CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
まきばの日記
まきばフリースクールの、不登校・ひきこもり・家庭で生活することができない等により、生き辛さを抱えた子ども・若者たちの回復と成長の日記です。
« 中山のつぶやき | Main | 便利屋・仮設住宅支援 »
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
2階のMCより
ダイバーシティカップ参戦 (11/24) 野原 知子
キャリア教育ワークショップ (08/14) ちづる
料理当番 (09/17) 佳奈
訪問相談などなど (04/18) てっちり
雄勝便利屋 5.26 (05/30) もなか
キャンプ振り返り (04/08) つかちゃん
庭作り準備 (03/28) コーノ
オメデトウ!! (03/15) コーノ
未だ進まず (03/08) 中山
看板を掲げる (02/20)
最後のリオグランデ[2018年04月19日(Thu)]
3月末、
石巻のリオグランデでは
最後のプログラムを開催。

IMG_20180331_112754.jpg

最終回は石窯を使っての
ピザ作り。
これまで何度も行ってきた
定番のプログラム。
最終回ということで、
中学生たちも来てくれた。

IMG_20180331_115535.jpg

とてもいい天気だったので、
外で食べる組。
みんないつも通りの
にぎやかさと笑顔で、
明るく最後ができて良かった。


震災の後、
学校がいつ再開するか分からない中で
ボランティアによる
夜の勉強会がはじまり、
そこに来ていた中学生たちが
「20歳になるまで」
活動を続けようと決めてより7年。

活動や対象を広げていくのでなくて、
縁あってつながった子どもたちが
ここを必要としなくなるまで、
ひっそりとゆるやかに、
近所の日帰り温泉のような
ちょうどいい距離感でもって
ただ在り続けようとしてきました。

大川小が統合となり、
中学生たちが20才を超えたこの春、
リオの活動は終了いたします。

長きにわたり
有形無形のご支援ご協力を頂きました、
沢山の皆様に、
心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

IMG_20180416_124824.jpg

1年水増しして、
子どもたちが書いてくれました。

自然豊かな大川の子どもたち、
ふるさとに愛され
ふるさととつながって
大きくなってください。

大人になった子どもたち、
ふるさとを愛し
ふるさとをつないでいく人に。
大切にしたいものを
大切にできる人に。
幸せな人になってください。

私は私の暮らしの中で、
同じように
生きていきたいと思います。


Kを待ちながら[2017年12月27日(Wed)]
本日はリオグランデの
年忘れ子ども大忘年会2017。
石巻市大川地区で復興支援チームとして
活動してきたリオグランデ。
子ども忘年会も今年で6回目。

IMG_20171227_115210.jpg

今年は
利きチョコレート選手権
絵心選手権
気持ちをピッタリ当てまSHOW
大ビンゴ大会
というラインナップ。
去年と同じ感じじゃないの!
という声も聞こえますが、
おんなじことがおんなじ時期に
きっちり行われる
っていうことは大事なのであります。

そしてそれが、
決して当たり前にあるものではない
っていうことを
震災に思い知らされた私たちは、
子どもたちにとって
当たり前が当たり前にあるように、
できることを続けるのみであります。

IMG_20171222_181042.jpg

そんな我々にもクリスマスプレゼントあり。
毎週金曜夜の勉強会
という名の談笑会も
6回目の年の瀬を迎えます。

純粋で素直な私達NさんとSさんは、
「Kさんから食べよ」
と言う指示に従い、
コタツにあたりながら、
来るはずのないKさんを
なんとなくぼんやりと待つのでした。

みなさまいつもと変わらぬ
当たり前の年の暮れでありますよう。
良いお年をお迎えください。

ビーチ&お祭り[2017年09月04日(Mon)]
リオの夏休み恒例行事、
サマーキャンプとお祭りを
今年も開催。

サマーキャンプは日帰り開催。
石巻は雄勝の浪板海岸ビーチで
海水浴とBBQの予定!しかし
台風上陸とドンピシャ重なり、
日程を変更したものの
その日も雨。

NCM_0973.JPG

結構な雨だったのでBBQもできず。
それでも歓待してくださった
浪板の皆様ありがとうございました。
リオに戻った後、
小雨になったのでスイカ割り決行。
リオのスイカ割りでは、
新聞紙を丸めた棒でスイカを割れれば
ジェダイの戦士と認定される。
今年のフォース開眼者は1名。

NCM_0979.JPG

14日は夏祭り。
懐かしい面々に再開する日。

大川小伝統のソーランも披露され、
沢山の観客が声援を送っていた。
来年大川小は合併となるので、
夏祭りでのソーラン披露も今年で最後。
毎年続くことで生まれる重みというものを
しかと学びました。
すべての子どもたち、子どもだった青年たち、
本当にお見事でございました。

NCM_0981.JPG

屋台は今年も大賑わい。
震災からこれまで、
関わってきた子どもたちは
もはや立派な青年となり、
それぞれに新たなスタートがあるよう。
自ら歩む道には、
喜び楽しみだけではなくて、
悲しみ苦しみもあるでしょう。

どうかそのすべてに、
フォースの加護があらんことを。

ホタル観察[2017年07月03日(Mon)]
先月末はリオにてホタル観察会。
拠点のすぐ近くでホタルが乱舞するので、
毎年行っている。

NCM_0792.JPG

ホタルの出てくる日没まで、
走り回る子どもたち。
滑り台を使ってボール鬼。
鬼は高いところに登れないルール。
私が子どもの頃もよくやった。
こういう遊びは
時代や地域を超えてつながっていくから、
いいなあと思う。

NCM_0796.JPG

夜になるとホタルが出てくる。
山と田んぼの際のところに沢山いる。
今年はちょうど
ゲンジボタルとヘイケボタルの
間の時期に当たったようで数が少ない。
ただ少ないと言っても
それは毎年見ているからであって、
はじめて見た人なら
「すごい!」
というくらいはいる。

雨上がりの夜空にはホタルが舞う
っていうことも、
ボール鬼と同じように、
つながっていけばいいなあと思う。

石窯ピザパ[2017年04月17日(Mon)]
1日、
石巻はリオグランデにて
石窯ピザパーティー開催。

NCM_0694.JPG

子どもたちは20名程参加。
ピザを焼くのは久しぶりだが、
子どもたちには人気のプログラム。
皆ワイワイ楽しそうだったのだが、
私火の番人と化しており、
うっかり写真をこの一枚しか撮らずじまい。

縁あってはじまった大川小の子どもたちへの
遊び場や体験学習サポートも
6度目の春。
あの年入学した子どもたちが
ちょうどこの日から中学生。
もう
「オレのピザ先に焼いてくれ!」
とか言わないし、
虫眼鏡で光を集めてピザを焼くこともない。
あんなに無駄に走り回ってたのになあ。
リオに来ることも少なくなるだろうな。

でも彼らの笑顔を見ていると、
彼らの中にはもうすでに
サヨウナラからはじまっていることが
沢山あるんだなと思う。

卒業、心からおめでとう。
大人になって、
いつの日かふるさとを目に浮かべるとき、
そこに石窯があったらうれしいな。


リオ子ども忘年会[2017年01月18日(Wed)]
今年の恵方はどちらであるか
という頃ではありますが、
ブログの上では再びクリスマス。

石巻は大川地区での
子ども支援を続けておりますリオグランデ、
恒例の年忘れ子ども大忘年会。

NCM_0559.JPG

今年は24日開催
さらにインフルエンザ流行中
ということもあり、
15名程の参加となりました。

会のプログラムは毎年の如く。

絵心選手権(アニメキャラを思い出して似せて書く)
では父ヒロシに皆苦戦。

毎年大人の想像を超える
正解率をたたき出す
利き○○選手権
(前年:利きプリングルス
前々年:利き炭酸飲料
前前前世:利きうまい棒)。
今年は大人の意地をもって
利き水選手権
という難題を用意。
安曇野の水と富士山麓の水
この違いは分かんないでしょう。
「水道から出る水じゃない」
豊かな自然に囲まれて暮らしております。

NCM_0560.JPG

毎年の如く手巻き寿司を食す。
紅白歌合戦
こたつにみかん
リオ子ども忘年会
人はこれを
三大グレイト・マンネリズムと呼ぶ。
とかなんとか。
芋煮会と芋焼会[2016年10月28日(Fri)]
先週土曜日は、
リオグランデの芋煮会。
毎年恒例芋煮会は、
春にみんなで仕込んだ味噌を
使って作る。

NCM_0446.JPG

空は穏やか風はなし。
素晴らしき芋煮日和。
集まった子どもたち20名ほど、
秘密基地やデュエマや火の番や
思い思いに遊んでいる。

NCM_0450.JPG

ダルマストーブの超火力により、
地獄の釜の如く煮えたぎり
昼前には芋煮完成。
しかしなかなかみんな遊びから
帰ってこられぬ。
「お先にいただいてみようかしらオホホホ」
女子組縁側にて味見中。

NCM_0451.JPG

午後には残り熱を利用して焼き芋。
投入時あんなにみんなでワイワイしたのに、
あっという間に誰もいなくなる。
大人もつい遊びに夢中でいなくなる。
1時間半ほっておかれた芋たちはしかし、
見事においしい焼き芋に。
子どもたち再びワイワイ集まる。
胃袋を制す者は世界を制す。

福地夏祭り[2016年09月02日(Fri)]
8月14日は石巻市福地の夏祭り。
震災後、リオグランデでお手伝いしている。
あの頃一緒に活動したボランティア仲間も
毎年全国から集まってくるので、
年1回の懐かしいうれしい1日になっている。

NCM_0356.JPG

ボランティアばかりでなくて、
地域を離れたあの頃子どもだった大人たちも
お祭りにやってくる。
お祭り、絶えなくてよかったな
続けられてよかったな
と思う。
きっとこの子たちが、
未来につなげていくんだろうなと思う。

リオサマーキャンプ2016A[2016年08月31日(Wed)]
リオサマーキャンプは続く。
2日目は雄勝は浪板海岸で海水浴。
青い空と海日差しがギラリ

NCM_0348.JPG

とはいかず。
カナシミの霧雨。
波高し海には入れず。
しかしながら波板の皆様が
歓待の宴をご用意くださり、
朝揚げホタテ食べ放題
さんま食べ放題
かき氷食べ放題。
やりたい放題し放題。
たいへんありがとうございました。

NCM_0352.JPG

3日目。
晴天ナリ。
恒例のスイカ割り。
新聞丸めた棒で挑戦。
フォースがあれば割れるのだ。
今年は2人フォースに目覚める。

NCM_0354.JPG

そして流しそうめん。
正調節つきモノホンモウソウチク使用。
暑いのでスプラッシュマウンテンスタイル採用。
子どもたちの笑顔も真っ黒も
全く正しいニッポンの夏。


リオサマーキャンプ2016@[2016年08月29日(Mon)]
石巻市大川地区で復興支援活動として、
子ども支援を継続しているリオグランデ。
サマーキャンプは今年で5年目。

NCM_0327.JPG

子どもたち総勢30名弱。
初日は山へ沢遊びに。
夏の日差しが絶好調なので、
沢の冷たさがうれしい。

NCM_0335.JPG

少年が緊張の面持ちで呼ぶので
駆けつけるとこの石が。
もしかすると古代文字なのではないかと
2人でひそひそ話。
古代オオカワ人の残したポーネグリフ。
誰かロビンを呼んできて。



| 次へ
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

中山 崇志さんの画像
中山 崇志
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/makibafree/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/makibafree/index2_0.xml