CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年02月16日

「地域デザインセンターシンポジウム 地域×デザイン×大学〜」開催のお知らせ

2018年02月16日(金)

宇都宮大学 地域デザイン科学部附属 地域デザインセンターシンポジウム 開催のお知らせ
「地域×デザイン×大学〜地域をつなぐ 未来につながる〜」

第2回地域デザインセンターシンポジウムは、地域と学ぶこと、地域で学ぶこと、とはどういうことなのかを、学部教職員を対象にした「地域連携プロジェクト」事業の事例報告や、平成30年度から開始される「地域プロジェクト演習」の準備状況報告、地域創生系学部の学生を招いた学生ディスカッションから会場の皆さまと共に考えてみたいと思います。

2018utidesinsym.jpg 2018utidesinsym2.jpg
※クリックすると拡大します。

昨今、少子高齢化を伴う人口減少は、現実的な問題として暮らしのさまざまな場面で実感されるようになってきていmす。 人口減少期における豊かな地域社会の実現に向け、地域と大学のこれからのあり方を地域の皆さまと共に考える場として、本シンポジウムを行います。

●日 時: 2月21日(水)13:00〜16:00(受付12:30〜)

●会 場: 宇都宮大学陽東キャンパス アカデミアホール(宇都宮市陽東7-1-2)

≪プログラムについて≫
第1部: 地域デザインセンター活動報告
〜地域プロジェクト演習開始に向けて〜

第2部: 地域連携プロジェクト成果報告
〜多様な地域課題と教育研究の間で求められる連携のかたち〜
・進 行: 佐藤 栄治(建設都市デザイン学科准教授)
(1)地域メディアの開発と実践
・コミュニティデザイン学科教授 大森 玲子
(2)子育て安全ミシュランで地域の価値を高める
・建設都市デザイン学科助教授 糸魚川 高穂
(3)栃木市中心部の水辺景観に配慮した
グリーンインフラによる治水および水循環改善効果の検討
・社会基盤デザイン学科 教授 池田 裕一 

第3部: 学生たちによるパネルディスカッション
「TEIDAN 地域創生系3大学のリアル」
(1)各大学における活動報告 (2)パネルディスカッション
地域創生系学部の学生が今、具体的に何を見据えて何を学んでいるのか。高知大学地域共同学部、宮崎大学地域資源創生学部、そして宇都宮大学地域デザイン科学部の3者が、地域での活動を通じた学びを持ち寄り、相互に発信し情報交換を行います。
・進 行: 大森 悠司 コミュニティデザイン学科2年

「地域連携プロジェクト成果報告」
パネル展示:12:00〜16:00(ポスターセッション:14:00〜14:30)
当日、同会場エントランスにて平成29年度に実施された15件の地域連携プロジェクトの成果についてパネルを展示しております。ご自由にご覧ください。また14:00〜14:30までは報告者がパネルの前に立ちますので、直接意見交換していただけます。

●対 象: 一般・学生 
●定 員: 200名 ●参加費: 無料
※当日参加も可能、定員になり次第締切

【申込み・問合せ】
宇都宮大学 地域デザイン科学部附属 地域デザインセンター
申込方法:@ご所属、Aお名前、Bご連絡先をFAXまたはメールでお送りください。
TEL: 028-689-6238 FAX: 028-689-6237 
メール: rdc@cc.utsunomiya-u.ac.jp

2018年02月13日

第19回 青少年の自立を支える会コンサート開催・ボランティア募集のお知らせ

2018年2月13日(火)

第19回 青少年の自立を支える会コンサート
「日米トップミュージシャンによる極上のラテン・ジャズ・ユニットMAMBO INN(マンボ イン)」

jiritu.jpg
※クリックすると拡大します。

★★★このコンサートは、出演者の無料出演の協力を得て開催するチャリティコンサートです。収益は、宇都宮市内の社会的養護施設等の運営費用として、親からの虐待などで家庭において適切な養育を受けることができない子どもたちを支援するために使われます。★★★

ラテンの王様として君臨した故ティト・プエンテの楽団でサックスを担当していたスティーブ・サックスが結成したラテン・ジャズ・ユニット! ラテン・ジャズ・スタンダードや世界の名曲をマンボやラテン・ジャズにアレンジしたご機嫌な演奏をお届けします!

●日 時: 2018年2月25日(日)開演15:30(開場15:00)

●会 場: 宇都宮市文化会館 大ホール(宇都宮市明保野町7−66)

『青少年の自立を支える会コンサート』ボランティア募集(2/23締切)

≪出 演≫ 
・MAMBO INN(ラテン・ジャズ・ユニット)
・石川典子と仲間達(アフリカンダンス&ミュージックチーム)
・宇都宮ワールドソウルコーラス

●チケット: 1,000円(全席自由)
※3歳以下無料(無料託児コーナーあり) 、チケット購入:コンサートチケットは、自立援助ホーム「星の家」と各プレイガイドなどでお求めになれます。また、郵便振込でもご購入できます。

【取り扱い店でのご購入 】
・自立援助ホーム「星の家」  ・宇都宮市文化会館プレイガイド
・下野新聞NEWS CAFE    ・栃木県総合文化センタープレイガイド
・FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店2階
・FKDショッピングプラザ宇都宮3階  ・上野楽器店本店  ・協賛団体ほか

【郵便振替でのご購入 】郵便払込取扱用紙に次のように必要事項をご記入の上、お近くの郵便局よりご送金ください。
[口座記号・番号]  00120−1−427609
[加入者名]  青少年の自立を支える会(コンサート)
[通信欄]  *チケットご購入枚数と合計金額をご記入ください。
(ご記入例)コンサートチケット(1,000円) × ○○枚=○○,○○○円
なお、領収書が必要な場合には「領収書要」などとご記入ください。
[ご依頼人] ご住所、お名前、電話番号

・お振込が確認でき次第、ご依頼人宛にチケットを郵送(送料本会負担)いたします。
・なお、チケットがお手元に届くまでにはお振込日から10日間程度要しますので、お早目にお申込みをお願いします。

【問合先】
自立援助ホーム「星の家」(認定NPO法人青少年の自立を支える会 )
〒320-0037 栃木県宇都宮市清住1-3-48
TEL: 028-666-6023

2018年02月09日

「Resonanz Barock Consort in文化財VOL.3」開催のお知らせ

2018年02月09日(金)

レゾナンツ・バロック・コンサート
「Resonanz Barock Consort in文化財VOL.3」〜歴史的建造物と古楽器アンサンブル〜

Resonanz(ドイツ語で“共鳴”)の名前には、音楽と空間と人々が調和し共鳴するようにと願いを込めました。 VOL.3は、国際的に第一線で活躍する音楽家のよる“古楽オーケストラ”とソプラノの歌声が、峰が丘講堂(文化庁登録有形文化財)で共鳴します。

Resonanz Barock.jpg
※クリックすると拡大します。

※大変恐れ入りますが、駐車場のご準備がございません。公共機関をご利用になってのお越しをお願い致します。近隣店舗駐車場への駐車はご遠慮ください。

●日 時:2018年2月18日(日)15:00〜開演(14:30開場)

●場 所: 宇都宮大学 峰キャンパス 峰が丘講堂(宇都宮市峰町350)

≪出演者≫Resonanz Barock Consort Players
・小倉 麻矢(ソプラノ)    ・細岡 ゆき(リコーダー)
・大塚 照道(リコーダー)   ・天野 寿彦(ヴァイオリン)
・熊谷 モニカ(ヴァイオリン) ・奥村 琳(ヴァイオリン)
・堀 晶子(ヴァイオリン)   ・吉田 爽子(ヴィオラ)
・森田 叡治(チェロ)     ・藤井 美雪(チェンバロ)

≪プログラム≫
・J.S.バッハ/ヴァイオリン協奏曲 イ短調 BWV1041
・J.S.バッハ/ブランデンブルグ協奏曲 第4番 BWV1049
・J.S.バッハ/カンタータBWV147より“主よ、人の望みの喜びよ”
・J.S.バッハ/ソプラノのアリア「BWV147、ロ短調ミサ、マニフィカト」より
・J.バッヘルベル/カノン・ジーグ  他

≪チケット販売≫
宇都宮市文化会館プレイガイド: 028-634-6244
栃木県総合文化センタープレイガイド: 028-643-1013
東京古典楽器センター: 03-3952-5515

≪チケット料金≫
・一般前売り: 2,000円/一般当日2,500円
・学生(中学生以下): 1,500円(前売り・当日共有)
・小学生以下: 1,000円(前売り・当日共有)

●主 催: レゾナンツ・バロック・コンサート
●協 力: 宇都宮市まちづくりセンター
●後 援: 宇都宮市、宇都宮市教育委員会、とちぎ日独協会、宇都宮市障害者福祉会連合会、下野新聞社

【問合せ】
レゾナンツ・バロック・コンサート
メール: resonanzbarock@gmail.com  TEL : 090-1302-2873

2018年02月08日

企業の協働参加促進事業「企業とNPO等との協働対話フォーラム」開催のお知らせ

2018 年2月8日(木)

企業の協働参加促進事業「企業とNPO等との協働対話フォーラム」
〜地域づくりの課題解決に向けて、企業とNPO等が協働の可能性を探る出会いの場です。〜

企業とNPO.jpg  企業とNPO2.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2018年3月8日(木)13:00〜16:30(開場12:30) 締切:2月15日(木)

●場 所: 栃木県庁東館4階 講堂(宇都宮市塙田1丁目1−1−20)

≪プログラム≫
第一部:基調講演(13:10〜14:00)
「新たな視点から新たな価値を創造する連携・協働」
講 師: 長沢 恵美子氏(一般社団法人日本経済団体連合会 教育・CSR本部統括主幹)

プロフィール:1983年、経団連事務局入局。。96年から企業の社会貢献活動の推進を担当。03年からは企業の社会的責任(CSR)の推進も担当し、ISOにおける社会的責任の規格づくりに参加する経済界代表をサポート。09年研修や出版などの事業を行う経団連事業サービスに出向。17年4月から現職。2017年11月の企業行動憲章の確定作業を担当。社会的課題解決には、マルチステークホルダーの連携が鍵と信じている。

第二部:企業とNPO等との協働相談会(14:10〜16:30)
協働相談会は、企業とNPO等が今後の具体的な協働の可能性について、直接相談していただくものです。
※なお、相談会会場の都合上、参加者申込者多数の場合、先着順となりますことを予めご了承下さい。

●定 員: 100名 ※参加費:無料 

●主 催: 栃木県  

●実 施: とちぎ協働デザインリーグ

【問合せ・申込み】
とちぎ協働デザインリーグ(〒320-0032 栃木県宇都宮市昭和2-2-7)
問合せTEL: 028-623-3455
申込みFAX: 028-623-3465
申込みメール: popola@tochigi-vnpo.net

2018年01月28日

トチギ環境未来基地主催「1週間ワークキャンプ〜がっつり&学べる特別プログラム〜」開催のお知らせ

2018年01月28日(日)

NPO法人トチギ環境未来基地
『1週間ワークキャンプ〜がっつり&学べる特別プログラム〜』

NPO法人トチギ環境未来基地主催、合宿型のボランティアキャンプです。(ワーク=ボランティア作業、キャンプ=合宿)集まったボランティアメンバーとの共同生活とボランティア作業を行います。 みなさんで一緒につくる一週間です。 共に汗をかき、考え、笑い、最高の時間を過ごしましょう。

img156.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2018年2月8日(木)〜2月13日(火) ※日帰りや土日など部分参加可

●宿 泊: NPO法人トチギ環境未来基地事務局「明在庵」

◎主な活動内容
『子どもの森づくり』(2/8,2/9,2/12,2/13) 豊かな緑が残る茂木町の森です。一画の山を子どもたちが自然体験のできる場所に変えたい!という思いから「やっほうの森」の整備が始まりました。風と森の幼稚園あいうえおのみなさんが遊ぶ場所になります。

『チェーンソー&リーダーシップ講座』(2/10,2/11) チェーンソーや刈払機の安全な使い方・グループ活動の理論が学べます。1日目は森づくりの意識についての講座とチェーンソー、刈払機の安全講習、実技。2日目はリーダーシップトレーニング

◎参加費: 全参加5,000円(食費、宿泊費込み)
学生500円割引、現地集合の方500円割引、会員の方は1,000円割引
※割引の併用はできませんのでご了承ください。

●申込方法: 名前、フリガナ、年齢、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、参加日程(全日・部分参加等)を記入の上メールにて申込み。

【申込み・問合せ】
NPO法人トチギ環境未来基地 (担当:小川)
TEL: 0285-81-5373
メール: ogawa@conservation-corps.jp 

【その他イベント情報】
みんなも得する!落ち葉で寄付する!
パラワン島WORKCAMP〜自然を守る10日間〜
2018年冬のボランティア募集日程・プログラム

2018年01月26日

「コミュニティボランティア体験事業 2017報告会」開催のお知らせ

2018年01月26日(金)

若者が地域活動に参加して感じた生の声を聞いてみませんか?
「コミュニティボランティア体験事業 2017報告会」

コミュニティボランティア体験事業とは
 地域住民が行う様々な活動(高齢者や子どもの見守り活動、居場所づくり、お祭り、文化祭、防災・防犯活動、環境美化活動など)に若者グループが一定期間参加出来る機会を提供し、地域活動の重要性について理解を深めていただくとともに、若者が現在または将来の移住地でコミュニティの担い手として活躍できる環境づくりを目的とする事業です。

comibora.jpg  comibora2.jpg
※クリックすると拡大します。

 今年度は、宇都宮市今泉地区連合自治会(まちぴあ運営管理団体:宇都宮まちづくり市民工房実施)と真岡市田町を中心とした地域の方々のご協力を得て実施しました。 地域コミュニティ活動に若者視点を取り入れて活動することで、高齢化が進む地域のイベントに若者たちが集まり、さらなる若者の掘り起しへとつながることが期待されます。

●日 時: 2018年2月3日13:00〜15:30(受付12:30〜) 15:30〜交流会・自由参加

●会 場: 栃木県庁東館4階講堂(宇都宮市塙田1-1-20)

≪プログラム≫
●オープニングトーク:
「若者も地域も元気になるコミュニティづくりの秘訣!」
・講 師: 土崎 雄祐氏(宇都宮大学地域連携教育研究センター特任助教)
●コミュニティボランティア体験事業参加者からの発表
・2017参加者「コミュニティ活動から得たもの」
・2016参加者「体験事業〜その後〜」
●トークセッション「コミュニティを楽しく創る」
●交流会

【コミュニティボランティア体験事業コーディネーター】
◇総コーディネーター◇土崎 雄祐氏(宇都宮大学地域連携教育研究センター特任助教)
宇都宮大学卒業後、県内の市民活動支援NPOに就職。2013年に宇都宮大学着任。全学必修の地域志向科目や市民向けまちづくり人材養成講座のプログラム開発に従事するほか、自治体主催の市民講座や職員研修の企画立案の支援を行う。

◇in宇都宮コーディネーター◇小倉 克洋氏(認定NPO法人宇都宮まちづくり市民工房)
作新学院大学在学中にまちづくり研究会に所属。県内各地の小学校などで、バルーンアートなど趣味を活かした活動を行いながら、県内の市民活動支援NPOに就職し、イベントやボランティア体験プログラムの開催をはじめ、交流事業を担当している。

◇in宇都宮コーディネーター◇小松 優希氏(認定NPO法人宇都宮まちづくり市民工房スタッフ)
2013年から中間支援センタースタッフとして勤務し、高校生や大学生といった若い世代とまちづくりをつなぐ事業を担当しながら、自らも市民活動団体「うつのみや地域盛り上げ隊」を組織し活動を行っている。

◇in真岡コーディネーター◇長野 大輔氏(NPO法人ま・わ・たスタッフ)
2011年より中間支援センターに勤務しながら、まちづくりなどに積極的に参加・支援を行う。「人と自然の共存」、「楽しく生きがいある生活」を目標に多面的に活動中。

◇in真岡コーディネーター◇蒲谷 未来氏氏(NPO法人ま・わ・たスタッフ)
2017年より中間支援センターにアルバイトスタッフとして勤務。広報・集計などを担当しつつ、地域コミュニティビジネスやボランティアコーディネートを学ぶ。

【主催・申込方法】
●主 催: 栃木県
●事業委託/企画・運営実施:栃木県コミュニティ協会

【申込方法】 @氏名、A所属・団体名、B住所、CTEL・携帯番号、D若者に聞いてみたいこと記入の上、メール又はFAXにて申込み

【申込み・問合せ】
栃木県コミュニティ協会(栃木県県民生活部県民文化課内)
TEL: 028-623-2110 FAX: 028-623-2121 
メール: tochigi-community@rhythm.ocn.ne.jp

2018年01月25日

宇都宮屋台横丁「第11回チャリティ鍋」開催のお知らせ

2018年01月25日(木)

宇都宮屋台横丁「第11回チャリティ鍋」開催のお知らせ

charity.jpg
※クリックすると拡大します。

宇都宮屋台横丁(日野町通り)のご協力により本年も「チャリティ鍋」が開催されます。なんと、今年で第11回(11年目)となります。各店舗がチームを組んで交代で6種類の鍋を一杯100円以上から販売し、売上金は「宇都宮市市民活動助成基金」へ寄附されます。 

IMG_8263.JPG
※写真は昨年の様子です

『宇都宮市市民活動助成基金』とは、ボランティア活動やNPO活動を活発にし、全市的に広げていくため宇都宮市が設置している基金で、まちぴあ登録団体を始め、毎年多くの団体が助成を受けています。 宇都宮屋台横丁の各店舗の美味しい鍋を堪能し、同時に「市民活動支援」も出来ちゃうイベントです。ご家族、ご友人、お誘いあわせの上、ぜひご参加下さい!
 

●日 時: 2018年1月26日(金)19:00〜22:00

●場 所: 宇都宮屋台横丁(宇都宮市二荒町1−6)

●主 催: 株式会社村上、宇都宮屋台横丁

19:00〜 <ちたけすいとん鍋>   19:30〜 <ちゃんこ鍋>
20:00〜 <中華風肉団子スープ鍋> 20:30〜 <ちたけすいとん鍋>
21:00〜 <クリームシチュー鍋>  21:30〜 <豚汁鍋>

【参考URL】
・まちぴあブログ取材:宇都宮屋台横丁「第10回チャリティ鍋」
まちぴあブログ『宇都宮市市民活動助成金』カテゴリー

2018年01月23日

MCFキッズコンサートVol.3〜音楽のテーマパークへようこそ〜

2018年01月23日(火)

MCFキッズコンサートVol.3〜音楽のテーマパークへようこそ〜

MCFキッズ.jpg MCFキッズ2.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2018年2月11日(日) 0歳児以上10:30〜 就学児以上13:00〜

●会 場: 宇都宮短期大学長坂キャンパス須賀友正記念ホール(宇都宮市下荒針町長坂3829)

・0歳児向け公演10:30〜11:30(0歳も入場OK )
・就学児以上向け公演13:00〜14:30
 (未就学の兄弟姉妹も入場OK、年齢制限なし)

≪0歳児向け公演10:30〜11:30(開場10:00)≫
♪オーケストラをきいてみよう!
 ★スケーターズ・ワルツ  ★「アルルの女」よりファランドール
♪みんなでうたおう!おどろう!
 ★猫の二重奏       ★「となりのトトロ」よりさんぽ
♪オペラをきいてみよう!  
 ★「ホフマン物語」より人形の歌 他

≪就学児以上向け公演13:00〜14:30(開場12:30)≫
♪オーケストラをきいてみよう!
 ★スケーターズ・ワルツ    ★アイネ・クライネ・+ハトムジーク1楽章
 ★「アルルの女」よりファムランドール
♪みんなでうたおう!おどろう!
 ★猫の二重奏        ★ドレミの歌
♪オペラをきいてみよう!
 ★「ホフマン物語」より人形の歌 他

◇指揮: 阿久澤 政行(宇都宮短期大学音楽科専任講師、ピアニスト)

◇司会・歌: 西口 彰子(声楽家ソプラノ)

◇管弦楽: MCFオーケストラとちぎ

●入場料: 全席座席指定 チケット発売:12月15日(金)10:00〜
中学生以上1,500円、小学生以下500円 通し券無し、各公演要チケット
2歳以下ひざ上鑑賞無料(座席使用は有料)

●購入方法: 
MCFオーケストラとちぎwebサイト
・チケットぴあ(Pコード100-008)

●共 催: 宇都宮短期大学音楽科 ※宇都宮短期大学附属高等学校パティシェクラブの皆さんのご協力による、スイーツの販売予定
●協 賛: 株式会社足利銀行、株式会社栃木銀行、宇都宮ヤクルト販売株式会社
●協 力: 社会福祉法人鶴西会 つるた保育園

【問合せ】登録団体: MCFオーケストラとちぎ
TEL: 028-612-7761(月〜金・10:00〜17:00)
メール: mcf_orchestra@yahoo.co.jp

2018年01月11日

SIL主催「ベトナム語会話教室〜超初級編〜」開催のお知らせ

2018年1月11日(木)

ソーシャル・イノベーション・ラボ主催
「ベトナム語会話教室〜超初級編〜」開催のお知らせ

silbetonam.jpg
※クリックすると拡大します。

 コーヒーを飲みながら気軽にベトナム語を学んでみませんか?近頃、ベトナム語はとても身近な言語のひとつです。 初めての方も経験者も、学生もシニアの方も、みんなで仲良く楽しみながらお勉強しましょう。

●場 所: 宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」

●受 講 日 時:(全10回)月曜日 19:30〜21:00
@1月22日 A1月29日 B2月5日 C2月19日 D2月26日 E3月5日
F3月12日 G3月19日 H3月26日 I交流会[ベトナム料理店にて]

●講 師: 宇都宮市在中ベトナム人講師

●対 象: ベトナム語会話に興味のある方ならどなたでも

●定 員: 20名(先着順)

●受講料: \5,000-(テキスト料込)+懇親会(別途実費)

【申込み・問合せ】
ソーシャル・イノベーション・ラボ[通称:SIL=知る]
担 当: 薄井 携帯: 090-2936-7444
メール: 0629usui1215@gmail.com

2018年01月06日

とちぎセルフヘルプ情報支援センター「第6回どん底大会」開催のお知らせ

2018年01月06日(土)

とちぎセルフヘルプ情報支援センター「第6回どん底大会」開催のお知らせ
〜わたしの“どん底体験”が、あなたの「力」になる。
  あなたの“どん底体験”がわたしの「力」になる。〜

donzoko.jpg
※クリックすると拡大します。

●日 時: 2018年1月28日(日)13:00開会〜16:30閉会(12:45〜受付)

●会 場: 宇都宮市まちづくりセンター まちぴあ

◆スピーカー(体験談発表者)大募集
「どん底」。きっと誰もが避けたいと思う言葉。しかし、「底」にまつわる正直で誠実なメッセージ(すったもんだ談、失敗談)は、わかちあう者の“こころ”に静かに降ります。そしていつしか、わかちあえた者自身の「力」になっていることに気づきます。 この「力」こそが、「底力」の源かもしれません。「底」にまつわるあなたからのメッセージをお待ちしています。

≪スピーカー募集要項≫ 締切:2018年1月12日(金)まで ※必着
●対 象 : 生きづらさを感じ抱える当事者(メンタルヘルスの問題を抱える当事者またはそのご家族)

●テーマ : 自身の「底」にまつわるもの(すったもんだ談、失敗談)。発表時間はひとり15分以内です。

●募集人数: 10名(応募者多数の場合、お住まいの地域等を考慮した先着順で決定させていただきます)

●表  彰: どん底大賞1名、準大賞1名、特別賞若干名

●申込方法: 申込者の氏名・お話いただく簡単なテーマ(大失敗談など)・連絡先を必ず明記してください。メールもしくははがきにて【申込み・問合せ先】まで

●その他 :
(1) 匿名(アノニマス・ネーム)での発表も可
(2) 自推、他推とも大歓迎
(3) 発表者には2018年1月19日(金)までにご連絡差し上げます。

「とちぎセルフヘルプ情報支援センター」は、まちぴあの貸しオフィス入居・登録団体さんです。 「セルフヘルプ」とはうつ病や依存症など同じ悩みや問題を抱えた方々が集い、互いに自分の話をし分かち合う活動。情報支援センターさんでは情報をお伝えしたり、グループ作りの支援などを行っています。

●入場料: 無料 ※定員先着40名(直接会場にお越しください。)

●主 催: とちぎセルフヘルプ情報支援センター
●共 催: 栃木ダルク  ●協 力: 宇都宮市まちづくりセンター

【申込み・問合先】とちぎセルフヘルプ情報支援センター
メール送信先: tshc@live.jp

はがき郵送先: 〒321-0954 
栃木県宇都宮市元今泉5-9-7 宇都宮市まちづくりセンター内
とちぎセルフヘルプ情報支援センター どん底大会事務局宛