CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年06月22日

MCFオーケストラとちぎ「コンサート会議&音楽鑑賞教室」取材報告

2018年06月22日(金)

MCFオーケストラとちぎ「コンサート会議&音楽鑑賞教室」取材報告

 4月8日、宇都宮市清住に事務所を置く「一般社団法人MCFオーケストラとちぎ」にお伺いさせていただきました。 まちぴあ貸しオフィス団体としても活動されていた「一般社団法人MCFオーケストラとちぎ」、栃木県出身・在住やゆかりのある音楽家約90人で構成された、プロフェッショナル音楽団体です。 企業・個人の皆さまからの協賛金などを資金とし、音楽を愛するボランティアスタッフがそれぞれの仕事の合間を縫って事業を実施しています。 

20180408-mcf.JPG
コンサート会議の様子

 主催公演『MCFコンサート』や小さな子どもに本物の音楽を聴いてもらうことを目的として『MCFキッズコンサート』などを行っています。

 会議では『MCFコンサートVol.6 (8月11日(土)開演14:00(開場13:00)、栃木県総合文化センターメインホール)』に向けて、当日手順や準備、まちぴあ主催企画「学生ボランティア体験プログラム説明会(6月30日)」についても触れていただき、担当スタッフから詳しく説明も行いました。

 学生の皆さんに、普段体験する機会の少ないプロオーケストラ演奏会のスタッフとしてボランティア体験していただくことになっており、高校生や大学生などの皆さんにクラシックコンサートの良さや音楽を愛するボランティアスタッフの熱い思いを知ってもらいたいとご協力いただけることになりました。

20180620-mcf.JPG
ヴァイオリン、フルート、ピアノ、打楽器についてクイズ

 6月20日には城山東小学校にてMCFの活動の1つである音楽鑑賞教室が行われました。 音楽鑑賞教室は小・中・高等学校・特別支援学校を訪問し行っているもので2015年から始まり、これまで県内で23回ほど行ってきたそうです。

 今回はヴァイオリン奏者:亀田砂織さん、フルート奏者:西園文美さん、ピアノ奏者:中山里紗さん、打楽器奏者:澤田奏恵さんの4人が、全校生徒・保護者約150人に向けて演奏を行いました。

 演奏が始まる前には担当先生から児童の皆さんに、鑑賞する際の望ましい態度についてのお話や、校長先生の挨拶がありました。 プログラムの中では、演奏者から、手に持っているヴァイオリンがいつ出来たのか、フルートは木管なのか金管なのか、ピアノの鍵盤数、ステージ上にあるスネアドラム・マリンバ・カホン・トライアングル・ウインドチャイムは全部打楽器かなどのクイズが出されました。 選択肢が2〜3個あり、みな元気良く手をあげて答えていました。

DSC05212.JPG
演奏終盤に行われたみんなで歌おう

 1.カルメンより「前奏曲」、2.リベルタンゴ、3.動物の謝肉祭(序奏と獅子王の行進曲、メンドリとオンドリ、象、水族館、耳の長い登場人物、おおきな鳥かご、ピアニスト、化石、白鳥、終曲)、みんなで歌おう 4.ビリーブ、5.校歌、6.ラデツキー行進曲(拍手で楽しむ)、☆キセキ(GReeeeN)が演奏されていました。

 子ども達にとって聞いたことがある曲や普段歌っている校歌を歌えるなど、優れたクラシック音楽の演奏を生で聴くことにより教育音楽の向上や、情操を高めることにつながったと思いました。 

≪今後のプログラムお知らせ≫

MCF6CHIRASHIOMOTE.jpeg
≪MCFコンサートvol.6≫←詳細情報はMCFホームページより

日時:2018年8月11日 土曜日 開場:13:00 開演:14:00
場所:栃木県総合文化センターメインホール
出演:指揮 高井優希  ソリスト: 黒岩航紀(ピアノ)

曲目:
・J.シュトラウスU 喜歌劇《こうもり》序曲 
・ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18
・ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調「田園」作品68

(記事投稿:小松)

2018年06月14日

KAKEHASEEDS(カケハシーズ)「フェスタmy宇都宮」取材報告

2018年06月14日(木)

KAKEHASEEDS(カケハシーズ)「フェスタmy宇都宮」取材報告

 先日20日、宇都宮城址公園を中心に「フェスタmy宇都宮2018」〜ときめいて今!この街が好き〜が開催され、まちぴあもまちぴあひろばとして登録15団体の皆さまと共に活動を行いました。

kakehaseed.jpg
「KAKEHASEEDS」のフェアトレード商品

その中でとちぎYMCA&タラと世界を考える会、宇都宮大学の国際協力サークル「リソースネットワーク」と共に活動を行ったのが、宇都宮大の国際協力サークル「KAKEHASEEDS」です。

 KAKEHASEEDSは国際協力NGOシャプラニールの地域連絡会であるとちぎ架け橋の会と協力してイベント(まちぴあまつり含め)に参加したり、『フェアトレード=お買い物でできる身近な国際協力』としてバングラデシュ・ネパールの手工芸品を販売や体験型ワークショップ(チョコレートデコレーション体験やオリジナルの外交ゲーム)などの活動を行っています。

kakehaseed2.jpg

 ここでまずフェアトレードとは?貧困のない社会をつくるため途上国の生産者と先進国の消費者が対等な立場で行う貿易のこと=生産者の生活向上を支える運動。

 食品の大手を海外から輸入(コーヒー、紅茶、チョコレートなど)ほとんどが途上国で生産される生産者への適切な賃金の支払いを保証するものが、フェアトレードであり、そのような課程で生産されたものをフェアトレード製品といいます。

 フェスタmy宇都宮2018では、フェアトレードをより身近に感じてほしいという想いを込め、市民の方から募集したデザインを学生がアレンジしたオリジナル包装のフェアトレードチョコレート“まちチョコ”」やバングラデシュの手拭い、ノクシカタポーチ付きティッシュ、手織布の小銭入れ、ネパール産コーヒー“太陽とヒマラヤの恵み”などフェアトレード商品の販売を行っていました。 小さなお子さんや高校生、フェスタmy宇都宮出展者の方も足を止めてメンバーの方々と話合ったり、フェアトレード製品を購入していました。

 今年度まちぴあ新規主催事業で6月30日(土)10:00〜12:00に行われる「学生ボランティア体験プログラム説明会」にご参加いただき、学生の皆さんに活動紹介や後日行なわれる活動予定についてお話していただく予定になっております。

 まちぴあまつりグローバルセミナー2018、オリオン通り内ACプラザで行われるイベントを行う予定になっており、興味関心のある学生さんが積極的に自ら企画に協力していただくようプログラムを考えていただいています。 フェアトレードって言葉は聞いたことはあるけど深くは知らない、メンバーはどのような想いで活動しているのかなど参加しながら感じてみてはいかがでしょうか。

(記事投稿:小松)

2018年06月12日

自然教室ネイチャーフレンド 5月合同スクール取材報告

2018年06月12日(火)

自然教室ネイチャーフレンド「5月合同スクール」 取材報告

 先月27日(日)、栃木県塩谷郡塩谷町にある「星ふる学校くまの木」にてまちぴあ登録団体:自然教室ネイチャーフレンドによる「5月合同スクール」が行われ取材しました。

 今年度まちぴあ新規主催事業で6月30日(土)10:00〜12:00に行われる「学生ボランティア体験プログラム説明会」にご参加いただき、学生の皆さんに活動紹介や後日行なわれるボランティアのことについてお話していただく予定になっております。

 自然教室ネイチャーフレンドは自然体験やレクリエーション活動を通して、子どもたちが自然に親しむきっかけをつくることを目的とした環境・野外教育活動団体です。 小学4〜6年生を対象にしたプログラムからスタートし、クラスに合わせた体験を通じながら継続的に学んでいきます。

nature.JPG
レンジャーによるミーティング 担当

 「ジュニアレンジャー(初級、中級、上級、アドバンスド)」、リーダース(高校生-見習レンジャーとしてスタッフ側に回ってゲームの説明や引率など)というクラスに分かれており、リーダースクラブ卒業後、レンジャー(大学生〜社会人)として活動に関わる方もいるそうです。

 今回行われた「合同スクール」では、クラス関係なく小学生〜高校生を含めた約50名、レンジャー約40名で行われ、「ムシしないで!!チューモク目」をテーマとし、「虫と外的要因から自然の繋がりに気付こう。観察する『め』を養おう。」という狙いをもとに行われました。

nature2.JPG
プログラム Beeダッシュ 

 ハチ(Bee)の生態について知る、外来種が及ぼす影響について楽しく理解してもらおうとハチが必要とする蜜、花粉、巣を取りにいくプログラム「Beeダッシュ」。 在来種のマルハナバチと外来種のセイヨウオオマルハナバチに分かれて外来種が在来種に及ぼす影響を理解してもらいました。

nature3.JPG
プログラム もぉ、私がいないとダメなんだから!!

 アブラムシ(レンジャー)、アリとテントウムシ(ジュニアレンジャー+リーダース)に分かれてアブラムシを陣地に引っ張るというプログラム「もぉ、私がいないとダメなんだから!!」。 アリとアブラムシは相利共生(アブラムシが甘露を提供するかわりに、アリがアブラムシの天敵を排除)、テントウムシはアブラムシを餌とする、そのような三角関係から子どもたちに分かりやすく理解してもらおうとレンジャーが身体を張っていました。

nature4.JPG
プログラム カモフラージュ 

 3グループに3ヵ所を回り、自然の中に隠された人工物(ぬいぐるみや玩具)を探すことで注意して観ることを意識してもらうプログラム「カモフラージュ」。 ロープ内に人工物が地面(下)だけではなく、上(枝)にも隠されており、子ども達はロープ外を歩きながら探していました。

nature5.JPG
プログラム 感覚を研ぎ澄ませ 耳(音)の感覚 

 4グループ4箇所を回り、聴覚(虫の音4種類を聞いてどの虫が鳴いているのか当てる)、嗅覚(木の枝3種類をそれぞれ嗅いでもらい、違いを感じてもらう)、触覚(ブラックボックスに入っている葉4種類を触って、どんな形をしているのか当てる)、視覚(虫かごや写真の中にいる虫を探し当てる)プログラム「感覚を研ぎ澄ませ」。 カモフラージュ同様、観察する『め』を養いました。

nature6.JPG
プログラム 観察 裏山で観察

nature7.JPG
プログラム 観察 ビオトープで観察

 最後にプログラム「観察」が行われました。 感覚を研ぎ澄ませで伝えたかった:目だけの観察に頼らない、鼻・耳・手・目などの感覚を大切にする、虫だけではなく、虫以外の環境(住んでいる環境)も見る。 裏山では川トンボやウスハアゲハ、ナナフシなどを捕まえ、水田ではカエルやおたまじゃくし、ヤゴなどを捕まえられたそうです。 施設内体育館に入り、各グループで報告、どのような場所にいたのか、つかまえた時の様子などを報告・共有しました。

 小学生の頃から、自然と親しみこの活動。 遊びながら知識を得て、さらに、観察しながら、発見することで喜びを感じることができるプログラムでした。 今回のテーマ「ムシしないで!!チューモク目」のようにレンジャーの話をしっかり聞いたり、交流しながら楽しく活動をしていました。

(記事投稿:小松)

2018年06月06日

アフタースクール寺子屋団体取材

2018年06月06日(水)

アフタースクール寺子屋団体取材

 先月21日(月)宇都宮市まちづくりセンターにて登録団体寺子屋による活動が行われ取材しました。 市内各地の小学校から共働き家庭で、放課後に一人で過ごさなければならない子どもたちなどを対象に行われています。 

 今年度まちぴあ新規主催事業で6月30日(土)10:00〜12:00に行われる「学生ボランティア体験プログラム説明会」にご参加いただき、学生の皆さんに活動紹介や後日行なわれるボランティアのことについてお話していただく予定になっております。

 宇都宮大学の学生が主体となり活動おり、先生役を務めているのも大学生の皆さんです。 国語算数の個別指導では、子供たちひとりひとりの学力に合わせて、大学生がプリント作成を行っています。 ただ子供たちを預かるだけでなく、多くの体験をしてもらうことも目指しており、心身ともに成長してほしいという思いで大学生の皆さんは活動に参加しています。 今年の夏休みは老人ホームや保育園での職業体験を実施する計画を立てているそうです。

terakoya.JPG
授業前に子どもたちと遊ぶ

 授業を行う前に希望する子ども達を連れて外で遊ぶことで,体力形成にもつながるそうで、子どもと共に年齢が近い大学生が鬼ごっこやサッカー(夏休みには虫取り)で遊んでいました。 「大学生が子ども達と向き合い、よく遊び、よく学べる学童保育を目指しています」と話してくれました。

terakoya2.JPG
英語の授業

 取材行った際行われていたのは、英語の授業。ノーマルクラス、ステップアップクラスの2クラスで分かれ。 日常で使える英単語や会話表現などを学んでおり、ノーマルクラスでは、英語初心者の子供たちでも楽しく学べるように、単語カードを用いた神経衰弱など、英語に触れていくことを中心に。 ステップアップクラスでは少し長い文章でも積極的に英語でコミュニケーションが取れるようになることを目指しているそうです。

 教える大学生も、どうしたら子供たちが楽しく英語を学べるか、わかりやすく伝えることができるか、工夫して授業づくりを行っていますと話してくれました。
 
 ボランティア体験では、夏休み中の子どもに対して学校の宿題や体験授業、国語算数の授業など、子どもたちの目線に立って、理解しやすいように工夫して説明したりすることができると思います。

2018年05月19日

子育て応援サークルこっころ『夏休み企画』前取材

2018年05月19日(土)

子育て応援サークルこっころ『夏休み企画』前取材

 先日9日、宇都宮市まちづくりセンターを中心に活動している「子育て応援サークルこっころ」代表の西谷さんより団体の活動や想い、イベント企画についてお話を聞かせていただきました。

 今年度まちぴあ新規主催事業で6月30日(土)10:00〜12:00に行われる「学生ボランティア体験プログラム説明会」にご参加いただき、学生の皆さんに活動紹介や後日行なわれるボランティアのことについてお話していただく予定になっております。

IMG_7327.JPG
フィットネスフラ発表の様子

 「子育て応援サークルこっころ」はママや親子の居場所づくりを目的に、未就学園児親子を対象にした活動やママ向けに子連れOKのフィットネスフラを開催しています。

 始まりは、代表のお子さんと共に参加した子育てサークルで、居場所がある安心感や楽しかった活動の経験をきっかけに団体を立ち上げられました。

 サークルを始めた頃は、対象年齢児を設定した活動をしていましたが、メンバーのお子さんの幼稚園入園を機に、誰でも気軽に参加できるよう0才から小学生までのお子さんや親子を対象に活動しています。 立ち上げ時から、育児サークルに参加しづらい方達(転勤・人見知り・高齢ママなど)に居場所を提供していきたいという想いから現在に至っています。

DSC04779.JPG
造形ワクワク体験の様子

 今回「学生ボランティア体験プログラム説明会」でお話していただくのは、幼稚園児〜小学生を対象に行われている「夏休み企画(8月頃:キッズダンスや平和学習、夏の宿題など)」。 活動が始まった2010年〜工場見学や1泊2日の体験キャンプ(スイカ割り・映写会・流しそうめん)、フラワーアレンジメントなど夏休みならではの活動を行っており、2016年には公益社団法人栃木県経済同友会 社会貢献活動支援助成事業として『造形ワクワク体験』『教えて!アメリカの小学校のこと』などを行ってきました。 昨年も夏休み企画を3つ行いました。 興味関心のある学生さんにも協力してもらおうと企画に協力していただきます。

2018年05月12日

学生団体みらとち(栃木県学生未来発展向上委員会)第1回定例会取材

2018年5月12日

学生団体みらとち(栃木県学生未来発展向上委員会)第1回定例会

 先月29日、登録団体: 学生団体みらとち(栃木県学生未来発展向上委員会)による第1回定例会が宇都宮市まちづくりセンターで行われました。

☆.JPG
学生団体みらとち 第1回定例会

 学生団体みらとちは、2017年に県内で行われた高校生のつどいをきっかけにメンバーが集まり立ち上がった団体です。 若者の観点で栃木県を盛り上げること、いずれ大人になった時に、様々な分野で栃木県に貢献出来る自己成長させること、強い意志を持つ若者を繋げることなどを目的に、現在高校生や大学生を中心に約70名が活動に参加しています。

 これまでにまちぴあでも「とちぎハイスクールフェスティバル2017」参加新春昔あそび&世代間交流イベント「あそび初め」協力などの活動の様子を取材してきました(活動の様子はみらとち情報局(ブログ)に掲載)。

☆☆.JPG
集合写真

 今回行われた平成30年度第1回定例会では、今回初めて定例会に参加するメンバーがいることもあり、自己紹介、メンバーがどんなことをしたいのか、みらとちで何をしたいのか、などをテーマに各テーブルで話し合い、共有するグループディスカッションや、これまでの活動振り返り、今年度の目標の共有、組織内での役割分担などが行われていました。

 メンバーの中には自身で新しく学生団体を立ち上げたり、他学生団体のメンバーがいることもあり、グループディスカッションでは、「こういったことをやったら良いんじゃないか、もっとこういうことで盛りあげていきたい、栃木県のことをもっと同世代の人に知ってもらいたい」などそれぞれの想いが言葉に出ていました。 
 
 学生団体みらとちは、今年度まちぴあ新規主催事業で6月30日(土)10:00〜12:00に行われる「学生ボランティア体験プログラム説明会」にご参加いただき、学生の皆さんに活動紹介や後日行なわれるボランティアのことについてお話していただきます。

(記事投稿:小松)

2018年04月24日

みらい・ともに・すすむ主催「とちぎユニバーサルシアター“さとにきたらええやん”」取材報告

2018年04月24日(火)

みらい・ともに・すすむ主催
とちぎユニバーサルシアター「さとにきたらええやん」取材報告

 先日7日、とちぎ福祉プラザ2階第2研修室にて登録団体「みらい・ともに・すすむ」主催、栃木県障害者差別解消推進条例施行2周年記念『とちぎユニバーサルシアター「さとにきたらええやん」』が行われました。

satonikitara1.jpg
みらい・ともに・すすむ 代表による挨拶、UDトーク実演

 みらい・ともに・すすむさんは障がいがあってもなくても幸せに暮らせる社会づくりを目的に活動しています。 今回行われたユニバーサルシアターも栃木県障害者差別解消推進条例(障害の有無にかかわらず、基本的人権を享有する個人として尊厳が重んぜられ、権利が尊重されることなど) 施行2周年記念として行われました。

 目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。 イヤホン音声ガイドによる場面説明や日本語字幕付き、車椅子スペース、親子鑑賞室がる映画館として行われました。

 会場には福島県郡山市にある障がい者施設まぁぶるさん、宮城県気仙沼市にある障がい者施設ワークショップひまわりさんのお菓子の販売なども行なわれておりました。

 「さとにきたらええやん」は日雇い労働者の街・釜ヶ崎で38年間続く子どもたちの集い場「こどもの里」を舞台に人情が色濃く残る街の人々の奮闘を描く、涙と笑いあふれるドキュメンタリー映画です。 “さと”と呼ばれるこの場所は、障がいの有無や国籍の違いに関わらず、0歳からおおむね20歳までの子どもが無料で利用することができます。 学校帰りに遊びに来る子、一時的に宿泊する子、様々な事情から親元を離れている子・・・そして親や大人たちも休息できる場として、それぞれの家庭の事情にも寄り添いながら、地域の貴重な集い場として在り続けてきました。

satonikitara2.jpg
親子鑑賞室の様子

 別会場では親子鑑賞室が設けられ、来ていた子どもたちも時折、笑いながら映画を楽しんでいたそうです。 「こどもの里」に来る子どもたちの繊細な心の揺れ動き、寄り添う職員や子どものために働く親たちの葛藤などを取り上げておりました。 親の悩みと子の悩み、喜び、笑いが「さとにきたらええやん」詰まっていました。 日雇い労働のケースは減ってきているがそれぞれの家庭が抱えている問題を「子どもの里」は助けており、親子にとって安心できる居場所となっていました。

satonikitara3.JPG
映画鑑賞後 重江良樹監督とのトークイベント

 映画鑑賞後、重江良樹監督とのトークイベントでは、「音声認識+音声合成」機能を使って視覚聴覚バリアフリーとして使われているUDトーク(音声認識アプリ)を使ってトークショーの「会話の見える化」が行われておりました。

 重江監督の「さとにきたらええやん」に対する思いや登場していた子どもたちの今、ドキュメンタリー映画を撮る上での責任、撮りながら感じたこと(職員は子どもと対等であり、同じ目線で関わりあっている)、地域と子どもの里とのつながりなどについてお話していただきました。

 今回取材したみらい・ともに・すすむによるとちぎユニバーサルシアターは、今年度まちぴあ新規主催事業で6月30日(土)10:00〜12:00に行われる「学生ボランティア体験プログラム説明会」にご参加いただき、学生の皆さんに活動紹介や後日行なわれるボランティアのことについてお話していただきます。

(記事投稿:小松)

2018年03月30日

来年度開催「学生ボランティア体験プログラム説明会」参加団体紹介

2018年03月30日(金)

「学生ボランティア体験プログラム説明会」参加団体紹介

 まちぴあが来年度から行う「学生ボランティア体験プログラム」を行うにあたり、初めにご協力していただく7団体のご紹介をさせていただきます。 学生ボランティア体験プログラムとは高校生、大学生、専門学生、短期大学生を対象に今まで経験したことのないことに挑戦・体験するプログラムです。

 2018年6月30日(土)10:00〜12:00、宇都宮市まちづくりセンターを会場に団体と参加者がつながる説明会を行います。 今後ともまちぴあブログでは説明会開催までに、どんな雰囲気でどんなことを行っているのか各団体取材を行っていきます。また申込募集に関しましてはチラシが完成する4月中旬頃から行っていきます、学生の皆さんのご参加お待ちしております。

寺子屋
学生主体で運営している学童保育です。小学生への勉強サポート等を行っております。

gakuseibora.jpg

【参考URL】
・まちぴあブログ「寺子屋」での見学研修
・まちぴあ情報誌まちぴあ登録団体紹介(6ページ目)

こっころ
ママや親子の居場所づくり活動、親子向けのワークショップ等の活動を行っています。

gakuseibora2.jpg

【参考URL】
・まちぴあブログ 夏休み企画第1弾『造形ワクワク体験』活動見学報告
・まちぴあブログ『まちぴあまつり2016』実施レポート
・まちぴあ情報誌話題人(5ページ目)

MCFオーケストラとちぎ
栃木県出身やゆかりのあるプロの音楽家によるオーケストラ演奏会を企画・運営しています。

gakuseibora3.JPG

【参考URL】
・まちぴあブログ「マロニエール・クラシック・フェスティバルコンサートvol.3」取材報告
・まちぴあブログ「キッズコンサートVol.1」取材報告

みらい・ともに・すすむ
障がいがあってもなくても幸せに暮らせる社会づくりを目的に活動しています。

gakuseibora4.jpg

【参考URL】
・まちぴあブログとちぎバリアフリー上映会「さとにきたらええやん」開催のお知らせ
・まちぴあブログとちぎ共生フォーラム“ダウン症のある人の支援セミナー”

学生団体みらとち
栃木県の未来を学生の力で明るく発展向上させることを目的とし、ボランティア活動や各種イベントへの協力などの活動をしています。

gakuseibora5.jpg

【参考URL】
・まちぴあブログ「とちぎハイスクールフェスティバル2017」取材報告
・まちぴあブログ新春昔あそび&世代間交流イベント「あそび初め」協力

自然教室ネイチャーフレンド
自然教室ネイチャーフレンドは、人と自然とのつながりを大切にする環境教育団体です。市内の小中学生を対象に月に一度オリジナルの環境・野外教育プログラムを実施しています。

gakuseibora6.JPG

【参考URL】
・まちぴあブログまちぴあまつり2017 実施レポート
・まちぴあブログ「若者アイデア会議〜私たちがこの街をつくる〜」開催報告
・まちぴあ情報誌ほっとねっと(4ページ目)

KAKEHASEEDS
宇都宮大学の国際協力サークル『KAKEHASEEDS』。国際協力NGOシャプラニールの地域連絡会であるとちぎ架け橋の会と協力してイベントに参加したり、『お買い物でできる身近な国際協力』としてバングラデシュ・ネパールの手工芸品を販売したりしています。

gakuseibora7.jpg

【参考URL】
・まちぴあブログ「学生×地域づくり実践事例発表会」取材報告
・まちぴあブログフェスタmy宇都2017「まちぴあひろば」実施報告 フェアトレードブース
・まちぴあ情報誌特 集:身近にできる国際協力のかたち〜フェアトレード座談会〜

 他まちぴあが行ってるボランティア体験プログラムのご紹介をさせていただきます。また今後まちぴあでは『学生ボランティア情報局』として学生がボランティアをしている様子や募集情報をブログ上に掲載していきますのでぜひご覧ください。