CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
まきばの日記
まきばフリースクールの、不登校・ひきこもり・家庭で生活することができない等により、生き辛さを抱えた子ども・若者たちの回復と成長の日記です。
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
野原 知子
キャリア教育ワークショップ (08/14) ちづる
料理当番 (09/17) 佳奈
訪問相談などなど (04/18) てっちり
雄勝便利屋 5.26 (05/30) もなか
キャンプ振り返り (04/08) つかちゃん
庭作り準備 (03/28) コーノ
オメデトウ!! (03/15) コーノ
未だ進まず (03/08) 中山
看板を掲げる (02/20) 千鶴
看板を掲げる (02/18)
NPO法人まきばフリースクールは、

不登校・ひきこもり・発達障がい等の
子ども・青年への相談・教育・就労支援
「まきばフリースクール・ワークス」

障がいをもつ方への就労支援事業
「まきばの実り」

障がいをもつ方の共同生活援助事業
「憩のまきば」

様々な事情で家庭で暮らせない子どもたちの
養育事業
[ファミリーホーム愛子園」

家庭で暮らせない高年齢の子どもたちの
自立と生活支援事業
自立援助ホーム峠のまきば・愛子2」

を運営しています。
本ブログは、まきばで活動する職員の日記です。

活動を応援してください!
「ご寄付のお願い」

「無料でできるクリック募金gooddo」
独り立ち[2017年05月24日(Wed)]
本日は、
自立援助ホーム愛子2より
独り立ちし
アパート生活を始める子の
引っ越し作業。

NCM_0736.JPG

先月同じく独り立ちした
OBを手伝いに召喚して荷物を運ぶ。
雨降らなくてヨカッタ。
暑くないのもヨカッタ。

独り立ちは大人としては
うれしいもののちょっと寂しいので、
ややセンチメンタルな気分であったが、
アパート到着後
私が担当だった電子レンジを忘れたことに気づく。
近いうちに届けなければならぬ。
だからまたすぐ会う。

あんな大きいものを忘れるなど、
自分が果たしてきちんと
大人なのかどうか
甚だ不安ではありますが、
独り立ち後もたまには、
お付き合い願えるとありがたいです。

オメデトウ!


【自立援助ホーム峠のまきばの最新記事】
諸々事始[2017年05月08日(Mon)]
桜散り、
本格的に暖かくなってきた今日この頃、
もろもろの外作業が
今年もスタート。

NCM_0713.JPG

大豆畑はウネたて作業。
元々粘土質の土なので、
去年はゴロゴロの塊に
なってしまったが、
今年は去年草マルチをしたところだけは
土が塊になっていない。
(ような気がする)。

NCM_0709.JPG

ニワトリ小屋建設予定地。
一坪10羽一日卵7個。
絶賛捕らぬ狸の皮算用中。

NCM_0711.JPG

近くの野池でバス釣りはじめ。
見学に来た少年が釣り好きということで
久しぶりのバス釣り。
水面をウヨウヨ泳いでいる
のに釣れない。
釣果1匹。
網投げてやろうか。
勝手にベスト本大賞2017[2017年04月24日(Mon)]
訪問相談していた青年と
毎年熱く議論し決定してきた
勝手にベスト本大賞。

昨年書店員となった青年は、
今は花の都大東京で暮らす。
聖地秋葉原でマニアックな小さい書店で
働いているそう。
なので今回はLINEにて超会議開催。

NCM_0704.jpg

桜咲く。
それでは参りましょう。
あくまで2人が2016年に読んだ本で、
新刊かどうかとか考えておりません。

SFをこよなく愛する青年のベスト5
5位 ドン・キホーテの消息 樺山三英
4位 ウルトラマンデュアル 三島浩司
3位 僕だけがいない街 三部けい
2位 大きな鳥にさらわれないよう 川上弘美
1位 彼女がエスパーだった頃 宮内悠介

何でも読みます中山のベスト5
5位 有頂天家族〜二代目の帰朝 森見登美彦
4位 アンダーグラウンドマーケット 藤井大洋
3位 疫病神シリーズ 黒川博行
2位 ガソリン生活 伊坂幸太郎 
1位 死神の浮力 伊坂幸太郎


2016年グッときたセリフ
青年
「あたしは自分が生きる
 この世界の中で
 子供が一番大事だ。
 思い出して欲しい。
 あんたにもきっと、
 そんな時があったっしょ」
三部けい 僕だけがいない街より

中山
「先に行って、怖くないことを確かめてくるよ」
伊坂幸太郎 死神の浮力より
石窯ピザパ[2017年04月17日(Mon)]
1日、
石巻はリオグランデにて
石窯ピザパーティー開催。

NCM_0694.JPG

子どもたちは20名程参加。
ピザを焼くのは久しぶりだが、
子どもたちには人気のプログラム。
皆ワイワイ楽しそうだったのだが、
私火の番人と化しており、
うっかり写真をこの一枚しか撮らずじまい。

縁あってはじまった大川小の子どもたちへの
遊び場や体験学習サポートも
6度目の春。
あの年入学した子どもたちが
ちょうどこの日から中学生。
もう
「オレのピザ先に焼いてくれ!」
とか言わないし、
虫眼鏡で光を集めてピザを焼くこともない。
あんなに無駄に走り回ってたのになあ。
リオに来ることも少なくなるだろうな。

でも彼らの笑顔を見ていると、
彼らの中にはもうすでに
サヨウナラからはじまっていることが
沢山あるんだなと思う。

卒業、心からおめでとう。
大人になって、
いつの日かふるさとを目に浮かべるとき、
そこに石窯があったらうれしいな。


ダイバーシティフットサルカップ報告[2017年04月11日(Tue)]
3月に東京で行われた
ダイバーシティフットサルカップの報告が、
主催された野武士ジャパンさんの
ホームページに掲載されていましたので、
ぜひご覧ください。
https://www.nobushijapan.org/

17197916_1384949904898374_1104191682_n.jpg

また月刊ガバナンス4月1日発売号に
記事が掲載されているそうなので、
興味のある方はぜひ。

NCM_0701.JPG

まきばフットサルクラブの
新年度練習もスタート。
ダイバーシティカップ、
フットサルフリーダムの両大会連覇
を目指してガンバリマス。
新入部員大募集中!

ガチ勢からエンジョイ勢まで、
みんな違って色々あるけどそれで良し
がモットーです。
勝利を目指してますけれど、
「ああ負けちまったなあ!明日もいい日になるなあ!」
なんて思えるのも
それはそれでなんかいい。
ゆるやかで多様で豊かな場を創りましょ。

まきばたけはじまる[2017年04月04日(Tue)]
味噌の仕込みも無事に終わり、
まきばの畑「まきばたけ」に
今年も畑仕事の季節がやってまいりました。

NCM_0696.JPG

暖冬だったくせに3月末になっても
しつこく寒いなか、
地道に作ったウネ2本と半分。
クワとスコップを相棒にして作りました。
がんばれボクらの広背筋。
肥料は牛糞堆肥と鶏糞とカキガラ石灰。
ニンジン・ほうれん草・春菊・ネギの
種まきカミングスーン。

NCM_0668.JPG

室内では果菜類の育苗を。
トマト長ナス丸ナス唐辛子ピーマンししとう。
毎日霧吹きで水をやる。
これが結構な筋トレ。
がんばれボクらの上腕三頭筋。

NCM_0698.JPG

無事発芽!
安心安全美味しい野菜で
まきばの自給率100%つまり
「1年ずっと食卓すべて結構なお手前野菜」
を目指すまきばたけ、
今年はどこまで迫れるでしょうか。



結構なお手前味噌2017[2017年03月20日(Mon)]
無農薬無化学肥料で大豆を育て、
麹も自ら育成し、
安心かつ美味しい味噌を作って
まきばの味噌自給率100%を目指す
「結構なお手前味噌作りプロジェクト」
2度目の仕込みを迎えました。

NCM_0672.JPG

昨年は購入した麹。
何名かの自家製味噌を作っている
農家さんにお聞きしたところ、
「蒸して、コメ袋に入れて、こたつに入れとく」
という回答が多かったので
今年はその通り手作りに挑戦。
2日間の育成を経てできた麹は、
いい感じのところと
米のままのところとムラがあり。
でもまあ混ぜてしまえば、
0・100→50・50
今後の発酵が伸びしろですねえ
というところで。

NCM_0674.JPG

仕込み当日朝から豆を煮る。
15キロの豆を水につけると45キロに。
「3倍だあー!」
ドラゴンボールで会話が弾む。

大豆は一冬かけて
みんなで鞘から外し選別したもの。
この作業、
たまにやると気分転換にいいのだが、
こればっかりやってると
やんだくなってくる。
はじめは
「豆お願いー」
「了解でーす」
だったのが
「今日も豆の方を、、」
「あ、、、そうですか、、」
になり
「あのー、、、豆をちょっと、、」
「、、、、、、、(黙ってうなずく)」
を経て
あと1週間続いたら
「豆、、、」
「うわああああああああ!!!」
断末魔の叫びがとどろいたであろう。
来シーズンは
豆もぎ作業の面白化
が最重要課題となりそう。

NCM_0678.JPG

煮た豆を潰して
麹と混ぜて
12%の塩を加え
団子状にして
樽に投げ入れる(空気を抜くため)。
子どもたちも総動員。
楽しそうでいがったなあ。
ありがとうございます。

こうして仕込んだ
まきば印の手作り味噌2017約70キロ。
1年の熟成を経た来冬果たして、
結構なお手前となるでしょうか。
ダイバーシティフットサルカップ[2017年03月09日(Thu)]
6日月曜日、
東京で開催された
ダイバーシティフットサルカップ
に出場。

IMG_20170306_140902.jpg

ダイバーシティとは
多様性のこと。
不登校・ひきこもり・ホームレス
精神障がい・難民・LGBT等々
社会的に孤立しやすい
多様な背景をもった方々や、
その仲間12チームが参加された。

IMG_20170306_145409.jpg

遠方日帰り弾丸ツアーのため、
今回は大人組7名で出場。
他のチームはみんな15名くらいいて、
しかも応援団もおられる。
しかも我々は到着前に
首都高速
で迷って東京に恐れをなしておる。
なんせ会場は新宿である。
どうしても
アウェイ
な感じがする。
東京ちょっと怖いなあ。

しかし我々は
6チーム総当たりのリーグ戦を
全勝で突破。
その頃には他のチームの人たちとも
仲良くなる。
東京ちょっといい感じ。

IMG_20170306_162810.jpg

迎えた決勝は
0−0でPK戦へ。
我々は先蹴り。
両チームとも4人目まで全員成功するという
緊張の展開の末、

IMG_20170306_162836.jpg

見事優勝!

IMG_20170306_171329 (2).jpg

表彰式では
我らのエースが
震災復興支援への感謝を述べる。

自分たちが優勝して
もう思いっきり自慢したい
このタイミングで
感謝の言葉を伝えようとするこの男を、
私は皆様に
もう思いっきり自慢したいのです。
スキー・スノーボード[2017年03月02日(Thu)]
2月17日、
毎年恒例赤倉温泉スキー場で
スキー・スノボを楽しむ。

NCM_0654.JPG

当日はどんより曇り。
そして気温が高く、
雪でなく雨が降る。
という考えられる中で
サイアクに近いバットコンディションだが、
それはそれで一同楽しむ。

NCM_0651.JPG

もう新しく始める人は
ほとんどみんなスノーボーダー。
ジャンプしたりクルクル回ったり
いろいろできるからなあ。
スキーはどうしてもボーゲンの姿勢が
ちょっとなあ。
とは思いますが、
スキーヤーとしてはなんか寂しいとこもあります。
コミュニケーション研修[2017年02月22日(Wed)]
1月13日、
全事業合同の内部研修として、
コミュニケーション研修を実施。
くりこま高原自然学校より
講師をお呼びして、
「職員間・事業間・メンバーとの関係を
より協力的、問題解決的かつ調和的な
ものにするスキルを職員個々が備える」
というねらいで行った。
たまには真面目なこともやるのです。

NCM_0603.JPG

学びは体験を通して行われる。
写真はみんなで足先をそろえ、
手をつないで立つというワーク。
どんな手のつなぎ方をするか
どう息を合わせるか
考え対話し試行錯誤する。

NCM_0607.JPG

2グループに分かれての
課題解決ゲーム。
それぞれが断片的な情報をもち、
それを出し合って、
解決すべき課題は何か
そして答えは何かを
考え対話し試行錯誤する。

私たちの活動は問題やトラブルは
常に起こる可能性があるもので、
心身に危険が大きいものは予防が大切だが、
問題が起こらないようにする
よりも
問題にどう対処するか
が大切であることも多い。
創造的で感動的で調和的かつ冒険的な
解決方法を閃き
一致協力して実行できれば、
ピンチはチャンス
問題解決が回復と成長の
またとない機会となりうるのです。
| 次へ
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

中山 崇志さんの画像
中山 崇志
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/makibafree/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/makibafree/index2_0.xml