CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年07月19日

「ゆかた姿で納涼打ち水大作戦&ゆかたの着方教室inまちぴあ」開催のお知らせ

いよいよ、来年2020年には東京オリンピックが開催!
全国27の着付・和装教室で構成されている全国和装学院連絡会では日本の文化で外国の方をお迎えしようと呼び掛け、世紀のスポーツ祭典開催まであと一年〈365日前〉となる7月24日に全国で「ゆかた姿で納涼打ち水大作戦&ゆかたの着方教室」を実施します。
まちぴあ登録団体「着物を着て楽しむ会」もこの動きに連動して、まちぴあを会場に「ゆかた姿で納涼打ち水大作戦&ゆかたの着方教室」を開催することになりました。

これから夏まつりのシーズン。ゆかたの着方を覚えて夏の涼を体験しませんか?

****************************
暑い夏を乗り越えるわが国先人の知恵”打ち水大作戦”が全国いっせいに実施されます。
熱い地球をもう一度、冷やしませんか。洗面器やひしゃくを持ってお集まり下さい
せっかくだから、ゆかたの着方も覚えて ゆかた姿で納涼打ち水大作戦!

ゆかた&打ち水.png

●日 時: 2019年7月24日 (水)13:00〜15:30

●会 場: 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ

≪プログラム≫
13:00〜15:00 ゆかたの着方教室 
要申込(定員 8名)
着物を着て楽しむ会がきもの初心者の方にもやさしくレクチャー
ゆかたの着方を覚えましょう♪
ゆかたのレンタルもあります(有料:詳細は申込時に)

【ゆかたの着方教室にご参加の方、以下のものを持参ください】
・浴衣  
・帯飾り、髪飾りなど
・はきもの(下駄、サンダルなど)
・ゆかた帯(半幅帯、兵児帯)
・和装用肌着(ない場合、スリップなど)
・帯板(あれば)
・伊達締め 1本(腰紐で代用可)
・腰紐 2〜3本
・タオル1〜2本(補正用)
・せんたくばさみ

15:00〜15:30 納涼打ち水大作戦inまちぴあ
申込不要、直接お越しください
ゆかた姿で納涼打ち水大作戦!洋服でもOK!!
打ち水大作戦のみの参加も大歓迎!親子で楽しみましょう!!
(お着替え場所の用意はあります)
持ち物:ひしゃく、洗面器、などなど

申込み・問合せ 着物を着て楽しむ会(新堀君江着装教室内)
Tel:090-4811-6053
Fax:028-660-0776
Mail:contact@niibori-kimie.com
HP:https://www.niibori-kimie.com/

【参考URL】
beyond2020プログラム ゆかた姿で納涼打ち水大作戦・全国ゆかた着方教室

2019年07月17日

「会計ソフト使い方セミナー」開催のお知らせ

2019年07月17日(水)

主 催:認定NPO法人宇都宮まちづくり市民工房(共催:こらぼ経営労務支援センター)
「会計ソフト使い方セミナー」開催のお知らせ

20190724-kaikeisohuto-seminar.jpg 20190724-kaikeisohuto-seminar2.jpg
※クリックすると拡大します。

 NPO法人専用の会計ソフトを提供されている、ソリマチ(株)のご担当者をお招きして、「会計王19 NPO法人スタイル」の使い方や活用方法についてのセミナーを開催します。 実際にソフトを使われている方や、会計ソフトの導入を検討されている方の疑問点なども解消でき、実務に十分役立てられる内容です。

【第1部】 13:00〜15:30
『会計記帳の基本知識〜NPO法人に会計ソフトは必要?』

講師:田中義博氏(NPOマネジメント支援コンサルタント)
非営利組織の実務支援に長く携わってきた立場から、NPO法人等では、どんな場合に会計ソフトが必要になるか、ソフト・活用のポイントを解説します。

【第2部】 14:00〜15:30
『会計王NPO法人スタイルの使い方』講師:ソリマチ(株)担当者様

●日 時 7月24日(水)13:30〜15:30

●会 場 宇都宮市まちづくりセンター 2階研修室AB

●定 員: 20名程度

●参加費: 無料

『こらぼ経営労務支援センター』って?
 栃木県内の非営利・協働組織が協力し合い、組織運営・財政基盤強化の経営支援の活動を行うことにより、雇用創出・地域経済活性化、地域福祉増進に資することを目的として、2018年4月にスタートしました。 宇都宮まちづくり市民工房と積極的に連携し、非営利組織への「伴走型支援」を今後本格化します。

 母体となる「こらぼワーク(企業組合とちぎ労働福祉事業団)」としては、20年以上にわたって県内各地のNPO法人、一般社団法人、協同組合等の実務支援、経営支援を行ってきました。 法人設立から組織経営、総務・総理実務まで、ワンストップサービスであらゆる相談に対応しています。

●申込方法: 「会計ソフト使い方セミナー」チラシPDFを出力し、FAXまたはメール、もしくは認定NPO法人宇都宮まちづくり市民工房HP申込みフォームにて送信ください。 またセミナーの際申込み記載されている事前アンケートの内容も参考にさせていただきますのでご協力お願いします。

【申込み・問合せ】
TEL: 028-645-5561(こらぼワーク内、担当:田中)
e-mail: info@kyoudou.net

2019年06月26日

いちごハートねっと事業「あんしん支援事業」関連研修会 開催のお知らせ

2019年06月26日(水)

いちごハートねっと事業 第1回「あんしん支援事業」関連研修会
「SDGsの視点で描く、地域共生社会」開催のお知らせ

20190704-SDGs.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 7月4日(木) 12:55〜16:30

●会 場: とちぎ福祉プラザ 3階福祉研修室 (宇都宮市若草1-10-6)

【内容】
《イントロ》〜SDGsを知っていますか?
SDGsジャパン事務局長代行 新田 英理子氏

《グループワーク》〜SDGs(カードゲーム)
公認ファシリテーター 吉岡 太郎氏

《講義:ワーク》〜SDGsの視点で描く、地域共生社会〜 
SDGsジャパン事務局長代行 新田 英理子氏

《クロージング》〜『学びの可視化』から気づくこととは〜
認定イノベーションファシリテーター(株)本田技術研究所 近藤 隆氏

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

いちごハートねっと事業 第2回「あんしん支援事業」関連研修会
「あらためて情報発信を考える」〜SNSを活用しよう〜 開催のお知らせ

20190723-SNS.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 7月23日(火) 13:00〜16:00 

●会 場: とちぎ福祉プラザ 3階福祉研修室 (宇都宮市若草1-10-6)

質問です!あなたは、利用しているSNSはいくつ有りますか?
SNSといっても色々あります...あなたは、その違いを言えますか?

代表的なSNSのイメージはこんな感じでしょうか?
◎Twitter=回覧板    ◎Instagram=雑誌
◎LINE=メールorチラシ ◎Facebook=学級通信

使うとか、使わないとか・・・選択ではなくもはや・・・SNSを利用するのが当たり前の社会の中で、私たちは暮らしているのです。

【内容】
〜SNSを活用しよう〜
日本財団CANPANプロジェクト
NPO法人CANPANセンター 代表理事 山田 泰久氏

●主 催:栃木県社会福祉法人による「地域における公益的な取組」推進協議会・栃木県社会福祉協議会

●申込み: 下記タイトルリンクからPDF出力、FAXにて申込み
・「SDGsの視点で描く、地域共生社会」
「あらためて情報発信を考える」〜SNSを活用しよう〜

【申込み・問合せ】栃木県社会福祉法人による「地域における公益的な取組」
推進協議会 事務局 TEL:028-305-5515 FAX:028-622-5788

2019年06月25日

「クッキングインザダーク〜アイマスクして作って食べよう〜」開催のお知らせ

2019年6月25日(火)

NPO法人セブンナーサリー主催
「クッキングインザダーク アイマスクをして作って食べよう」開催のお知らせ

20190810-cookinginthedark.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2019年8月10日(土)10:30〜14:00
●会 場: 宇都宮市総合福祉センター7階料理実習室(宇都宮市中央1-5-15)

 クッキングインザダークとは、アイマスクを着け、あえて膨大な情報源である視覚を閉ざした状態で作って味わう体験です。 視覚以外の感覚をフルで活用するからこそ得られる新たな気づき・思いやり・充実感・達成感、そして参加者による共感が生まれる非日常体験です。

 今回は共同生活をしながら薬物依存から離脱し、社会復帰を目指す栃木ダルクとのコラボレーション企画です。 栃木ダルクを卒業された元すし職人をお迎えし、寿司作りを体験します。 参加者で協力しながらお寿司を作り食べるまでのコースです。皆様の参加をお待ちしております。

●参加費:おとな2000円・子ども1500円
(小学2年生以下の参加はできません)

●持ち物:エプロン、三角巾又はバンダナ

●申込方法: 参加希望の方は7月末までにセブンナーサリーまでお申込みください。

【申込み・問合せ】
NPO法人セブンナーサリー
TEL:090-5196-4236
Email:info@sevennursery.org

2019年06月18日

「NPOの会計税務及び労務相談会」開催のお知らせ

2019年06月18日(火)

とちぎボランティアNPOセンターぽ・ぽ・ら
平成31年度「NPOの会計税務及び労務相談会」開催のお知らせ

20190626-kaikeiroumu.jpg 20190626-kaikeiroumu2.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 令和元年6月26日(水)13:30〜16:30

●会 場: とちぎボランティアNPOセンターぽ・ぽ・ら(宇都宮市昭和2-2−7)

 団体の会計担当者が、日常業務の中で抱えるお悩みについて、会計及び税務の専門家である関東信越税理士会 栃木県支部連合会所属の税理士さんが相談に応じてくださいます。 また今回は、社会保険労務士さんも同席してくださいます。

 勘定科目の設定、日々の仕分け、決算書の作成、収益事業開始届の提出、源泉徴収と年末調整、法人税・消費税等の申告及び納付、NPO法人の会計基準など。 また、労務に関する様々なことなど、まずはお気軽にご連絡ください。

●定 員: 3団体 ※残り若干名 時間はご相談ください。
@13:30〜 A14:30〜 B15:30〜 45分間を予定しています。

●申込方法: 申込用紙に必要事項をご記入の上、FAXまたは郵送にて上記まで

【申込先】 とちぎボランティアNPOセンターぽ・ぽ・ら
TEL: 028-623-3455  FAX: 028-623-3465

2019年06月07日

「とっておきの音楽祭inうつのみや」出演者・ボランティア募集のお知らせ

2019年06月07日(金)

登録団体:とっておきの音楽祭inうつのみや実行委員会
「とっておきの音楽祭inうつのみや」出演者・ボランティア募集のお知らせ

20190615-totteokibosyu.jpg
※クリックすると拡大します。

〜障がいのある人もない人も一緒に楽しみ
   「心のバリアフリー」を目指すストリート音楽祭です〜

●日 時: 9月15日(日)10:00〜16:00予定 

●会 場: オリオン通りを中心とした宇都宮の市街地数か所

どこで: オリオン通りを中心とした宇都宮の市街地数か所で
だれが: 出たい方ならだれでも!ジャンル、レベル、キャリア不問
なにを: オリオン通りなどにステージを設け、
      街中数か所で同時多発的に音楽祭をします。

≪出演者大募集!≫
第1回目のとっておきの音楽祭に出演する方を募集(〜6月15日締切)

≪実行委員・ボランティア募集≫どなたでも大歓迎!
私たちと一緒に開催に向けて動いてくださる方を募集しています。あなたの立場から、理想を発信してください。 興味のある方は、実行委員会までご連絡ください。

●後 援: エフエム栃木、とちぎテレビ、下野新聞、毎日新聞宇都宮支局、一般社団法人栃木県社会福祉会、NPO法人スウィングタウン協会

【申込み・問合せ】
「とっておきの音楽祭inうつのみや」実行委員会
住所: 〒320-0032 宇都宮市昭和2-2-7 
とちぎボランティアNPOセンターぽ・ぽ・ら メールボックスNo.5
FAX: 028-678-6127 
mail: totteoki.utsunomiya@gmail.com

【参考URL】
とっておきの音楽祭 クラウドファンディング(達成)
とっておきの音楽祭inうつのみや Facebook
とっておきの音楽祭inうつのみや Twitter

2019年06月05日

Tochigi未来カフェ 2019年5月通常会「災害とボランティア」取材報告

2019年06月05日(水)

Tochigi未来カフェ 2019年5月通常会「災害とボランティア」取材報告

 先月18日、2015・2016年度宇都宮市市民活動交付団体であるTochigi未来カフェ主催2019年5月通常会『災害とボランティア〜「想定外」を「想定内」に〜』がとちぎ男女共同参画センターパルティにて開催されました。

miraicafe.JPG
Tochigi未来カフェ スタッフよる挨拶

 Tochigi未来カフェは、福祉・介護・医療をメインテーマに情報交換をする多職種コミュニティで、栃木県の地域福祉の向上を目的に活動しています。隔月で通常会、認知症支援チャリティイベント『RUN伴』栃木県事務局の立ち上げを務められ、現在個人個人でスタッフがそれぞれの地域で関わっています。

 今回キーワードとなった「災害とボランティア」はアンケートの取り上げてほしいテーマの一つであり、欠かせない課題ということで鹿沼市社会福祉協議会 柴田貴史氏さん(とちぎボランティアネットワーク災害担当理事、震災がつなぐ全国ネットワーク幹事、災害ボランティアオールとちぎ隊長などで活躍)にお越しいただき話をしていただきました。

 プログラム開始1時間前から行われていた防災バックの中身について考えるワークショップやいつ、どこで、何をやっている?、誰と、どんな災害、ケガの有無に対してどういう行動に出るかという災害シュミレーションなどが行われていました。

 防災バックの中身について考えるワークショップでは非常用持ち出し袋を中心に考え、それぞれのスタイルにあった中身を準備しておくことが必要だということ、中でも身分を証明できる物のコピーや連絡先(家族や親族他)、衛生面(避難所生活に備えた歯ブラシセットやマスクなど)、ラジオ(手動タイプ)、乾電池(劣化している場合がある)、充電器(手動・発電タイプなど)、お金(硬貨の方が自販機などで使いやすい)なども出ておりました。

 災害シュミレーションでは2人1組になりいつ、どこで・・・まで記入、ペアの人が書いた事を読んで同じような行動が起こせるだろうか、自分では考えられなかった選択肢を知る機会となりました。

miraicafe2.JPG
柴田貴史氏によるお話

 西日本豪雨や北海道胆振東部地震など様々な災害が起こる日本、柴田貴史さんはこれまで現地で災害ボランティアとして赴き、自身の経験や過去の事例などについてお話も各地でされています。 今回「災害とは?」、「災害ボランティアとは?」などのお話をしていただき、想定外を想定内にする機会となりました。

 まず災害については、様々な自然災害(台風、大雨、竜巻、噴火)は過去のデータを基に予測ができるが、地震は予測不可である。 避難勧告や避難指示が出ていなくても危険だと感じたら発生する前に避難することが必要であり、隣近所にも声をかけてみることで人的被害も少なくなるとお話していただきました。

 災害ボランティアについては災害が発生した地域だけではなく、被災した人や地域を応援するすべての仕組みやそれをする人=現地に行って活動する人だけが災害ボランティアではないということ。

 ボランティアの強みとしては対価が発生しないので純粋に課題解決ができる、上下関係を気にせず判断や意見できる、対象者と接するため、新たなニーズを把握しやすいなどがあり。 弱みとしては頻繁に活動できない、さまざまな社会課題に気づくため忙しい、後継者がいないため、高齢化、パターン化、存続しにくいということがあるとお話していただきました。 またお話の中では災害ボランティアセンターについて(主な業務や役割、1日の流れ)などにも触れていただきました。

miraicafe3.JPG
グループワーク ハイリスク予備軍(災害関連死) に対するケア

 グループワークでは避難所等におけるハイリスク予備軍(災害関連死)に対して各グループ話し合いが行われました。 @あの人、トイレに行けてないみたい、A食べ物がそのまま残っている、B炊き出しや物資配布に気づいていないな?、Cあの人、いつやすんでいるのだろう?に分かれてどのようなケアができるか考えました。

 @では御用聞きボランティア(介護・介助・看護師など)、Aでは被災者による食堂づくり、材料だけ配って自分達で作ってもらう、管理栄養士などの助けを求める、Bではプラカードや意思表示(アレルギーなど)含めたチケット、C信頼関係ができるように一緒に何かをやる、などが上がりました。

 今後災害が起こるであろう未災地で誰もが考えておくが必要であると感じたと共に、今回のような話す場が様々な場所で行われることが大切であると感じました。 災害を防ぐことはできませんが、発生した災害の被害を小さくする取り組みはできると柴田貴史さん。 今後もこういった場に参加しながら学んで行きたいと感じました。

(記事投稿:小松)

2019年05月31日

『シニア向け絵本読み聞かせボランティアスタート講座』開催のお知らせ

2019年05月31日(金)

登録団体:子育て応援サークルこっころ主催
絵本専門士による
『シニア向け絵本読み聞かせボランティアスタート講座』
国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」

0607-kokkoroyomikikasesenior.jpg 0607-kokkoroyomikikasesenior2.jpg
※クリックすると拡大します。

 宇都宮市内の小学校では、保護者や地域の方などの協力を経て、月に1〜2度、授業前の朝の時間を利用して、ボランティアによる読書活動推進の読み聞かせを行っています。 忙しい保護者に変わって地域の方が積極的に参加している学校もある一方、なかなかボランティアが集まらない学校もあるのが現状です。

 興味はあるんだけど人前で読むのは・・たくさんの絵本の中からどれを選べばいいのか・・自分でできるのかどうか・・大丈夫です!できます!ますは絵本のことを好きになりましょう。

 子どもたちの前で、絵本の読み聞かせをするって難しいと感じていませんか。 この講座では、絵本のことを知り、絵本の読み聞かせのコツを学びます。 子どもはおはなしが大好きです。 自信をもって、楽しく、子どもの前で読めるよう、参加者みんなで絵本を好きになりましょう。 子どもたちは、みなさんとの出会い、絵本との出会いを楽しみに待っています。

●日 時: 6月7日(金)、14日(金)、21日(金)、28日(金)10:00〜11:00

●会 場: 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ

≪プログラム≫
第1回目: 大人も絵本を楽しもう
●日 時: 6月7日(金)10:00〜11:00

第2回目: さまざまな絵本とそれぞれのおもしろさ
●日 時: 6月14日(金)10:00〜11:00

第3回目: 声の出し方と読み方のコツ
●日 時: 6月21日(金)10:00〜11:00
特別講師: 片岡 友美子(アトリエほんまる支配人)

第4回目: 絵本の世界を感じる
●日 時: 6月28日(金)10:00〜11:00

※各回終了後30分、絵本のアドバイスや参加者の交流タイムを予定しています。お時間のある方はご参加ください。

≪その他≫
・対 象: 60歳以上(全4回参加できる方)
・定 員: 12名
・費 用: 無料
・講 師: 西谷和子(絵本専門士)

≪絵本専門士とは≫
 国立青少年教育振興機構が設立した資格で、絵本に関する高度な知識、技能及び感性を備えた絵本の専門家です。 絵本専門士養成講座制度は、2014年に絵本に係わる有識者からなる絵本専門士委員会により創設された制度で、H31.4 現在約220名の絵本専門士が全国各地で活躍しております。

≪子育て応援サークルこっころとは≫
 少子化、核家族化、希薄な地域関係から、母親と子どもの環境的孤立、精神的孤立の助けになりたいと2010年に宇都宮市に発足しました。これまで子どもや子育て世代を中心に活動してきましたが、現在は、大人にも絵本の良さを知っていただき、地域の子育ての環境づくりに繋げたいと、地域全体への活動も行っています。

申込み・問合せ 子育て応援サークル こっころ(担当:西谷)
MAIL: nishitani@mama.plala.or.jp
TEL: 090-4598-8674

2019年05月29日

「世界のフェアトレードと地域の良いもの・マルシェ」開催のお知らせ

2019年05月29日(水)

フェアトレードタウン宇都宮をめざす会
「世界のフェアトレードと地域の良いもの・マルシェ」

SDGs 国連:世界を変えるための17の目標
「貧困をなくそう」-ひとりでも多くの子どもがハッピーになるように‐

20190602-fairtrade_marche.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2019年6月2日(日)11:00〜16:00

●会 場: ララカフェ(宇都宮市下荒針町3473−23)

≪マルシェ販売予定≫
・フェアトレード(コーヒー、チョコレート、モリンガ葉パウダー、ハンドメイド雑貨、他)

・天然酵母パン、クッキー、アイス・フルーツバー、自然栽培野菜、他

・キッズコーナー
(昔遊びを楽しんじゃおう!子どもサリーも試着できるよ!)

・スパイシーカレーを作ろう(料理講習会・要予約)

・働く少女(バングラディッシュ)、子ども食堂(宇都宮)のお話会

≪Time Schedule≫
11:15‐ バングラデシュカレー料理講習会
12:30‐ お話〜バングラデシュの働く少女たち
     「ほうきでなくペンをください」
14:30‐ お話〜子ども食堂って、なあ〜に?

●入場料: 無料 ※料理講習会(\500)は予約が必要です。

●協 力: 宇都宮市まちづくりセンター、
        シャプラニールとちぎ架け橋の会

●後 援: とちぎフェアトレードネットワーク

【申込み・問合せ】 フェアトレードタウン宇都宮をめざす会
mail: jsato2008@gmail.com Tel: 080-1009-2648(吉田)

2019年05月28日

こっころ主催 親子で「絵本」と「作る」開催のお知らせ

2019年05月28日(火)

「子どもゆめ基金助成活動」
子育て応援サークルこっころ主催
親子で「絵本」と「作る」金曜日 全4回 開催のお知らせ

20190531-kokkoroehontukuru.jpg
※クリックすると拡大します。

 第5週ってちょっとおまけのような特別な感じ。 その第5週の金曜日に、未就園児親子を対象に、季節の絵本などのおはなし会や、体や物を使って絵本の世界を作る表現あそびをします。 赤ちゃんや小さなお子さんがだいすきな絵本。 親子でゆったりのんびり絵本の世界を楽しみませんか。 お気軽にご参加ください。

●会 場: 宇都宮市まちづくりセンターまちぴあ

≪プログラム≫
第1回目(造形) 春ですね。
●日 時: 5月31日(金)10:00〜11:00

第2回目(運動) 夏だから。
●日 時: 8月30日(金)10:00〜11:00

第3回目(造形) 秋っぽい。
●日 時: 11月29日(金)10:00〜11:00

第4回目(料理) 冬がきた。
●日 時: 1月31日(金)10:00〜11:00

※各回終了後30分、絵本のアドバイスや参加者の交流タイムを予定しています。お時間のある方はゆっくりしていってくださいね。

≪講 師≫ ※内容、場所、講師などが変更になる場合もございます。
西浦 美佳(アトリエぽっか主宰)
阿部 直子(Smile fit主宰)
・鈴木 めぐみ(バースデープランナー)
・西谷 和子(絵本専門士)

●定 員: 未就学園児(0〜3才) 親子15組/各回

●費 用: 500円/各回1組

●その他: 動きやすい服、汚れてもいい服でおでかけください。飲み物は各自でご準備ください。

【申込み・問合せ】 
子育て応援サークルこっころ (担当:西谷)
申込み: ホームページまたはメールまたは電話にて
メール: nishitanni@mama.plala.or.jp TEL: 090-4598-8674