CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
まきばの日記
まきばフリースクールの、不登校・ひきこもり・家庭で生活することができない等により、生き辛さを抱えた子ども・若者たちの回復と成長の日記です。
« JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー | Main | 風の便りA »
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
2階のMCより
ダイバーシティカップ参戦 (11/24) 野原 知子
キャリア教育ワークショップ (08/14) ちづる
料理当番 (09/17) 佳奈
訪問相談などなど (04/18) てっちり
雄勝便利屋 5.26 (05/30) もなか
キャンプ振り返り (04/08) つかちゃん
庭作り準備 (03/28) コーノ
オメデトウ!! (03/15) コーノ
未だ進まず (03/08) 中山
看板を掲げる (02/20)
風の便り@[2018年04月02日(Mon)]
3月末、
久しぶりにOBの青年より連絡アリ。
4月から東京で暮らすとのこと。
イベント制作会社で働くそう。
利府のモスで送別のお茶をする。
「有名人のサインもらってね」
と言ったら、
「そんなのもらってどうするの」
既にbig city boyなのである。

同日、
OGの青年よりLINEアリ。
無事国家試験に合格し、
4月から看護師として働くそう。
色んな物品寄付もいただく。
「まきばの卒業生として、
胸を張って社会人になります」
恐悦至極にございます。


まきばに来た頃、
OBは13才で、
ジャージ以外の着用をかたくなに拒み、
オトナの意見に背を向けることを是とし、
屋根のうえをこよなく愛した。
ヒトというよりネコであった。
一緒にかまくらを作って、
釣りに行ってラジオを聴いた。

まきばにいた頃、
OGは医者になることを目指し、
日々懸命に勉強した。
沢山のことを我慢した。
けれどもそれは我慢したものの大きさの分、
「ならなければならない」
「いい大学に入らなければならない」
自分を追い詰め、
暗く、狭く、ひとりぼっちになる方へ
歩いていってしまうことにつながった。
その苦しい時期を経て、
完全でない自分をゆるし、
完璧でない人生を受け入れ、
明るく、広く、人とつながる方へ
自分の足で歩いていくことができるようになった。


東京もイベント制作も、
看護師の喜びも厳しさも、
私は体験したことがないから分からない。
分からないことを、
旅に出た仲間が教えてくれる。

風の便りを楽しみに、
宮城の端っこで、
土となって生きていきたい。

IMG_20180330_105234.jpg

君のこと沢山 
知ってるつもりだったな
だけど
こんなにも分からなくなるなんて
素敵な時間も
ありふれた朝も
今日は
青空だけどさみしいなんて


魔法のじゅうたん  くるり


この記事のURL
http://blog.canpan.info/makibafree/archive/893
コメントする
コメント
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

中山 崇志さんの画像
中山 崇志
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/makibafree/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/makibafree/index2_0.xml