CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

カテゴリアーカイブ
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
【 子育てサポーター養成講座・まいばらまるごと交流会 延期のお知らせ 】 [2019年10月10日(Thu)]


10月12日(土)に開催が予定されていました

・子育てサポーター養成講座
・まいばらまるごと交流会


につきまして、
台風接近のため、延期とさせていただきます。

参加を申し込まれた皆様には申し訳ありませんが、安全確保のためご了承をお願いいたします。

なお、次回の開催日は後日あらためて連絡いたします。
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 14:21 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【 こもち〜ズ子育て広場 〜第5回、第6回〜 】 [2019年08月12日(Mon)]



こんにちは。地域福祉課の室谷です。

暑いですねー。
こう暑くてはお散歩にも出られませんよね。
そんな時には、社協の各センターや市内の子育て支援センターなどがお勧めですよ。
(ご利用可能日は、社協ホームページ
http://maibara-shakyo.or.jp/kosodate/index.htm#1 や
米原市のホームページ
https://www.city.maibara.lg.jp/kosodate_kyoiku/shien/katsudou/index.html
でお確かめください。)


さて、先月から開催中のこもち〜ず子育て広場は5回目と6回目(最終回)を終了いたしました。

5回目は健康推進員さんに講師をお願いして、皆さんと一緒にお料理をしましたよ。

まずは食材調達。


1.JPG


親和農場さんが作っておられる茄子を収穫させてもらいました。
お家で食べてる茄子はこうやって畑になっているんだよ・・なんて言ってもまだよくわからない年齢の子どもたちですが、茄子をハサミで切ることには大喜び。

おもわず、こーんなにたくさん収穫してしまいました。


2.JPG


食べきれるかなあ???





とった茄子はお部屋に持って買って調理開始です。
今回は手軽にできるお料理ということで、健康推進員さんから、茄子と丁字麩を使ったグラタンを教えてもらいました。



5.JPG


切った茄子や丁字麩にケチャップをぬったらホットプレートに並べて、そこに具材とチーズをのせていきます。

みんな小さな手で一生懸命にケチャップを塗ったり、具をのせたり・・。


4.JPG



一気にガバッと手づかみにしてホットプレートめがけてバサッ!!
なんていう強者もいましたが、お野菜たっぷりのヘルシーなピザが出来上がり、みんなで食べることができました。


7.JPG


6.JPG




畑からお料理までずっと一緒にしたせいか、
『いつもこんなに食べないのに今日はたくさん食べられました。』
などという声もでていましたよ。

健康推進員さんからは最後に人参ゼリーも提供していただき、子どもたちは思いがけないデザートに大喜びでした。



9.JPG



楽しいお料理を教えてくださった健康推進員さん、茄子を提供してくださった親和農場さん、ありがとうございました。


こもち〜ず広場は8月6日に6回目(最終回)も終了しました。
おかげさまでこの講座からまた新しい子育てサークルが誕生いたしました。
具体的な活動内容については、まだこれから検討していかれますが、無理をせずに息の長い活動を続けていただけるといいですね。



IMG_1166.JPG


社協もバックアップをしていきたいと思っています。

今回は地域と触れ合うというテーマだったので、本当にたくさんの皆様にご協力いただきました。お世話になった皆様、ありがとうございました。

Posted by 米原市社会福祉協議会 at 09:32 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【 夏の終わりに思いっきりどろまみれ!! 】   ファミサポ交流会〜まいはぐ〜 ファミサポどろんこ祭のおしらせ [2019年08月06日(Tue)]



こんにちは。ファミリー・サポート・センターの室谷です。
暑いですねー。
ほんとにもう、暑いという言葉しか出てこないようこの頃ですが、あまりの暑さに外出もままならなくて、ストレスがたまっていませんか?

ファミリー・サポート・センターでは、夏の終わりに思い切り泥まみれになって遊べる行事を企画いたしましたよ。

名付けて『ファミサポどろんこ祭』。

世継の親和農場さんのご協力で、田んぼをどろんこ状態にしていただけることになりました。

その田んぼで鬼ごっこにかけっこに・・・と、どろんこ遊びし放題です。
こんな広い場所でどろんこ遊びができる機会はめったにありません。
汚れなんか気にしないで思いっきり泥まみれになりましょう!!


ファミリー・サポート・センターの現会員の方もまだ会員登録されていない方もどちらも大歓迎です。
チラシを参考にお申し込みください。

申し込み先 米原市ファミリー・サポート・センター
電話 0749−55−3933



70528-1.jpg


70528-2.jpg

Posted by 米原市社会福祉協議会 at 13:53 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【 こもち〜ズ子育て広場 〜第4回〜 】 [2019年07月30日(Tue)]


こんにちは。地域福祉課の大谷です。
梅雨が明け…あっという間に気温が上がりましたね。
暑いですね〜がご挨拶となったこの頃、いかがお過ごしですか?

こもち〜ズ子育て広場も4回目を迎え、こどももママもすっかり仲良しになりまいたよ。

アップが遅くなりましたが・・・第4回は「キャベツの種を植えてみよう」ということで、親和農場の北村社長と磯崎さんのご指導の下、種植え体験をしましたよ。


@.JPG



A.JPG


まずは土を入れ、水をまいたら、1センチ四方に仕切られたポットに穴を開けます。可愛い指先で1か所ずつ穴を開け、穴の中に種を一粒ずつ落としていくのですが…あちこちでママの声が。「そこ3つ入ったで」「全部まいてもた〜」と。種を一粒ずつ穴に入れるのは至難の業。にぎやかな声が響く中、無事に種まきも終了。最後に新たな土をかぶせ、水をあげたら出来上がり。1週間後には。可愛い芽が出てくる予定です。さて、1個の穴からいくつ芽がでてくるのでしょうか???


B.JPG




C.JPG


土を触るって、ひんやりして気持ちが良いものですね。
種植えの際も、ひたすら土をまぜまぜ…いきいきしたお顔が見られました。



D.JPG



E.JPG


なんと今回指導いただいた磯崎さんは、お子さまが生まれて2週間だそうです。こもち〜ズに参加しているお子様を見て「へえ〜2週間後にはこうなるんだ。1年経つとこんなに動きができるんだ。」と、参加者されているちびちゃんたちの動きにに目を細めておられました。


F.JPG


最後に、親和農場ではキャベツも大量に生産・出荷をしておられます。ひとつずつ種を植えていたら日が暮れてしまします。そんな時は何を使うかいうと、自動種植え機です。初めて見る機械にママも興奮こんな機会ないですよね。


A.JPG



さて、次回は、親和農場さんにて、その場で収穫したナスを使いクッキングをします。健康推進委員さんにもご協力をいただき、地域の方と触れ合いますよ。
さてさて、どんなお料理ができるかな???
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 09:02 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第3回 『こもち〜ズ広場』 [2019年07月19日(Fri)]



こんにちは。地域福祉課の室谷です♪


今月の初めから始まった『こもち〜ず』広場ですが、はやくも3回目を迎えました。
今回は子どもたちも楽しみにしていたテーマ、“羊さんと触れ合おう”です。

まずはとにかく羊さんを見に行かなくっちゃ!ということで、羊の柵の中に入れてもらった子どもたち。
怖がるのかな?と思いきや、みんな羊さんに向かってトコトコ歩いていきます。羊の方が「なんだ、なんだ??」という感じで、戸惑っている様子でしたよ。



1.JPG



地面の草を抜いてきて差し出す子もいて、みんな、羊さんとはすっかり仲良くなることができましたね。



2.JPG



3.JPG




羊さんにお別れした後は、その毛を使って楽しい遊び道具作りです。

羊毛のセーターって洗うと縮んでしまいますよね。その原理を応用して、羊さんの毛を石鹸水で固めてボールを作ります。


4.JPG


親和農場の宮崎さんから作り方の説明を聞き、羊毛に石鹸水を振りかけて丸めていきます。
みんな、刈り取られた羊の毛を見るのも初めてなので興味津々。
「こんな感じでいいのかしら??」
と、迷いながら作業を進められていきましたが・・・。


5.JPG


6.JPG




だんだんと作業に熱中して行かれるお母さんたち。



その間に、子どもたち同士で独自の交流が進んでいましたよ。


回を重ねるごとに皆さんの親密度も増していくこの講座ですが、次回は土にも触ってみよういうことで、キャベツの種まきをします。

梅雨明けが待たれる今日この頃。次の講座もいいお天気だといいですね。




Posted by 米原市社会福祉協議会 at 12:06 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【 今年も始まりました!! 子育てサークル作り『こもち〜ズ広場』 】 [2019年07月06日(Sat)]


こんにちは。地域福祉課の大谷です♪
今年も10組の親子にご参加いただき『こもち〜ズ広場』が元気にスタートいたしました。

今年のテーマは『いいねがいっぱい、子育て世代の地域とのつながり』です。

会場は…世継の親和農場さん。社長さんを始め、従業員の方のご協力のもと、自然の中で子育てをすることの良さや、体験活動を通して得られることを発信していきたいと思います。



@.JPG



また、地域の方とつながることの大切さを伝えるとともに、同世代の子どもをもつ親同士が交流をし、子育ての悩みや不安、喜びを共有しながら、継続的な交流が持てるような子育てサークル作りをお手伝いできればと思っております。


A.JPG



第1回目は、はじめましてのご挨拶と、地域の方とのつながりは大切ですよねというお話の会でした。

アンパンマンの手遊びをして緊張がほぐれたところで自己紹介。
それぞれ名刺を交換してもらいご挨拶。
さてさて名前は覚えられたかな?お名前ゲームのスタートです
「〇〇さんの隣の△△さんの隣の大谷です」と。総勢10名…。社協の職員は必死でしたが、ピチピチ脳のママさんたちは余裕でしたね♪



B.JPG


さて、子育て中のママは子どものしつけや教育・子育て情報をどこから得ているのでしょうか?
40代のママは「友人・知人・園の先生」が高めであるのに比べ、20代のママは「祖父母・SNS・インターネット」が高い傾向にある現代。
また、ママ以外に子どもの面倒をみてくれる人は誰ですか?の問いに、パパと答える人が多数。父親の関りが増加傾向にあるのは良いことですが、近所の人との関りは減少しています。

親以外の大人と関わることは何故大事?

子どもの人間関係の幅を広げ、社会性を育てることにつながるからです。
「親とは違う点、親には無い点の発見」「様々な考え方や生き方があって良いことを学ぶ」「相談することや協力することを学ぶ」「自分が大切にされている、気にかけてくれる人がいることを知る」等々。
正直近所づきあいは苦手だなぁ…という方も、親子共に利点が沢山あることを理解し、子育てを楽しんでいただきたいですね。


C.JPG


「お友達がつくりたくて」「最近引っ越してきたので、知り合いがいないんです」などとお話をされていたママたちも…。
琵琶湖からの心地よい風が吹き込む農場で、自然と会話も生まれ、無事に1回目のこもち〜ズは終了いたしました。


D.JPG



さようなら、の前に…。
親和農場さんに可愛いひつじちゃんがいるのはご存じですか?
「メ〜」と歓迎のご挨拶に子どももママたちも大喜び。
自分より大きなひつじちゃんを怖がることもなくなでなで。
生き物のとのふれあいも楽しめる親和農場さん。お近くを通られた際は、是非のぞいてみてくださいね。


E.JPG


さてさて次回は『野菜スタンプでお絵かきをしよう。ボランティアさんも一緒にね』です。
どんなお野菜を使ってお絵かきをしようかな?
また来週ご報告いたします。



なお『こもち〜ず広場』は、定員まで若干ですがまだ余裕があります。
参加をご希望の方は米原市社会福祉協議会(電話1(プッシュホン)55−3933)までお問い合わせください。
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 10:19 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第1回スゴワザ講座を開催しました [2019年06月26日(Wed)]

こんにちは、地域支え合いセンターです。

6月25日(火)、長浜自動車学校協力のもと、市民のための安心・安全運転講習を開催しました。

今回は講義に加え、教習車両による実技を行い、走りなれた地元道路でプロの目からアドバイスをいただきました。

IMG_1782.JPG

IMG_1813.JPG

免許取得以来の自動車学校からの指導を受けたという参加者からは『いつの間にか慣れや癖で見落としていた運転技術をあらためて認識することができた』と伺いました。

また講義では、住民相互による移送支援時に役立つ乗降時のポイントやコツ、車両タイプ別の特性や運転のコツを、地域柄、軽トラの車両特性にも触れていただきながらお話しいただきました。

IMG_1817.JPG

今回の講座を通じ、自身の運転技術はもちろん、活動時における同乗者への配慮や安全確保につながることを期待しています。

ご指導いただきました長浜自動車学校指導委員の皆様、本当にありがとうございました。
地域の居場所づくり活動団体情報交換会を開催しました! [2019年06月22日(Sat)]

こんにちは、地域支え合いセンターです。

6月17日(月)、大野木たまり場よりどころにおいて、地域の居場所(地域お茶の間創造事業、ほたるん体操、サロンなど)づくりに取り組む活動者同士の情報交換会を開催しました。

今回は普段と趣向を変え『失敗談』の報告会。
普段はあまり話さないような内容ですが、会場提供者の大野木まちづくり会さんに先陣を切って、今現在取り組む活動に至るまでの見えない苦労や工夫を伺ったのち、

IMG_5361.JPG

参加者全体での情報交換を行いました。

高齢者に呼び掛け、長浜のスーパー出向いたものの、お店が広すぎてウィンドウショッピングに終わってしまい、途中の昼食が一番好評だった買い物ツアー。

案内で控えめな文書で『出来上がりはおいしいとは限りません』と書いた結果、参加が伸び悩んだ男性の料理講座。

思わず笑える失敗談であるものの、その経験をふまえ見直し、次の活動につなげておられるのが印象的でした。

IMG_5357.JPG

また、今回はこれから活動を始められる方も多く参加いただいていたことから、先輩活動者からアドバイスを行う場面もあり、活発に情報交換を行っていただきました。

今回の開催に際し事前準備ならびに当日の話題提供を行っていただいた大野木の皆さん、参加いただいた12団体の皆様、本当にありがとうございました。
【令和元年度 音訳ボランティア養成講座(入門編)のご案内】 [2019年06月06日(Thu)]

令和元年度音訳ボランティア養成講座チラシ.pdf令和元年度音訳ボランティア養成講座チラシ.pdf【令和元年度 音訳ボランティア養成講座(入門編)のご案内】

こんにちは。地域福祉課の大谷です。

音訳ボランティア養成講座(入門編)が始まります。

目の不自由な方に情報を提供するため、市の広報誌や本などを読み上げ、CDに吹き込む(録音する)という音訳ボランティア活動があります。今回、この「音訳」技術について、発声方法からパソコンの操作までやさしくじっくり学べる初級者向けの入門講座を開催します。

「声には自信があるわ」「パソコン操作なら任せて」という方から、何かボランティアを始めてみたいという方まで、この機会にぜひご参加ください!!

講座の日程
日時:7月 4日(木)10:00〜12:00
   7月11日(木)10:00〜12:00
   7月18日(木)10:00〜12:00
   7月25日(木)10:00〜12:00
   8月 1日(木)10:00〜12:00
   8月 8日(木)10:00〜12:00
   8月22日(木)10:00〜12:00

場所:山東地域福祉活動センター(旧山東生涯学習センター内)
   (米原市志賀谷1907番地)
対象:米原市在住、在勤、在学の方で、音訳活動をはじめたい方
定員:10名
参加費:無料
内容:音訳とは何か?発声、発音の仕方や文章を読む練習など、実習を中心に
   基礎から学べる講座です。
申込み期限:6月27日(木)
申込み方法:米原市ボランティアセンターまで電話で申込み
電話:55−3933


あなたの声を届けるボランティアをはじめませんか?

詳細については、チラシをご覧ください

令和元年度音訳ボランティア養成講座チラシ.pdf


Posted by 米原市社会福祉協議会 at 16:31 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
まいばらコラボチャレンジ事業補助金のご案内 [2019年05月16日(Thu)]

こんにちは。地域福祉課の膽吹です。
 この度、米原市社会福祉協議会では新しい補助金制度を創設いたしましたのでご案内いたします。詳細は米原市社会福祉協議会ホームページをご確認ください。

タイトルなし.jpg


| 次へ