CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


続続・赤紙という壁 [2007年04月06日(Fri)]
赤紙の家屋というだけでボランティアによる支援活動をマニュアル通りにお断りするボランティアセンター。その赤紙を貼られた家屋にも千差万別あることをご紹介したい。

下の3つの画像はいずれも「赤紙」家屋。何度も言うが「赤紙」が貼られた家屋と「全壊」とは意味が違う。下の家屋のどこにボランティアによる支援活動を拒否する理由があるのだろうか?




そして、気の毒としかいいようのない素人目にも全壊の下の2つの「赤紙」家屋。誰がこの中に入ってボランティアに活動してもらいたいと言うのか。当然家主さんも一緒に危険な家屋に入ってお願い事を指示することになる。誰でも命は惜しいもの。このような家屋から多くのニーズが上がって来る訳がない(怒)


VCスタッフも少しは外を歩けばこの程度の判断は普通はつくもの。現場も見ずに、電話だけでの紋切り型の断り対応には怒りすら覚える。赤紙家屋のカテゴリー分けを是非とも提案したい。赤黄緑、この3種類は行政が決めたもの。それをさらに細分するのもまた市民側の知恵ではないだろうか。行政のたった三つの区分に追随せず市民側の為すべき活動を考えたい。次の震災で血の通わない対応を防ぐためにも!

ここに来て漸く正式?に認められた桑原隊長率いる遊撃隊のご健闘を祈るばかりです。

能登半島地震 被災地活動等の画像キラキラ
<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
.........
リンク
カテゴリー別一覧