CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年10月13日

「まちぴあまつり2019」中止のお知らせ

2019年10月13日(日)

 10月12日から本日未明にかけて、年間降水量の半分とも言われた雨が降った台風19号の影響を受け、宇都宮市内でも複数の被害がでました。

 天候の予報では開催を計画しておりましたが、宇都宮市及び栃木県内各所で甚大な被害があったこともあり、

 10月14日(月・祝)に開催予定としておりました

「まちぴあまつり」は、中止

とさせていただきました。

 まつり参加者及び来場を予定下さっていた皆様については、急な予定変更をお知らせすることとなり、大変ご迷惑をおかけすることと思いますが、何とぞご理解ご協力をお願い致します。

 被災された方々には心からお見舞い申しあげます。

 1日でも早い日常が戻ることをお祈りいたします。

(記事投稿:小倉)

2019年10月10日

やりますよ!「まちぴあまつり2019」 

2019年10月10日(木)

 さぁ、今週末っていうか週明けの3連休最後となる月曜日ってのがミソだったようですね。

tenki.JPG


 猛烈といわれている台風19号が接近中の昨今でございますが、開催自体が危ぶまれていた「まちぴあまつり2019」!!!

 ※開催いたします!!!!!
 ※この時開催という事でしたが中止となりました。


 戦々恐々で天気予報とにらめっこしていた今週ですが、10月14日は通過の方向みたいなので、開催の方向で準備を継続していきます。

★★★ ★★★ ★★★ ★★★
【まちぴあまつり2019 出展団体等紹介まとめ】

maturi2019-1.jpg


maturi2019.jpg


 ★1弾♪〜屋外駐車場出展団体:その1〜5
 ★2弾♪〜屋外北側駐車場出展団体:その6〜11
 ★3弾♪〜屋外南側駐車場出展団体:その12〜15
 ★4段♪〜屋内出展団体:その16〜21

★★★ ★★★ ★★★ ★★★

 ・・・本番の10月14日までもう少しとなったわけですが、注意すべきは本番よりも会場設営など前日とさらに直撃が予想される10月12日(土)ですね。

 10月13日の事前準備(テント設営、テーブルなどの機材配置)につきましては、台風の影響を考慮しながらできる範囲で安全を考慮しながら実施していく予定です。

 主に室内を中心に当日の10月14日に、出展者の皆さんにもご助成いただく形で、できるところまでの準備を進めて参ります。

 13日の時点で、まちぴあに物品を搬入される団体さんは特に、その時の天候の良しあしを各自考慮し、安全第一での行動をお願い致します。また、例年のようなテント設営等の準備が不十分であることは想像できますので、

 出展者の皆様につきましては、10月14日(日)朝(※団体集合時間は8:00)から、バタバタすると思われますことから、ぜひぜひ、ご協力とお願い致します。

 そんなことで、まつりについてはホッとしましたが、それもこれも台風さんの影響をなるべく受けないように、皆さんそれぞれで善処して頂いた末の話と思います。

 ほんと、無理はしないで。まずは皆さんの身の回り、ご家庭を堅固にして頂き、みんな笑顔で10月14日を迎えられればと思っておりますので、宜しくお願いいたします!!

(記事投稿:小倉)

2019年10月08日

2019年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

2019年10月08日(火)
2019年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

 宇都宮市のまちづくり活動の拠点「宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”」に設けられている、NPOなどの非営利活動団体の皆さんが利用できる「オフィス」(貸し事務所)の入居団体募集のお知らせです。

 “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さんを対象に、団体の組織運営の自立や活動の活性化を支援するための事務用スペースとして、「オフィス」を設置し、その入居団体を募集しています。

office.JPG
オフィスの様子 現在の入居団体一覧

「団体の活動拠点を設けたい」「事業をもっと拡げていきたい」・・・などの想いをオフィスで実現してみませんか?以下に詳細を記載しますので、興味関心のある地域での非営利活動に取り組んでいる皆さんは、ぜひともお申込み下さい。

◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆
募集情報の詳細
◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆

1)オフィス募集概要

☆チラシ(PDF)

☆オフィス募集要領

2)オフィス申請書
☆PDF(出力、手書き用)

☆ワードデータ(パソコンで記入、出力)

☆記入例(PDF)

●募集区画: 8区画(1団体1区画を原則とします。)

●使用期間: 新規団体3年,入居実績あり2年
※年度途中で入居した場合の取扱いについては、使用期間が6ヶ月以上となる場合、1年間とみなします。

●募集期間: 2019年10月1日(火)〜11月30日(土)

●スケジュール:
@12月上旬 第1次審査(書類審査)
A中旬 第2次審査(ヒアリング)
※日時については締切り後応募団体の皆様にご連絡いたします。
B12月下旬 審査結果通知
C1月中旬 入居団体説明会
D4月1日〜 使用開始

●申込方法:
期日内に、直接「まちぴあ事務局」に提出して下さい。
郵送やメールでの受付は行いませんので、ご了承下さい。

【問合先】宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”
(〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7)
TEL: 028-661-2778 FAX: 028-689-2731
メール: info@u-machipia.org

2019年10月07日

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介〜第4弾♪

2019年10月7日(月)

 今年もやります!まちぴあまつり!!

 第3弾に引き続き、もう一回の更新です♪♪

 習慣天気予報では、14日月曜日は、一過のため晴れとなっておりますことから、気を取り直し。「まちぴあまつり2019」に出展予定の参加団体の皆様をご紹介を致します!

 今回は、まちぴあ施設内に展開を予定している6団体の方々をご紹介します!

 ※例によって、紹介文中の写真は事務局が撮影した、昨年のまちぴあまつり他、
  団体さんが出展されたイベントでの様子です。参考までに!
 ※団体さんに振ってある番号は、前回からの続きとなります。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

(16)子育て応援サークル「こっころ」
 子育て中のママや親子の心から安心できて楽しめる居場所づくりを提供する団体です。0歳から小学生のお子さんや親子を対象にして活動をしています。

kokoro.jpg


 当初から現在に至るまで、育児サークルに参加しづらい方(転勤・人見知り・高齢ママなど)に居場所を提供したい想いを持ち、誰でも参加できる子育てサークルを目指しています。まつりでは子供向け工作やミニおはなし会を実施予定です。

(17)MOAインターナショナル栃木
 全国的にも有名な美術館をもっている全国組織の栃木支部です。県内の子ども達を対象にした、絵画作品展の開催や、高齢者をはじめとした市民を対象に健康によい食生活の大切さを伝える教室を開催している社会貢献活動をしている団体です。
 まちぴあまつりでは健康に良し、味良しのコンニャク手作り体験と一輪刺し工作をします。

(18)(特非)カラーコミュニケーションネットワーク北関東支部
 心のストレス軽減に効果のある「色彩」の特徴を生かし、楽しく簡単にケア出来る方法や情報を提供し、色彩の持つ心理的効用を地域社会に役立てることを目的としているNPO法人の支部団体です。
 色彩を取り入れた生活で人と人をつなぐ活動として本まつりで、パステルアート体験会と、色を使った癒しのワークショップを準備しています。

(19)(特非)宇都宮ピアノ研究会
 市内でピアノ講師などをつとめておられる演奏者の方々などを中心に組織されたNPO法人です。栃木県民をはじめとするすべての人々に対し、地域に根差したコンサート事業を中心に音楽活動を行い、市内公共施設や高齢者施設からの依頼に応じた訪問演奏活動を行っています。

DSC07156.JPG


 こういった音楽に関する普及啓発を行い、人々の日々の充実と活性化を図り、県民文化の向上を目的とします。本まつりでは音楽相談室として、音楽に関する相談会を開き、またピアノ野外演奏を披露します。

(20)学びの映像舎
 映像はあらゆる手段で多様な人に伝えることができ、人々への影響が大きく、生き方や国の在り方までも変える力を持っています。
 そんな映像の世界を活動の柱にし、「学びを映像で、映像から学ぶ」をキャッチフレーズに活動している団体です。具体的に学びをテーマにした映像の企画・上映それに伴うイベント開催などをしています。まちぴあまつりでは海外事情に、目を向けて考えるきっかけとなるアフリカの教育支援を題材にしたビデオ上映をします。

(21)ハッピースマイル
 シルバー大学の同級生からなるマジックを始めとした演芸ボランティア団体で、宇都宮市を中心に保育園や小学校やデイサービスや特別養護老人ホームを訪問して活動している地域のボランティア活動団体です。

DSC06941.JPG


 まちぴあまつりでは不思議がいっぱいマジックの実演や、児童を対象にした楽しいマジック工作、民話語りの披露を予定しています。 

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

 ・・・次回更新が最終回となります。次回は、屋内会場に参加予定の6団体をご紹介します。

 ちなみに、恐怖の大王こと台風情報につきましては、開催の有無を10月10日をめどに判断することと致します。天祐もあいまったご連絡ができることを祈りつつ、開催直前の準備にまい進していきます!!


【更新した「まちぴあまつり2019」出展者紹介記事】
 ★1弾♪〜屋外駐車場出展団体:その1〜5
 ★2弾♪〜屋外北側駐車場出展団体:その6〜11
 ★3弾♪〜屋外南側駐車場出展団体:その16〜21

(記事投稿:小倉、本文作成:インターンKさん)

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介 第3弾♪

2019年10月7日(月)

 今年もやります!まちぴあまつり!!

 朝のニュースを見た瞬間に氷つきましたけども・・・・。台風!!

taihu.JPG


 週末もさることながら、開催が予定されている10月14日の予報については、現段階では詳細ない状態でありますが、非常に不安にさせる台風の登場に戦々恐々しております。

 習慣天気予報では、14日月曜日は、一過のため晴れとなっておりますことから、気を取り直し。「まちぴあまつり2019」に出展予定の参加団体の皆様をご紹介を致します!

 今回は、まちぴあ屋外・南側駐車場に展開を予定している「わかもの企画」のスペースから4団体の方々をご紹介します!

 ※例によって、紹介文中の写真は事務局が撮影した、昨年のまちぴあまつり他、
  団体さんが出展されたイベントでの様子です。参考までに!
 ※団体さんに振ってある番号は、前回からの続きとなります。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

(12)自然教室ネイチャーフレンド
 宇都宮大学の学生さんや社会人の方々が組織している、自然と人とのつながりを大切に思う環境教育団体です。自然体験活動やレクリエーション活動を通して、子どもたちが自然に親しむ「キッカケ」をつくることを目的とした環境教育・野外教育活動を行いっています。

DSC07150.JPG


 その中で仲間と協力しながら、幅広い世代間交流を通して学校以外のこどもたちの大きな学びの機会となっています。今年のまちぴあまつりでも木材をつかった工作、自然をテーマにしたレクレーションゲームを実施予定です。

(13)KAKEHASEEDs
 宇都宮大学の学生サークルとしても活動している「カケハシーズ」さん。主にネパールとバングラディッシュの手工芸品を販売し、適正な価格で売り上げを現地に渡すことにより途上国の人々の生活水準向上に貢献するフェアトレードを国際協力の一環として、推進する活動をしている学生団体です。

DSC06949.JPG


 今回まつりでは、途上国産のおしゃれでかわいい手工芸品と豊富なフリマ商品販売に加えて、国際交流をテーマにした、子どもたちが遊びながら外国を学べる楽しいゲームを準備して下さっているそうです!

 ・・・昨年からスタートした「特別企画」は、学生など若い世代を中心とした活動団体の皆さんにご出展頂き、来場の多い子ども達を主なターゲットに、団体さんの活動を活かした体験など交流企画をそれぞれに行って頂くものです。

 上記2団体の活躍があり、昨年は非常な盛り上がりを見せてくれまして。今年も継続!となった次第です。ネイチャーフレンドさん、カケハシーズさんも前回に引き続き出展下さる上に、今年のニューフェイスとして、こちらの団体さんが出展を予定下さっています。

(14)しめ飾りからサスティナビリティを考える会
 宇都宮大学の地域デザイン科学部と宇都宮南高校の学生から構成された団体です。近年しめ飾りはプラスチック製のものが多いため、環境にやさしい材料を使ったしめ飾りを広めるプロジェクトに取り組んでいます。
 まちぴあまつりは、エコしめ飾り作成のワークショップの初陣となります。環境にやさしい材料をつかった素敵な自分だけのオリジナルしめ飾りを一緒につくるましょう♪

(15)うつのみや大道芸フェスティバル実行委員会
「子ども達の記憶に残るまちづくり」をコンセプトに身近に芸術が感じられる場の提供を通じ、地域の活性化そして回遊性の向上を図る地域社会に貢献する団体です。
 月1回程度、市内の市民センター等を会場に大道芸教室を開き、宇都宮市内で大道芸のイベントを開催しています。「うつのみや大道芸フェスティバル」は、オリオン通りなど市内中心部の各所で3月中旬に行われています。
 今年初めてまちぴあまつりに参加し、本まつりでは子ども達が楽しめる、バルーン実演、体験を行う予定です。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

 ・・・次回更新が最終回となります。次回は、屋内会場に参加予定の6団体をご紹介します。

 ちなみに、恐怖の大王こと台風情報につきましては、開催の有無を10月10日をめどに判断することと致します。天祐もあいまったご連絡ができることを祈りつつ、開催直前の準備にまい進していきます!!


【更新した「まちぴあまつり2019」出展者紹介記事】
 ★1弾♪〜屋外駐車場出展団体:その1〜5
 ★2弾♪〜屋外駐車場出展団体:その6〜11

(記事投稿:小倉、本文作成:インターンKさん)

2019年09月29日

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介 第2弾♪

2019年9月29日(日)

 今年もやります!まちぴあまつり!!

 2019年の開催日、10月14日(月・祝)が日々待ち遠しくなってきているところですけども、前回更新に引き続き、「まちぴあまつり2019」に出展予定の参加団体の皆様をご紹介させて頂きましょう♪

 今回は、まちぴあ屋外駐車場に出展予定の皆さんの内、6団体の方々をご紹介します!

 ※例によって、紹介文中の写真は事務局が撮影した、昨年のまちぴあまつり他、
  団体さんが出展されたイベントでの様子です。参考までに!
 ※団体さんに振ってある番号は、前回からの続きとなります。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

(6)ANIMAL CONTACT
 無駄増やし、虐待、殺処分など、人間の身勝手から起こる不幸な動物をなくし、人と動物の幸せな共存生活のために署名活動などをはじめとした動物愛護に関する啓蒙事業を通して、宇都宮市をはじめとした地域に貢献する活動を行っている団体です。

DSC01615.JPG


 本まつりでも動物愛護啓発に関するパネル展示を行い、また動物をモチーフにしたかわいい雑貨販売を行います。

(7)(特非)デックタイグループ
 宇都宮市をはじめとした地域に生活する在日タイ人の方々の悩み相談、支援をするとともに、移動大使館、医療相談への協力をしている、在日タイ人の方々にとって心強い団体です。また、日本とタイの国際交流を図るためにタイ文化を推進する活動をしています。
 まちぴあオフィス入居団体でもあり、まちぴあまつりをはじめ、様々なセンター主催事業にお力添えを頂いています。

DSC07273.JPG


 今回も美味しいタイ焼きそばなどの本場タイ料理販売と、見て楽しい一緒に踊ってさらに楽しいタイのダンスを披露下さるそうです♪♪

(8)宮Friendly
 年齢の垣根を超えてコミュニティを形成し、交流・ボランティアを通し、宇都宮をはじめとした栃木県の地域活性化や明るい未来に寄与することを目指す学生団体です。

 具体的には一か月に一度の清掃活動(@宮ノ橋周辺)や、こどもが笑顔になる居場所づくりをしています。また最近は宇都宮の魅力再発見の動画づくりにも挑戦中です。今回初めてまちぴあまつりに参加し、フルーツティーを販売予定です。

(9)(一社)ヘルスフードマイスター協会
 食習慣の変化が原因となって近年生活習慣病患者が増え、それに伴い、医療費が日本経済を圧迫する一因とも言われています。医療費の削減を目指すことはもちろん、薬を飲まずに健康で長生きできるように、日々の食生活を見直し、「食」の大切さを広める社会活動を行っている団体です。

DSC07280.JPG


 実際に料理できる人材を育成する「ヘルスフードマイスター講座」を主催しています。マイスターの皆さんも協力し、本まつりではカラダに良くておいしい、揚げそばや弁当などを販売します。

(10)中里保健研究所
 自然治癒能力を生かした、身体の健康相談や花粉症対策についての指導、アドバイスを行なっている団体です。私達は日常の中で様々なマイナスな出来事に直面し、知らず知らずの内に心と身体にストレスを溜めてしまい、病気になってしまうことがあります。そこで本団体は皆様の心身が豊かになるようなサポートをしています。

DSC07223.JPG


 まつりでは、体調管理に関する無料体験や相談コーナーを実施します。

(11)(公社)日本技術士会栃木県支部
 電気や機械といった分野の操作、管理、メンテナンスなどの技術・資格を持った方々で作られており、様々な分野の先進的内容を扱った講演会や、研修会などを開催されています。
 専門的な分野を扱う団体ですが、小学生をはじめとした子ども達への科学への啓蒙活動についても熱心に取り組んでいます。

DSC07103.JPG


 本まつりでも遊びながら自然の原理学ぶ、風で飛ぶ種の紙模型工作や、巨大シャボン玉づくりを行います。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

 ・・・今回の更新では、まちぴあ屋外・北側駐車場に出展下さる団体の内、6団体をご紹介いたしました。次回更新では、昨年実施して子ども達を中心に大変好評だった、

 大学生など学生の皆さんたちが担当下さる「わかもの企画」を中心とした、屋外駐車場北側の団体さん達をご紹介します。

 これから、まつり本番の10月14日にかけて、随時紹介記事を掲載していきますので、ご来場の際の参考にして頂ければ幸いです。


【更新した「まちぴあまつり2019」出展者紹介記事】
 ★1弾♪〜屋外駐車場出展団体:その1〜5


(記事投稿:小倉、本文作成:インターンKさん)

2019年09月27日

「まちぴあまつり2019」参加団体のご紹介 第1弾♪

2019年9月27日(金)

 開催まで約2週間あまりとなってきました、今年の「まちぴあまつり」。令和元年。2019年のまちぴあまつりにご参加下さる団体の皆さんをご紹介する記事をこれから少しずつ更新していこうと思っております。

 すでにチラシやホームページではお知らせさせて頂いていますが、少しでも多くの皆様に、まつりに遊びにきて頂き、活動団体の皆様と有意義な時間を過ごしてもらえればという一念のもと、わずかではありますが、「まちぴあまつり2019」にご参加下さる皆さんをご紹介いたします!

 ※掲載している写真はこれまでに団体さんが参加されたイベントでの様子です。
  参考までに掲載しました。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

(1)プチプラリメイク「レース&リボン」
 タンスのこやしになっている服やリサイクル店で買った材料を組み合わせて可愛い小物作りを行いバザーなどで販売し収益金をボランティア活動支援に寄付したり、自然と人が共生する循環型の暮らしづくりを目指す「トランジションタウン栃の木」さんと連携しての活動もしています。

DSC01673.JPG


 本まつりではフリマ販売とリメイク・リユース・リサイクルを生活の中に取り入れるきっかけになる、アクセサリーづくり体験ワークショップを予定されています。

(2)一般財団法人日本熊森協会栃木県支部
 熊森協会さんは、熊や小動物たちと人間のよりよいつき合いを目指して、熊をはじめとした里山に住む動物たちを害獣として駆除するのではなく、里山から人里に降りてこなくても生活できる自然環境を取り戻そうと活動している環境保護団体の栃木県支部です。

DSC01633.JPG


 自然豊かな栃木県ですが、手入れが行き届かない里山や森林は荒廃しています。本まつりでも、熊などの大型野生動物の棲むべき奥山の実態を伝え、また自然環境啓発関連書籍やフリマ販売を行います。

(3)カンボジアっ子支援の会
 カンボジアの子供たちの教育支援をするとともに、国内外の青少年の国際理解教育の推進を主な活動としている団体です。

DSC01700.JPG


 定期的に現地を訪問し、絵本や文房具を寄贈、学校で音楽や工作セミナー、レクリエーションの指導などを行い、国内でも現地の様子を伝える写真パネルやビデオを製作しています。本まつりでも活動写真のパネル展示と、カンボジアの布製品を販売し、販売益を現地の子ども達の教育支援に役立てます。

(4)遊布の会
 家庭に眠っている、もともとキレイな着物などだけでなく、日常的にお馴染みのタオルやシーツといった材料がポーチやコサージュなどの細やかなリサイクル布製品へと蘇えらせて、バザー活動を行っている奥様たちの団体です。

DSC07119.JPG


 本まつりでも、一つ一つ真心を込めてつくったリフォーム作品を販売し、販売益は福祉施設などに寄付されます。想いのこもったあたたかな作品をお手元に是非どうぞ♪

(5)ぞうり・アミ
 古い布(古着・タオル・シーツなど)や不用布を利用して、昔ながらの布ぞうりを作る事によって、「もったいない」のエコ精神を広げ、環境問題について考える機会をつくり、布ぞうり教室を開くことでリサイクルできる人材育成など社会貢献活動をしている団体です。

DSC07123.JPG


 本まつりでは布ぞうりの展示、販売と、ご家族連れの皆さんを始め幅広い年代で楽しめる、短時間できるストラップ用ミニぞうりづくり無料体験を行います。

★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★

 ・・・今回の更新では、まちぴあ屋外・北側駐車場に出展下さる団体の内、5団体をご紹介いたしました。今年のまちぴあまつりには、22団体(まちぴあ指定管理団体:宇都宮まちづくり市民工房含む)がご参加下さいます。

 これから、まつり本番の10月14日にかけて、随時紹介記事を掲載していきますので、ご来場の際の参考にして頂ければ幸いです。

(記事投稿:小倉、本文作成:インターンKさん)

2019年07月02日

有償型NPOインターンシップへの参加者募集のお知らせ

2019年07月02日(火)

有償型NPOインターンシップ
とちぎコミュニティ基金 「たかはら子ども未来基金」 学生インターン参加者募集

学生インターン募集2019.jpg 
※クリックすると拡大します。

学生インターン募集20192.jpg
※クリックすると拡大します。

 とちぎコミュニティ基金では、大学生・専門学生などの若者と、NPOや市民活動団体が共に成長できる仕組みを作ることを目的とし、若者と団体それぞれに助成を行なう「たかはら子ども未来基金」を設立いたしました。

 学生が一定期間、NPO や市民活動団体にスタッフ見習いとして研修すること(=インターンシップ)の活動を応援します。学生に一定期間、奨励金を渡し活動することによって、若者の積極的な参加を促し、若者世代の継続的な応援者を増やすことを目標とします。

【概要】
●内容:6ヶ月間 24日ほど(1ヶ月4日程度×6ヶ月)、団体の必要な業務や、ボランティア活動を行っていただきます。活動日は、団体のスケジュールと調整して、決められます。既存のプロジェクトの発展や、新しいプロジェクトの立ち上げなど、受入団体によって異なります。
●対象:栃木県内の大学生、専門学生などの若者、または栃木県出身の若者など
●奨励金:学生へ、1日4,000円程度(6ヶ月で100,000円)をお渡しします。
 活動にかかる費用や交通費などを奨励金としてお渡しします。
●定員:4人程度(多数の応募の場合は、審査を行います)

●2019年の受入NPO団体で学生を募集している団体:(それぞれに1人ずつ)
サシバの里自然学校(市貝町/自然体験・里山整備)
子どもの居場所アットホームきよはら(宇都宮市/子ども食堂・まちづくり)
足尾に緑を育てる会(日光市/植林・環境学習)
たかねざわぽかぽか食堂(高根沢町/子ども食堂)
えんがお(大田原市/高齢者福祉)はマッチング済みです。

●スケジュール:
学生の申込締切:7月10日(水)まで
結果通知:7月末
オリエンテーション:8月10日(土)午前・午後
インターン期間:8月〜3月までの24日間程度
振り返り会や交流会:11〜12月
活動報告会:3月ごろ

●申込 *締切は7月10日(水)まで
下記のURLにある申込フォームからお申し込みください。
https://www.tochicomi.org/subsidy/たかはら基金-学生インターンシップ/

●お問い合わせ:
とちぎコミュニティ基金(担当:大木本/オオキモト)
TEL: 028-622-0221  メール: info@tochicomi.org

2019年07月01日

情報誌まちぴあ(NO.30:春号)発行です!

2019年7月1日(月)

 3か月に1回の季刊誌として発行している、宇都宮まちづくりセンターの情報誌「まちぴあ」の最新号(夏号)を発行しました!

 当センターの情報誌は、まちぴあに登録下さっている活動団体の皆さんや、市内において興味深い活動をされている皆さんに、まちぴあスタッフが取材をさせてもらい作成しています。

machipia_natu.jpg


 今月号の「特集」は、宇都宮市内で行われるプロ・アマのスポーツイベントを支える活動を行っている「特定非営利活動法人宇都宮スポーツの街づくり応援団」の皆さんの活躍をお伝えしています。

 昨今、マラソンやロードレースをはじめ、様々なスポーツイベントが宇都宮市内でも行われ、街中や開催される地域の賑わいやスポーツを通じた魅力づくりの方法として、大いに盛り上がっています。そんなスポーツイベントを陰で支える運営や参加者の安全確保を担っている「スポーツの街づくり応援団」さんの様子をぜひ、知って頂ければと思います。

 また、特集以外にも、魅力的な活動を行ってる、まちづくり団体の皆様の紹介記事や、まちづくりの新たなきっかけとなりそうな、モノ、空間、人を紹介したコーナーなどを掲載しています。

『まちぴあHP情報誌ページ』

 では、最新号に加え、過去の情報誌をご覧になれます。ぜひご参照下さい。

 情報誌については、まちぴあ館内はもちろん、宇都宮市役所をはじめ、市内各地の市民活動・生涯学習センターなどでも配布しております。

(記事投稿:小倉)

2019年06月02日

2019年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

2019年06月02日(日)

2019年度「まちぴあオフィス」入居団体募集のお知らせ

 宇都宮市のまちづくり活動の拠点「宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”」に設けられている、NPOなどの非営利活動団体の皆さんが利用できる「オフィス」(貸し事務所)の入居団体募集のお知らせです。

 “まちぴあ”では、地域で市民活動やボランティアなどのまちづくり活動に取り組んでいる団体の皆さんを対象に、団体の組織運営の自立や活動の活性化を支援するための事務用スペースとして、「オフィス」を設置し、その入居団体を募集しています。

office.JPG
オフィスの様子 現在の入居団体一覧

「団体の活動拠点を設けたい」「事業をもっと拡げていきたい」・・・などの想いをオフィスで実現してみませんか?以下に詳細を記載しますので、興味関心のある地域での非営利活動に取り組んでいる皆さんは、ぜひともお申込み下さい。

◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆
募集情報の詳細
◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆

1)オフィス募集概要

☆チラシ(PDF)

☆オフィス募集要領

2)オフィス申請書
☆PDF(出力、手書き用)

☆ワードデータ(パソコンで記入、出力)

☆記入例(PDF)

●募集区画: 4区画(1団体1区画を原則とします。)

●使用期間: 新規団体3年,入居実績あり2年
※年度途中で入居した場合の取扱いについては、使用期間が6ヶ月以上となる場合、1年間とみなします。

●募集期間: 2019年6月1日(土)〜6月30日(日)

●スケジュール:
@7月上旬 第1次審査(書類審査)
A  下旬 第2次審査(ヒアリング)
※日時については締切り後応募団体の皆様にご連絡いたします。
B8月上旬 審査結果通知
C1月中旬 入居団体説明会
D9月1日〜 使用開始

●申込方法:
期日内に、直接「まちぴあ事務局」に提出して下さい。
郵送やメールでの受付は行いませんので、ご了承下さい。

【問合先】宇都宮市まちづくりセンター“まちぴあ”
(〒321-0954 宇都宮市元今泉5-9-7)
TEL: 028-661-2778 FAX: 028-689-2731
メール: info@u-machipia.org