CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年07月08日

ブロンズ世代から始めるアクティブライフ第5回「在日タイ人に学ぶ本場の味『タイ料理教室』」開催報告

IMG_1767.JPEG

2019年7月3日(水)、まちぴあセカンドライフ応援講座の第5回、「在日タイ人に学ぶ本場の味『タイ料理教室』」を平石地区市民センター調理実習室で開催しました。
この企画は定年退職間近・退職されたばかりの方などを「ブロンズ世代」と題し、『趣味作り+座談会』で、第2の人生についてのビジョンを考えてもらう機会とします。

今年度のテーマは、『微笑みの国』タイ。
まちぴあ貸しオフィス入居団体「NPO法人デックタイグループ」の協力で、タイの魅力を2回に渡ってお伝えします。

今回は日本では”ガパオライス”として有名なタイの定番料理「パット・ガパオ・ガイ(鶏肉のバジル炒め)」を作ります。
過去回のリピーターを含む12名の男性と、デックタイから6名のサポーターに参加頂きました。

CIMG5365-1.jpg
本日の材料。日本でも馴染みのあるものから、あまり見掛けないものまで。


まずはお手本ということで、栃木県在住のタイ人2名が講師として登場。
CIMG5353-2.jpg

本日の材料をタイ語の発音含めて一つずつ紹介。
CIMG5360-3.jpg

タイでは通常挽き肉は販売されていないということで、ブロック肉を荒挽き肉にするところから始めます。ここで登場するのがタイの包丁。日本の菜切り包丁と中華包丁の中間くらいの歯の大きさ。この包丁の切れ味は良くて、骨も切ることが出来る代物。最初は包丁の扱いの違いに戸惑うものの、「ダッダッダッダダン」とリズミカルな音があちこちで聞こえるように。これは料理上手になったようで快感です。
CIMG5371-4.jpg

さらにタイ特有のすり鉢「クロック」でニンニクや唐辛子を押しつぶし、調味料を揃えます。タイ料理の特徴の一つとして、炒める前に調味料をすべて混ぜ合わせておくそうです。なので、タイ料理は慣れるとあっという間に出来てしまう!


さて、いよいよ鶏肉を炒めます。火が通ったら、調味料を馴染ませて…本当にあっという間に完成してしまいました。
CIMG5395-5.jpg

続いて、上に乗せる目玉焼きを作ります。これが、衝撃の作り方でした。
フライパンに1cm〜2cmと多めに油を入れます。炒め油にしては多く、天ぷらをするには少ないくらい。そこに器に割っておいた卵を入れ、フライ返しなどで油をかけて揚げ焼きにするのです。油断していると油が跳ねるこの作業、先ほどまで饒舌だったオジサマ方も慎重に勇敢にチャレンジ。
CIMG5403-6.jpg

この間に講師陣、「アンシャン」というチョウマメの花から抽出した青いハーブティーとタピオカ入りのココナッツミルクのデザートも用意して下さっていました。
CIMG5408-7.jpg
青い液体にみなさん興味深々

CIMG5409-8.jpg
レモンを加えると色素の関係で色が変化します

IMG_1772-9.jpg
左がレモン果汁を混ぜる前(青色)、右がレモン果汁を加えた後(紫色)


さて、どの班も失敗することなく、無事に料理が完成しました!
CIMG5411-10.jpg

皆さん「美味しい」との声。ガパオライス自体はオイスターソースの効いた少し甘めの味。唐辛子入りのナンプラーで辛さの調節が出来、旨みも倍増です。
但し、タイ人仕様だと炒めるときにもプリックキーヌー(唐辛子)を多めに使うので、相当辛いそうです。まちぴあ担当、元々辛い物が苦手なのに、うっかりプリックをそのまま口に含んでしまい、激痛で一時声が出せなくなる事態に。


食後、NPO法人デックタイグループの活動について、改めて説明がありました。
CIMG5413-11.jpg

元々は言語の壁により学習や生活に問題を生じていた帰国子女等にタイ語・日本語教室を開催していたデックタイ(デックはタイ語で「子ども」という意味です)
今では、移動大使館への協力やホットライン相談など、栃木県内に在住するタイ人の暮らしを幅広くサポートしています。


国際理解・国際交流のため、イベント出店やタイに関する講座を積極的に開催しています。
タイ料理教室も毎月開催しており、今回はこの料理教室を「まちぴあ出張版」として実施して頂きました。
CIMG5416-12.jpg



第6弾は10月26日(土)、引き続きNPO法人デックタイグループに講師をお願いし、「タイの文化紹介」を行う予定です。詳細が決まりましたらお知らせ致しますので、後編もお楽しみに!!


(記事投稿:鈴木)

【参考URL】
NPO法人デックタイグループ公式ホームページ
イベント・教室案内専用ホームページ(日本人向け)
デックタイ公式Facebook
タイ料理教室Facebook


【これまでのアクティブライフ記事】
ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「本格コーヒーと大人の座談会」開催報告
ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「男の料理教室」開催報告
ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「古賀志山ハイキング」開催報告
ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「ソーシャルフィットネスで地域・健康づくり」開催報告