CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年02月20日

「地域編集ワークショップ〜紙媒体をつくるプロセスを体感する」参加報告

49897671_2088018091274486_7116725955812392960_o-1.jpg


2019年1月12日(土)、宇都宮大学UUプラザにて、とちぎユースサポーターズネットワーク主催による「地域編集ワークショップ」が開催されました。
この企画は昨年開催された「地域編集論night」の続編。元々、宇都宮大学の「地域編集論−地域振興と情報発信」という講義を社会人向けに再編集したもので、前回が座学を中心とした『基礎編』とすると、今回は座学と実践を繰り返す『実践編』の位置付けです。

栃木県内の地域起こし協力隊やまちづくり活動の実践者などを中心に15名の方が参加しました。近県の茨城県や千葉県などからも参加がありました。

50009498_1640793942732653_3959224544215957504_n-2.jpg

講師は宇都宮大学地域連携推進機構COC+特任准教授/地域連携コーディネーターの簑田理香氏。出版社勤務、フリーランスのライター・プランナーを経て、大学教員の傍ら、「土祭」など益子町の地域コミュニティプロジェクトを展開しています。

さて、席に座るとA3のワークシートが5枚も!!とても濃厚な4時間になりそうです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回の講座では、タブロイド紙(8P)の制作をベースに、企画を考える・構成を考える・誌面ラフをつくる・主要コピーを考える、という実践ワークから理論も一緒に学びます。

まず、編集的思考とは?ということで、簑田先生の「編集とは?を伝える」自己紹介から。
1枚目は、肩書きだけ羅列されていたリスト。そこに様々な情報が加わって、2枚目では経歴表に。情報を整理・分類して伝わりやすくする。成る程、これが編集。

Step1 紙媒体を読み解く
例題となったのは『里山みらい』という冊子。掲載されている内容を7種の項目に分解します。
8ページに対して、7項目。1ページ1項目という単純なものではない…どこで区切るのか、何回も読めば読むほど、迷いの道へ…。

50244544_1640793962732651_3074193936705650688_n-3.jpg


班で話し合ってみると、「そんな捉え方が?」との発見。
そうです、このワークで重要だったのは、文章を正確に区切る能力ではなく、「受け取り方は人によって違うということ」を理解すること。

企画力や編集力を高める自主トレーニングとして、簑田さんは「逆企画書制作」を提案しています。印刷物などの完成物から、どんな企画書だったのか想像して架空の企画書を自分で作成してみるトレーニングです。書き起こしてみることで、良い企画ほど、骨格がしっかりしていて、ブレがないことに気付くそうです。

49792313_2088018194607809_8104845420628279296_o-4.jpg


Step2 私の中にストックされている情報を編集する
冊子のイメージを固めるため、自分の頭の中にある断片的な情報をアウトプットするワークから。
1分足らずの間に、付箋にイメージしたキーワードをどんどん書き出します。
目標10個以上と言われて、皆大慌て。10秒に1枚以上書かないと10枚以上になりません。しかし、さすが実践者の皆さん。知識の引き出しを多く持っているようで、目標数を達成した方が結構多くおりました。中には15枚以上、記入できた方も。

さて、ここからが本番。今挙げたキーワードから共通点を見つけ、カテゴリー分けしていきます。カテゴリー別に価値を付け、最終的に一つの大きなテーマとテーマを表すコピーを設定します。多くのキーワードをどう分類するか取り掛かりは悩みますが、グループ化するごとに自分の中にどんな価値観を持っているのかが透けて見えてきて、「こんなこと考えていたんだ〜」と、ちょっと面白くなりました。

50074003_1640794126065968_3085079518432460800_n-5.jpg


Step3 地域的な情報を伝える紙媒体の概要を整理する
カテゴリー分けした内容を8ページのどの順番に掲載するのか、構成表を作成します。この時、簑田さん曰く「企画の4W1F1H」を意識して整理します。つまり、誰に向けてなのか、なぜ伝えるのか、何のためになのか、どのように伝えるか、などがブレていかないように定め、位置づけてから、呼応する項目と見せ方を考えていきます。

Step4 紙面展開・構成を考える
1ページごとに、どのような内容を、どのような位置・大きさで掲載するか、実際にラフ絵で書いてみます。このStep4まで辿り着いた方は少数でした。


あっという間に時間は過ぎ、どんな冊子を作りたいと思ったのか、どのような構成を考えたのか、全員発表しました。

夫婦の視点で見た地域、Uターンの外目線+内目線で見た地域、ダブルプレイスで感じる地域、個人的視点から見た地域…など、参加者それぞれの視点から見た地域とその切り取り方は15人15様で、実際に形になったら面白そうだなと思う企画もたくさんありました。

Step5 エディトリアルツリーで整理する
最後に、企画と媒体の内容は一致している必要がある。
簑田さん考案の「エディトリアルツリー」で整理する方法が説明されました。企画・構成の内容を1本の木に見立て、どんな土壌で(どんなフィールドで)、どのような枝葉が広がるのか(どのように企画を展開してくのか)、どのような花や実を付けるのか(どのような成果・効果を期待するのか)、そして、幹は繋がっているのか(道筋はすべて繋がっているか)。
成功する事業となるために、企画の段階から一本筋が通った見通しを立てることが重要であると学びました。

伝えたいことが伝わる文章を書きたいなら、相手/読み手の理解を助ける文章を書く
名言を残して、ワークショップは終了となりました。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

余談ですが、今回のような冊子を企画するとき、その内容を全く知らない人と構成を考えると比較的多くの方に届く・伝わる内容になるのではと思います。

情報紙まちぴあの骨格となる構成は、前センターのニュースレターを担当していた私と、当時、新入だったスタッフの2名で作り上げました。産休前の引継ぎということもあり、事細かに伝えるため、自分自身も一つ一つのコーナーについて対象や目的・効果などを随分深く掘り下げて考えた記憶があります。深く掘り下げ過ぎたために、新入スタッフには理解されないことも多々ありました。それは、そのまま内側から物事を見る視点と、外側から物事を捉える視点の違いと気付くことができ、新入スタッフの見方=読者の視点として、修正する必要があることにも気付かされました。


今回の内容、紙面製作だけではなく、企画立案においても参考になる部分が多々あるのではないかと思います。
この「地域編集シリーズ」、今後も不定期ですが開催していく予定とのことですので、次回予告を楽しみに待ちましょう。

(記事投稿:鈴木)


【参考URL】
地域編集室 簑田理香事務所ブログ:地域編集ワークショップ
宇都宮大学COC+サイト ~ 18歳からの「とちぎ仕事学」始めます

若者の社会貢献活動参加促進事業「学生団体みらとち」活動取材報告

2019年2月20日(水)

若者の社会貢献活動参加促進事業「学生団体みらとち」活動取材報告

 栃木県主催による若者の社会貢献活動参加促進事業(の一つ)として9月23日高校生1名がプログラムに参加、当日ボランティアとして参加し、あわせて後日ボランティアを行った学生団体みらとち代表の八木澤さんに取材を行いました。

 若者の社会貢献活動参加促進事業とは地域住民が行う様々な活動(高齢者や子どもの見守り活動、居場所づくり、芸術活動、国際協力活動、環境美化活動など)に、高校生、大学生など若者が一定期間参加出来る機会を提供し、地域活動の重要性について理解を深めていただくとともに、自ら活動団体へ取材し、情報発信等の活動を行うことで、若者の社会貢献活動へのさらなる参加意欲を高めることを目的とした事業です。

以下より高校生Wさん、大学生Sさんによるレポート記事を更新します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

高校生Wさん
 9月23日に栃木市で行われた栃木市高校生合同文化祭に参加しました。 学生団体「みらとち」はボランティアとして、会場設営や運営の補助をしました。 9時ごろに会場設営、10時からオープニングセレモニーに参加し、その後は15時の終了までスタンプラリーとモザイクアートのコーナーを担当しました。 合同文化祭終了後は会場の片付け、その後交流会をし終了しました。

20180923-miratochigoudou.jpg
モザイクアートブースの様子

 スタンプラリーとモザイクアートのコーナーには高校生をはじめ子供からご高齢の方まで幅広い年代の方に来ていただき、栃木市の魅力をお聞きしたり感謝の言葉を頂いたりして楽しい時間を過ごすことができました。  モザイクアートははじめ思うように進まず完成が危ぶまれましたが、たくさんの方に声をかけ、協力していただき完成させることができました。

 テントの設営や解体、セレモニーの運営を含め全て学生主体で、蔵部やみらとちの方々をはじめ、皆さんが自主的に参加している方々なので誰一人疲れの表情を出したり嫌がったりせず、積極的に行動する姿に感銘を受け、自分も参加できて良かったと心から思いました。

20180923-miratochigoudou2.jpg
ボランティア活動後 学生団体みらとちメンバー集合写真

 私はこの機会をきっかけに栃木市高校生文化祭の存在を初めて知りましたが、高校生が主体となって企画から運営まで全て進めていく姿に衝撃を受けるとともにとても素敵なことだなと感じました。 また「蔵の街とちぎ」というキャッチコピーにあるように栃木市は蔵づくりの街並みがとても美しく、それを活かした企画を行なっていて感動しました。

 またそのような素晴らしい活動にボランティアとして関わるみらとちは、様々な機会に触れることができ、人の力になっていく魅力に溢れた団体だと感じました。 私は消極的な部分が多くためらってしまう性格なのですが、自ら仕事を探し行動をし、誰とでも積極的にコミュニケーションをとっていくみらとちの方々の姿に刺激を受け、自分もそのようになりたいと感じました。

 みらとち代表の八木澤さんにお話をお聞きしました。栃木のために何かをしたい、ボランティアをやりたいけれど、学校や一人ではなかなか難しい、そのような思いを持った人たちが集まってみらとちは設立されたそうです。 みらとちは宮祭りの清掃からスタートし、今では様々なイベントにボランティアとして関わっています。 みらとちのメンバーが活動を通して達成感や充実感を感じることが八木澤さんのやりがいだとおっしゃっていました。

 高校生の時に自分の思いを形にして実行していく行動力、信念の強さに感服しました。 また高校生の時に何かやることにとても意味があるという言葉に刺激を受けました。 私もこの機会をきっかけに、ボランティア活動をはじめ関心のあることに全力で取り組んでいこうと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

大学生Sさん
 とちぎ高校生合同文化祭では栃木市の中心地で行われました。 栃木市内の高校生が集まり、ステージ発表やブースを設置し、日頃の活動やその成果を発表しました。参加する高校生の種類はバラバラですが、共通しているのは「学生がやりたいこと」をやるということ。

 私はイベントスタッフとして参加しましたが、学生はもちろん大人の方も来場されていてこのイベントに興味を持ってくださる方が多いのだと実感しました。 また宇都宮とは違う地域の特色があり、高校生の活動も魅力的で将来、地域に携わる者として貴重な体験が出来ました。

 みらとちの代表を務める八木澤さんに取材してみると団体に関わっているのはほとんど高校生です。 また高校生自らの企画することもあります。 その時大学生は前に出ず、サポートにまわるそうです。 若者に対して支援していくことで、大人を動かし、その中で何か得るものがあればいいな。 これからは栃木をPRする活動をやりたいと八木澤さんは話していました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 学生団体みらとちは2017年9月に設立した学生団体で「若者の観点で栃木県を盛り上げること。 いずれ大人になった時に、様々な分野で栃木県や社会に貢献できるように自己成長させること。 大人からのバトンタッチ、未来への引継ぎをすること。など」を目的に活動をされています。 同年代同士だから話せることや栃木県を盛り上げることについて考える機会にもなると思います。 ご協力いただきました「学生団体みらとち」さんありがとうございました。

(記事投稿:小松)