CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

海・山・そして空へ

海から山へ、そして空の玄関「富士山静岡空港」から全国へ、そんなイメージで、スポーツ大・大好きな曽根が、情報発信を心がけているブログです。スポーツ、イベント好きなみなさんへのメッセージを発信します。


<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
sone
誕生 (09/20)
齊藤 秀孝
誕生 (09/20)
sone
誕生 (09/14)
長泉フォーティー
誕生 (09/14)
sone
高段者大会 (05/07)
齊藤 秀孝
高段者大会 (05/06)
曽根 由多
あれから1年 (03/12)
齊藤 秀孝
あれから1年 (03/11)
長泉フォーティー
ファミリーバドミントン大会 (02/20)
東海OB
同級生 (02/16)
あれから1年 [2012年03月11日(Sun)]
東日本大震災から1年がたちました。

まずは、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。



この1年自分自身何ができたんだろう。
5月に10日間被災地支援に行ってから、義捐金を寄付すること様々な人に伝えることぐらいで
コレといって何をした訳でもなかった。
でもこれからも自分に今できることをしていきたい。


【被災地支援の最新記事】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
齊藤さん

コメント有り難うございます。思う気持ちは常に持ち、お互い今できることを精一杯やって行きましょう。
Posted by:曽根 由多  at 2012年03月12日(Mon) 12:24
 いつも楽しくブログを拝見しております。
 被災地を思いやる曽根さんの心持ちに、只々頭の下がる思いです。私自身、この1年間、何一つ被災された方のお役に立つことができませんでした。愚拙の我が身が恥ずかしく、情けない限りです。
 昨年の震災直後、福島県の中学生が読んだ答辞の言葉「天を怨みず、人を咎めず・・・」が脳裏から離れません。被災当事者であるにも係らず、この答辞を読んだ中学生を思うと、自ずと涙が込み上げてきます。
 己の弱さに打ち克ち、他を思いやることが、柔道の極意であると考えます。私も自らに与えられた境遇の中で被災地に思いを致し、微力ながら自身の精力善用に努めたく思っております。
Posted by:齊藤 秀孝  at 2012年03月11日(Sun) 19:39
プロフィール

曽根 由多さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/makinohara/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/makinohara/index2_0.xml