CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
まきばの日記
まきばフリースクールの、不登校・ひきこもり・家庭で生活することができない等により、生き辛さを抱えた子ども・若者たちの回復と成長の日記です。
« フリースクール | Main | 相談支援・親の会 »
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
2階のMCより
ダイバーシティカップ参戦 (11/24) 野原 知子
キャリア教育ワークショップ (08/14) ちづる
料理当番 (09/17) 佳奈
訪問相談などなど (04/18) てっちり
雄勝便利屋 5.26 (05/30) もなか
キャンプ振り返り (04/08) つかちゃん
庭作り準備 (03/28) コーノ
オメデトウ!! (03/15) コーノ
未だ進まず (03/08) 中山
看板を掲げる (02/20)
田植え2018[2018年05月31日(Thu)]
29日はまきばの田植え。
毎年恒例の一大イベント。

IMG_20180529_102022.jpg

今年の田植えはギラつく太陽の支配下。
高曇りくらいがちょうどいいのですが、
雨降って寒いよりはマシですね。

年に一度の体幹トレーニングで、
ハムストリングをパンプアップ。
今年もおばあさんはいつもと変わらず
めちゃくちゃ早い。
ワタシも負けてはいられない。
がんばれボクらのヒラメ筋。

IMG_20180529_101942.jpg

秋の豊作を願いながら、
素足で泥をつかみ、
素手で苗を植えていく。

「ヒトは土がなければ生きていけない」
シータの言うとおりだなあ。

ハウス栽培はじめました[2018年03月14日(Wed)]
まきばの就労支援事業では
この春よりハウス4棟をお借りし、
野菜生産をスタート。

IMG_20180302_074808.jpg

トマトの促成・抑制栽培を中心に
葉物野菜も栽培し、
年間通して途切れることなく収穫・出荷する
を目指します。
収穫した野菜は、
リオーネ古川
あじわいの朝築館店
産直わくわく
などで販売しております。

IMG_20180302_074736.jpg

3月は仙台雪菜を絶賛収穫中!

ボーリング大会[2018年03月05日(Mon)]
2月の就労支援メンバーお楽しみ
レクリエーションは
ボーリング&食べ放題ツアー。

IMG_20180228_115255.jpg

平昌ではカーリング女子が
素晴らしく盛り上がったので、
我々ボーリング男子も
何となくスイープとかしたくなる。

IMG_20180228_113747.jpg

こちらの彼の必殺技は、
残像の残るゆるやかな球を投げておいての

IMG_20180228_113749.jpg

秘技
「自分、振り返らない主義なんでよろしく」。

球がピンに当たるところは見ずに
帰ってくるという荒技。
でも気になるので
後で画面で確認します。
「じゃあ振り返ればいいんじゃないの」
という声にはこう答えましょう。

それは
そだねー。


雪中野菜発掘作業[2018年02月19日(Mon)]
今年の冬は久々に
雪のよく降る寒い冬。
まきばの畑まきばたけも
一面の雪原に。

IMG_20180208_102754.jpg

晴れ間をついて収穫作業。
スコップで雪をよけ、
凍った土を掘って
大根とネギを獲る。

IMG_20180208_102811.jpg

野菜は雪にあたると甘くなる
と言いますが、
ネギなんかホントそうなりますね。
大根は凍ってしまって
食べられるところが少なくなってしまった。
昨冬は春まで大丈夫だったから、
余裕こいてしまったなあ。

冬の畑は雪が音を吸って静かで
とても落ち着きます。
節分[2018年02月08日(Thu)]
先週金曜日、
デイサービスまきばに、
就労支援事業所まきばの実りの
メンバーが鬼の形相で
乗り込んできた。

1518057452711.jpg

応戦するおばあさんたち。
ニッポンの伝統行事、
節分の豆まき
というやつですね。
鬼は慌てて逃げていきました。
これで今年も無病息災。

1518057434722.jpg

逃走後、
隣の部屋で反省会を行う鬼たち。
「迫力が足りないのよね、迫力が」
それはそうなのですだって素顔の彼らは、

IMG_20180202_143632.jpg

優しいイイ人なのです。
ニワトリ、卵を産む。[2018年01月18日(Thu)]
昨夏まきばファミリーの
お仲間入りをしたニワトリたち。

当初、
秋には卵を産む
という話であったのに、
木々が紅葉し
霜が降り
雪が積もり
サンタがやってきても産まぬ。

その間我々人間サイドも、
エサが足りないのではないか
巣箱が気に入らないのではないか
寒いのではないか
数々の意見が交わされ、
しまいには、
オスなのではないか
という疑念まで膨らむ年の瀬であった。

IMG_20180118_103449.jpg

しかし年が明け、
ついに彼女たちは産みました。
新しい年のはじまりを
待っておられたのですね。

IMG_20180105_101844.jpg

2018年、
たくさんの完全栄養食品と、
シアワセが産まれてくるといいなあ。

たまごはまだか[2017年11月06日(Mon)]
この夏まきば一味の仲間入りした
ニワトリ6羽。

NCM_1131.JPG

ガツガツ食べて
スクスク大きくなるものの、
いまだ卵を産まず。
「9月末には産みだすよお」
お店のオジサンそう言ったじゃない。
産まないなら手羽先にしちゃうぞ
思うものの、
人にすっかり慣れた彼女らを見ると
かわいくて言えない。

NCM_1135.JPG

そんなこんなのうちに
大豆は収穫を迎える。
結構なお手前味噌大作戦3年目。
昨年採った自家種から育てたあやこがね。
これぞ正真正銘のお手前大豆。
収量とお味はいかに。

NCM_1138.JPG

大根順調に成長。
地下はヒトが
地上はニワトリが食べる。
ニワトリが食べてフンをして、
発酵して肥料になって大根育つ。
1年間の循環のなかで、
さしずめ彼女たちは中継ぎのエース。
楽天でいうとハーマンか福山。
卵産んだら先発転向も考えましょう。
その場合
卵が先かニワトリが先か。
もめそうだなあ。

雨中稲刈り強行軍[2017年10月17日(Tue)]
毎年恒例の秋の稲刈り、
今年は雨あがりきらずの
ぐずついたお天気のなか
気合いで実施。

NCM_1084.JPG

はじめは皆長靴装着していたが、
田んぼに刺さって仕事にならないので、
はだしになる人が続出する。
機械で刈った稲を人力で運び、
棒掛けしていく。

NCM_1105.JPG

人手も多く、
慣れた人もいるので
作業は快調に進むと思いきや
濡れた稲が絡むので機械が不調。
待ち時間長め。

NCM_1113.JPG

じっとしてイラレナーイので、
稲の根っこを筆にして書道。

彼曰く「至高乃筆」也。
而して漢字誤り有る也。
彼は言ふ。
「弘法筆誤」
「猿木因落」

ファーマーズフェス前半戦[2017年08月22日(Tue)]
8月11・18日と、
岩出山真山の直売所にて、
まきばファーマーズフェス開催。
暑い夏に、
冷やしトマトやキュウリはいかがかしら?
という販売作戦だったのだが、
あいにくの小雨。
肌寒いくらいで気温は10月上旬並み。
曇りの兄貴もう勘弁してください。

NCM_0970.JPG

しかし子どもたちはがんばりました。
商魂たくましく売っていきます。
「中山さん、焼モロコシどうっすか!?」
そのモロコシは確かワガヤバタケから
私が収穫してきてキミたちに渡したやつ。

NCM_0966.JPG

まきばの実りや、
田尻で自然農を営むHIP CROPSさん、
岩出山の農家さんの
野菜や花などを販売。
どれも安心安全です。

NCM_1012.JPG

カブトムシ相撲も開催。
VSクワガタの
異種格闘技をしてみたら、
圧倒的クワガタの勝利。
そもそもの戦闘意欲が
地球人とサイヤ人くらいちがう。

ファーマーズフェス最終週は、
25日金10〜14:30
仙台市住吉台の箭内さん宅敷地内
にて行います。
お近くの方はぜひいらしてください!

畑とニワトリ進捗状況[2017年07月14日(Fri)]
まきばの畑まきばたけでは
夏野菜の収穫はじまる。

NCM_0848.JPG

草むらですか?
畑です。
こう見えて野菜順調に育っております。
ニンジンなんかもう
「ワタシはニンジンですっ!!」
っていう香りがすごい。
ニンジン嫌いは食べられないと思う。
ワイルドだろぉう。

現在獲れる野菜は
ニンジン春菊ナス大葉じゃがいも
きゅうりニンニク玉ねぎミニトマト。
ミニトマトは原種なので、
昨今の流行りをガン無視する皮の厚さ。
ワイルドだぜぇい。

NCM_0854.JPG

そして本日、
こちらニワトリ小屋もほぼ完成。
灼熱地獄の中、
青年たちとネットを張る。
作業終わった後
服に白い模様ができていると思ったら
塩だった。
昔はこうして塩を作ったのかなあ。
ワイルドだなあ。
| 次へ
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

中山 崇志さんの画像
中山 崇志
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/makibafree/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/makibafree/index2_0.xml