CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

CANPAN News 「CANPAN News」は市民活動を応援する情報サイトです。

笑顔わくわくマガジン〜ステキなひとに、きいてみたい〜

編集長が行く!

カンパンニュースはリニューアル&引っ越しました。
新しくなったカンパンニュースはこちら
芸術・スポーツ

あきたスポーツネットワーク(前半)

「めざせJリーグ!」を合言葉に、秋田を盛り上げていきたい



昨年10月、秋田市にNPO法人「あきたスポーツネットワーク」が発足。

サッカー後進県である秋田で、Jリーグに参加できる強豪プロサッカーチームを育てよう
という、壮大なプロジェクトがスタートした。

地域おこしの有力ツールとして、定番となっているプロサッカー。
日本全国で、本気でJをめざしているチームは60とも70ともいわれている。

これまでサッカー後進県で、
野球やバスケットの人気が高かった秋田にも、そんな動きが出てきた。

JFLの「ブラウブリッツ秋田」(にかほ市)
そして秋田市の「FC秋田カンビアーレ」(東北社会人リーグ一部)である。



2009年10月30日に設立された
NPO法人「あきたスポーツネットワーク(略称・アスネット)」は、
カンビアーレの運営母体。

堀井郁夫理事長(45)は

「全国から見れば秋田は遅れている。湘南ベルマーレを手本として、
NPO法人のメリットを生かしながら、Jリーグに向けての環境づくりをしていきたい」


と語る。

今シーズンはJFLで親会社から独立、
新たにクラブチームとしてスタートを切ったブラウブリッツ秋田
と全面的にタッグを組み、「全秋田パワー」
Jに向けて新たな一歩を踏み出す。



「秋田は、サッカーにとって、決して恵まれた環境とはいえない県です」

NPO法人「あきたスポーツネットワーク(略称・アスネット)」の堀井郁夫理事長(45)は語る。

もともと秋田は野球どころとして有名。
過去にも阪急のエース・山田久志や、
史上最強打者の呼び声も高い落合博満ら、名選手を輩出している。

また、能代工業で名高いバスケットボールも人気が高く、
今年からbjリーグに「秋田ノーザンハピネッツ」が参戦する。

能代工卒業生の田臥勇太は日本人初のNBAプレイヤーとなった。



「そんな土地でなぜサッカーか。好きだから、としか言いようがないですね」
 
堀井理事長は、小学生でサッカーを始め、秋田商業で全国ベスト16を経験。

卒業後は救急車に乗り、救急救命士として日夜働く傍ら
母校のコーチを勤めてきた。

「Jリーグというハードルは高いけれど、その分楽しいんじゃないか、
やってみる価値はあるんじゃないか、と」




-----チーム運営にもいろいろな選択肢がある中で、「NPO」という形をとったのは?

「何といっても、税制上のメリットが大きいですね。
また、NPO、市民活動ということで、理解や協力も得やすい。

短期的な目標はJリーグですが、
もっと長期的には、サッカーだけでなくさまざまなスポーツを通じて、
秋田を元気にしていきたいという壮大な目標があるんです」




「たとえば組織は湘南ベルマーレをお手本にしたいと思っているし、
ガンバ大阪の育成システムも見習いたい。

NPO法人ならではのメリットを生かしながら、
それぞれ『いいとこどり』でカンビアーレを育てていきたい」

「とはいうものの、現実的に上を目指していくには、強化が欠かせません。
秋田の選手はもちろん、大卒の即戦力も欲しいしできれば現役Jリーガーも欲しい。

そうした選手を受け入れていくためには、資金的にも体制を整える必要があります。

NPOはそのための有力な手段。
会員になりたい、という申し出もどんどん増えてきています」


<<後半へつづく>>
next
next
2010年03月23日(Tue) UP 芸術・スポーツ