CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

- 災害系ボランティア情報 ブログ-

日本は台風・火山・地震と世界でもっとも自然災害の多い国です。

阪神・淡路大震災以降、大規模災害でのボランティアによる救援活動は、いまや被災地の復興には欠かせぬものとなり、その活動は被災者へのエールにもなっています。
雨にも負けず、風にも負けず、汗を流す災害ボランティアに対する各方面からの応援をよろしくお願い申し上げます。         


銀座で2m浸水 [2007年10月24日(Wed)]
中央防災会議の専門調査会において、関東を流れる荒川が決壊した場合の予測数値を出した。大よそ130万人の住民が被害を受けるとある。また都心部は昼間人口が著しく多いため、実際にはその数を大きく超えた人数が被害を受けると予測している。花の銀座は2m、地下鉄もすっぽり水没することになる。
この予測は200年に一度の大雨としているが、最近では05年のハリケーンカトリーナや台風14号に代表されるように、年間降雨量をたった数時間で降らす想定外の雨量はいまや珍しいことではないように思うのです。
00年の東海水害しかり、04年の高松高潮水害しかり、かつて城下町には町を守るための低地があり、今ではそんなところにも多くの住宅が乱立し、最も大きい被害がでてしまう。城下町だった大江戸にも渋谷・四谷・茗荷谷・溜池などの低地が多い。災害を語る格言に「水は昔を覚えている」というのがある。肝に命じたい言葉です。

そして、なぜか今頃になって04年の新潟7.13水害の特別感謝状なるものが郵送にて送られてきた。何かの間違いではないかと目を疑ってしまう。また大切な税金を無駄に使ってしまっていると嘆いてしまうのです。それにも増して驚いたのは、本特別感謝状を戴いたとされる団体・個人のリストが同封されていたのですが、一緒に汗をかいたほとんどの団体の名前を見つけることは出来なかったのです。役所仕事のいい加減さにまた悲しみを感じてしまうのです。

今はITの時代、支援していただいた企業などは大きく市のHPにアップされるほうが、CSRや社会貢献にも幅が出るように思うのです。頂戴した身ながらずうずうしく言わせてもらえば、いずれも中途半端な発送先になってしまうのは否めなく、そのことからも感謝状やお礼状はもう止めにしたほうがよいと思うのです。


そこで新しい諺を「災害と感謝状は忘れた頃にやってくる」
<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
.........
リンク
カテゴリー別一覧