CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
まきばの日記
まきばフリースクールの、不登校・ひきこもり・家庭で生活することができない等により、生き辛さを抱えた子ども・若者たちの回復と成長の日記です。
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
2階のMCより
ダイバーシティカップ参戦 (11/24) 野原 知子
キャリア教育ワークショップ (08/14) ちづる
料理当番 (09/17) 佳奈
訪問相談などなど (04/18) てっちり
雄勝便利屋 5.26 (05/30) もなか
キャンプ振り返り (04/08) つかちゃん
庭作り準備 (03/28) コーノ
オメデトウ!! (03/15) コーノ
未だ進まず (03/08) 中山
看板を掲げる (02/20)
NPO法人まきばフリースクールは、

不登校・ひきこもり・発達障がい等の
子ども・青年への相談・教育・就労支援
「まきばフリースクール・ワークス」

障がいをもつ方への就労支援事業
「まきばの実り」

障がいをもつ方の共同生活援助事業
「憩のまきば」

様々な事情で家庭で暮らせない子どもたちの
養育事業
[ファミリーホーム愛子園」

家庭で暮らせない高年齢の子どもたちの
自立と生活支援事業
自立援助ホーム峠のまきば・愛子2」

を運営しています。
本ブログは、まきばで活動する職員の日記です。

活動を応援してください!
「ご寄付のお願い」

「無料でできるクリック募金gooddo」
東京へ[2018年04月27日(Fri)]
日曜日夕方、
翌日の研修出席のため
花の都大東京へ。
新幹線に乗るため古川駅に行くと、
みどりの窓口大混雑。
そのあと仙台駅に着いたら、
ものすごい人ヒトひと。
何事かと思ったら、
羽生結弦選手凱旋パレード
当日であった。
フィギュアスケートそこまでじゃない
ワタシはややげんなりしつつ、
「今頃サザエさんやってるなあ」
あまり得意でない大都会へ。

IMG_20180422_193204.jpg

東京湾岸地帯到着。
あまり元気でない私の今回の楽しみは、
研修会場のビッグサイトにあるらしい
ガンダムユニコーン像。
消滅寸前のプラモ部と
コアなガンダムファンの青年たちの
思いも胸にゆかんビッグサイトへ。

しかし結論から言うと、、、
ありませんでした。
ユニコーンは東京ビッグサイトでなく、
ちょっと向うの、
ダイバーシティ東京にあるそうです涙。

IMG_20180423_092552.jpg

朝から失意の私を救ってくれたのが
こちら研修会場ビッグサイト全景。
このフォルムはあのMAそのものと言えなくもない。
ファーストにでてくるでっかいやつですね。
正面から撮ればもっと分かりやすかったなあ。
でもこれでみんなにお土産話ができる。

「ビグザムに搭乗して、
メガ粒子砲発射してきたよ!」

最後のリオグランデ[2018年04月19日(Thu)]
3月末、
石巻のリオグランデでは
最後のプログラムを開催。

IMG_20180331_112754.jpg

最終回は石窯を使っての
ピザ作り。
これまで何度も行ってきた
定番のプログラム。
最終回ということで、
中学生たちも来てくれた。

IMG_20180331_115535.jpg

とてもいい天気だったので、
外で食べる組。
みんないつも通りの
にぎやかさと笑顔で、
明るく最後ができて良かった。


震災の後、
学校がいつ再開するか分からない中で
ボランティアによる
夜の勉強会がはじまり、
そこに来ていた中学生たちが
「20歳になるまで」
活動を続けようと決めてより7年。

活動や対象を広げていくのでなくて、
縁あってつながった子どもたちが
ここを必要としなくなるまで、
ひっそりとゆるやかに、
近所の日帰り温泉のような
ちょうどいい距離感でもって
ただ在り続けようとしてきました。

大川小が統合となり、
中学生たちが20才を超えたこの春、
リオの活動は終了いたします。

長きにわたり
有形無形のご支援ご協力を頂きました、
沢山の皆様に、
心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

IMG_20180416_124824.jpg

1年水増しして、
子どもたちが書いてくれました。

自然豊かな大川の子どもたち、
ふるさとに愛され
ふるさととつながって
大きくなってください。

大人になった子どもたち、
ふるさとを愛し
ふるさとをつないでいく人に。
大切にしたいものを
大切にできる人に。
幸せな人になってください。

私は私の暮らしの中で、
同じように
生きていきたいと思います。


風の便りA[2018年04月09日(Mon)]
昨秋本ブログにて、
高卒認定ワンパンマン
としてお伝えしました青年が、
この春見事短大合格。
先日晴れて入学式へ。

1523261681295 (2).jpg

峠のまきばに来て見つかった、
「なりたいもの」
になるために、
新しい日々がはじまる。

なりたいものを諦めないために、
諦めたことがいくつかあっただろうし、
これからいくつもあると思う。
それでもうまくいかないことだって、
絶対ないとは言い切れない。

けれども彼のその歩みは、

諦めなきゃいけないことばっかりであっても
諦めないで生きていくことは
できるのかもしれない

私たちに希望をくれるものであります。
この先どう在ろうとも、
自分が私たちにとって光であることを、
忘れないで生きていただければ幸いです。

IMG_20180409_165814.jpg


君の夢がかなうのは
誰かのおかげじゃないぜ
風の強い日を
選んで 歩いてきた

funny bunny  the pillows

風の便り@[2018年04月02日(Mon)]
3月末、
久しぶりにOBの青年より連絡アリ。
4月から東京で暮らすとのこと。
イベント制作会社で働くそう。
利府のモスで送別のお茶をする。
「有名人のサインもらってね」
と言ったら、
「そんなのもらってどうするの」
既にbig city boyなのである。

同日、
OGの青年よりLINEアリ。
無事国家試験に合格し、
4月から看護師として働くそう。
色んな物品寄付もいただく。
「まきばの卒業生として、
胸を張って社会人になります」
恐悦至極にございます。


まきばに来た頃、
OBは13才で、
ジャージ以外の着用をかたくなに拒み、
オトナの意見に背を向けることを是とし、
屋根のうえをこよなく愛した。
ヒトというよりネコであった。
一緒にかまくらを作って、
釣りに行ってラジオを聴いた。

まきばにいた頃、
OGは医者になることを目指し、
日々懸命に勉強した。
沢山のことを我慢した。
けれどもそれは我慢したものの大きさの分、
「ならなければならない」
「いい大学に入らなければならない」
自分を追い詰め、
暗く、狭く、ひとりぼっちになる方へ
歩いていってしまうことにつながった。
その苦しい時期を経て、
完全でない自分をゆるし、
完璧でない人生を受け入れ、
明るく、広く、人とつながる方へ
自分の足で歩いていくことができるようになった。


東京もイベント制作も、
看護師の喜びも厳しさも、
私は体験したことがないから分からない。
分からないことを、
旅に出た仲間が教えてくれる。

風の便りを楽しみに、
宮城の端っこで、
土となって生きていきたい。

IMG_20180330_105234.jpg

君のこと沢山 
知ってるつもりだったな
だけど
こんなにも分からなくなるなんて
素敵な時間も
ありふれた朝も
今日は
青空だけどさみしいなんて


魔法のじゅうたん  くるり


JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー[2018年03月19日(Mon)]
毎週木曜日のフットサルクラブ。
ある日の練習後、
いつものように、
「雷獣シュートを打とうとし
光速スライディングで止めようとしたところ
エネルギーのぶつかり合いにより
反動蹴速迅砲が放たれる」
の練習をする3人。

IMG_20180315_150015.jpg

かたずを飲んで見守る
赤ジャージの彼の手には偶然、

IMG_20180315_150042.jpg

本当にたまたま彼が、
PRする気なんて全くないのに
持っていたのは、

IMG_20180315_150050.jpg

我々まきばフットサルクラブ、
JFA(日本サッカー協会)より、
グラスルーツ推進・賛同パートナーとして
認定いただきました。

これは
「Football for All サッカーを、もっとみんなのものへ」
というコンセプトのもと、
年齢、性別、障がい、人種などに関わりなく、
だれもが、いつでも、どこでも、
サッカーを楽しめる環境や文化を
根付かせていく試みです。


我々まきばFCにも
様々に困難な状況にある子どもや青年たちが
参加しています。
特に年齢の高いメンバーに対しては
「フットサルなんかやってる場合じゃない」
っていう世の空気もありますが、
辛い苦しい難しい状況にあるほど
何かやってる場合じゃなくなる空気だったら、
家でじっとしているか
壊しちゃダメなものを壊すしかないでしょう。
何かオモシロいことやろうという熱を、
カルシファーの火を消してはなりません。

誰でもどんな状況でも、
スポーツを遊び楽しむことが
もっと当たり前の世の中に。

支援するもされるもなく、
我らまきばフットサルクラブ、
グラスルーツを推進していくぜ。

http://www.jfa.jp/football_family/grassroots/gr_makiba_free/






ハウス栽培はじめました[2018年03月14日(Wed)]
まきばの就労支援事業では
この春よりハウス4棟をお借りし、
野菜生産をスタート。

IMG_20180302_074808.jpg

トマトの促成・抑制栽培を中心に
葉物野菜も栽培し、
年間通して途切れることなく収穫・出荷する
を目指します。
収穫した野菜は、
リオーネ古川
あじわいの朝築館店
産直わくわく
などで販売しております。

IMG_20180302_074736.jpg

3月は仙台雪菜を絶賛収穫中!

ボーリング大会[2018年03月05日(Mon)]
2月の就労支援メンバーお楽しみ
レクリエーションは
ボーリング&食べ放題ツアー。

IMG_20180228_115255.jpg

平昌ではカーリング女子が
素晴らしく盛り上がったので、
我々ボーリング男子も
何となくスイープとかしたくなる。

IMG_20180228_113747.jpg

こちらの彼の必殺技は、
残像の残るゆるやかな球を投げておいての

IMG_20180228_113749.jpg

秘技
「自分、振り返らない主義なんでよろしく」。

球がピンに当たるところは見ずに
帰ってくるという荒技。
でも気になるので
後で画面で確認します。
「じゃあ振り返ればいいんじゃないの」
という声にはこう答えましょう。

それは
そだねー。


雪中野菜発掘作業[2018年02月19日(Mon)]
今年の冬は久々に
雪のよく降る寒い冬。
まきばの畑まきばたけも
一面の雪原に。

IMG_20180208_102754.jpg

晴れ間をついて収穫作業。
スコップで雪をよけ、
凍った土を掘って
大根とネギを獲る。

IMG_20180208_102811.jpg

野菜は雪にあたると甘くなる
と言いますが、
ネギなんかホントそうなりますね。
大根は凍ってしまって
食べられるところが少なくなってしまった。
昨冬は春まで大丈夫だったから、
余裕こいてしまったなあ。

冬の畑は雪が音を吸って静かで
とても落ち着きます。
節分[2018年02月08日(Thu)]
先週金曜日、
デイサービスまきばに、
就労支援事業所まきばの実りの
メンバーが鬼の形相で
乗り込んできた。

1518057452711.jpg

応戦するおばあさんたち。
ニッポンの伝統行事、
節分の豆まき
というやつですね。
鬼は慌てて逃げていきました。
これで今年も無病息災。

1518057434722.jpg

逃走後、
隣の部屋で反省会を行う鬼たち。
「迫力が足りないのよね、迫力が」
それはそうなのですだって素顔の彼らは、

IMG_20180202_143632.jpg

優しいイイ人なのです。
また会う日までサヨウナラ[2018年01月22日(Mon)]
まきばフットサルクラブは
今年も毎週木曜日練習開催。
18日の練習は、
この日で一旦お別れ、
めでたく次のステージへと旅立つ
メンバーの壮行練習。

IMG_20180118_150346.jpg

旅立つメンバーには
トレーニングシャツを贈呈。

自主練やっときなさいね
試合には呼ぶからね
休みの希望が言えるようになったら、
木曜日休みとっちゃいなね

という思いが込められている。

まきばFCでは
国内移籍は認めておらず、
海外に移籍するとなると
移籍金1000万M$(マキバドル)
は最低必要となる。
1000万M$は日本円に直すと
アメリカの国家予算を超えるから、
選手名簿から名前が消えることはない。
だからいつでも顔出しておくれ。

地球上にサッカーボールの存在する限り
我らまきばFC一味
タマシイは共にあり。


<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

中山 崇志さんの画像
中山 崇志
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/makibafree/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/makibafree/index2_0.xml