CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年05月01日

TOSS宇都宮プラス「教え方セミナー〜明日使える授業のネタ&指導技術」実施報告

2018年5月1日(火)

 4月28日、まちぴあ登録団体「TOSS宇都宮プラス」及び「教育サークルはんたま」といった小・中学校の教師の皆さんを中心に組織されている活動団体が協力して実施している「教え方セミナー」が開催されました。

 今回のブログ記事については、主催団体の皆さんからの情報提供をいただき、以下の開催報告記事を作成しました。

★★★★★   ★★★★★   ★★★★★

 このセミナーは、全国組織の「TOSS」に関連している栃木県内の各地域の教育系団体も協力して開催しているもので、今回は「明日使える授業のネタ&指導技術」をテーマに、宇都宮市東市民活動センターを会場に行なわれました。

 新年度がスタートし、約1ヶ月。大型連休も迎えて子ども達も先生たちも新しい環境に慣れはじめるタイミングでの実施となりました。特に今回は国語、算数の授業運営についてと教室運営全般に関るクラス・学級運営のコツについて、主催団体の先生方が10個の講座をテンポ良く展開していきました。

kouza.jpg


 若手の先生をはじめ、26名の参加者がありました。講座では、子どもが毎日進んで取り組む繰り返し音読のさせ方や、子どもの発言量がみるみる増える発表のさせ方など、国語、算数の教え方や指導方法など、日々のサークル活動や実践で工夫を重ねている講師役の先生方の事例が発表されました。

 教室運営に関る部分では、まちぴあでもこれまでに取材協力させていただいた「チャレラン」や「五色百人一首」など、競い合いやゲームを通しての文化やコミュニケーション能力を培いつつ、楽しみながら学ぶ場をつくることの重要性なども講義され、主要課目時の授業に加え、様々な場面でよりよい学びの場をつくる工夫が、これまでの活動の成果も活かしながら紹介されました。

zadankai.jpg


 参加者の皆さんとは、講義本体が終了した後に、茶話会も設けられ、講座についての質疑応答や日々違う学校に勤めておられる先生同士の意見交換も行なわれるなど、熱気と和気藹々とした雰囲気のある内容の濃い講座になった模様です。

 TOSSの皆さんの活動については、これまでの教え方セミナーや各種主催活動について、ご紹介させて頂いている、まちぴあですが、今回もこうした先生方の講座を取材することで、日々学んでいるのは子ども達だけでなく、教える側の先生たちも様々な悩みや工夫を日々考えながら、いろいろな努力をされているのだなということを感じるばかりです。

 こうした、学ぶことに真剣な先生たちがどんどん増えることは、教育現場における大きなプラスになるとともに、宇都宮市をはじめ県内各地のまちづくりにとっても、とても重要なことだと思いました。

 主催団体の皆様、講座の開催お疲れさまでした。情報提供についてもありがとうございます。また、下記には、今後行われる県内各地でのセミナー情報についてリンクを張りました。興味関心のある方は、ぜひ、語参照下さい。

★「TOSS教え方セミナー2018スケジュール」

(記事作成:小倉)

ブロンズ世代から始めるアクティブライフ『古賀志山の魅力を知ろう』開催のお知らせ

2018年05月01日(火)

まちぴあの人気企画「あなたの人生を聴かせてください」から派生した、セカンドライフ支援講座「あなたの人生/アクティブ編」の第3回講座のお知らせです。

kogasiyama1.jpg  kogasiyama2.jpg
※クリックすると拡大します。2枚目は参加申込書付き

第2弾のテーマは「古賀志山の魅力を知ろう」。
「人生は後半戦が面白い!!」をキャッチコピーに、趣味作りと今後の生きがいづくりをサポートします!!

             ★★★★★★★★★★★★★★★★

ブロンズ世代から始めるアクティブライフ 第3回
NPO法人古賀志山を守ろう会『古賀志山の魅力を知ろう』

 セカンドライフ、スマートな生き方を考えてみませんか??これからは時間が一杯!一人立ち、そして仲間作りにやりがいづくり…まずはつつじの咲き誇る新緑の古賀志山ハイキングで、山の魅力に触れてみませんか?ブロンズ世代の方は勿論、シルバー世代、プラチナ世代の方のご参加もお待ちしております。

【これまでのアクティブライフ記事】
ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「本格コーヒーと大人の座談会」開催報告
ブロンズ世代から始めるアクティブライフ「男の料理教室」開催報告

古賀志山の魅力とは…「古賀志山」は、宇都宮市の北西郊外にある低山です。最も高い古賀志山(標高582.8m)のほか、御嶽山(標高560m)、赤岩山(標高535m)が一体の山塊を成して見えるため、これらをまとめて「古賀志山」と呼んでいます。 低山ながら、切り立った岩場もあり、初心者・親子連れから経験者まで楽しめる、数多くのルートが存在します。

●日 時: 2018年5月17日(木)9:30〜14:00

●集 合: 市営古賀志山南登山口駐車場
今回のルート(予定):南登山口駐車場(集合)=男瀧=御嶽山(昼食)=南登山口駐車場(解散)

 また、ロッククライミングやパラグライダー、トレイルランのほか、ジャパンカップサイクルロードレースの開催地となるなど、山岳スポーツの名所としても知られています。 今回は、古賀志の歴史に詳しい池田さんに、旧跡や地名を解説して頂きながら山頂を目指します。

【講師】池田 正夫 氏(NPO法人古賀志山を守ろう会理事長)
 現役時代は市内小学校校長を歴任。退職後、古文書を手掛かりに日光山地に750回踏み入り、日光修験者の辿った道を単独踏破。 その経験を書籍化。 さらに郷里古賀志の歴史を古文書を手掛かりに現地調査。平成24 年より3 年間「古賀志塾」を主宰する。 著書に『日光修験三峯五禅頂の道』『古賀志の里歳時記−橿と櫻は夫婦なり』(随想舎刊)がある。

【協力】 NPO法人古賀志山を守ろう会
 週末、平日を問わず多くのハイカーが利用している古賀志山。 昨今、一部の登山者による、軌道を逸した樹木の伐採や工作物の設置、無益な登山道の開削等が行われ、山の所有者とのトラブルの要因となっている。 こうした状況に歯止めをかけようと、民有林所有者と登山者の有志が一堂に会して、平成26年、NPO法人古賀志山を守ろう会を設立。古賀志山の環境整備事業を行っている。

対 象: そろそろ社会人を卒業する方(おおむね60歳前後の男性)
定 員: 20名程度    
参加費: 100円(保険代)
持ち物: 昼食、歩きやすい靴、飲み物(カメラをお持ちの方は是非ご持参下さい)    

【申込方法】
◆電話で…まちぴあ事務局 TEL:028-661-2778へ
◆FAXで…参加申込書に記入の上、FAX:028-689-2731へ
◆メールで…参加申込書にご記入の上、切り取らずに、メール:info@u-machipia.orgへ

【問合せ・申込み】
宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ(担当:鈴木・増渕)
TEL: 028-661-2778 FAX : 028-689-2731
メール: info@u-machipia.org

【参考URL】まちぴあブログ記事
「あなたの人生聴かせて下さい〜古賀志山:池田さん編」
「あなたの人生聴かせて下さい〜古賀志山ハイキング編」
古賀志山を守ろう会「道標設置作業」