CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


人を背負うこと [2008年05月11日(Sun)]
鳥取市で在宅ホスピスを実践されている診療所を訪ねました。在宅ホスピスとは終末期を病院ではなく自宅で迎える医療。今の時代、ほとんどの日本人は自宅ではなく病院で亡くなる人が圧倒的に多い。一方で調査によれば自宅で終末を迎えたいという人は圧倒的に多い。在宅ホスピスが普及しない原因は地域の医療環境や住宅事情など様々なことがその要因とされていますが、在宅での看取り医療は富士登山に例えれば漸く一合目に向けて出発したというところです。そんな在宅ホスピスを鳥取市で実践されているのが、お訪ねした「野の花診療所」の徳永進医師です。
鳥取市の日赤病院で勤務医をされていた頃、自宅で看取ることへの拘りが生まれ、その志を正に野の花に囲まれたこの診療所を開く切っ掛けになったようです。在宅での終末期医療の問題の一つに家のバリアフリーがありますが、徳永医師のお話の中に「人を背負うこと」が看護の基本であるようなお話がありました。最近は車いすの普及とバリアフリー化が進み、人を背負うことは普段の生活の中ではあまりなくなった行為ですが・・・・・

中越地震の折、避難する光景に人を背負っている姿が多く映し出されました。そして、この集団の救援の基本も実は「おんぶ」です。
http://blog.canpan.info/kizuna/archive/69

中越沖地震救援活動の折、被災した家の中からおばあさんをおんぶして出てきた風組の丸ちゃんです。
雷鳥部隊(動画編) [2008年05月02日(Fri)]
雷鳥部隊 [2008年05月02日(Fri)]
コンバット風に! [2008年04月30日(Wed)]
COMBAT(WORLD WAR U)


COMBAT(DISASTER RELIEF)
地上の★たち [2008年04月27日(Sun)]
2007年被災地を駆け抜けた★たち

ドラゴンボール [2008年04月21日(Mon)]
一時は極めて深刻な状態であった友が、驚異的な生命力を持って着実に回復に向かっているという知らせがあった。峠は越えたと。本当に嬉しい。ことが発生した時、回りにいた仲間の的確な対応にも本当に感謝でいっぱいです。
彼の回復を祈っていた全ての人の心の中にドラゴンボールは存在したのかもとと思えるほど、奇跡的な回復力。また一緒に被災地に立ちたい。そのためには暫しは辛かろうがしっかりとリハビリに専念してもらいたいと思う。
地域医療の第一線で [2008年04月16日(Wed)]
2004年は災害が多く被災地を渡り歩いていた年。その7月、福井豪雨水害である看護師さんと知り合った。保健師と助産師の資格を持つ彼女は、長年勤めた大阪の病院を退職し、一年間リフレッシュするためにボランティアに来ていた。その後、四国、三重、兵庫の水害被災地で我がチームと行動を共にしていただき、看護師として住民のケアのために活動され、最後は中越地震被災地の川口で看護師不足だった福祉避難所の支援についていただきました。

地方の病院では著しい少子高齢化から産科がなくなるところが多いと聞く。そんな時に三重県尾鷲市で活躍する病院の新聞記事。あのとき災害ボランティアの仲間だった彼女は地域医療の第一線で頑張っておられます。そして、被災者のみならず多くのボランティアも彼女の笑顔に癒されました。勿論わたしもです。

中日新聞
妊婦に好評の助産師外来 産科医の負担も軽減

被災地を自転車を使って訪問看護活動するSさん

被災した迷子犬のケアも
浪速のチェーンソー娘 [2008年04月12日(Sat)]
多くの仲間に支えられながら災害被災地で活動させていただいていますが、100%過去の何らかの災害で同じ空気を吸ってきた人たちです。災害が起きるごとに少しずつですが信頼できる頼もしい仲間が増えていった。それは、次の災害の時に備え、そしてまた次の災害の時に備えてと、気の合った仲間は少しでも多いことにこしたことはないし、意識して増やしていったのかもしれない。
13年前の阪神大震災から始まり、とりわけ災害多発年だった2004年は数多くの仲間を得たことは大きく、その後の長野水害や能登半島地震や中越沖地震などでの活動につながったと思う。
2004年の台風23号は列島各地に記録を残した風水害だった。その被災地での活動は既に中越地震が発生していたこともあり、長居も出来なく短期間勝負の支援活動だった。特に兵庫県出石町は円山川が決壊し、ある集落が濁流に丸呑みされ至る所に瓦礫が散乱し見るも無残な有様だった。


その状況からチェーンソーを使いこなすボランティアがどうしても必要で、以前から西日本の災害時には協力をお願いしますと声を掛けていた大阪に本部のある日本森林ボランティア協会の山本さんに出動をお願いし、仲間の皆さんとあっという間に集落中に散乱し絡み付いていた木の根や瓦礫の処理をしていただいた。その時に一緒に支援に入ってくれていたのが、今は我等の災害ボランティア仲間でチェーンソー娘のイリちゃんでした。

台風23号での大阪のチェーンソー隊の皆さんです

その時のことがイリちゃんブログで見ることができます。いろいろな思いがあってあの時被災地に駆けつけてくれたんですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/iri_iri_iri_chan/5030913.html

DRT2007ではマイチェーンソー持参で、パワーツールの講師になっていただイリちゃんです。
重機ボランティアのめし技 [2008年04月06日(Sun)]
日本初の重機ボランティア集団の何気ない「のめし技」をご紹介します。
重機をトラックに載せて走っているところは普通に見る事が出来ますが、重機を積んだり降ろしたりするところを見る事はあまりないので、ご参考までにどうぞ!


(動画でお楽しみください)
ボランティア重機隊 [2008年04月06日(Sun)]
重機ボランティア用の専用ユンボ?として待機している”超大型”重機ですが、勿論普段は仕事でも大活躍です。現場移動のためにセルフ搭載のため移動中!
操縦は、風組の銀バールの貴公子。久々のMARUちゃんの登場です。


(動画でお楽しみください)
<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
.........
リンク
カテゴリー別一覧