CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年04月04日

「第30回スプリングコンサート」開催のお知らせ

2019年04月04日(木)

主 催: 特定非営利活動法人宇都宮ピアノ研究会
「第30回スプリングコンサート」開催のお知らせ

宇都宮ピアノ研究会・スプリングコンサートについて
市内を中心に、音楽教室や演奏活動を行なっている皆さんで組織している、特定非営利活動法人「宇都宮ピアノ研究会」の皆さんが主催する年1回のコンサートです。  自分達の活躍の場を自分達でつくり、広く音楽の素晴らしさを観客の皆さんと演奏者の皆さん、活動を支えられている皆さんで共感する場として、来場無料で長年に渡り開催されているコンサート事業です。

20190413-tou-piano_spring.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 4月13日(土) 13:30開演〜16:30終演予定(13:00開場)

●会 場: 宇都宮文化会館 小ホール(栃木県宇都宮市明保野町7-66)

●入場料:無料

【参考URL】
宇都宮ピアノ研究会「第29回スプリングコンサート」取材報告

≪プログラム≫
20190413-tou-piano_spring2.jpg
※クリックすると拡大します。

◆山崎範子(ピアノ)
・ショパン:ノクターン第20番嬰へ短調 遺作
・リスト:愛の夢 第3番 ラ・カンパネラ
◆菅井 綾子(ヴァイオリン)・塚越 弘子(ピアノ)
・ショーソン:詩曲(ポエム)
◆加藤 里佳子(ピアノ)
・ショパン:バラード第1番 Op.23
◆品田 紀子(ピアノ)・高橋 恵子(ピアノ)
・サン=サーンス:「動物の謝肉祭」より
 水族館 森の奥に棲むかっこう 化石 白鳥 終曲
        〜〜〜〜〜休憩〜〜〜〜〜
◆塚越 弘子(ピアノ)
・ベートーベン:ピアノソナタ第24番嬰へ短調 Op.78「テレーゼ」
・第1楽章 Adagio cantabile-Allegro ma non troppo
・第2楽章 Allegro vivace
・ノルドグレン:「小泉八雲の怪談によるバラード」より≪お貞≫
◆阿部 久美(ピアノ)・金澤 玲子(ピアノ)
・ブルクミュラー:後藤ミカ編曲 ブルクミュラーでお国メドレー

20190413-tou-piano_spring3.jpg
※クリックすると拡大します。

◆高橋 恵子(ピアノ)
・ドビュッシー:「子供の領分」
・グラドゥス・アド・パルナッスム博士 象の子守歌
・人形のセレナーデ 雪は踊る 小さな羊飼い
・ゴリウォーグのケークウォーク
◆櫻井 正隆(尺八)・品田 紀子(ピアノ)
・福田蘭堂:夕暮れ幻想曲
・ヘンリー・マンシーニ:高橋恵子編曲 ひまわり
・ショパン:別れの曲
         〜〜〜〜〜休憩〜〜〜〜〜  
◆齋藤 愛未(ピアノ)
・バッハ:「パルティータ2番」より Sinfonia
・カスキ:野の小川にて
◆鈴木 里香(ソプラノ)・金澤 玲子(ピアノ)
・ヨハン・シュトラウス:春の声
・中田 喜直:三好達治作詞 桐の花
◆品田 紀子(ピアノ)
・ドビュッシー:「ベルガマスク組曲」より 前奏曲 月の光 パスピエ
◆稲垣 禮子(ピアノ)
・シューベルト:即興曲 Op.90-No.3

●後 援: 栃木県教育委員会、宇都宮市教育委員会、下野新聞社、(株)上野楽器

●協 力: 宇都宮市まちづくりセンター

【問合せ】 NPO法人宇都宮ピアノ研究会
TEL:028‐627‐1796  代表者(高橋):080-5446-1796

2019年04月03日

みやシニア活動センター「ライフプラン支援講座」開催のお知らせ

2019年04月03日(水)

みやシニア活動センター「ライフプラン支援講座」
〜シニアライフをアクティブに生きるヒントが満載〜

lifeplan.jpg lifeplan2.jpg
※クリックすると拡大します。

■対象者: おおむね50歳以上のシニア世代の方々
■講 師: キャリアコンサルト(NPO日本キャリア・コンサルタント協会栃木県事業部所属)
■会 場: 宇都宮総合福祉センター8階談話室

●テーマ:【@ライフプランの必要性】【A豊かなシニアライフを送るために】
●日 時: 4月13日(土),6月8日(土)、8月14日(水) 10:00〜12:00
●主な内容: 生きがい実現のための生活基盤、ライフスタイル診断による人生改革づくり、豊かなシニアライフを送るためにポイントとなる思考や行動を具体的に描きます。

●テーマ:【Bシニア世代のコミュニケーション】
●日 時: 4月24日(水),6月26日(水),8月24日(土) 10:00〜12:00
●主な内容: 良好な人間関係に不可欠なコミュニケーションを理解し、コミュニケーション力診断を用いて上達法や心の状態・変化などについて学びます。


●テーマ:【C老後資金と年金情報】【D介護知識と必要な費用】
●日 時: 5月11日(土),7月13日(土),9月14日(土) 10:00〜12:00
●主な内容:老後に必要な資金の総額、シニア層が知っておきたい年金知識、介護サービスを受けられるまでの手順、サービスの種類、地域包括ケアの仕組みについて学びます。


●テーマ:【Eエンディングノートの活用法と相談窓口】【F元気なうちから介護予防】
●日 時: 5月22日(水),7月24日(水),9月25日(水) 10:00〜12:00
●主な内容: エンディングノート記入のポイントや記載項目、危機管理チェックシートを用いた将来への備え、ロコモ&フレイルチェックによる介護予防などについて学びます。

※講座のテーマは@〜Fまでのシリーズです。全てを受講されることをお勧めしますが、受講したいテーマのみでも、どこからスタートしても生きるヒントは満載です。

■定 員: 各10名(先着順,予約制)

■申込み: 随時受付。電話またはFAX・Eメールで、住所、氏名、年齢、電話番号を明記してみやシニア活動センターへお申し込みください。

■問合せ・申込み: みやシニア活動センター(保健福祉部 高齢福祉課内)
〒320-8540  宇都宮市旭1-1-5 市役所2階 D8窓口
開設時間 午前8時30分〜午後5時15分(月〜金)

電話 028-632-2368/FAX 028-639-8575
Eメール miyasenior@city.utsunomiya.tochigi.jp

2019年03月27日

登録団体共催 ドキュメンタリー映画「道草」試写会開催のお知らせ

2019年03月27日(水)

登録団体共催 ドキュメンタリー映画「道草」試写会開催のお知らせ

20190330-michikusa.jpg 20190330-michikusa2.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2019年3月30日(土)13:30〜16:25(13:00受付)

●会 場: パルティ とちぎ男女共同参画センター ホール(宇都宮市野沢町4-1)

 たったひとりの世界では、自分は見えない。道草をしながらふたりで歩く散歩は、この世界とつながり、相手の瞳に自分を映し出す時間。 こんな時間をすべての人が持つことができたら、わたしたちはもっと優しくなれるだろう。 纐纈あや(映画監督)

ドキュメンタリー映画【道草】概要・・・ 
 知的障がいがある人の暮らしの場は少しずつ広がっていますが「重度」とされる人の多くは未だ入所施設や病院、親元で暮らしているのが実情です。 そんな中、2014年に重度訪問介護制度の対象が拡大され、重度の知的・精神障がい者もヘルパー(介助者)付きでひとり暮らしが出来る可能性が広がりました。

 本作では、自閉症で重度の知的障がいがあり、自傷・他害といった行動障害もある人が地域のアパートや一軒家で介護者と「ひとり暮らし」を送る日常がユーモラスに、時にシリアスに描かれています。 また相模原障がい者殺傷事件で被害に遭い重症を追った尾野一矢様が、ご両親と地域生活を目指して模索する姿も映し出されます。 この街で、誰もがともにあるために。あたらしい暮らし方が始まっていることを多くの方に知っていただく機会になれば幸いです。

【当日プログラム】
13:30〜 開会の挨拶  13:35〜上映(95分)バリアフリー字幕付き
15:10〜 休憩     15:25〜トークショー(60分) 
16:25〜 閉会の挨拶

※試写後トークゲスト: 岡部 耕典氏(早稲田大学教授)、末永 弘氏(自立生活企画)

●申込締切: 前日17:00までにTELまたはFAXにて。 ※会場準備の関係上、呼吸器用電源を必要とする方、その他の配慮が必要な方は電話でお伝えください。

●主 催: 全国自立生活センター協議会

●共 催: まちぴあ登録団体:NPO法人自立生活センターとちぎ

●助 成: 公益財団法人キリン福祉財団

【問合せ・申込み】
登録団体: NPO法人自立生活センターとちぎ
TEL/FAX: 028‐638‐2538 MAIL: ciltochigi@silver.plala.or.jp

2019年03月16日

とちぎセルフヘルプ情報支援センター「平成最後のワンコイン講座」開催のお知らせ

2019年3月16日(土)

 まちぴあ登録団体であり、オフィス入居団体でもある「とちぎセルフヘルプ情報支援センター」さんが実施しているワンコイン講座(通称:渡邉ゼミ)のお知らせです。

 以下、会の紹介及び、講座内容を記載いたしますので、興味関心のある方はご参照、ご参加下さい。

★★★  ★★★  ★★★

 とちぎセルフヘルプ情報支援センターは、2000年10月15日に、日本で5番目に設立されたセルフヘルプ・クリアリングハウスです。今年で18年目を迎え、今後、更なる活動を展開していければと、ボランティア・スタッフ一同思案しています。

当センターの主な事業は、
@セルフヘルプグループを必要としている県民の皆さんへの情報提供
Aセルフヘルプグループの設立支援
Bセルフヘルプグループに関する知識の普及・啓発活動
Cセルフヘルプグループ間の交流支援

の4点です。

本年も「どん底大会」や「セルフヘルプセミナー」等、様々な企画を実施しており、その一環として行っているゼミ形式の講座です。参加資格などは一切設けておりませんので、興味関心のある市民、県民の皆様のご参加をお待ちしています。

■日 時
 ・2019年3月28日(木)19:00〜21:00

■会 場
 ・とちぎ福祉プラザ 403会議室

■講 師
 ・渡邉 厚司
(とちぎセルフヘルプ情報支援センター代表、マロニエ医療福祉専門学校作業療法学科長)

■使用テキスト
 「日常臨床語辞典」(監修:北山 修、編:妙木 浩之)

 ※オリジナルの資料も配布しますので、テキストがなくても参加可能です。

■申込&問い合わせ
 ・とちぎセルフヘルプ情報支援センター
    メール tshc@live.jp

■その他
 事前にメールでの申し込みも必要としていませんので、当日、参加も大歓迎です。

2019年03月12日

「第12回うつのみや大道芸フェスティバル」開催のお知らせ

2019年3月12日(火)

うつのみや大道芸フェスティバル実行委員会
『第12回うつのみや大道芸フェスティバル』
    〜うつのみやが笑いにつつまれる〜開催のお知らせ

2019031617-daidougeifes.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 3月16日(土),17日(日)11:00〜17:00

●会 場: オリオンスクエア、東武宇都宮百貨店
      6階屋上憩いの広場、オリオン通り内各所にて

出演パフォーマー紹介◆ (五十音順・敬称略)
・アストロノーツ Mark2:スタチュー
・アートパフォーマー☆ファイター☆:ライブペイント・スプレーアート
・idio2:スタイリッシュコメディ
・エル:バルーンエンターテイメント
・おろしぽんづ:コーンジャグリング
・紙磨呂:マジック
・くす田くす博:サイエンスコメディ
・サンキュー手塚:パントマイム
・SUKE3&SYU:新感覚アクロバット
・SEOPPI:スポーツスタッキング・ジャグリング
・ゼロコ:ティータイムコメディ
・大道芸人ジーニー:コメディ
・はんべす:仲良しコメディ
・三雲いおり:コメディジャグリング
・油井ジョージワンマンバンド: 1人同時演奏芸
・りずむらいす:リズム&バラエティショー
≪チャレンジ枠≫ 活動歴 5 年未満のフレッシュなパフォーマー
・clown ものまる:ジャグリング ・ クラウン
・大道芸人すごろく:ジャグリング ・ ダイススタッキング
・加藤ひろみち:サイレントコメディ
・高橋 翔馬:けん玉 ・ 傘
・フォトジェニックスタチュー エトランゼ:スタチュー
≪地元パフォーマー≫
talattalatta:ミニサーカス ・ クラウン ・ ジャグリング
バルーンパフォーマー さくら:バルーン
MESSE:リフティングパフォーマンス
柳貴川 起助:紙切り

【申込み・問合せ】
うつのみや大道芸フェスティバル実行委員会事務局
(オリオンスクエア管理事務所内) TEL: 028‐634‐1722

2019年03月06日

「高校生のための未来づくりカフェ」開催のお知らせ

2019年03月06日(水)

「高校生のための未来づくりカフェ」開催のお知らせ

高校卒業後の人生、どう生きたいか、考えたことはありますか?テスト勉強の息抜きに、カフェで一息つくようにワクワクする未来のこと、考えてみよう。

20190309-koukouseimiraicafe.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2019年3月9日(土)11:00〜13:45

●会 場: 高根沢町中央図書館 公民館1F カルチャールーム(高根沢町大字宝積寺1220-2)

≪当日スケジュール≫
10:45 開場  11:00〜11:30 挨拶とアイスブレイク

11:30〜12:15 ゲストスピーカーのお話
・高根沢町出身大学生 星野 洸太さん
・地域おこし協力隊: のぶおさん
・Gufo Cycle Works 代表: 中里 聡史さん

12:15〜12:45 感想シェア&考察タイム
12:45〜13:15 ORIORIタイム(夢鶴プロジェクト)
13:15〜13:45 フリートークタイム 13:45 終了予定

●対 象: 高根沢町近郊に在住・通学している高校生

●参加費: 無料

●申込方法:参加申込みフォームより

【問合せ】 kotomi.ogawa@gmail.com

2019年02月26日

ともしびプロジェクト宇都宮「ココロツナガル3.11in2019」開催のお知らせ

2019年02月26日(火)

【赤い羽根共同募金 東日本大震災広域避難者支援助成事業】
ともしびプロジェクト宇都宮 『ココロツナガル3.11in2019』開催のお知らせ
〜あの日から8年・・・キャンドルに想いと笑顔のヒカリを〜

0311kokorotunagaru.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 3月11日(月)18:00〜19:50

●会 場: オリオンスクエア(宇都宮市江野町8-3)

【参考URL】まちぴあブログ 取材の様子
「オモイツタエル 3.11 〜ともしびプロジェクトinうつのみや2017〜」

≪プログラム≫
〇「3.11から共に笑顔で」
〇『つながる!!笑顔の輪』
(キーボード演奏)吉澤琴音さん(栃木県立盲学校)
◆参加団体の活動PR
〇『広がる笑顔!!宇都宮から、灯そう』/参加者の皆さん全員で点灯
〇『笑顔写真展』菅野千代子さん(福島県浪江町)
           釜石 望鈴さん(岩手県大槌町)
※手話通訳要約筆記あり

★キャンドルホルダーにメッセージやイラストをお寄せください。
・「東日本大震災の被害にあった地域や人々への想い」
・「笑顔をもらえる(笑顔にしたい)大切な方への感謝の気持ち」など
現在まちぴあ窓口でキャンドルホルダー設置しています。当日参加できない方はご来館ください。

★当日14:00以降にメッセージ記入ブース設置予定です。(先着200人)
★その他、ボランティア団体による出店あり。
★当日会場設営などにご協力頂ける「ボランティア募集」しています。

●主 催: ともしびプロジェクト宇都宮支部、栃木避難者母の会

●後 援: 下野新聞社

問合せ:ともしびプロジェクト宇都宮支部
電 話: 050-5359-0412(18:00〜22:00)

2019年02月21日

プチ・マルシェ<フェアトレード×コミュニティトレード>開催のお知らせ

2019年02月21日(木)

まちなか・せかいネット−とちぎ海外協力NGOセンター主催
プチ・マルシェ<フェアトレード×コミュニティトレード>〜来て、見て、体験! 支えあう社会〜

 人とひとが地域で動いたり、モノで繋がっていき、その輪を大きくしていったら、お互いの顔が見えるようになるでしょう。 身近な人も遠くにいる人たちも、共につながり、支えあっていけるフェアトレードとコミュニティトレードで真のグローバル社会にするヒントを体験してください。

20190224-puchimarusye.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2019年2月24日(日)10:00〜15:00

●会 場: オリオンACぷらざ(宇都宮市江野町3−10)

【ワークショップ】
体験を通して地域でのつながり方やチョコを通して世界のことをちょこっと知ろう!

10:30〜12:30 「地域通貨」を体験
地域通貨の先進地域、神奈川県相模原市藤野町からやってきた新しい経済システムを経験するワークショップ!ストレスのない与えあう経済とは?

12:40〜13:20 「チョコっとチョコづくり」
定員:10 名 参加費:300 円
チョコを作って、その原料のカカオの収穫と児童労働を覗いてみよう!

13:30〜14:30 「ちょこっとチョコを学ぼう!〜チョコレートの一生をたどってみよう〜」
チョコレートがどのようにして私たちのもとに届くのかな?※ワークショップ参加希望者は、事前に申し込み下さい。当日の飛び込みも歓迎。(チョコは定員制)

【マルシェ】
地域や世界で支えあう活動をしている団体が出店。産品は安心なもので生産者の顔が見えてくる!

アジア学院: コーヒー、醤油、人参ジュース、ジャム、クッキー
アーシャ: モリンガパウダー、ヒマラヤ岩塩、インド手芸品
カケハシーズ: フェアトレードの「まちチョコ」、バングラデシュとネパールの手芸品
ベーカリーKANEDAYA: パンいろいろ、モリンガ入りも!
大豆の館:  豆腐いろいろ
とちぎYMCA: 北タイ手芸品、フィリピンの布絵本
猫柳雑貨店: フェアトレードチョコレート、マスコバド糖(フィリピン)、山羊革製品(インド)、チャイパック(インド/スリランカ)
野菜:季節の野菜いろいろ
まちなか・せかいネット: フェアトレード・コーヒー

【昼食】カメルーン料理はいかが?
アジア学院が提供する スペシャル メニュー
500円 (30 食限定)

【問合せ】まちなか・せかいネット−とちぎ海外協力NGOセンター
TEL: 080−4195−7177(大浦)

2019年02月18日

栃木県社協主催研修「CSRで企業は強く、地域はより良く〜寄付による社会貢献のあり方」

2019年2月18日(月)

 栃木県社会福祉協議会が主催する「平成30年度ボランティア活動リーダー養成研修会」のお知らせです。

 今回のテーマは、企業のCSRと寄付について学ぶ内容です。講師を務めるのは、まちぴあ登録団体でもある、岩井俊宗氏(特定非営利活動法人とちぎユースサポーターズネットワーク代表理事)。非営利団体としての活動歴と、活動を展開・運営する中で、様々な企業の皆さんとの関係性を構築しながら、色々な事業を実施してきた講師による講義、講演です。

 ぜひ、ご参加下さい。

■目 的
 今日、企業のCSR(企業の社会的責任)に関する取り組みが、日本の企業に浸透してきている中、自らの経営資源を有効に活用するとともに、市民、消費者や従業員の理解と協力を得て、地域課題の解決や支援に一緒に取り組む活動が増えてきています。
 その中に、「寄付」により、ビジネスと社会貢献活動を両立させ、企業と福祉団体が一緒に社会を良くしていく活動が、全国に広がっています。そこで、企業の社会貢献活動を推進する手段の一つとして、「寄付」について学ぶことにより、県内企業の社会貢献活動の活性化を図り、もって地域の課題解決につなげることを目的としています。

■研修概要
『CSRで企業は強く、地域はより良く〜寄付による社会貢献のあり方〜』

 ・講師 特定非営利活動法人とちぎユースサポーターズネットワーク
                    代表理事  岩井 俊宗氏
(内 容)
 ・CSRの新しい流れ  
 ・日本における寄付の歴史、現状、課題、外国との比較
 ・寄付プログラムの種類と紹介(カネとモノについて)
 ・企業にメリットのある寄付の仕方。寄付先など(カネとモノについて)
 ・企業による寄付の先進的な事例紹介
 ・NPO・ボランティア団体にとってのファンドレイジングについて
                      (意義や目的、手法など) 他

■主 催 
 ・社会福祉法人栃木県社会福祉協議会
 ・栃木県ボランティア活動振興センター

■後 援(予 定)
 ・一般社団法人栃木県経営者協会

■日 時 
 ・2019年3月1日(金)
   13:30〜16:00(受付13:00〜)

■会 場
 ・とちぎ福祉プラザ 2階 第2研修室
       (宇都宮市若草1−10−6)

■対象・定員・参加費
 企業(経済団体を含む)ご担当者、中間支援施設職員、社会福祉協議会職員、
 その他企業の社会貢献活動に関心のある方                等

■参加費
 ・無 料

■参加申込みの際のお願い
 ・締切は、2019年2月25日です。
 ・電話での申し込みの場合には、「ご所属」「ご指名」をお知らせ下さい。

【申込先】
 社会福祉法人栃木県社会福祉協議会
      地域福祉・ボランティア課(担当:佐藤・津布久)

 〒320-8508 宇都宮市若草1-10-6 とちぎ福祉プラザ
            栃木県ボランティア活動振興センター
    TEL:028(622)0525
    FAX:028(621)5298

(記事投稿:小倉)

第7回「どん底大会」開催&スピーカー大募集!

2019年2月18日(月)

 まちぴあ登録団体でもあり、オフィス入居団体でもある「とちぎセルフヘルプ情報支援センター」さんが主催する、分かち合いイベントのお知らせです。

 興味関心のある市民の皆さんは、当日の参加に加え、募集されているスピーカーとしての協力も含みご参照下さい。

donzoko1903.jpg


  ★ウェブサイト掲載中のチラシ(PDF)はこちらです★


■催事タイトル
 「第7回どん底大会」

■内 容
 「どん底」ーーー。きっと、誰もが避けたいとの思いを抱く言葉。しかし、「底」にまつわる正直で誠実なメッセージ(すったもんだ談、失敗談など)は、分かち合い者の心に静かに降ります。
 そしていつしか、わかちあえた者自身の「力」になっていることに気が付きます。この力こそが、「底力」の源なのかもしれません。
 「底」にまつわる分かち合いの場で、あなたを待ちしています。

■日 時
 ・2019年3月17日(日) 12:20〜16:45(開場12:00)

■会 場
 ・宇都宮市総合コミュニティセンター
     (所在地:宇都宮市明保野町7-1)

■定 員
 ・150名(入退場自由)

■参加費
 ・無 料


★スピーカー(体験談発表者)大募集★
【スピーカー募集要項】
 ・対 象:生きづらさを感じている当事者
      (メンタルヘルスの問題を抱える当事者またはその家族)

 ・話すテーマ:自身の底にまつわるもの(すったもんだ談、失敗談)
        話す時間:一人15分以内

 ・募集人数:12名
   (応募多数の場合、お住いの地域等を考慮した上で先着順で決定させて頂きます)

 ・表 彰:どん底大賞 1名、準大賞 1名、特別賞 若干名

 ・申込方法:メールか、はがきにて下記、問合先まで。
       「申込者氏名」「お話し頂くテーマ」「連絡先」を必ず明記して下さい。

【はがき郵送先】
 ・〒321-0954 栃木県宇都宮市元今泉5-9-7 宇都宮市まちづくりセンター内
         とちぎセルフヘルプ情報支援センター どん底大会事務局

【メール送信先】
 ・とちぎセルフヘルプ情報支援センター
    メール tochigi.self.help.c@gamil.com

【締め切り】
 ・2019年3月5日(火)必着

【その他】
 ・匿名(アノニマス・ネーム)での発表も可。
 ・自薦、他薦とも大歓迎。
 ・発表者には、3月9日(土)までに、ご連絡差し上げます。
 ・この催事に関する詳細について、本ブログを運営している「まちぴあ」ではお応え
  しかねます。参加、問合せについては主催の「セルフヘルプ情報誌援センター」に
  お願い致します。

(記事投稿:小倉)