CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


災害時のトイレ問題 [2008年05月21日(Wed)]
首都圏での大規模災害を想定し、最も大切なことのひとつだがとかく目を背けがちなトイレ問題に敢えて取り組もうと思う。昼間の時間帯に災害が起きた場合、港区だけで住民の数の約5倍の100万人が帰宅困難者(帰宅待機者)になると言われている。普段はビルの中に立体的に収まっているビジネスマンやOLが停電などの影響で平面に敷き詰められるイメージだ。
そして最低でも48時間はそれぞれの場所で待機しなければならなく、そこで必ず問題となるのがトイレのこと。
例えば仮設トイレの設置が対応策の一つと行政はしているが、東京にはバキュームカーが極めて少ない。臭いものに蓋をせず、水に流せない話しに、あえて取り組みたいと思う。

ゴンちゃんのようにいつでも何処でも周りを気にせず、ストーンと出来ればよいのですが。(因みにこの軽トラ荷台の地雷は串刺しにして処理しました)

インディー・ゴンの大冒険をお楽しみください!
http://blog.canpan.info/makezu/archive/1518
<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
.........
リンク
カテゴリー別一覧