CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
まきばの日記
まきばフリースクールの、不登校・ひきこもり・家庭で生活することができない等により、生き辛さを抱えた子ども・若者たちの回復と成長の日記です。
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
野原 知子
キャリア教育ワークショップ (08/14) ちづる
料理当番 (09/17) 佳奈
訪問相談などなど (04/18) てっちり
雄勝便利屋 5.26 (05/30) もなか
キャンプ振り返り (04/08) つかちゃん
庭作り準備 (03/28) コーノ
オメデトウ!! (03/15) コーノ
未だ進まず (03/08) 中山
看板を掲げる (02/20) 千鶴
看板を掲げる (02/18)
NPO法人まきばフリースクールは、

不登校・ひきこもり・発達障がい等の
子ども・青年への相談・教育・就労支援
「まきばフリースクール・ワークス」

障がいをもつ方への就労支援事業
「まきばの実り」

障がいをもつ方の共同生活援助事業
「憩のまきば」

様々な事情で家庭で暮らせない子どもたちの
養育事業
[ファミリーホーム愛子園」

家庭で暮らせない高年齢の子どもたちの
自立と生活支援事業
自立援助ホーム峠のまきば・愛子2」

を運営しています。
本ブログは、まきばで活動する職員の日記です。

活動を応援してください!
「ご寄付のお願い」

「無料でできるクリック募金gooddo」
MKB CUP 2017[2017年11月13日(Mon)]
11月3日、
昨年に続きまきば主催のフットサル大会、
MKB CUP FUTSAL FREEDOM2017
を開催。
石巻・仙台・山形・福島・TOKYO
より13チーム120名ほどが
集まってくださりました。
ありがとうございます。

187.jpg

大会は
参加制限なしのマスタークラスと
U-15クラスに分かれて行う。
優勝を目指す者もいれば、
試合に出ることがスーパーチャレンジな
人もいる。
大会を開く想いのひとつは、
参加してくれた誰かにとって、

怖さや不安、諦めといった
オソロシイ隣人たちと
共に歩めるだけの輝くものが、
アナタのうちに
今日あなたが踏み出す
もう一歩
のなかにきちんと在ることを
一緒に見つけられる日になる

こと。

259.jpg

団体外の人たちとの交流の機会でもある。
去年も戦ったチームの人は
何となく覚えている。
背が伸びて
「そこ、いって!」
リーダーシップとっている女の子を見て、
とてもうれしかった。

600.jpg

私設応援団の方々。
バルサユニに楽天の帽子は、
しかし今やアリなのだ。

DSC_0643.JPG

フットサル以外にも、
芋煮やアタリ付き団子、
記念のプラ板や輪ゴムブレスレット作り体験
を用意。
団子屋には
看板娘
をおく予定だったが、
あまりの人気に人手が足らず、
途中から
看板オヤジ
2名が担当。

DSC_0664.JPG

秋晴れの晴天に恵まれ、
大会は無事終了。

みなさままた来年、
お互いそれぞれの
もう一歩
のなかに在るものを信じて、
歩んだ時間の先で
お会いしましょう。


たまごはまだか[2017年11月06日(Mon)]
この夏まきば一味の仲間入りした
ニワトリ6羽。

NCM_1131.JPG

ガツガツ食べて
スクスク大きくなるものの、
いまだ卵を産まず。
「9月末には産みだすよお」
お店のオジサンそう言ったじゃない。
産まないなら手羽先にしちゃうぞ
思うものの、
人にすっかり慣れた彼女らを見ると
かわいくて言えない。

NCM_1135.JPG

そんなこんなのうちに
大豆は収穫を迎える。
結構なお手前味噌大作戦3年目。
昨年採った自家種から育てたあやこがね。
これぞ正真正銘のお手前大豆。
収量とお味はいかに。

NCM_1138.JPG

大根順調に成長。
地下はヒトが
地上はニワトリが食べる。
ニワトリが食べてフンをして、
発酵して肥料になって大根育つ。
1年間の循環のなかで、
さしずめ彼女たちは中継ぎのエース。
楽天でいうとハーマンか福山。
卵産んだら先発転向も考えましょう。
その場合
卵が先かニワトリが先か。
もめそうだなあ。

雨中稲刈り強行軍[2017年10月17日(Tue)]
毎年恒例の秋の稲刈り、
今年は雨あがりきらずの
ぐずついたお天気のなか
気合いで実施。

NCM_1084.JPG

はじめは皆長靴装着していたが、
田んぼに刺さって仕事にならないので、
はだしになる人が続出する。
機械で刈った稲を人力で運び、
棒掛けしていく。

NCM_1105.JPG

人手も多く、
慣れた人もいるので
作業は快調に進むと思いきや
濡れた稲が絡むので機械が不調。
待ち時間長め。

NCM_1113.JPG

じっとしてイラレナーイので、
稲の根っこを筆にして書道。

彼曰く「至高乃筆」也。
而して漢字誤り有る也。
彼は言ふ。
「弘法筆誤」
「猿木因落」

小さい生き物さがし[2017年10月10日(Tue)]
まきばでは、
集団で過ごすことが苦手であったりと、
様々な事情で通所ができない
子どもや青年に対しての訪問支援を
行っている。

NCM_1079.JPG

この日は生き物が好きな少年と
秋の虫探し。
写真中央パイプ上にはアキアカネ。
この原っぱにだけ、
すごく沢山トンボが舞っている。
「どうしてだろうね」
「他の場所と何が違うんだろうね」
それは次回検証することに。

他にも検証すべき疑問が見つかる。
「小さな堀の上にだけ
沢山蜘蛛の巣があるのはなぜ」
「蜘蛛は蜘蛛の巣に引っかかるのか」
「捕まえた名前の分からない
この虫は新種ではなかろうか」

「問い」から学び知っていくことは
本来とても面白いこと。
「勉強」に対して恐怖に近い苦手意識を
もってしまった子がいたら、
まずは本来に戻してあげたい。

NCM_1034.JPG

こちら里山峠のまきば。
さて何がいるでしょうか。

NCM_1039.JPG

青年の「問い」は
「タヌキ鍋はうまいかまずいか」
名門峠のタヌキ一族の若頭、
胡麻頭ポン太郎左衛門、
早く巣穴に帰ったほうがいいぜ!


祝合格[2017年09月28日(Thu)]
進学のため、
高校卒業程度認定資格取得を目指していた
青年が、
この夏の試験で
見事全科目一発合格。

NCM_1021.JPG

オメデトウございます。
バイトもしながら頑張りました。
ワンパンチで全てなぎ倒した男
すなわちワンパンマンとして、
峠のまきばに長く語り継がれる
伝説となるでしょう。

彼とは毎週月曜日に勉強し、
「ワンパンしたら食べ放題ではない
焼き肉に連れていく」
という約束をしていたため

NCM_1029.JPG

有言実行。
OBも合流し快挙を祝う。

NCM_1030.JPG

締めに頼んだ
メロンパンを焼いて
アイスとかをはさんで食べる
オシャレなデザート。

「インスタ映えしますかね?」
店員の女の人に聞くと、
「あははー無理ですねー」
即答される。
さらにOBに、
「ダルガラミ(めんどくさい絡み)は
もうやめなさい」
諭される。
みんなしっかり大人になってゆきます。
生き物シリーズ[2017年09月21日(Thu)]
8月後半、
生き物が続けてまきばにやってきた。

NCM_1003.JPG

まずこの段ボールに入っているのは、

NCM_1004.JPG

完成したニワトリ小屋の住民となる、、

NCM_1006.JPG

名古屋コーチン6羽いらっしゃいました。
まだ大人になりきっていないひよっこなので
可愛らしい。
写真の少年は早くも
「いつ食べるんですか?」
食べませんまだ。
名古屋コーチンと言えば手羽先だが、
年間250個くらい卵も産むらしい。
9月末には産み始める予定で、
すくすく大人になっております。

NCM_1002.JPG

さらにある日のフットサル練習終わり、
カツオがまきばにやってきた。
こちらも早速、
「いつ食べるんですか?」
いまでしょ。
刺身とタタキにして
美味しくいただきました。
雨のBBQ[2017年09月11日(Mon)]
8月中頃、
自立援助ホーム峠のまきば・愛子2で
バーベキュー。

海に行くか川に行くか、
子どもたちが希望を出した後、
川に決定していたのだが、
皆様ご承知のように
今年の宮城は

でなく
雨季
であったため、
近くのBBQ場での開催となった。

NCM_0989.JPG

それでも楽しいBBQ。
肉が喰えればそれで良し。
いや最早肉は飲み物である。
がモットーの男子たちが
肉を喰らう。
いや飲む。

NCM_0996.JPG

腹いっぱいになった後スイカ割り。
からの種飛ばし選手権大会。

雨季だろうとなんだろうと、
やってしまえば楽しい夏の一日でした。
ビーチ&お祭り[2017年09月04日(Mon)]
リオの夏休み恒例行事、
サマーキャンプとお祭りを
今年も開催。

サマーキャンプは日帰り開催。
石巻は雄勝の浪板海岸ビーチで
海水浴とBBQの予定!しかし
台風上陸とドンピシャ重なり、
日程を変更したものの
その日も雨。

NCM_0973.JPG

結構な雨だったのでBBQもできず。
それでも歓待してくださった
浪板の皆様ありがとうございました。
リオに戻った後、
小雨になったのでスイカ割り決行。
リオのスイカ割りでは、
新聞紙を丸めた棒でスイカを割れれば
ジェダイの戦士と認定される。
今年のフォース開眼者は1名。

NCM_0979.JPG

14日は夏祭り。
懐かしい面々に再開する日。

大川小伝統のソーランも披露され、
沢山の観客が声援を送っていた。
来年大川小は合併となるので、
夏祭りでのソーラン披露も今年で最後。
毎年続くことで生まれる重みというものを
しかと学びました。
すべての子どもたち、子どもだった青年たち、
本当にお見事でございました。

NCM_0981.JPG

屋台は今年も大賑わい。
震災からこれまで、
関わってきた子どもたちは
もはや立派な青年となり、
それぞれに新たなスタートがあるよう。
自ら歩む道には、
喜び楽しみだけではなくて、
悲しみ苦しみもあるでしょう。

どうかそのすべてに、
フォースの加護があらんことを。

ファーマーズフェス前半戦[2017年08月22日(Tue)]
8月11・18日と、
岩出山真山の直売所にて、
まきばファーマーズフェス開催。
暑い夏に、
冷やしトマトやキュウリはいかがかしら?
という販売作戦だったのだが、
あいにくの小雨。
肌寒いくらいで気温は10月上旬並み。
曇りの兄貴もう勘弁してください。

NCM_0970.JPG

しかし子どもたちはがんばりました。
商魂たくましく売っていきます。
「中山さん、焼モロコシどうっすか!?」
そのモロコシは確かワガヤバタケから
私が収穫してきてキミたちに渡したやつ。

NCM_0966.JPG

まきばの実りや、
田尻で自然農を営むHIP CROPSさん、
岩出山の農家さんの
野菜や花などを販売。
どれも安心安全です。

NCM_1012.JPG

カブトムシ相撲も開催。
VSクワガタの
異種格闘技をしてみたら、
圧倒的クワガタの勝利。
そもそもの戦闘意欲が
地球人とサイヤ人くらいちがう。

ファーマーズフェス最終週は、
25日金10〜14:30
仙台市住吉台の箭内さん宅敷地内
にて行います。
お近くの方はぜひいらしてください!

網地島後発隊[2017年08月15日(Tue)]
この夏何度も網地島に行ったのに、
一度もビーチに行けていなかったワタクシ。
耐えきれず子どもとOBを連れて
網地島へ。
本隊撤収後の
家屋最終片付けと補修を兼ねての後発隊。
しかし天候悪し。
片付け・補修を済ませたものの
寒くて海に入る気がしない。
夏はどこへ行った!

1501671874737.jpg

翌日は多少天気持ち直し、
太平洋を一望できるドワメキ崎へ。
視線の先にはアメリカ大陸が見える。

NCM_0930.JPG

その後ビーチに行ったものの、
寒くて思いっきりは遊べず仕舞い。
それでも一瞬の晴れ間を利用してはしゃぐ姉妹。
来年は猛暑を希望いたします。

| 次へ
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール

中山 崇志さんの画像
中山 崇志
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/makibafree/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/makibafree/index2_0.xml