CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


大晦日 [2005年12月31日(Sat)]
この一年も多くの人に支えられながらいろいろな活動することが出来ました。
深く感謝申し上げます。
来年もよろしくお願い申し上げます。


来年も雨ニモマケズ風ニモマケズのこの木のように元気にロケット
伝説の木(小千谷市浦柄にて)
災害VC看板シリーズ【9】 [2005年12月30日(Fri)]
中越地震での仮設住宅は震災前のコミュニティの維持を最優先に考えられ設置されました。被害の大きかった川口町の田麦地区でも小学校のグラウンドに仮設住宅が作られました。地震が起きた年の冬、仮設住宅を支援するために小学校に隣接して越冬のためのボランティア拠点があいち中越支援ネットなどボランティア有志によって設置されました。

パキスタンから帰国報告 [2005年12月28日(Wed)]
10月8日に発生したパキスタン北東部地震は、7万人以上の犠牲者を出す大惨事となりました。その被災地で救援活動を行っていたヒューマンシールド神戸の吉村さんとパートナーの木村さんが財団を訪れ、現地情報をご報告いただきました。元JC国境なき奉仕団メンバーの那須野ケ原青年会議所桑原さんも上京、今後の支援策について話し合いを行いました。

現地情報はこちらから

災害VC看板シリーズ【8】 [2005年12月28日(Wed)]
中越地震の折、国道17号線沿いで見掛けた被災住民からボランティア宛の感謝メッセージ看板。心暖まる配慮に疲れも吹き飛ぶ思いでした。


災害VC看板シリーズ【7】 [2005年12月27日(Tue)]
災害によって災害救助法が適用になるほどの被害があった地域には救援に駆けつけたボランティアをコーディネートするための災害ボランティアセンターが立ち上がる。当然のことながら緊急に立ち上がったボランティアセンターでの規則やルールはなく、刻一刻と変化する被災地の状況に併せ走りながら作られ改善されてゆく。何もないところからスタートし閉鎖される頃にはルールや約束事ができあがり、それらが貴重な資料となり、また新たな被災地でのボランティア活動の道しるべとなる。

阪神大震災以降このことが繰り返されボランティアセンターの報告書の作成も被災地責任として果たされてきたように思う。災害年といわれた2004年、多くのボランティアセンターから良かったこと・・・失敗したこと・・・エキスの沢山詰まった報告書をいただくことができた。


ユーモア賞! 川口町災害ボランティアセンターにて
災害VC看板シリーズ【6】 [2005年12月25日(Sun)]
9月に西日本を直撃した台風14号は清流で有名な四国の四万十川も直撃しました。水位が10mをはるかに超え流域に多大な被害を及ぼしました悲しい。四万十川でカヌーツアーを主宰している「四万十塾」が中心となって全国からボランティアが集まり被災者支援とカヌーを使った四万十川大清掃作戦が展開されました。現在は被災者のためにログハウスづくり等が進められています。拍手

メリークリスマス! [2005年12月24日(Sat)]
以前イスラエルのイエスキリストの生誕の場所といわれている所を訪ねたことがある。狭い地下道を入って行く。障害を持った方たちを案内する旅で、その場所は車イスが入れないため筋ジストロフィーの方を背負っての地下に入って行った。背中に涙の冷たさを感じそれに感激したのを思い出す。信者さんにとってはキリスト生誕の場所に立つことは特別の意味があるのでしょう。今のイスラエルはパレスチナとの紛争が絶えなく戦場となり渡航する難しくなりました。 第一次大戦中にあった”戦場のクリスマス”の話をご紹介します。
災害VC看板シリーズ【5】 [2005年12月23日(Fri)]
三重県の尾鷲周辺は日本でも有数の多雨量地区ですが、04年台風21号では備えを遥かに超える雨量を記録し、海山町を中心にボランティアによる救援活動がなされました。大台ケ原に水源をもつ宮川も濁流となり、もう一日雨が続けば河口にある伊勢市は大洪水になっていました。

また、この地域は東海地震での津波災害に備え様々な防災への取り組みがなされています。そのためかボランティアセンターへも沢山の地元の若者たちがスタッフとして加わり多くのことを学ぼうとする姿がとても新鮮でした。のちの台風23号で被害のあった兵庫県豊岡にも救援に駆けつけていただきました。


海山町に設置された海山町災害ボランティアセンター
災害VC看板シリーズ【4】 [2005年12月22日(Thu)]
昨年の台風16号は一年で最も海面が高くなる大潮と重なり香川を中心として高潮による大きな被害を記録しました。とりわけ高松市は市内の多くが海水に浸かりボランティアによる救援活動がなされました。海水による被害(塩害)は河川洪水の淡水と違い様々な二次被害をおよぼします。その主な事象を記載しました。

(1)化学反応を起こし火災をおこす車輌があった。
(2)植栽・街路樹・芝生などがすべて枯れる
  ※防疫のための消毒液による被害と勘違いする苦情が殺到
(3)電気製品がほとんど使用不能
(4)屋内配線の腐食も著しい
(5)通電復旧時に火花を散らすこともあった
(6)臭気も淡水とはことなった異臭を放つ などなど

台風16号でのボランティアセンター運営には市内の多くのNPO・ボランティア団体が参画し、その後の台風においてもその経験が随所に発揮されることになりました。拍手


高松市総合体育館に設置された臨時災害ボランティアセンター  
※N財団 K氏作
災害VC看板シリーズ【3】 [2005年12月21日(Wed)]
ご存知!オールとちぎの看板です。
美術の心得のある若手スタッフが製作しました。拍手
看板グッドデザイン賞キラキラ


川口町和南津でひと冬耐え貫禄のついた姿〓
| 次へ
<< 2005年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
.........
リンク
カテゴリー別一覧