CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月11日

インターン研修(1)高校生インターンS君

2018年8月11日(土)

 夏休みに突入した今日この頃。今年もまちぴあにおいてインターンシップ実習を希望している学生さんたちが、続々といらっしゃってくれています。

 今年は、高校生1名と4名の大学生が夏休み(7月末〜8月)期間中に、まちぴあでのインターン研修を行う予定となっております。

 まずは、8月6日〜10日の一週間にわたり、栃木県立今市高校に通う市内在住の高校生S君が研修を行いました。

 もともと、地域でのボランティアをはじめとした、まちづくり活動に感心があり、関心のある学生たちと活動グループを組織して地域イベントに協力したり、まちぴあの学生対象企画「学生ボランティアプログラム」の説明会にも参加して、活動団体との意見交換や様々な地域から集まった学生の皆さんと交流するなど、活発に活動しているS君。

 このインターン研修を希望したのも、活動する人たちを応援する、支援施設の業務に感心をもったからだそうです。

 S君には、まちぴあで行っている事業の内、情報発信に部分に関わる作業や学生団体として活動している経験を活かし、県内をはじめとした全国各地の学生活動団体や活動の様子を調査してもらうなどの、資料作成に携わってもらいました。

 また、研修中日には、まちぴあを所管している宇都宮市みんなでまちづくり課(市民活動グループ)を訪れ、市役所職員の皆さんと意見交換を行いました。まちぴあ施設外における見学などの研修は、毎年の風物詩でもありますが、

IMGP6058.JPG


 今回は特に「フェスタmy宇都宮」について意見交換を行いました。毎年5月中旬に催されているこのイベントは、多数の出展団体が関わるとともに、学生をはじめとしたボランティア協力者の皆さんの力も多大にお借りして実施されています。

 その一方で、出展・ボランティア参加者以外に学生たちの参加が少ないこともあり、これまで30回(年)以上実施しているフェスタをより活気あるイベントにしているしていきたいと、学生たちも参加して楽しい企画案について意見交換を行いました。

 S君からは、参加者として楽しむ視点とともに企画を運営、サポートする側の学生も楽しめ、SNSの話題になりそうだったり、運営コスト的に可能な企画であったりと、案を話しあいました。市役所職員の皆さんにとっても、学生とのざっくばらんな意見交換ができてとても参考になったと感想を頂きました。

 ・・・こうして、一週間のインターン研修が終了した高校生S君。まちぴあで体験したこと、考えたことを、日々の学校生活や自分の活動に活かしていっていただけると幸いです!

(記事投稿:小倉)

2017年09月04日

インターン研修@「ぽぽら」施設見学

2017年9月4日(月)

 夏休みの長期休暇の期間は、大学生をはじめとした学生の皆さんが、インターン研修でまちぴあに来てくださる期間でもあります。今年は、お盆前後のタイミングにお二人の学生さんがまちぴあで研修してくれました。

 9月1日〜4日の期間中には、白鴎大学の学生さんがまちぴあでのインターンに取組んでいます。9月2日(土)には、恒例の他センター施設見学を行ないました。お邪魔させてもらったのは、栃木県の中間支援センター「ぽぽら」さんです。

 以下、学生Iさんの感想文を記載します!!

 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 本日は「まちぴあ」のインターン活動の一環として「とちぎボランティアNPOセンターぽ・ぽ・ら」を訪問させていただきました。「ぽ・ぽ・ら」は栃木県全体をカバーされている中間支援センターです。

 そのため県内の他の中間支援センターとは少し異なった業務も行っています。例えば、まだ中間支援センターが設置されていない市や町の職員に対し中間支援センター設立に向けた運営管理のノウハウ指導をされたり、また県内13か所に設置されている各中間支援センター(まちぴあもその中の1つです)間の連携を図るために研修会を実施されたり、ぽ・ぽ・らの職員が各中間支援センターを直接訪問し現状や課題を把握し、県内の中間支援センターの情報交換を行なっているそうです。

 その他にもボランティアやNPOの相談を受けたり、地域や学校、行政や企業などの要請に応じ職員が様々な講座や研修を行ったり等、多岐にわたる活動をされています。

 今回はそんな「ぽ・ぽ・ら」職員さんにもお話しを伺うことができました。

 「ぽ・ぽ・ら」が普段取り組んでいる事業説明や、施設や設備がどの程度利用され、どのような方からの利用状況なのか等をデータ化した情報を見せていただき利用者が何を求めており、何を必要としているかニーズについて考えさせられました。普段学生をしていると施設を‘利用する側‘の活動が多くなるため新たな視点を得るきっかけとなりました。

IMGP3839.JPG


 私は今現在、学校や家等に居場所がないと感じている子を支援するフリースクールでボランティアをしているのですが、その活動についても丁寧なアドバイスをいただきました。

 お話しを伺った職員さん自身、昔フリースクールを運営されていたことがあり、昔実際に行っていた活動や資金調達ついてお話いただきました。

 フリースクールは、現在国からの資金援助はなく、個人経営をしているところが多いのが現状であり、そこで避けて通れないのがお金の話です。

 活動にご理解のあるパン屋さんと協力し、子供達と一緒にパンを売った事があったそうです。資金調達は勿論の事、子ども達にとってもパンの販売を通して人との関わりや、お金の勘定をすることで社会性を身に着ける良い機会となったそうです。

 このようにただお金を集めるのではなく、利用者の子ども達を巻き込み楽しみながら、資金集めをされたという、私には思いつきもしなかった方法であり目から鱗でした。

 普段、私が関っている活動でも月に1回ボランティアスタッフで集まり会議を行うのですが、このようなアイディアは上がりませんでした。いつもの顔なじみのメンバーで話し合うことも良いですが、外部の方へ相談することの大切さを痛感しました。

 対応頂いた職員さんにはお忙しい中たくさんの情報やアイディアをいただき、そのお陰で今後のボランティア活動において新しい指針ができました。

 私のように新しい視点や助言が欲しい方一度「ぽ・ぽ・ら」を訪れることをお勧めします。今までとは違った視点が見つかるかもしれませんよ。

 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 ・・・すでに活動をしているIさんは、「ぽぽら」や「まちぴあ」というセンターの存在はご存知で、活動地域のセンターはよく利用させているそうでした。他地域のセンターや市町とは別の県のセンターを知ってもらえることで、センター同士の連携の様子や、センターにいらっしゃる職員さんが活動者でもあるパターンが多いこのボランティア、まちづくり活動の世界でもあるので、違う方と出会うことで、新たな発見があることを実感してもらえたように思います。

 ぽぽらさん、お忙しいところ丁寧な対応ありがとうございました!

(記事投稿:小倉)




2017年08月17日

まちぴあインターン2017〜学生S君の他センター見学感想

2017年8月17日(木)

 8月15日(火)から19日(土)の期間において、帝京大学の学生さんSさんがインターン研修をしております。

 本日まで、まちぴあ内で事務作業にあたってもらったり、NPO、ボランティアについての学びを深めてもらう研修を体験しています。そんな中、本日は、施設運営について連携している、宇都宮市役所(みんなでまちづくり課)や、県の中間支援センター「ぽぽら」さんを見学するフィールドワークを行ないました。

 Sくんはネパール出身の留学生です。国外からの視点も含め、宇都宮市のまちづくりを学んでくれています。

 そんなことで、学生S君に感想を寄稿してもらいました!

 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

〜ぽぽらの見学〜
 まちぴあさんのインターン生として、今日は「とちぎボランティアNPOセンターぽぽら」と宇都宮市役所の見学をしました。

 ぽぽらには、NPO、ボランティアなど社会貢献に関する事柄について様々な情報が集まっていました。私は環境保護団体に興味があるので、市民に向け環境セミナーなどをやっている団体を探して自分も参加してみたいと思い、いくつかのチラシをはじめ、参考書類を頂きました。

 ぽぽらの役割として、まちぴあをはじめとした各地の支援センターが意見交換や研修を行なうこともあることを教えていただき、センター同士の連携についても学ぶことができました。


〜宇都宮市役所・みんなでまちづくり課〜
 市役所では、まちぴあを所管している、みんまでまちづくり課・市民活動グループの方々が私の質問に対して丁寧に分かりやすく答えて下さいました。

 その中で環境保護団体がしている活動は宇都宮市にはたくさんあり、そのような団体にも市が助成事業を通して、団体の自立、推進を応援していることも知りました。

IMGP3633.JPG


 宇都宮市における環境保全団体の皆さんは、山を守るため登山道環境整備や川の清掃、ゴミ拾いなど市民レベル活動を行っているなど、専門的な活動に加え、一般市民でも参加できるような取り組みを併せて行なっているようです。

 自分達キレイにした場所には、愛着が湧きもっと自分達の住む場所をキレイにしようと言う意識は高くなるはず・・・と、身近なところからの市民意識の醸成に取組んでいる団体が多いことをしることができました。

 キレイな場所には人が集まり、街の活性化につながる。宇都宮のボランティア団体はコツコツと市民が無理をしない範囲で行っているのだと思いました。それがボランティア団体持続して活動できる鍵であり、また、環境は時間をかけて保全、改善していくものと気づきました。

 今回の見学で、環境団体のあり方について、一番学ぶことが出来たと思う。ネパールではNPO団体はたくさんあるものの、持続できずいつの間にか活動が中止され、無くなってしまうことが多いと感じていました。その理由は、やはり管理チェックする機関がないからだと思いました。

 日本ではNPO法人に関しては、認証や報告の手続きがあり、法人化することで自治体からの支援や管理がされています。特に資金面など運営に欠かせない部分でのチェックがあり、NPO立ち上げる際も、きちんと 目的、活動内容を提出し、計画がはっきりと立てられているので良いと思いました。

 日本のボランティア団体は歴史が浅いと伺ったが、今後将来長く続いていくよい団体が増えていくと思います。やはり市民の地道な活動と、まちぴあや、みんなでまちづくり課のような市民により近い自治体のサポートが、地域の環境を守り、魅力的な街にすることが出来ると感じました。

 ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★  ★★★★★

 外国人でありながら、文章作成も日本語でのコミュニケーションも、ある意味日本人よりしっかりしているSくん。あと2日間ですが、まちぴあでの体験を通して、宇都宮市のボランティアを一緒に深めていきたいと思います。

(記事投稿:小倉)


2017年02月12日

まちぴあに雛祭り登場

2017年2月12日(日)

まちぴあに雛祭り登場

昨日から宇都宮市まちづくりセンターまちぴあでは雛人形を飾っております。今回で2回目となる雛人形は市内のKさん宅にあったものです。昨年「使わなくなった雛人形を喜んで使ってくれるところがあれば寄贈したい」という相談を受けたのが話のきっかけでした。

hinamaturi.JPG
雛人形全体の様子

「それなら、まちぴあで飾って、施設利用者の皆様に楽しんでもらおう!」ということで、まちぴあに寄贈いただき、1階の情報展示室にてお披露目しています。

hinamaturi2.JPG
人形に帽子を付ける作業

7段の飾り付けということもありひな壇の組み立ては男性スタッフが行い人形とお道具の飾り付けは女性スタッフと手分けして、2日がかりで完成しました。3月3日の雛祭りの日まで展示しますので、皆様もぜひ見にいらしてくださいね。

2017年01月04日

2017年 まちぴあ開館・新年の挨拶

2017年1月4日(水)

『2017年 まちぴあ開館・新年の挨拶』

日頃より、まちぴあをご利用下さっている皆さま。ブログを閲覧頂いている皆さま。
明けましておめでとうございます!

新年.jpg

 年末年始休暇も終わり、まだ2016年から2017年に変わって間もなく、宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”は、本日1月4日(水)から開館しております。 年始早々、“まちぴあ”に利用者の方々が来館し、ご挨拶をさせていただきました。

 2017年も、宇都宮市をはじめとした地域での様々な活動を実践される方々をはじめ、市民の皆さんのまちづくり・ボランティアを応援していこうと、決意を新たにしております。 利用者の皆さまをはじめとした多くの方々のご協力を得ながら、活動をしていくと思いますので、本年もこれまでと変わらぬ、ご支援を宜しくお願いします。

 1月14日(土)には新春まちぴあ昔遊びイベント『あそび初め』が開催されます。 2回となるもちつき大会や影絵、工作あそびや昔遊びが勢ぞろいとなっております。 どなたでも入場できますので、ぜひご来所ください。後ほどブログにて詳しい情報を更新します。

(文章投稿:小松)

2016年12月09日

まちぴあにもクリスマスツリー登場♪

2016年12月9日(金)

 半世紀ぶりくらいの珍しい雪が降った11月の宇都宮。12月はどうなるのかと思いながらも、10日前後の今現在、日中は暖かい陽があって、少し安心ですね。

 一転、朝夕は寒さが厳しいですからね。皆さん、ご自愛しつつ過ごしましょう。

IMGP1635.JPG


 さて、師走も半ばになりかけておりますが、街なかのお店や駅などでも、クリスマスツリーが続々と飾られておりまして。冬らしさが一層増してきましたね。

 まちぴあでも、昨日ツリーを出しまして。大人のスタッフだけで飾るのもなんなので、まちぴあをご利用下さっている子ども達に飾りつけをしてもらいました。

 家庭用のものと比べると、少し大きめなまちぴあのクリスマスツリー。

IMGP1633.JPG


 子ども達も楽しみながら飾ってくれまして。漫然と季節にあわせて飾りつけをしちゃうよりも、まちぴあのツリーさんも喜んでくれておりますね。

 そんなことで、クリスマスの準備も万端のまちぴあ。今日も、子育て系の活動グループの皆さんのクリスマス会が催されたりしておりましてね。クリスマス一色となってきた、まちぴあでございます。

(記事投稿:小倉)

2016年11月18日

心あたたまる贈り物をいただきました

先週、栃木イオンクラブ様から、とても暖かい贈り物をいただきました。

会員の方が手編みで作って下さった、色とりどりの毛糸の帽子が80個!
「センターご利用の皆様でお使い下さい」
とのこと、お預かりしました。

DSC05512a.jpg

センター来館の皆様も大喜びで、1個ずつビニール袋に丁寧に入れて下さった
帽子を手に取って、選んでいらっしゃいました。
皆様からいただいたお気持ちは、宇都宮市市民活動助成基金へ寄付致します。

栃木イオンクラブ様、体も心もほかほかするプレゼントをありがとうございました。
利用者の皆様、助成基金へのご寄付、ありがとうございました。

2016年09月25日

『まちぴあSNSリンク情報』

『まちぴあSNSリンク情報』

◆Facebook: ※ボタンはリンクに繋がっています。
Facebook.png

◆Twitter: ※ボタンはリンクに繋がっています。
Twitter.png

◆LINE: まちぴあHP・ブログ情報配信していきます。
ぜひまちぴあLINE@と友達になってくださいね。

≪スマートフォンでご覧の方≫
「友だち」追加の方法 ※ボタンはリンクに繋がっています。
LINE.png

≪パソコンなどでご覧の方≫
@QRコードから登録
LINEアプリを開いて、「その他」→「友だち追加」→
「QRコード」で下記のQRコードを読み込んでください。
2XXrMnMBoD.png

AID検索
LINEアプリを開いて、「その他」→「友だち追加」→
「ID検索」→「@machipia」を検索してください。

2016年09月08日

平成28年度インターン日記(7) 「ぽぽら」への訪問実習

 2016年9月8日(木)

 まちぴあで実習している、インターン生の更新記事をもう一つ。

 登録団体「どんぐりクラブ」さんでの取材実習をした後、午後は、まちぴあと同じような中間支援、活動団体支援を行っている機関への訪問実習を行いました。

 今回の記事は、インターン生Kくんが、「とちぎボランティアNPOセンターぽぽら」さんで学び、感じてくれたことを更新してくれました♪

 ★★★★★   ★★★★★   ★★★★★

 インターンシップ研修として「とちぎボランティアNPOセンターぽ・ぽ・ら」を訪問しました。

「ぽ・ぽ・ら」さんは栃木県内のボランティア・NPO活動を応援、推進する公設民営型の施設で、活動場所の提供や相談・コーディネート、また情報の収集・提供など多様な支援を行っています。

 まちぴあでのこれまでの研修で、ボランティア・NPO団体の中には、設立したものの活動場所を確保できない団体もあり、そうした団体が活動しやすいように、栃木県域を対象地区として設置されたセンターであることを知りました。

IMGP0360.JPG


 施設内には研修室や図書・資料コーナーなどが充実しています。お話を伺う中で、栃木県内には700近いNPO団体が存在している一方で、組織の高齢化が進み、引き継げる若者が少ないという課題があることを知りました。

 ボランティアやNPOの活動というのは社会のニーズを的確にとらえ、他では担いきれない部分をカバーする非常に重要なものだと思います。

 こうした活動を行っている団体によって地域が支えられていることを改めて実感することができる良い機会となりました。

 ★★★★★   ★★★★★   ★★★★★

 ・・・まちぴあと同じような支援の活動をされている「ぽぽら」さん。宇都宮市はまちぴあ、栃木県全体のことをぽぽらさんという具合の領域の違いだけでなく、

 支援の中身や発信、他地域への目配りなど、現場に近い市町センターとはまた違った役割があることも学んでくれたと思います。

 地元は福島県のKくんですが、もし地元に帰っても、同じような支援センターが福島にもあり、その地域の活動団体をサポートしていることもお話しできましたので、これからも地域での活動への関心を高めていってほしいと思いました。

 ぽぽらの皆様、ご対応ありがとうございました!

(文章:インターンK、構成:小倉)

平成28年度インターン日記(6) 団体取材「どんぐりクラブ」

2016年9月8日(木)

 今年も、インターンシップ生の皆さんが、まちぴあでの実習をしております。

 9月6日〜10日の期間には、帝京大学と山梨大学の学生さんがまちぴあで実習しておりまして、もはや恒例となりました、「まちぴあブログの記事作成」を今回も行ってもらいました。

 まずは、本日の9月8日、まちぴあ研修室を活用して子育てサロンの活動をしている「どんぐりクラブ」の団体取材をしてくれた、学生Mさんの記事を更新いたします!

 ★★★★★   ★★★★★   ★★★★★

「どんぐりクラブ」は、栃木県の市町村がメンバーを募って運営している子育てサークルの一つです。宇都宮市内には、30を超える子育てサロンがあり、子育てをしている親子が集まりおしゃべりをしたり一緒に遊んだりしながら子育てについての不安や悩みの解消に役立てています。

「どんぐりクラブ」さんは、宇都宮市東市民活動センターやまちぴあを拠点に、駅東の地域を中心に活動されています。

CIMG1437.JPG


 就園前の子供とその親が月に1~4回集まり、親子のふれあい遊び、子ども同士のふれあい遊び、母親同士の交流等行っていて、今回はその活動の1コマにお邪魔させて頂きました。

 見学スタート。今日はお母さんと一緒にお絵かきや折り紙をするようです。10組ほどの皆さんが参加されていました。

 何を描こうかな...。

DSC04948.JPG


 子どもの手形を使ってお母さんたちがクレヨンでお絵かき。


 折り紙とストローを使って風車を作りました。くるくる回って子ども達も嬉しそう!

 お絵かきをしながら、子ども達は子ども達同士で楽しく過ごし、ママさんたちも子ども達に目をくばりながらお話ししたりされていました。

 就園前から子ども同士、親同士が交流することでお互い安心感が生まれ就園後の生活もスムーズになるし、子どもとのふれあい方も勉強できるので楽しくてためになるクラブだと思いました。

CIMG1441.JPG


 これまでの実習で、まちぴあには、様々なテーマで活動している団体の皆さんがいることを学びましたが、こちらの子育てサロンも、就学前の子ども達の学びやお母さんたちの情報交換の場、憩いの場として、大変頼りにされている存在であることを知ることができました。

 今回の記事を作成するにあたり、子育てサロンを検索してみると県内・市内でも様々な団体があることを知ることができました。(参考:とちぎの子育て情報サイト 笑顔いっぱい

 どんぐりクラブに限らず栃木県、宇都宮市には様々な子育てサロン、子育てサークルがあるので自分が住む地域ではどんな子育て支援が行われているのか調べてみるのもいいと思います。

 日々の生活をよりよく、仲間をつくり、楽しく活動されている一つの例を知ることができました。

 ★★★★★   ★★★★★   ★★★★★

 ボランティア、市民活動、まちづくり・・・と、市民が主体となって行う活動の総称は様々なところで目にしますし、学生さんたちも大学で見聞きすることが多いようです。

 その一方で「具体的に何をすれば、どんな活動がまちづくりなの?」との疑問も多々浮かぶようで、その団体が地域の課題や活動目的としてあげている様々なテーマの

「さまざまな」

 の部分の一例を、こうした取材活動によって学生たちも学んでくれたと思います。実際の活動をみて活動者の方と接すると、とても身近なところから出発していることもあると感じてくれたのではないでしょうか。

 今回受け入れて下さった「どんぐりクラブ」の皆様、ありがとうございました!

(文章:インターンM、構成:小倉)