CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月31日

MCFオーケストラとちぎ『MCFコンサートvol.6』開催のお知らせ

2018年07月31日(火)

MCFオーケストラとちぎ『MCFコンサートvol.6』

MCFコンサートは、MCFオーケスト​ラとちぎのメンバーよるフェステ​ィバル形式のプロオーケストラ演​奏会です。 このオーケストラは、楽員がすべて「とちぎ」にゆかりのある音楽家で構成されてり、地域のボランティアが支える「地域による地域のためのコミュニティプロ・オーケストラ」です。

 多くの音楽家が国内外で活躍していることを県民の皆さまに知っていただくとともに、国内外で研鑽を積んだ高い技術と豊かな音楽性を披露して、栃木の子どもたちの音楽教育やクラシック音楽文化の向上を図ることを目的としてこの演奏会を開催します。

MCF.jpg MCF2.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2018年8月11日 土曜日 開場:13:00 開演:14:00

●場 所: 栃木県総合文化センターメインホール(宇都​宮市本町1-8)
13:30〜 指揮者によるプレ・コンサート・トーク

出演: 指揮 高井優希   ソリスト 黒岩航紀(ピアノ)

曲目:
・J.シュトラウス2世 喜歌劇《こうもり》序曲
・ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18
・ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調「田園」作品68

チケット発売中!詳しくはこちら→MCFオーケストラとちぎホームページ
全席指定・税込み
S席 前売り4,500円/当日5,000円
A席 前売り3,500円/当4,000円
学生 前売り2,000円/当日2,500円
※未就学時の入場はお断りさせて頂きます

・チケットぴあ「Pコード 115−024」
・栃木県総合文化センタープレイガイド
・宇都宮市文化会館プレイガイド
・FKDショッピングプラザ宇都宮店(3Fチケットぴあ)
・FKDショッピングモール
 宇都宮インターパーク店(2Fチケットぴあ)
・公式ウェブサイト 購入フォーム※準備中

●主 催: (一社)MCFオーケストラとちぎ

●特別協力: 宇都宮短期大学音楽科

【問合せ・申込み】
(一社)MCFオーケストラとちぎ
メール: mcf_orchestra@yahoo.co.jp
TEL: 028-612-7761(平日10時〜17時)

2018年07月26日

第43回釜川コケ落とし大作戦 参加者募集のお知らせ

2018年7月26日(木)

 ボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」は、宇都宮市中心部を流れる『釜川』の清掃活動を通してボランティア活動に楽しく触れる機会です。 4月〜10月の月1回の間隔で行っています。

 毎年8月の活動では、通常より少し早めに清掃活動を行い、その後、小学生までを対象にした釜川鮎のつかみ取りが行われます!! 釜川コケ落とし大作戦に参加下さった、小学生までの子どもさんも参加できますので、ご家族で清掃活動に参加される場合には、つかみどりへの参加もご検討下さい。

 ★ボランティアを初めての方でも大歓迎です★

kamagwa1808.jpg


●日 時:2018年8月18日(土) 9:30〜11:30
     ※つかみ取りはおおよそ12:00〜30分程度行う予定です。
      開始時間については、準備の都合により前後する場合がありますので、
      あらかじめご了承下さい。

●会場・集合:釜川ジャブジャブ池周辺
  ※グーグルマップにリンクしてあります。
   初めて参加の方は、特にストリートビューなどで景観を確認すると良いと思います。
   

●定 員:30名(うち小学生までは、鮎つかみ取り体験可)

●お願い:
・雨天時の場合には、中止となりますのでご了承ください。
・また、雨天時の連絡などのために、事前に「氏名」「連絡先」「年齢」
(今回は特に子どもさんの学年)をお聞かさせて頂いていますのでご協力お願い致します。

●持ち物:
・汚れてもいい服装
・着替え(濡れることもあるので、特に靴下)
・飲み物(※暑いので必須です!!)

●その他:
・作業開始前に簡単なオリエンテーションを行います。
・長靴、デッキブラシはこちらで用意してあります。ご持参頂いてもOKです。 
※長靴は、23〜27くらいまでしかないので、足の大きな方はご持参して頂けると幸いです。

【問合せ・申込み】
 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ(担当:小倉・小松)
    TEL:028−661−2778

2018年07月25日

とちぎユニバーサルシアター「タレンタイム 優しい歌」取材報告

2018年07月25日(水)

みらい・ともに・すすむ主催
とちぎユニバーサルシアター「タレンタイム 優しい歌」取材報告

 先日22日、とちぎ福祉プラザ2階第1研修室にて登録団体「みらい・ともに・すすむ」主催、『12thとちぎユニバーサルシアター「タレンタイム 優しい歌」』の上映会が行われました。

【参考URL】とちぎユニバーサルシアター「さとにきたらええやん」取材報告

miraitomoni.JPG
みらい・ともに・すすむ 代表による挨拶

 みらい・ともに・すすむさんは障がいがあってもなくても幸せに暮らせる社会づくりを目的に活動しています。 目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。 イヤホン音声ガイドによる場面説明や日本語字幕付き、車椅子スペース、親子鑑賞室がる映画館として行われました。

miraitomoni2.JPG
パンフレット販売とポップコーンの販売

 会場では「タレンタイム 優しい歌」のパンフレッド販売や社会福祉法人共生の丘が行っている「就労支援事務所konomi」で作られたポップコーンの販売が行なわれておりました。

 今回の上映は真岡市内で特定非営利活動法人手仕事工房そらが運営しているそらまめ食堂で店長をされている成田雪子さんが宇都宮市内にあるヒカリ座で上映されていた「タレンタイム」を見て、今回のユニバーサルシアターに繋がったそうです。

miraitomoni3.JPG
入り口付近に設置されたマレーシアに関する予備知識

 マレーシアを舞台に作られた「タレンタイム 優しい歌」、とある高校で音楽コンクール「タレンタイム」(マレーシア英語=学生の芸能コンテストのこと)が開催されることになり、コンクール当日までの様々な人間模様を描いた作品です。

 映画をより深く楽しむことができるよう、会場入り口付近にはマレーシアに関する予備知識が書かれたボードがあり、物語ではマレーシア社会(多民族国家、言葉の違い、宗教の違いによる葛藤なども描かれておりました。 

 ピアノの上手な女子学生ムルー(イギリス系とマレー系の混血者)と耳の聞こえないマヘシュ(インド人)との恋や宗教の違いによる葛藤、成績優秀で歌もギターも上手な転校生ハフィズ(マレー人)と二胡を演奏する優等生カーホウ(中国系)はハフィズに成績トップの座を奪われ、打ち解けることができないなど、それぞれが悩み・葛藤を抱えながらも前に進んで行く登場人物達が印象的でした。

 劇中には様々な楽曲が使われており、登場人物の想いが篭った曲・歌詞が流れると来場者の方々も世界観に惹きこまれていました。

 先月6月30日には宇都宮市まちづくりセンター主催「学生ボランティア体験プログラム説明会」に協力していただいた「みらい・ともに・すすむ」。 今年8月〜9月には高校生等を対象に、宇都宮を舞台に作られた作品「キスできる餃子」の音声ガイドワークショップを行う予定になっており、詳細な情報が来ましたら情報発信します。

(記事投稿:小松)

子育て応援サークルこっころ「4週連続“夏休み企画”」開催のお知らせ

2018年07月25日(水)

登録団体:子育て応援サークルこっころ「4週連続“夏休み企画”」開催のお知らせ

今年の夏休みは、ボランティアのお兄さんお姉さんがこっころに来てくれます!お兄さんお姉さんと一緒に、楽しい夏休みの思い出を作りませんか。(※来ない日もあります)

こっころクラブ夏休み2018.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 8月3日(金),8月10日(金),8月17日(金),8月20日(月)

●場 所: 宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ

『絵本の読み聞かせとワークショップ〜平和について〜』
おじいちゃんやおばあちゃんひいおばあちゃんが体験した戦争ってどんなものだったの?世界から戦争はなくせるの?みんなで戦争や平和を考えます。
●日 時: 2018年8月3日(金)10:00〜11:30
●会 費: 100円/1人(資料代)   ●対 象: 小学生
●講 師: 西谷和子(絵本専門士) ●持ち物: 筆記用具、飲み物  

『みか先生の絵の教室〜夏休みの絵の宿題〜』
こっころ夏休み恒例、みか先生の絵の教室、今年も開催します!絵の宿題・・・どうやって描けばいいの?何を描いたらいいの?頭を抱えている皆さん!みか先生やお友達と一緒に、楽しく絵を描きませんか。みんなで描くとやる気も楽しさもUPするんですよ!
●日 時: 8月10日(金)9:05〜12:00 ※施設は9時開館です。
●会 費: 1500円/1人  ●対 象: 幼稚園児、小学生
●講 師: 西浦 美佳先生(アトリエぴっか主宰)
●持ち物; 画材、絵の具、筆記用具等自分で使うもの、画用紙(四つ切のみこちらで準備します) 
●注意事項:
・課題は各自自由です。(画用紙サイズご注意ください。)
・時間内で終ったところで終了します。(下書きを準備しておくと良いと思います)
・絵の指導ではなく、分からない所や困っている所をその都度サポート、アドバイスします。

『絵本の読み聞かせ会〜体あそび編〜』
親子で絵本の読み聞かせを楽しみましょう。
絵本を使ったふれあい遊びや体あそびもたくさんします。
●日 時: 8月17日(金)10:00〜10:30
●会 費: 200円/親子1組 ●対 象:0歳児以上の親子
●講 師: 阿部直子(スポーツインストラクター)&西谷 和子(絵本専門士)
●持ち物: タオル、飲み物

『ママのためのフィットネスフラ』
暑い夏こそエクササイズです!ハワイアンの音楽にのって、フラで汗を流しましょう。体幹が鍛えられ、踊ったあとは気分も身体もスッキリです。初心者、子ども連れ大歓迎です。
●日 時: 8月17日(金)10:40〜11:40
●会 費: 800円/大人1人 ●対 象:ママ(お子さん連れ大歓迎)
●講 師: 阿部直子(スポーツインストラクター)
●持ち物: タオル、飲み物

『夏休みの宿題!貯金箱作り』
工作好きな小学生、夏休みの宿題に牛乳パックで貯金箱を作りましょう!うまく作れたら、おもしろい貯金箱が完成します!低学年のお子さんは、保護者の付き添いをお願いします。(ご相談ください)
●日 時: 8月20日(月)10:00〜12:00
●会 費: 300円/1人(材料費)
●持ち物: 工作セット(ハサミ、マジックなど ※カッターは持たせないで下さい)、飲み物

【申込方法】 必要事項:@名前(お子さまと保護者)、A学年(年齢)、B連絡先を記入しメール

【申込み・問合せ】
子育て応援サークルこっころ 担当:西谷
連絡先: nishitani@mama.plala.or.jp

2018年07月23日

『チャリティどろんこばれー!in宇都宮』参加者募集

2018年07月23日(月)

『チャリティどろんこばれー!in宇都宮』参加者募集

【参考URL】
『第3回宇都宮どろんこバレーボール大会』取材報告

どろんこバレー.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 8月4日(土)9:00集合、開会式 9:30試合開始

●会 場: 宇都宮市平出町936-3 に駐車。そこより徒歩3分

≪大会要項≫
参加資格: どろんこと遊びが好きな健康に自信がある方。
            着替え必須。更衣室・簡易シャワーあり

チーム : 1チーム6名(男女混合)補欠を含め、8名まで登録可。

試合方法: ソフトバレーのルールを基本とし、大会特別ルールを採用。試合時間前後半5分ずつの10分で、より多く得点した方の勝利。予選リーグ戦、決勝トーナメント。決勝戦のみ、15点先取の3セットマッチ。審判は空いているチームが行う。

●参加料 : 一人500円。集まった金額より損害保険料・大会運営費を除いた分を社会貢献団体に寄付。寄付先の団体・活動内容を当日紹介いたします。

●その他: 子供のどろあそび歓迎。子供無料。

【申込方法】 メールまたは電話より  申込み締切:7月28日

【問合せ】 事務局:チャリティーどろんこバレー宇都宮実行委員会
TEL: 080-1242-9460  メール: engawa.smile@gmail.com

2018年07月21日

トチギ環境未来基地主催「SDGsシンポジウム〜基礎知識と栃木の実践例を知る〜」開催のお知らせ

2018年07月21日(土)

主催:NPO法人トチギ環境未来基地
『SDGsシンポジウム〜基礎知識と栃木の実践例を知る〜』
若い世代の力を栃木にどう活かす?どう関われる?

SDGs シンポジウムとは? SDGs (持続可能な開発目標)は2015年9月の国連サミットで採択され、2016年〜2030年で達成するために掲げられた目標です。 営利企業やNPO、NGO、行政、教育機関などのさまざまなファクターが、協力しながら取り組むことが重要になっていきます。

20180728-sdgssym.jpg 20180728-sdgssym2.jpg
※クリックすると拡大します。

 今回はSDGs の基礎知識、森づくり若者に関連したSDGs の事例を紹介いたします。栃木県でどのようなSDGs を推進していけるか、みなさんで考えてみませんか?

同日開催!3ヶ月間環境保全に取り組んだ若者の報告会
*本事業は平成30年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催されます。

●日 時: 7月28日(日)12:30〜14:30 〆切:7/25(水)

●会 場: とちぎボランティアNPOセンターぽ・ぽ・ら (宇都宮市昭和2-2-7)

【講師】
・岩井 俊宗 氏
(NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク代表理事)
若者の成長の機会創出と、持続的に取り組む人材を輩出し、若者による社会づくりの促進を目的に、とちぎユースサポーターズネットワークを設立。2010年NPO法人化。代表理事を務める。NPO法人宇都宮まちづくり市民工房理事。栃木県社会貢献活動推進懇談会委員、栃木県協働アドバイザー、一般社団法人とちぎニュービジネス協会理事等も務める。

・橋 朝美 氏
一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC)コーディネーター)
NPO・企業・行政など多様な主体による環境パートナーシップ促進を目的として活動する、一般社団法人環境パートナーシップ会議の関東EPO(環境パートナーシップオフィス)コーディネーター。関東の1都9件で環境問題に取り組むNGO/NPO・企業・自治体と連携し情報発信している。SDGsの周知啓発活動にも力を入れている。

・塚本竜也 氏(
NPO法人トチギ環境未来基地理事長)
次世代を担う若者の育成と市民による環境保全活動を進める、トチギ環境未来基地を2009年に設立。代表を務める。森林里山と様々な分野をつなぐ活動を展開中。栃木県若年者支援機機構代表、NPO法人日本環境保全ボランティアネットワーク理事。認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク理事等を兼任。2016年オーライ・日本グランプリを受賞。

【対象者】
・テーマに関心のある方、SDGsに関する活動をしたいと思っている方、教職員、関係者、行政機関、営利企業の社会貢献活動担当者、NPO関係者など

◆スケジュール
12:30〜12:35 開会
12:35〜12:55 SDGsの概要説明
12:55〜13:15 団体の事例紹介@(岩井俊宗氏)
13:15〜13:35 団体の事例紹介A(塚本竜也)
13:40〜14:10 パネルディスカッション、参加者同士の意見交換
14:10〜14:25 質疑応答
14:25〜14:30 事務連絡、閉会

【申込方法】『SDGsシンポジウム〜基礎知識と栃木の実践例を知る〜』ページより

【問合せ・申込み】NPO法人 トチギ環境未来基地(担当:神)
メール: jin@conservation-corps.jp TEL:0285-81-5373

2018年07月19日

コミボラ体験プログラム「今泉地域・八坂神社例大祭神輿担ぎ体験」報告

2018年7月19日(木)

 夏の盛りに入ってきた時期ですが、相変わらず暑さが続いております。7月中旬の時期といいますと、まちぴあの立地している今泉地区でも地区内にある八坂神社の祭事である「八坂まつり」(例大祭・天王祭)が催されました。

 無病息災、疫病神払いを祈念しお神輿や山車が街中を練り歩く“神輿渡御”(みこしとぎょ)は期間中の日曜日、今年は7月15日に行われました。

DSC05626.JPG


 丁度昨年の今頃、栃木県との協働事業として関わった「コミュニティボランティア体験事業」の一環で、今泉地区に立地している白楊高校の生徒さんたちと一緒に、地域の祭事をお手伝いさせて頂きました。

 さて。今年は、ぜひと地域からのご縁を頂けたこともあり、まちぴあが中心となって白楊高校の生徒さんたちにお声がけをし、去る5月下旬に行った説明会には、昨年の倍ほどの学生がお祭りへの参加希望下さいました。その後、地域の皆さんの協力も得て、参加に必要な衣装など準備を進めていきました。

 そして迎えた7月16日。この日もとても暑かった!!ですが、夏祭りらしい熱気と神事らしい厳粛さの中で、八坂神社に集まり、いざ!出発!!

DSC05679.JPG


 この日のお神輿担ぎに参加してくれたのは、総勢14名。今年は担ぎ手7名と練り歩きの皆さんが休憩する休憩所の一箇所をお手伝いする7名の2グループに分かれて活動しました。

 1tもあるお神輿。初めて担ぐ高校生や大人も重さに驚きながら今泉地区内を練り歩きました。天気は曇や雨ということで炎天下ではなかったものの、湿った空気が続いていましたので、練り歩くには良い天気。

 でしたが、やっぱり今年も重いお神輿。

DSC05669.JPG


 大きな声も張り上げながら練り歩き、経路各地に地域の皆さんが設置されていた休憩所では、冷麦や冷たいスイカ、赤飯などを頂きながら進んでいきました。

 お神輿担ぎのメンバーの中には昨年に引き続いて参加してくれた先輩高校生もいてくれたので、昨年の経験を踏まえて初参加の学生たちを支えながら、お神輿も担いで大活躍してくれました。

 夕方(16:00くらい)には、学生ボランティアさんたちがお手伝いをした今泉南自治会さんが担当されている休憩所も、お神輿の皆さんを出迎えるのに一気に活況を帯びてきました。

DSC05702.JPG


 お囃子にあわせて進んでくるお神輿の行列を応援している子ども達の様子も印象的でしたね。

 こちらの休憩所では、皆さんに冷麦の振る舞いを例年行っておられるそうで、地域の奥様方と一緒にたくさんの冷麦を準備した学生さんたちも、大活躍!

DSC05721.JPG


 休憩所で一息いれると、練り歩きのメイン(?)とも言える、アンダーをくぐって八坂神社に戻っていったお神輿。地域の皆様と協力しながら全うした学生たちも素敵なお顔になっておりました♪

DSC05754.JPG


 ・・・こんな様子で今年も協力できた、宇都宮市今泉地区の八坂祭り。昨年から本格的に地域とご縁を結ばせていただき、今年もそのつながりを深めることができました。

 一般に地域の祭事は、その地区の氏子の皆さんが中心になって行われます。その一方で、様々な社会環境の変化の中でマンパワー的に地域内だけでは賄えなくなってきている現状もあります。

 そんな中で、地域の文化をつなげることや、その地域に立地している高校が地域との結びつきを育むことを目的として、まちぴあが間に入り、お互いの「できる」を汲み取りながら進めさせてもらっていることはとても大きな意義があると思います。

「今年も白楊高校の生徒さんたちが、お手伝いにきてくれました!」

 そんな発声を、今泉地域の皆さんから今年もしてもらって、地域の一員として親睦を深めた八坂祭り。学生たちには貴重な地域での経験をしてもらえる場として行えたことと、地域を盛上げる一助になったことに、深く感謝いたします。

DSC05768.JPG


 地域の皆様、高校生の皆様、大変お疲れ様でした!!!

(記事投稿:小倉)
 

2018年07月18日

とちぎユニバーサルシアター「タレンタイム 優しい歌」開催のお知らせ

2018年07月18日(水)

登録団体: みらい・ともに・すすむ主催
とちぎユニバーサルシアター「タレンタイム 優しい歌」

とちぎユニバーサルシアターって!? 
みんなで一緒に映画を楽しめるよう対応して映画上映をします。 イヤホン音声ガイドによる場面説明や日本語字幕つき、車椅子スペースがあり、親子鑑賞室があります。

【参考URL】 
まちぴあブログ「とちぎユニバーサルシアター“さとにきたらええやん”」取材報告

tarentime.jpg  tarentime2.jpg
※クリックすると拡大します。

アジアの宝物、今は亡きヤスミン・アフマド監督の最高傑作。8年の時を経て“伝説の映画”がついに待望の劇場公開。  たくさんの民族が暮らす街で音楽コンクール“タレンタイム”に挑戦するかけがえのない青春を描く。 完成後8年にわたり自主上映が続けられ、そのたびに満席が続出。

●日 時: 7月22日(日) 午前の部10:30〜12:30  ・午後の部14:00〜16:00

●会 場: とちぎ福祉プラザ 第1研修室(宇都宮市若草1-10-6)

 いつでも胸にしまっておきたい青春のみずみずしさ。数々の名曲とともに生涯忘れ得ぬ感動の物語。 ある高校で、音楽コンクール“タレンタイム”が開催される。 ピアノの上手な女子高生ムルーは、耳の聞こえないマヘシュと恋に落ちる。二胡を演奏する優等生カー方は、成績優秀で歌もギターも上手な転入生ハフィズにわだかまりを感じている。

 マヘシュの叔父に起こる悲劇、ムルーとの交際に強く反対するマヘシュの母、闘病を続けるハフィズの母。 マレー系、インド系、中国系、民族や宗教の違いによる葛藤を抱えながら、彼らはいよいとコンクール当日を迎える......。

●参加費: 1,000円(18歳以下無料)

●申込み: 名前、午前・午後(どちらか)、連絡先 ※当日参加も可能
FAX:028-333-1310 もしくくはsstochigi@gmail.com 又はショートメール

【申込み・問合せ】
主 催: みらい・ともに・すすむ
問合せ: 上記メールもしくは090-1838-5625 *17時以降に。

2018年07月17日

第42回釜川コケ落とし大作戦 実施報告

2018年7月17日(火)

 7月16日(月・祝)、4月〜10月までの月1回開催しているボランティア体験活動「釜川コケ落とし大作戦」を行いました。

 例年、7月の釜川清掃といえば、まちぴあ登録団体でもある「とちぎYMCA」が実施しているホームステイ事業に参加しているアメリカ人高校生たちも参加する国際交流な清掃活動の機会となっております。

 今年の釜川コケ落とし大作戦には、作新学院高校の国際交流ボランティアグループ「インターアクトクラブ」の皆さんをはじめ、栃木県が実施しているボランティア体験プログラムに参加している学生たちをはじめ、

DSC05818.JPG


 日米の若者たちがたくさん集まって下さいました。総勢45名となりまして、とても賑やかな釜川清掃となりました!!

 ここのところ、この時期にしては高い気温でニュースが持ちきりですが、この日も開始前後の10:00のあたりで35度を超える熱さ。雨が少ないといわれながらも、この日の釜川は少し水量が多めで、ちょっと本気を出さないと乗り切れない感じでしたね。

 お互いの自己紹介もそこそこに、早速清掃活動を始めていきます。

DSC05797.JPG


 親水スペースの「じゃぶじゃぶ池」とその下流のエリアを清掃していきました。参加者の中には前回・前々回の活動にも参加してくれた学生さんたちも駆けつけてくれていたので、躊躇なく川の中に入って作業をしたり、頃合をみてデッキブラシと除草活動を変わってくれたりと、

DSC05831.JPG


 人数の多い活動だったため、清掃機材が少なかったですが、機転をきかせながら交換交換で活動してくれました。インターアクト部のメンバーさんたちはアメリカ人高校生たちの環に入って積極的に交流を深めて下さいまして、暑さにまけない活動となりましたね。

 活動後には、今年もすっかりうちとけた皆さん同士。宇都宮名物の餃子を食べにいったご様子で、今年も素敵な交流となった模様です♪

DSC05862.JPG


 このような感じで、とても盛り上がった今回の釜川。次回は8月18日(土)に活動予定です。

 8月も恒例となっている「魚のつかみ取り」を中央地域、商店街の皆さんが行うのに併せての特別清掃の機会となります。お魚つかみ取りは小学生くらいまでの子どもさんが対象ですが、子ども達の夏休みの思いでつくりを一緒に行いたいというボランティアの皆さんは、ぜひ、ご参加ください。

 近日中にお知らせさせて頂きますので、次回のコケ落とし大作戦もお楽しみに!!

(記事投稿:小倉)

2018年07月14日

とちぎユースサポーターズネットワーク「YouthTime2018」開催のお知らせ

2018年07月14日(土)

NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク主催
未来を創る若者たちと出会い挑戦を加速する
YouthTime2018〜会員限定交流会〜開催のお知らせ

Youthtime.jpg
※クリックすると拡大します。

社会に新しいHAPPYを創り出す挑戦中の若者たち、自分がしたいことを探している若者たち、未来の可能性を広げようとする若者を支える先輩たち、が集う参加者それぞれの挑戦を強く大きくしていく交流会です。 

☆ちょっと先の自分の行動イメージが湧きます。
☆学校や組織を超えた仲間に出会えます。
☆立ち向かうべき目標が見えます。

●日 時: 7月17日(火),9月25日(火),11月26日(月),1月21日(月),3月25日(月)19:00〜21:00

●場 所: 7月 まちづくり交流センター イエローフィッシュ(宇都宮市江野町10-3)

≪プログラム≫ ※軽食付き!飲み、食べながら楽しく交流できます。
@ゲスト(挑戦する若者)の取り組み発表とフィードバック、A参加者の紹介、B交流会

●ゲスト: 「挑戦する若者たち」〜リアルタイムで活動に励んでいる若者を随時ゲストにお呼びします〜
農業を変える、若者と自治会をつなぐ、学生によるラジオ番組の運営に挑む、などなど、挑戦する若者をゲストに迎えていきます。随時ウェブサイトで発表します。

≪今回のゲスト≫
小松優希さん
(宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”事務局スタッフ ・トチギ若者まちづくり応援プロジェクト
ゲストコメント:今の仕事を始めてからとちぎユースサポーターズと関わり始め、若者(学生が考えること・アイデアなど)に関心を持ちました。その中で「学生がチャレンジしたいことへのサポートをしたい」と考え、トチギ若者まちづくり応援プロジェクトを立ち上げました。まだ小さな団体ですが、これまでの活動と今後について皆さんと共有したいと思います。

つぶつぶ大学放送部さん
ゲスト紹介:宇都宮コミュニティFMの大学生インターン生から生まれた学生ラジオ運営チーム。自分たちで番組の企画、運営、パーソナリティ、プロモーションを行い、学生の視点を活かした宇都宮の魅力を発信している。

●参加費: 100円以上のご寄付or食べ物の差し入れ
※当会会員のみが対象です。当日入会もOK。若者なら500円(チャレンジ会員)

●申込方法:YouthTime2018ページもしくはFacebookイベントページより参加するクリック、下記連絡先よりお名前と参加希望回をご連絡いただいても参加できます。

【問合せ】NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク
TEL: 028-612-3341  メール: ysn_office@tochigi-ysn.net