CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


山だ紅葉だ! [2007年10月25日(Thu)]

防衛省の守屋武昌前事務次官が防衛専門商社「山田洋行」の元専務とのゴルフ接待などを受けていた問題を、迷彩服を着ている自衛隊員はいったいどのように感じているのだろうか。街のインタビューのように、基地内の草刈や訓練に明け暮れている陸士や曹レベルの隊員に聞いてみたいと思う。
自衛隊27万人のトップたる人間がこの体たらく。考えれば考えるほど、彼のしたことは許しがたい行為だと思うのです。

そんな防衛省のトップがただゴルフに明け暮れている時も被災地頑張る自衛隊さんでした。兵隊さん、ありがとう!因みに被災地に派遣される隊員は普通はテントで寝泊りしているが、地面が凸凹している場合にはコットがあると快適ですが、実はそのコットは自前とのことです。何をするにも資金不足の自衛隊では当然のことのようです。

自衛隊の地震災害での三大支援は、お風呂炊き出しです。因みに着ている迷彩服は、以前お訪ねた長野の障害者授産縫製工場でも縫われていました。

お馴染み、自衛隊風呂

大量炊き出し車両、正式名称は「野外炊具1号(200人タイプ)」、因みに2号は50人用の小型タイプ。走行しながらも飯炊きができる優れものです。

揺れる荷台に乗る兵隊には業者接待は無縁の世界であるが、そのツケは装備老朽化などのシワ寄せとなって影響を受けているのでしょう。
<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
.........
リンク
カテゴリー別一覧