです。
そういえば、私の弟も幼稚園の時になっていたような…。


治療は抗生剤を3日服薬です。
薬を飲みだすと日に日によくなって、
ドクターのおっしゃったとおり、薬のなくなる頃にはすっかり元の状態に戻りました。

よかったよかった。

子も、親も、また一つ勉強になった出来事でした。

よう
Posted by あっとほーむ at 11:12 | コラム | この記事のURL
ほめてあげたい…が、 [2016年11月29日(Tue)]
年中のときのカタカナドリルです。
集中して取り組んでいたので、よしよし、と放っておいたら、そのうち得意げに見せてきたのでした。
tmp_5292-IMG_20161129_1544571757053388.JPG

形は合ってるよ。
でもハートと花か、あきらかにドリルの使い方間違っちょる。

が、その根気だけはほめてあげたくなりました。
でもその場でうまい言葉は、思い付かず、結局何も言わなかった私。

今でも、飾りつけには手を抜かない娘です。余白が許せないらしいのですが、ママも手伝ってよ〜だけは勘弁してね。

かねごん
Posted by あっとほーむ at 13:12 | コラム | この記事のURL
いつか社会に出たい子育て中のママのガイダンスを開催します [2016年11月11日(Fri)]
あっとでは今は子育てなどで離職しているけど、いつか社会復帰をしたいママを対象に、「すてっぷあっぷガイダンス」を開催します。

自分の適性や社会にでるまでの流れ、などを知っておくことで、社会にスムーズに復帰できるはず!

託児にまだ余裕がありますので、興味のある方は是非ご参加ください!

11月16日(水)10:00から12:00
場所:山口市男女共同参画センターにて

詳細は、チラシをご覧ください!

すてっぷあっぷガイダンスチラシ.pdf
Posted by あっとほーむ at 15:31 | コラム | この記事のURL
就学児検診行ってきました! [2016年10月26日(Wed)]
就学児検診って知ってますか?

赤ちゃんが生まれたばかりの方にはまだ遠い話かもしれませんが、小学校を来年に控えて、幼稚園年長さんが受ける検診です。

10月から11月にかけて実施されており、教育委員会から通達が来て、自分の居住している地区の小学校で受けるようになっています。

6歳の娘にも就学児検診のお知らせが来ました!

いよいよ小学生になるんだなあ。。と、しみじみ。

ところが!実家の母親の手術のため、長い帰省を予定してたので、居住区の小学校に行けません。
ああ、どうしよう。。と思っていましたが、そういう場合は違う小学校で(つまり違う日に)受けられるそうです。ああ、よかった。。(でも、教育委員会にまず電話して、変更を伝え、受けたい学校・本来受けるべきだった学校にも変更を伝え、三か所に連絡しなければなりませんが)

もう、あまり変更したくないので、無事にその日を迎えてほっとしました。
子どもは別にされて、検診に入るので、何をやったかはよくわかりません。
でも、身体測定や聴力・視力検査、簡単な知能テストのようなものをやったみたいです。

親はその間、ただひたすら待ちます。学校によって違うみたいですが、講演を聞いたり座談会をしたりといろいろのようです。私の受けたところでは、元小学校の先生の講演でした。

だいたい受付がお昼頃で、終わるのは3時から4時くらい。
長丁場ですよね〜。

学校によっては制服の注文などもあるようです。

小学校に向けての、第一歩の日は、親子ともどもなかなか疲れました。


あやか
Posted by あっとほーむ at 11:28 | コラム | この記事のURL
長門のパワースポット「元ノ隅稲成神社」 [2016年08月28日(Sun)]
長門の「元ノ隅稲成神社」って知ってますか?
最近話題のパワースポットらしいんです。

岬の先まで立ち並ぶ長い鳥居。
海の青とのコントラストが見事です。

IMG00055.jpg

最初の鳥居には日本一入りにくいお賽銭箱が。鳥居の上にお賽銭箱があるんです。
私も主人も入れることができませんでした。

私が行ったのはちょっとまだ暑い時期で大変でしたが、秋の天気のいい日があったら、行っても汗ばむこともないかもしれません。
ぜひお出かけしてみてください。

あやか
Posted by あっとほーむ at 15:05 | コラム | この記事のURL
寝かしつけに困っている方へ [2016年08月20日(Sat)]
あぁ、今すぐ教えてあげたい。

NHKすくすく子育てを久しぶりに見ました。
寝かしつけ大作戦!

実は私、娘が2歳の頃までは、昼寝2時間・夜2時間、毎日必死で寝かしつけをしておりましたふらふら
あの頃に知りたかったわ。

かわいい手を替え品を変えするより、同じ方法でルーティンにした方が赤ちゃんは安心、とか
かわいいおやすみ前の行動を決めておく、とか
かわいい夜に目が覚めて少々泣いていてもすぐにはあやさず寝たふり、とか
かわいい寝かすつもりより運ぶように5分歩く、とか
かわいい背中スイッチは実は「おなか」が離れることで落ちると感じて不安で起きるとか・・

この他目ウロコな事がたくさん紹介されていました。

寝クジで泣き続ける我が子を抱っこorおんぶして、2時間超えたら隣の部屋でゲームしているパパにブチ切れていたあの日々・・あぁ、思いだしたら腹立つからやめよ。
今後は絶対寝かしつけでストレス溜めないぞ手(グー)

そういえば添い乳をやめるとき、「今日から●●したら寝るよ〜」と宣言して習慣を変える、という方法、我が家も実践していました。
絵本を2冊読んで寝る、と言った先輩てとスタッフMちゃんを真似していたら、
すんなり習慣替えできたんですよ。今日も娘は2冊、持って来ました。

子どもって今から自分がどうなるか、心配なんですね。
もうすぐ6歳ですが確かに「今から何する」がはっきりしていない時はひたすら尋ねてきます。
小さい時は何も言わずに連れまわしましたので・・反省。

保育スタッフとしての立場からも、託児をされる際には、日ごろのお昼寝方法をお伝えしておいていただけると、お母さんから離れて不安な赤ちゃんも、より安心して寝させてあげられると思います。

再放送は26日金曜日ですって。 
かねごん
Posted by あっとほーむ at 22:41 | この記事のURL
子育てを理由に諦めていませんか? [2016年07月27日(Wed)]
こんにちは、ちえです。
今日は山口市主催のマネーセミナーに参加してきました。
子育て世代のライフプランとお金の話で教育費が一体いくらかかるのか、節約や貯蓄のツボ、ライフプラン二ングなどのお話を聞いてきました。

子育て中の私がなぜ参加できたかと言うと、実は『託児付き』(←ここ強調)のセミナーだったのです。

子どもが産まれてからは、いつも子連れなので産前に比べるとかなり制約がある中で生活していて色々な場面で諦めることがある訳ですが、今回の様にセミナーに託児をつけてもらえると子育て中の私でも参加できるのです!勉強できるし、気分転換になるし、モチベーションあがるしで、とても有意義な時間になりました。

特定非営利活動法人あっとでは、私の様な乳幼児を子育てしている親の社会参加や生涯学習の機会を増やすべく、各種講座やイベントの託児設置を促進したいと考えています。そのために、現在子育て中の方々の意見を広く集めたく、アンケートにてみなさまのお声を聞かせていただけませんでしょうか?
アンケートの対象は山口県で乳幼児を子育てをしている親の方々となります。
ご協力のほど、どうぞよろしくお願いします!

https://docs.google.com/forms/d/1-0swmIlQyq7NkRQd9BtnyUcq0c2rEqoCoPEP1-4GbQ8/edit

tn.jpg
Posted by あっとほーむ at 07:04 | コラム | この記事のURL
あっとほーむと私とRちゃん [2016年07月20日(Wed)]
平成20年、利用者のママがあっとほーむの元となる当時は壮大な企画書をあっとでできないかと持ってきました。

私たちに出来るのかためらいながらもその企画実現に向け動き、21年6月にあっとほーむの開設となりました。

そして開設からすぐに双子を妊娠し、長期入院、産後も二年間は自宅で子育てをすることになりました。
でも仕事内容がネット回線と電話さえあればできることを逆手に、その間も病院内や自宅で情報収集と発信をし休むことなく現在まで仕事をし続けることができました。(テレワークの先駆けと私は勝手に思っています)

でも一方的な発信のため、相手の満足度や顔が見えず、ただただ発信をしている日々。
そんな中、てとスタッフで転勤族のRちゃんが、大阪から山口へ引っ越す時に、あっとほーむをみて住む場所や子育てについて知りました!と言う話を聞きました。

Rちゃんは初めて住む山口で不安だったはずですが、自分らしい子育てを見つけ生き生きと過ごし、今年7月末にみんなに惜しまれつつまた新たな地に引っ越していきます。

Rちゃんのように、あっとほーむを道標に山口に引っ越しこられる方、きっと大丈夫!私たちがてとでお待ちしています!


image-384d8.jpeg
ちか


Posted by あっとほーむ at 22:14 | コラム | この記事のURL
夏を乗り切ろう [2016年07月04日(Mon)]
急に暑くなりましたね晴れ
朝が明るいからか、子どもは5時台に起きだし、
昨日は温度が上がる時間から、機嫌が悪くなっていました。
ブーブー言われたら親のイライラも上がっちゃうんだよちっ(怒った顔)
早起きした分早く寝るのだけがありがたいですな。

夏バテ予防に運動後の乳製品を、って聞いたので、遊んだ後に牛乳をあげてみたり。
自分も負けないようにしなきゃね。
ってことで、自転車を再開したり。
暑いんじゃない?って言われますが、車に乗った瞬間の暑さが無いので
私は多少マシと思っています。子どもは涼しそうに応援だけしてくれますよいい気分(温泉)
そうして我が家は今年も水遊びと木陰と室内遊びできる場所をめぐっていくことでしょう。

できるだけエアコンを使わない主義なんだけど、今年は出番が早そうな予感です。
かねごん
Posted by あっとほーむ at 11:53 | この記事のURL
暑い時期のお弁当 [2016年06月14日(Tue)]
熱くなりましたね。
「この時期お弁当どうしてます?」
園のママの話題にのぼりました。

なんとなく、保冷剤入れたり、火を念入りに通したり、自己流で気をつけてはいるものの、
結構適当。。。
これまで何もなかったからよかったけれど、本当はどうなの!?と気になり、周りのママに取材してみました。

そこででた対策はざっとこんな感じでした。

1、保冷剤を保剤用タオルに入れてお弁当袋に入れる。
2、ゼリーを凍らせて保冷剤代わりに入れる。
3、冷凍のものを凍ったままいれて、自然解凍にまかせる。
4、お弁当につめるとき、熱いままではなく、さめた状態のままつめる。
5、生もの、水のでるものはいれない。。。

(ほかに酢の物をいれる、とか梅干しをいれる、とかはありますがあまりお子様向けではないので、これはあまりすすめません)

などなど。「もう、こんなの知ってるわ」、という方もいるかもしれません。
私もなんとなく知ってはいましたがあまり気にせず、実践してませんでした。
でも、最近の夏は本当に暑い!
今日早速冷凍のものをそのままいれる、というのとゼリーをやってみました。

冷凍のものをそのまま入れるなんて味はどうなのだろうと思ってましたが、子どもは大丈夫だったようです。

みなさんも、もし知らない方法があったらぜひお試しください♪

あやか

Posted by あっとほーむ at 15:53 | コラム | この記事のURL
| 次へ