CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年12月27日

情報提供:「第10回五色百人一首宇都宮大会」実施報告

2018年12月27日(木)

 12月23日、まちぴあ登録団体でもある、小・中学校などの先生たちを中心とした活動団体「TOSS宇都宮プラス」の皆さんも協力している、日本文化体験イベント、

「五色百人一首宇都宮大会」が行われました。

 今年で節目の第10回となった、宇都宮大会。そもそも、五色百人一首とは、小中学生のために小倉百人一首を難しさに応じて20枚ずつ5色に色分けしたものです。
 20枚で対戦できるので1試合が3分の短時間で行うことができる競技で、裏には上の句が書いてあり、試合中にも見ることができるので、子どもたちが早く札を覚えることができます。

 日本古来から伝わる和歌を学びながら、競技(スポーツ)としての側面も併せ持った競い合いの取り組みとして、学習の一環として、授業に取り入れる学校も多く、全国各地で百人一首大会が開催されています。

 今回は、そんな大会の様子について、主催であるうつのみや五色百人一首こども教室実行委員会及び、TOSS宇都宮プラスの皆さんが開催風景や感想などを、まちぴあブログに寄せて下さいまして、今回の更新ができました。ご協力大変感謝いたします。

 大会の会場は、宇都宮市東市民活動センター。会場には、経験者・初体験者を含め1〜6年生までの児童30名あまりが集まりました。

 それぞれのレベルや学年を加味しながら、計7回の対戦が行われ、それぞれに熱戦が繰り広げられながら、学校では出会わない他校の児童同士の交流や、学年を超えての交流など、子ども達同士におけるいつもの学校・教室ではできない体験を、百人一首を通じてできた様子です。

IMG_6041.JPG


 思ったよりも熱心になってしまったり、思うように札をゲットできなかったり。思いの他勝てたり・・・と、子ども達の喜怒哀楽がそれぞれにあって、主催団体の皆さん達が目指している「競い合い」の中で育まれる子ども達の交流が今年もできた様子でした。

IMG_6042.JPG


 みんなで撮った集合写真も、とても良い写真。これからお正月にかけて、カルタを初めとした昔ながら遊びに触れる機会も多いでしょうから、こうした子ども達には、それこそ先生役になってもらって大人たちにも、五色百人一首や競い合いの楽しさを伝えてもらいたいですね!

IMG_6043.JPG


 ・・・そんなことで、実行委員の皆様、TOSS宇都宮プラスの皆様。イベント開催お疲れ様でした。年明け2019年1月19日には、こちらも恒例のイベントとなりました、チャレランこと、「チャレンジランキング大会」も予定されています。

 こちらは、スポーツやゲームの要素も盛り込んだ様々な競い合いを行う子ども達対象の催しです。こちらの開催も楽しみにしておりますので、今後のご活躍も期待しております!!

(記事投稿:小倉)

2018年12月26日

地域共生社会シンポジウム〜「ごちゃまぜ」の我が丸地域づくりを考えよう!〜開催のお知らせ

2018年12月26日(水)

地域共生社会シンポジウム開催のお知らせ
〜「ごちゃまぜ」の我が丸地域づくりを考えよう!〜

20190108-tiikikyoseisym.jpg 20190108-tiikikyoseisym2.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2019年1月8日(火)13:30〜16:10

●会 場: とちぎ福祉プラザ 1階 多目的ホール(宇都宮市若草1-10-6)

 少子高齢化や人口減少による地域社会の変化等に伴い、地域を取り巻く情勢や住民の生活課題が多様化しています。そのような中、人々が様々な生活課題を抱えながら、住み慣れた地域で自分らしく暮らしていけるためには、地域住民をはじめ、地域の様々な主体が「他人事」を「我が事」としてとらえ、人と人が世代や分野を超えて「丸ごと」つながる「地域共生社会」の実現が求められています。 本シンポジウムでは、枠を超えて様々な人や資源が交わる『ごちゃまぜ』をキーワードに、県内における実践事例を交えながら「地域共生社会」の実現について考えます。

≪第1部 基調講演≫
【ごちゃまぜのまちづくり〜地域共生社会を目指して〜】
・講師: 陣内 雄次氏

≪講師プロフィール≫
宇都宮大学教育学部教授(学芸系家庭分野 住環境・まちづくり研究室)
都市計画系シンクタンクに勤務後、金沢大学学術博士を経て、1994年4月に現職。市民主体のまちづくり、地方都市の都市計画論、子どもや若者のまちづくり参画、ESD(持続可能な開発のための教育)を研究テーマとし、市町社協のアドバイザーとしても活躍。認定NPO法人宇都宮まちづくり市民工房理事長、コミュニティ・カフェ「ソノツギ」代表等を務め、まちづくりの実践にも関わっている。石川県金沢市でカフェ「茶論花色木綿(さろんはないろもめん)」を家族が運営。

≪第2部 実践発表/パネルディスカッション≫
・コーディネーター:陣内 雄次氏
・実践発表/パネリスト:
【若者の力を活かした高齢者の孤立防止の取組み】
・濱野 将行氏(一社)えんがお 代表理事

【「複合型コミュニティセンターよこまち」と「足利流こども食堂」の取組み】
・柏瀬 旬氏(社福)渡良瀬会 コミュニティセンターよこまち管理者

【子どもからつながる地域づくりの取組み】
・小泉 年子(社福)茂木町社会福祉協議会福祉活動専門員 兼 主任相談員

●対 象: 地域福祉活動の実践者、地域づくりに関わる方等(社会福祉施設、市町行政、社会福祉協議会、NPO、地区社会福祉協議会、自治会、福祉協力員、民生委員・児童委員、主任児童委員、地域児童委員、地域包括支援センター、障がい者相談支援センター、中間支援施設、ボランティア、学生など)

●参加費: 無料  ●定 員: 300人

【申込み・問合せ】 主催: 栃木県、栃木県社会福祉協議会
申込方法: 参加申込書ご記入の上、FAXにてお申込みください。お電話でお申込みの際は、「栃木県社会福祉協議会地域福祉・ボランティア課(TEL028-622-0525)」まで直接ご連絡ください。

2018年12月25日

「2019年度とちぎコープNPO法人助成金」募集のお知らせ

2018年12月25日(火)

「2019年度とちぎコープNPO法人助成金」募集のお知らせ

20190120-corpnpojyosei.jpg
※クリックすると拡大します。

●趣 旨:とちぎコープは、2008年に社会貢献を目的とした「社会貢献基金」制度を創設しました。基金を活用し、NPO法人を支援する「とちぎコープNPO法人助成金」制度を始めました。 今年もとちぎコープではNPO法人とともに活気ある栃木づくりを一緒に目指したいと考えています。多くの団体からの応募お待ちしています。

【助成対象団体】
とちぎコープが助成する団体は以下の要件を満たすNPO法人です。
1)NPO法人(特定非営利活動法人)として法人格を有し、栃木県内で1年以上の活動実績のある団体とします。
2)政治・宗教活動を目的とするものや営利を目的とする事業は対象としません。
3)1団体で応募できる件数は1件に限ります。
4)活動終了後、決算・活動報告書を提出していただきます。(助成団体に直接ご連絡いたします)
5)とちぎコープから過去に助成を受けた団体でも対象となります。

●助成期間と助成金額:
1).対象年度の事業活動および運営費用に対して助成いたします。
2).助成金額は、1団体年間30万円を上限に補助いたします。

●選考基準: 助成する団体の選考は「とちぎコープNPO法人助成金規則」に基づき、審査委員会が行います。 選考にあたっては、地域住民のくらしや文化が向上し、社会発展のための活動や調査研究などを重視し、以下の内容を総合的に判断します。 また、書類及び必要に応じて聞き取り調査・団体訪問等をおこなう場合があります。

【NPO法人助成金の選考基準】
『対象: NPO法人(特定非営利活動法人)として法人格を有し、栃木県内で1年以上の活動実績のある団体とします。』

『活動: 地域住民のくらしや文化、教育、福祉の向上に繋がる取組、自然や環境に配慮した循環型社会の形成に繋がる取組みなど、幅広い分野の活動を対象とします。』

『地域や市民への貢献度: 社会的ニーズを的確にとらえ、有効な事業を展開している。』

『資金調達と経費の妥当性: 自己努力により資金確保に努め、費用の使い方にも十分配慮が見られる。』

『先駆性・独創性: 社会への新たな問題提起につながる。』

『継続性: 活動実績が評価でき、将来的にも継続性がある。

『透明性: 組織の広報や情報などが積極的に発信されて、透明性がある。』

『その他: 行政や他団体、他機関からの助成や支援の如何に関わらず助成対象とします。但し、申込書には記載していただきます。』

【活動報告の提出】
助成金を受けた団体は、当該年度終了後3ヶ月以内に決算及び助成報告を提出していただきます。 報告書を受けて、別途ヒアリング・訪問等をおこなう場合があります。 また助成報告書は、とちぎコープの社会貢献活動に関する広報活動等に掲載する場合があります。

●募集期間: 2018年11月20日(火)〜2018年1月20日(日) ※当日消印有効

◆申込方法:  下記住所まで郵送でお願いします。
〒321-0195 宇都宮市川田町858 とちぎコープ総合企画室

【問合せ】
とちぎコープ生活協同組合 総合企画室
TEL: 028-634-5117(平日 9時〜18時)

【参考URL】
「2019年度とちぎコープNPO法人助成金」について

2018年12月22日

平成30年度第3回「あなたの人生聴かせて下さい〜おせち教室編」実施報告

2018年12月22日(土)

 12月7日に、宇都宮市をはじめとした地域で魅力的な活動を行っている個人、団体の方をゲストに迎え、これまでの歩みを語って頂きながら交流を深める企画、

「あなたの人生を聴かせてください」

 の今年度第3回(通算:13回目)を行いました。

 前回の「十五夜お月さん」で大変好評だったこともあり、一般希望者に加え市内で暮らす外国人の方々もお誘いし、料理を通じての国際交流料理教室を行うこととなりました。今回は、年末ということもあり、日本を代表する正月料理「おせち」をテーマに、

 市内で料理教室を展開されている小島節子先生(小さなパンの家 パン・菓子・料理教室主宰)をお招きし、『手作り簡単おせち』教室が、宇都宮市豊郷地区市民センターを会場に開講となりました。

DSC07031.JPG


 今までは実家で食べるだけだったけど今年の年末は是非自分で作ってみたい、日本文化を学びたい、国際交流をしたいなどという10代から70代の男女19名が、4グループに分かれて、

『鶏肉の八幡巻き』『クルミ入り田作り』『水羊羹』『お雑煮』の4品に挑戦しました。    

DSC07039.JPG


 先生のデモンストレーションを後、注意点やコツをメモするしたり確認しながら、日本では古くから親しまれてきたごぼうのささがきや、外国の食文化として定着していない食材、初めてみる食材を相手に、それぞれ調理が始まっていきます。

IMG_9569.JPG


 良い匂いを合図にしながら、そろそろかな?と焼き具合を皆でチェック!!したり、小島先生の指導のもとすすんでいきました。

 鶏のもも肉にいんげん、人参、ゴボウを巻いた「八幡巻き」はきちんと巻けているか?

IMG_9578.JPG


 上手に切れるか!?!?

 切る時はちょっとドキドキでしたが、どのテーブルも完璧でしたね♪

「くりみ入り田楽」は、電子レンジが大活躍!!

 混ぜてチン! 混ぜてチン! 混ぜてチン!・・・と

 三回繰り返せば出来上がり♪♪

「水ようかん」は、ザクロの果汁を使ったグラナデンシロップの赤と白あんの色が混ざり、とても
きれいな桃色模様になりました。

 ・・・お腹もいい感じにすいて、待ちに待った試食♪♪♪

IMG_9572.JPG


 どれも美味しく、最初は食べるのに夢中でしたが、後半は話に花が咲きました。

 お腹も落ち着いところで、小島先生のお話しを頂きました。

 転勤で宇都宮に来て、手作りパンをいただいたのがきっかけで、パン作りの資格をとり、教えるようになってから30年近く。小さな偶然から今に至るヒストリーをお話し下さいました。

IMG_9601.JPG


 多くの生徒さん達と出会い助けられたり、また少し先を行く自分の経験を伝える事ができたりと幸せなことだったと、暖かく語って下さり、

「人生100年と言われていますが、あっと言う間です。一度しかない人生を自分の好きな事をしながら人とかかわっていられる。続けられる限り頑張っていきたいものです。おせち作りを通して皆さんと出会えた事をとても嬉しく思います。」

 と、感想と共にメッセージを頂きました。

 そして「あなたの人生聴かせてください。恒例??の一人一言タイム!!」

IMG_9606.JPG


 ということで、参加者の皆さんから、自分の特技や好きな食べ物、参加したきっかけや感想、今後のリクエスト等をそれぞれに語って頂きました。

「思ったより簡単だった。これだったら作れそう」
「楽しかった」
「また参加したい」

 などの声を頂戴しました。

IMG_9632.JPG


 お忙しい中お集まりいただいた皆様、そして何度も試作を重ねて準備していただいた小島先生。

 本当にどうもありがとうございました。

(文章作成:M、投稿:小倉)

2018年12月21日

認定(特例認定)NPO法人取得応援セミナー 第2回「法人の資金調達力を高めよう!」参加報告

2018年12月21日(金)

認定(特例認定)NPO法人取得応援セミナー
第2回「法人の資金調達力を高めよう!」参加報告

 昨日12月20日(木)、とちぎボランティアNPOセンターぽぽらにて、栃木県県民文化課県民協働推進室による認定(特例認定)NPO法人取得応援セミナーの第2回「法人の資金調達力を高めよう!」が開催されました。
 寄付金の獲得は、認定取得に必要なPST(パブリック・サポート・テスト)の要件にも関わっています。講師は日本ファンドレイジング協会理事、ファンドレイジング・ラボ代表の徳永洋子氏でした。

DSC_0408copy.jpg

 講座の中心は「ドナーピラミッド」について。ドナーピラミッドは万国共通のファンドレイジングの考え方で、支援者の支援レベルを引き上げるための分析や戦略検討に使えます。
参考:ファンドレイジング・ラボ
 寄付集め7つのステップ「Step 2 既存寄付者・潜在的寄付者の分析」

 また、そのピラミッドを支援者に「登っていただく」ための道筋として、徳永氏が考案した「MITASの法則」の紹介もありました。
参考:ファンドレイジング・ラボ
 支援者との関係構築 「MITAS(満たす)の法則」!

 セミナーの中では、自分の団体のドナーピラミッドを実際に作ってみるワーク、ステップアップしてもらうための導線作りワークが行われ、受講生それぞれが取り組みました。まちぴあスタッフも初めてドナーピラミッドに挑戦しましたが、底辺の「潜在的な寄付者」を考えるのが難しく感じました。「底辺を大きくしないと、ピラミッド全体が小さくなってしまう」ということで、細かくまとめすぎず、団体のメンバーで意見を出し合うと作りやすいかもしれません。

 第3回セミナー「認定申請・審査の実務を学ぼう!」は2019年1月24日(木)に予定されています。追加募集についてはこちらをご参照ください。

(記事投稿:齋藤)

2018年12月19日

まちぴあ年末年始休館のお知らせ

2018年12月19日(水)

まちぴあ年末年始休館のお知らせ

 平素から宇都宮市まちづくりセンターまちぴあをご利用いただきまして、誠にありがとう ござい ます。 さて、誠に勝手ながら、年末年始休業のため、下記の通り休館とさせていただきます。

2018-2019-nenmatsunenshi.jpg
※クリックすると拡大します。

【まちぴあ年末年始休館】
・期 間: 2018年12月29日(土)〜2019年1月3日(木)

 新年1月4日は金曜日ですが、鋭気を養ったまちぴあは、いつも通りの開館時間でお待ちしております。 休館中につきましては、利用者の皆さまに大変ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご了承ください。 2019年と年が改まりましても、何卒活発なご利用をお待ちしております!

2018年12月17日

「第11回栃木県チャレラン大会」参加者募集のお知らせ

2018年12月17日(月)

第11回栃木県チャレラン大会」参加者募集のお知らせ

遊びで点数を競い合うのが、チャレラン(チャレンジランキング)です。 遊びの中で交流が生まれ、運動や学習への意欲が高まります。各種目のチャンピオンには、光り輝く「金色ノート」をプレゼント!

20190119-challran.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 1月19日(土)14:00〜16:00

●会 場: 宇都宮市体育館 副競技場(宇都宮市元今泉5−6−18)

・豆つまみ皿うつし(1分間で移せた豆の数を競います)
・せんめんき お手玉なげ(入ったお手玉の数を競います)

<その他の種目(予定)> ※当日変更になる可能性もあります。
バウンドラグビーボール・・・ラグビーボールを弾ませて転がる距離を競う。
1分間ドリブル・・・バスケットボールのドリブルの回数を競う。
20mぞうきんがけ走・・・ぞうきんがけの速さを競う。
ペーパーチャレラン・・・迷路を通り、集めた点数を競う。(プリントです)
サイコロ「1」出し・・・1分間で、サイコロの「1」が何回出るかを競う。
1分間じゃんけん・・・1分間で何回じゃんけんに勝てるかを競う。 など

●定 員: 小学生60名(先着順)

●参加費: 100円(保険代として)

●申込方法: ※必要事項を記入の上メール又は申込みフォームより
【必要事項】件名:チャレラン大会申し込み、@お子様のお名前・学年、A保護者氏名、Bメールアドレス、C連絡先電話番号、Eその他(質問など)

●主 催: TOSSチャレラン協会栃木県支部(TOSS栃木)
●後 援: 栃木県教育委員会、宇都宮市教育委員会、NPO法人栃木教師力向上センター

【申込み・問合せ】
栃木県チャレラン大会事務局 メール: challerantochigi@gmail.com

2018年12月15日

平成30年度まちぴあ消防訓練(総合訓練)実施しました

2018年12月15日(土)

 12月15日、館内の清掃及び設備メンテナンスに伴う臨時休館を利用して、まちぴあスタッフを対象にした消防訓練を行いました。

 火災報知器の点検を含めた部分訓練と併せて、年2回実施している消防訓練は、例年この季節に消防署の方に同席いただいての総合訓練を行っています。

 今回の訓練には、スタッフ6名が参加し、地震発生からの火災発生という想定のもと訓練が行われました。各スタッフの役割分担や、声による連携の大切さなどを意識しながら訓練を行い、これまでの訓練でご指摘いただいた経験も踏まえてのぞみました。

syoubou.jpg


 後半の時間には、水消火器を利用した消化訓練も行い、改めて、初期消火の重要性と消火・避難の判断基準など、自分を含めた「命を守る行動」についてアドバイスを頂きました。

 起きないことが一番ですが、いつ起こるか分からないのが災害や事故です。次年度以降の訓練については、利用者の方々にも参加してもらうなど、市民の皆さんが利用している時の訓練を行い、より実際に近い部分での訓練も想定し、

 いろいろな市民の方が訪れるセンターの特色を把握した上での避難・消防訓練の実施も計画していこうと考えています。

(記事投稿:小倉)

2018年12月14日

平成30年度まちぴあ大掃除 今年もありがとうございました♪

2018年12月14日(金)

 平成最後の師走・12月も中ほどに突入してきた今日この頃ですが、今年も恒例のまちぴあ館内の大掃除を行いました。

 研修室各部屋をお使い下さる登録団体の皆さんにも協力のお声がけをして、毎年この時期に行っておりますが、今年も19団体約40名の皆さんが応じて下さり、盛大に?行うことができました。

IMGP6791.JPG


 1階と2階の研修室やミーティングルームといったスペースをはじめ、玄関清掃など、清掃箇所に適宜入っていただき、みんなでお掃除。

 机やイスなどの機材から、床、畳の清掃まで大人数だからこそできるきめ細かさで清掃することができ、今年も年末の雰囲気が一段と増してきました。そして、新年号が控える2019年をこうした皆さんと迎えることができることを、改めて幸せに思うところでございます。

IMGP6789.JPG


 また、これも毎年のご配慮でございますが、大掃除当日に参加できなかった団体さんの中で、いくつかの団体さんから、部屋内で使っている道具やおもちゃ、座布団の掃除などを申し出て下さり、寒さが厳しくなってきた昨今ですが、

 皆さんの暖かいご協力を得て、心ホカホカなまちぴあでございました。

 今年も残すところあと15日となりましたが、まちぴあは12月28日まで開館しております。ちなみに新年は1月4日(金)からのスタートとなりますので、今年もそしてこれからも、まちぴあをご活用くださいますようお願い申し上げます。

 ご協力、まことにありがとうございました♪

(記事投稿:小倉)

2018年12月11日

まちぴあ施設臨時休館のお知らせ

2018年12月11日(火)

まちぴあ臨時休館のお知らせ

20181215-machipiarinji.jpg
※クリックすると拡大します。

宇都宮市まちづくりセンターをご利用の皆様 
日頃より、宇都宮市まちづくりセンターまちぴあをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。 さて、誠に勝手ながら施設保守(避難訓練、メンテナンス等)のため、臨時休館とさせていただきます。

●臨時休館日: 2018年12月15日(土)終日

皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”
TEL: 028−661−2778  メール: info@u-machipia.org