CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

カテゴリアーカイブ
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タグクラウド
【 ファミサポ交流会『真夏の運動会』開催しました!! 】 [2018年08月16日(Thu)]

毎日暑い日が続きますが、体調を崩されてはいませんか?
こんにちは。米原市ファミリー・サポート・センターの大谷です。

ファミリー・サポート・センターでは、年2回、会員様同士の交流とファミサポを多くの方に知ってもらうきっかけ作りを目的に交流会を開催しています。

今回の交流会のお楽しみは…真夏の運動会!!

今年は本当に毎日暑くて、日中はなかなか外で遊べませんよね。
そこで!!
夏休みのお楽しみに、クーラーの効いた部屋で元気いっぱい体を動かすことにしました。

a.JPG


参加をしてくれたのは、ファミサポに利用会員・両方会員として登録されている親子さんをはじめ、市内の親子さん約80名。
そして、ボランティアとしてサポート会員さんも駆けつけてくださいました。

“運動会”なので、定番の玉入れや綱引き・パン食い競争に障害物競争・リレーもしましたよ♪ダンボール車レースは、こどもたちも大喜び!!
最後の全員参加リレーでは大人も負けてはいられない!!と、チームが負けそうになると思わず我が子を抱えて走り出すお母さんも♪

1.JPG
ダンボール者レース。お母さんは腰が少しきついですが、我が子のため!!と。

2.JPG
こちらは玉入れ。

3.JPG
パン食い競走。盛り上がりました!!

8.JPG
手作りの障害物競走。

9.JPG
大きな声で綱引きもしたよ。

10.JPG
バトンをもらうと真剣な顔に!!皆から熱い声援が送られます。

大人も子どもも一生懸命!!

暑くったってへっちゃらです。

競技の合間に水分・塩分補給タイムも設けましたので、皆元気いっぱい最後まで参加してくれました。

そんな元気な子どもたちに、参加賞のかき氷やポップコーンを配るボランティアさんたちも思わず顔をほころばせておられましたよ。『楽しかったか?』『よう頑張ったね』『次の交流会もおいでや』と。ボランティアさんのご協力をいただき、ケガもなく無事に終了いたしましたこと、お礼申し上げます。
1日お世話になり、ありがとうございました。

4.JPG

思いっきり体を動かして、笑って、食べて…。
『真夏の運動会』夏休みの思い出になったかな?

インスタ映えを狙って、写真コーナーを。
素敵な写真は撮れたでしょうか。

5.JPG

6.JPG

7.JPG


こちらのご褒美メダルは、あったかホームかせのの利用者様にお手伝いいただいたものです。
子どもたちのこの表情。歓声があがりました。

11.JPG

12.JPG

あったかほーむかせのの皆様、ありがとうございました!!


交流会を通して、ファミサポの仕組みを多くの方に聞いていただくことができました。説明を熱心に聞いていただいた皆様、当日登録していただいた皆様、本当にありがとうございました。

今後も、困った時はお互いさま…の心で、米原での子育てが、もっともっと楽しいものとなりますように。

今回は参加できなかったけれど、一度話を聞いてみたい、という方はいつでも下記までお問合せください。 

社会福祉法人 米原市社会福祉協議会
米原市ファミリー・サポート・センター
0749−55−3933



お盆を過ぎると秋がこっそり顔を出し始めます。
残りの夏も楽しんでくださいね♪
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 14:52 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「こもち―ズ広場」から新たな子育てサークルが誕生しました! [2018年07月17日(Tue)]

こんにちは、地域福祉課の宮下です
6月から毎週火曜日に実施してきました「こもち―ズ広場」も早いもので今回が最終回になりました。
梅雨の時期にも関わらず、雨に当たった日は一度もなく、きっと今回の参加者の方が晴れ男晴れ女ばかりだったおかげではないかと思っています!

そして、もちろん今回も快晴!
前半は、芝生広場でボール遊びをして楽しみました。
ボール持って、さっそく駆け出す子。
お母さんとサッカーごっこを楽しむ子。
C.JPG
B.JPG

芝生の上をハイハイして自由に探索する子。
お母さんに抱っこしてもらいながらみんなの様子を見て楽しむ子。
A.JPG
@.JPG



暑い中でしたが、それぞれの楽しみ方で元気に過ごしました。

梅雨明けすぐの陽ざしは予想以上にきびしく、早めに外遊びは切り上げ、後半は涼しいお部屋に場所を移して、おやつタイムとサークル作りに向けての話し合いを行いました。

D.JPG

最終日の今回、話し合いの結果、このメンバーでサークルとして活動していきたい!ということで新しい子育てサークルが誕生し、今後は月1回程度、市内の施設に集まってサークル活動をしていくことになりました!

子育ては子どもたちの成長を毎日感じることができるかけがえのない時間。
子どもと向き合う時間も大切ですが、子育て中のお母さん同士で過ごす時間を持つことで、大変なことは励まし合い、うれしいことはいっしょに分かち合い、お母さん自身がいきいきと子育てを楽しめたら素敵ですね。

サークルというつながりの中で子どもたちがのびのびと成長できますように!
これからも米原市社協は、地域の子育てサークル活動を支援していきます!

※子育てサークルに入ってみたいけど、どんな感じなのかな・・・等、ご興味のある方は米原市社協までご連絡ください。市内で活動されている子育てサークルをご紹介させていただきます。
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 10:32 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『こもち〜ズ広場』第5回三島池へレッツゴー!を開催しました [2018年07月14日(Sat)]

こんにちは、地域福祉課の宮下です。

こもち―ズ広場第5回目は三島池へレッツゴー!ということで、三島池をお散歩して楽しみました。


@1.jpg



曇り空の蒸し暑い中、三島池に集合。
駐車場を出発すると、さっそく小川を発見しました。
川の流れる音が涼やかでした。
何かいるかな?とのぞきこむ子どもたち。
お魚はみつからなかったけど、よ〜く見るとすごい数のアメンボがいてびっくりしました!


A1.jpg




B1.jpg



遊具のある広場に到着すると、それぞれが思い思いに遊んですごしました。
子どもたちを遊ばせながら、お母さん同士も楽しくお話されていました。
もっと遊びたかったけれど、そろそろおやつの時間ということで池のほとりに戻ります。
すると大きな鴨と子どもたちと同じくらい大きなコイが集まっていました。
もしかして、エサを待っているのかな?
おうちからもってきた食パンをちぎってあげると、これまた大きな口ででぱくぱくと食べてくれました。
「ぽーい、ぽーいっ!」と声をだしながら、大はりきりでエサを投げる子も。


C1.jpg


さあ、みんなもお腹がすいたね、とおやつタイム。
「お散歩がんばったねメダル」を職員からかけてもらうとみんなにっこり。
弟のメダルを選んであげるやさしいお兄さんお姉さんもいましたよ。


D1.jpg


おやつとお茶で一息ついて元気をとり戻したら、今度は橋を渡って小島に上陸してみました。
何度も橋を行ったり来たりとまだまだ遊び足りない様子の子どもたちでした。



F1.jpg


Posted by 米原市社会福祉協議会 at 09:44 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
竜巻災害によるボランティア協力について [2018年06月30日(Sat)]

ボランティアによる支援ニーズ把握のため、本会職員が訪問活動を行っております。
片づけ等につきましては、自治会や消防団、近隣での協力により対応されている状況にあり、ボランティアによる支援ニーズとしてはあがっていない現状です。
そのため、現時点においてはボランティアの募集は予定しておりません。
今後、ボランティア募集を行う場合は、米原社協ホームページ、フェイスブックにて情報発信していきますので、よろしくお願いいたします。
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 12:26 | ボランティア | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『こもち〜ズ広場』第4回元気な体を作りましょ〜簡単に作れるピクニックランチ♪〜を開催しました! [2018年06月29日(Fri)]

本格的に蒸し暑くなってきましたね。
こんにちは、地域福祉課の宮下です。

そんな蒸し暑さにも負けず、元気いっぱい第4回目の『こもち〜ず広場』を開催しました!
今回は、みんなでおいしいお弁当を作って、お外でピクニックをして楽しみましたよ。
お弁当の中身は・・・ロールサンドと具だくさん卵焼き、そして、ブロッコリーにミニトマト、ウインナーにお楽しみのゼリー♪

忙しいお母さんも簡単に作れて、子どもたちと気軽に外で食べられるものを・・・と、地域包括ケアセンターいぶきの栄養士さんにご相談したところ、考案いただいたメニューです。

54699-1.jpg

54699-2.jpg

栄養士さんには当日も、お手伝いに来ていただきました。

1.JPG

ずらりと並んだお弁当の材料に早くも興味津々の子、お母さんのお手伝いにチャレンジする子、一足先にいただきまーすの子も!
みんな、食べることが大好きなんですね。

2.JPG

3.JPG

お母さん同士も「人前で料理するってちょっと緊張するわ」とおっしゃりながらも、笑顔で話も弾んでおられました。
何かしながらの会話って楽しいですよね。

4.JPG

出来上がったお弁当をそれぞれのお弁当箱に詰めるころには、もう、お腹ペコペコで待ちきれない子もいましたが、ちょっと待ってね、帽子をかぶって、お弁当を持って、芝生広場に出発です!

5.JPG

広場に到着すると、早速広〜い芝生の上を走り回る子もいて、元気いっぱい。
シートを敷いて、お弁当を広げていただきます!
たくさん食べて大満足の子どもたち、お腹いっぱいで眠たくなる子もいました。

6.JPG

7.JPG

「家ではパンはあまり食べないけど、今日はよく食べてくれました!」
「普段は苦手だけど、この卵焼きに入っているグリーンピースは食べられました!」と嬉しいはじめてもありました。
みんなで作って、みんなで食べる、そしてお外で食べる・・・・普段なかなか出来ない経験を通して、できる!が増えたのではないでしょうか。

8.JPG

次回は、三島池をお散歩しよう!です。ちょっとの雨でしたら、雨の日の散歩を楽しみたいと思います。
どんな天気になるかなぁ・・・?
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 09:29 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『こもち〜ズ広場』第2回目はシャボン玉あそび!! [2018年06月13日(Wed)]

こんにちは。
米原も梅雨入りしましたね・・・。
地域福祉課の室谷です。

さて、先週からはじまった『こもち〜ズ広場』ですが、2回目はシャボン玉あそびをしましたよ♪

1.JPG

なあんだ、シャボン玉なら家でよくするよ・・・と、思われるかもしれませんが、今回は普通のシャボン玉とは違います!!
なんといっても、特別な『魔法の液』で作るシャボン玉なのです。

2.JPG

紙を破って骨だけにしたうちわをその液につけて振ると・・・
ふわふわふわふわ、ふわふわふわふわ〜〜〜
山のようにたくさんのシャボン玉がでてきます。

もちろん、子どもたちは大喜び!!
うちわを手から離さない子。できたシャボン玉を追いかけてどんどん走っていく子。
おしまいには、液に直接手を入れてかき回してみる子・・・と、大騒ぎ。

3.JPG

4.JPG

そんなみんなのまわりにはシャボン玉がい〜っぱい漂って、
まるで夢の国のようでしたよ。

5.JPG

ママたちもすっかり童心にかえって楽しまれ、大きな歓声と笑顔のはじける2回目のこもち〜ズとなりました。

思い切り遊んだので、もちろんドボドボに・・・。

お着替えを済ませて、お待ちかねのおやつタイム。
ママたちも一緒に外で思い切り遊んで、前回より仲良くなられたような♪

6.JPG

7.JPG

朝から微妙なお天気で、もしかすると雨が降るかも・・・の予報だったので、外でシャボン玉遊びをするか、室内でサーキット遊びをするか迷いに迷いましたが、皆でシャボン玉遊びができて良かったなと♪

次回『こもち〜ズ広場』は蓮沼公園でのお散歩「でこぼこ散歩道」です。
さてさてどんな冒険ができるかな???

Posted by 米原市社会福祉協議会 at 13:55 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【第1回 子育てサークル作り『こもち〜ズ広場』を開催しました】 [2018年06月07日(Thu)]

こんにちは。地域福祉課の大谷です♪

今年も始まりました!!子育てサークル作り『こもち〜ズ広場』

今回は9組の親子に参加いただき元気にスタートいたしました。
1.JPG

今年のテーマは『外あそびのススメ』
外あそびの楽しさを伝えるとともに、同世代の子どもをもつ親同士が交流をし、子育ての悩みや不安、喜びを共有しながら、継続的な交流が持てるような子育てサークル作りをお手伝いできればと思っております。

第1回目は、きらめきを会場にし、外遊びのメリットをお伝えしました。
2.JPG
【子どもの運動神経が向上】
【コミュニケーション能力がつく】
【自分の頭で考える姿勢がつく】
【発想力がつく】
【生活リズムが整えられる】など、外遊びには子どもの成長に嬉しい効果が秘められているんですよ♪


また、読み聞かせから外あそびにつなげていただくために、外あそびがさらに楽しくなる絵本の紹介もしました。
3.JPG
絵本に触れて、子どもたちも緊張がほぐれたところで次は自己紹介。
それぞれ名刺を交換してもらいご挨拶。

「実は人見知りなんです」「お友達がつくりたくて」「最近引っ越してきたので、知り合いがいないんです」などお話をされていたママたちも・・・

4.JPG
“子育て真っ只中”という共通の話題をお持ちなので、自然と会話が生まれ、無事に1回目のこもち〜ズは終了いたしました。


さてさて次回は『巨大しゃぼん玉を作ってみよう!!ママも一緒に遊びましょ』です。

昨日、巨大シャボン玉がうまく作れるのか・・・実験をしてみました。

できましたよ、魔法のシャボン玉液が♪
それはもう、楽し過ぎて。
写真も撮りましたが、こちらは次回のお楽しみ。

どうか晴れますように☆
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 10:18 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成30年度 米原市手話講座「入門編」のご案内 [2018年06月01日(Fri)]

こんにちは。米原市ボランティアセンターです。

米原市では、平成30年4月1日に「手と手をつなぐ 米原市手話言語条例」が施行されました。今後、市内の子どもたちをはじめ、多くの市民の方々に手話が言語であることを知っていただき、手話について学んでいただくきっかけとして、米原市主催の手話講座「入門編」が開催されますので、ご案内いたします。


1.講座期間 平成30年6月26日(火)〜12月11日(火)
2.時間  毎週火曜日 午後7時〜9時    
3.会場  米原市役所 米原庁舎(米原市下多良)2A会議室
4.回数  全29回(講座・実地学習・フォローアップなど。詳細は講座で説明します。)
5.対象者 次の条件をすべて満たす方
@米原市在住・在勤の18歳以上の方
A手話経験が全くないか、おおむね1年未満の方
B全講座を受講できる見込みのある方
6.受講料 無料(ただし、テキスト代3,240円と実地学習は実費)
7.申し込み方法 受講申込書に必要事項を記入して、米原市社会福祉課までFAXか郵送してください。
8.申し込み期間 平成30年6月1日(金)〜6月20日(水)
9.その他 定員20人(ただし申込者数が少ないときは、開講できない場合もあります。)

*お問合せ先 米原市役所社会福祉課
       〒521−0292 米原市長岡1206番地
       電話 55−8102・FAX 55−8130

詳しくは、チラシをご覧ください。

52973-1.jpg

52974-1.jpg
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 09:57 | イベント案内・報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【聞く♪広報始めました!!】 [2018年05月11日(Fri)]

こんにちは。ボランティアセンターの大谷です。

音訳ボランティア…皆さんはご存じですか?

米原市内には、4つの音訳ボランティアグループさんが活動をされています。

音訳ボランティアとは…。

目の不自由な方に情報を提供する為、情報誌(広報まいばら・議会だより・社協広報てとて)や本を読み上げ・録音・編集作業をし、音訳CDにしてくださるボランティアさんがいらっしゃいます。

今までは、障がい者手帳をお持ちの方で,希望される方にのみお届けをして参りましたが、今年度より、音訳ボランティアさんのご協力をいただき、どなたでもインターネットやCDプレーヤーで聞いていただける「聞く♪広報」が始まりました。

「細かい字が読みにくくなってきた」「読むより聞く方がわかりやすい」という方、ぜひ一度聞いてみてください♪

広報まいばら・議会だよりは米原市のホームページから。
社協広報「てとて」は米原社協のホームページから音声データにアクセスできます。

ご自宅のCDデッキやカーステレオで聞いてみたいわ…という方は図書館にて貸出しもしております。
借りに行くのも大変なの…という方はボランティアセンターまでご相談ください。

ボランティアさんが音声化して下さった広報誌、ぜひともご利用ください♪

聞いてくださった感想もお待ちしております。

お問合せ先:米原市社会福祉協議会 米原市ボランティアセンター
      電話:55−3933

米原社協の音声データは、ホームページのこちらからアクセスしてください

文書95.pdf
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 16:09 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
民生委員さんと一緒に見やすいバス時刻表をつくりました。 [2018年05月11日(Fri)]

こんにちは。
伊吹地域福祉活動センターの膽吹です。

IMG_0662.jpg
民生委員さんとつくったA3サイズ1路線ごとの時刻表(一部)

市内にお住まいの方から、「もっと見やすいバスの時刻表があるといいな」というお話をお聞きました。担当している伊吹地域では、バスは移動の重要な手段。

高齢者の利用も考えると、現在の時刻表よりも、もっと見やすいものの必要性を認識しました。

そこで、日頃から住民の方々に訪問活動をされている、伊吹民生委員児童委員の皆様に、「地域住民の方からこんな声を聞きました。

時刻表を大きくして見やすくするなどしてはどうかと思うのですが、いかがでしょうか」と相談したところ、「それはいいですね」と共感していただき、民生委員さんと一緒に見やすい時刻表作りをはじめました。

議論を重ねた結果、元のコピーではありますが、これまで、A3サイズにすべての路線が載っていた時刻表を、A3サイズに1路線が載っている大きくて見やすい時刻表ができあがりました。

できあがった時刻表は、民生委員さんの個別訪問やサロン訪問を通して、必要とされる方に、その方が必要な路線の部分だけが記載された時刻表をお渡しされます。

また、必要に応じて、その方が乗る時間や停留所などをマーカーで色づけすることも予定されています。

これで、お買い物や病院に行く方がよりバスを使いやすくなるといいなと思います。
Posted by 米原市社会福祉協議会 at 10:13 | 職員日記 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ