CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


地震の単位 [2005年10月13日(Thu)]
地震の大きさを表すのにはマグニチュード(M)と震度とがあります。
マグニチュードは地震のエネルギーの規模を表す単位で、Mが0.2大きくなると地震エネルギー規模は約2倍になります。Mが1大きくなると32倍になります。M7はM6の32倍のエネルギーになります。したがってM8はM6の1024倍になるわけです。

ちなみに阪神淡路大震災はM7.3、新潟中越地震はM6.8、スマトラ沖地震はM9、関東大震災はM7.9。先日のパキスタン北部地震はM7.6です。

一方、震度は、人が体感した揺れの大きさや土地や建物の崩壊状況などを調べて判定する地震の強さをいいます。したがって同じ地震でも場所によって異なった震度になります。以前は気象庁の係官が被害の状況などに基づいて決めていましたが、現在は計測震度計による判定も加えて決められています。

世界のマグニチュード6以上の地震のなんと2割以上は日本で発生しています。大地震に対する普段の心構えを!
NTT災害用伝言ダイヤル
 ◇録音:171-1-市外局番+電話番号
 ◇再生:171-2-市外局番+電話番号


新潟県中越地震での家屋被害 
<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
.........
リンク
カテゴリー別一覧