CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


テント村の風景【2】 [2008年07月04日(Fri)]
災害が起きた場合、その処理が上手くいくいかないは行政の「拙速性」にあるといいます。実はこの拙速性が自治体の最も不得意とされるところで、特に緊急救援期のような時間に制限が加わる場合、その結果において明暗をわけることになると専門家は指摘しています。
四川大地震における市政府の「抗震救災」の進捗を見ていると、正に拙速性に富んだところも多く見受けられるのです。この点は日本も大いに学ぶべきことではないかと思うのです。

解放軍が撤退した後も不自由しないようにとレンガでカマドを作る兵士たち


不足しているとも言われるテントですが、こちらでは未使用テントがご覧のように山積みされていました。


人民解放軍の支援活動を動画でどうぞ!

<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
.........
リンク
カテゴリー別一覧