CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年06月19日

VOL.06「宿郷東自治会」〜地域のつながりを創る公園活用&防災訓練

2015年6月19日(金)

 「地域の情報局」は、宇都宮市内の自治会や地縁組織にお邪魔して、活動内容や日々のご苦労、これからの夢など、現場で活躍される方々のお話を直にうかがい、その魅力を紹介していくコーナーです。

 第5回の今回は、「公園を地域の拠点」に、防災訓練やお祭り、美化活動など住民の皆さんが集まって活動できる場づくりをすすめている、「宿郷東自治会」さんの活動を更新しました!

★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★

 2011年3月11日、東日本大震災が発生し、宇都宮市内でも様々な被害が出ました。今回取材した「宿郷東自治会」でも、一戸建ての家屋だけでなく、事業者のオフィスビルや様々な年代に立てられたマンションなども立地する地域であり、実際に、地震発生後室内に住民の方が取り残されるという事態が生じたそうです。

 結果的には、住民の皆さんの協力もあって救出することができたそうですが、「万が一に備える」という意識は住民の間でも現実的な問題として記憶に残ったとのことでした。

 これまで防災訓練は近隣の5つの自治会が合同で行っていたそうですが、本当に災害があった時にはもっと身近な住民の関係性が被害をもっと少なくできると考え、宿郷東自治会では530戸の自治会エリア内にある家庭に「身近な地域での防災組織をつくる」ことについて、アンケートを実施し、80%以上という非常に高い賛成を得たそうです。

DSCF0433.JPG


 こうした住民意識の確認のもと、宿郷東自治会では自分たちの一番身近にある「駅東第三児童公園」に防災グッズや器具の集積倉庫を設け,公園を「地域の防災拠点」として位置付けています。
また、自治会内に防災のための組織も再編し、地域防災を浸透させるための仕組みづくりをされたそうです。

 6月7日の日曜日。自治会主催の防災訓練が、駅東第三児童公園で行われました。実際に防災倉庫から様々な防災グッツを出すとともに、子どもから大人まで様々な年代の皆さんがAEDの使い方や、救命救急の方法について体験も交えて行っておられました。

IMG_2427.JPG


「地域の活力と基盤は、子どもたちと奥さんたちです」

IMG_2533.JPG


 そう語って下さったのは、自治会長の海老沼さん。この日の防災訓練には、大人に混じってたくさんの子ども達も参加し、救命救急の方法を体験したり、婦人会の皆さんによる炊き出し訓練として、お昼ご飯もかねての炊き込みご飯も振舞われました。

IMG_2616.JPG


 また、同じ地域に営業所を構える企業(東京ガス)の方も参加されており、非常時に止まってしまうガスの復旧の仕方などをレクチャーするコーナーも設けされました。

DSCF0433.JPG


 実際に自宅に閉じ込められてしまった体験をもとに、自治会で考案した「避難救助要請テープ」(仮称)も、紹介され、マンションなどの高層階に閉じ込められ、助けてほしいという意思表示も困難な際に活用する、「外に投げて存在を知らせる道具」として、住民の皆さんにも丁寧な説明が行われていました。ちなみに、この「テープ」については、市にも自治会発のアイデアとして提案することを模索されているそうです。

 このように、本当に身近な地域に皆さんが集まって行われていた防災訓練ですが、真剣な中にも様々な世代の住民の皆さんが「楽しみながら集まる」工夫がなされていました。

 公園には、15年ほど前から設置されている花壇があり、訓練の時間前には、子ども達や大人の皆さんが集まって除草作業や水やりといった美化活動もされていました。子ども達には、訓練の他にも、都市において緑や土に触れ、自然を慈しむ機会ともなっているそうで、単に一つの行事だけをこなすのではなく、住民の方たちが集まった時間を有効に利用して、目的を別にした集いを行っておられました。

IMG_2422.JPG


 確かに、子ども達は楽しそうに公園で遊びながら活動を手伝い、大人たちもその様子を見守りながら作業も行う、和やかな雰囲気がありました。

IMG_2438.JPG


 宿郷東自治会も、他の地域と同様に高齢化や独居の問題が根底にある地域です。全国的な課題ではありますが、宿郷東自治会は他世代の交流と「顔の見える関係づくり」を進めることによってこの課題に立ち向かっています。

 その一つの解決策が、地域で行う催し。今回のような防災訓練をはじめ、夏祭りなど定期的な集いを拠点である公園を中心に行っていくことによって、自治会が何をやっているのか地域内に発信する場ともしています。

 公園は、子どもだけでなく地域住民全ての「憩いの場」であり「集いの場」。拠点を活用することによってそんな機会を作り、盛り上げていくことは、これからの地域づくりにとても有効な方法の一つなのかもしれません。

 ちなみに、防災訓練の後、自治会に改めて加入したいとの申し出もあったとのこと。人の集まる場には確かな力があるのかもしれませんね。

(記事投稿:小倉)
タグ:地域情報局

2015年06月09日

NO.05「とちの木荘施設訪問」 レポート

2015年6月9日(火)

 去る、6月3日(水) 社会福祉法人特別養護老人ホーム「とちの木荘」と短期入居生活介護(ショートステイ)を視察させていただきました。

 平成25年2月にリニューアルされた済生会高齢者ケアセンターは宇都宮市徳次郎町にあり、特別養護老人ホームとちの木荘・ショートステイ・ケアハウス公孫樹(50床)・グループホームとちの木荘(9人×3棟)・居宅介護支援事業所なでしこ・デイサービス六本杉・済生会ヘルパーステーションすまいるを備えた多機能施設です。

DSC02735.JPG


 敷地内には、県内の高齢者施設の職員を対象にした、認知症の方の対応を学ぶセミナー等のための研修施設もあります。

 特別養護老人ホームはユニット形態になっており、1ユニットに定員10名で10室完備しております。日中は1ユニットに対し1〜2名の職員がつき、夜間は2ユニットに対し1名が当直で付き添います。

 ユニットごとに引き戸の模様を変えたり、東町2丁目とか西町3丁目のような住居表示しており施設というよりもこれまで住んでいた町そのままを持ち込んだようなホッとできる空間を作っています。現在60名程が入居待ちをしている状態だそうです。

CIMG0898.JPG


 同じ建物の東側には引き戸を境にしてショートステイのためのお部屋があり、定員は10名です。両施設の利用者の中で自力歩行が可能な方は、通常のお風呂(とち木の湯)も利用できます。2〜3名が同時に入浴できる広さで男湯と女湯に分かれており、床には滑らないような配慮が施されています。浴室からは篠井富屋連峰が一望でき素晴らしい景色です。

 さらに施設の東面が田んぼに囲まれているため、田植えから稲刈りまでの季節の移り変わりを肌で感じながらゆっくり入浴を楽しむことができます。

DSC02700.JPG


 一階にはグランドピアノが設置されたホールと図書コーナーのほか地域交流を目的にしたフリースペースがあり、ボランティアさんによるイベントなどもここで行われます。見学当日は、“いやしの園芸”の方の指導でうちわ作りをしていました。参加者は15名程(うち男性一名)で、ボランティアの方をご紹介したあと、発声のままならない人も含め参加者全員に順番でマイクを渡して自己紹介をしてもらっていました。

DSC02731.JPG


 脳に刺激を与えるためにもこの方式は素晴らしいと思いました。“いやしの園芸”さんは、そのほかにも入居者さんと一緒にジャガイモ栽培などの園芸活動もしており、自分たちで作った野菜を食べながらの収穫祭を楽しみにしているそうです。

DSC02710.JPG


 また、フリースペース内にSUNSET ROASTER COFFEEとちの木店がカフェを出店しており、入所者さんや訪ねてきたご家族の方に軽食やケーキセットなどを提供しています。「地域の方にももっと利用して頂けるとありがたいです。」とお店のスタッフは話していました。

 不定期で、『三世代マルシェ』も開催しており、近隣住民の方が作った手芸品やパン・無農薬野菜などの販売を行っています。開店の日にはお店の前にのぼり旗を立ててお知らせしているそうです。

DSC02725.JPG


 この地域交流室では、青少年の居場所として「やさしいスペース『くじら雲』」が開かれています。(週3日、月・水・金15〜17時)小・中・高校生が集まっておしゃべりをしたり、宿題をやったり、ゲームをしたりしながら楽しんでいます。“駄菓子屋”も併設されており、子どもたち同様に入所者の方にも喜ばれているそうです。

(文章作成:M、記事投稿:小倉)
タグ:地域情報局

2015年05月29日

地域の情報局vol.4 清原地区むらづくり推進会議「ポピーまつり」取材レポート

CIMG2213-1.jpg


5月23日(土)、きよはら水辺の楽校にて、清原むらづくり推進会議主催の「ポピーまつり」が開催されました。
「集まれ!元気な子どもたち 見て・食べて・遊ぼう」とのキャッチコピーの通り、ポピーの摘み取りをしたり、出店やゲームで楽しく過ごすことのできるイベントです。

CIMG2217-2.jpg


実行委員長の大橋会長、前実行委員長の斉藤副会長、そして委員長経験者の岡本顧問と、歴代の担当者のお三方にお話を伺うことが出来ました。

宇都宮でも有数の農村地帯だった清原地区ですが、工業団地の形成や大学の設立など、地域の様相が変わりゆく中、「ふるさとづくり」として20年以上前から開催されてるイベントです。

清原地区で登録されている約800戸の農家からの協力金と補助金により、この春の「ポピーまつり」と秋の「農業祭」を実施しています
最初はレンゲまつりとして開催されていましたが芝の管理が大変であること、鑑賞に適していると、9年前よりポピーまつりに変更しました。
歴代の委員長さん曰く、「だって、ポピーのほうが『ときめき』を感じるだろ??」と。
思わず、笑ってしまいました。

清原地区にある4つの小学校に合わせ、3~4年ごとに場所を移動して開催しており、今年は会場の学区となる清原南小の学生の姿が多く見受けられました。

CIMG2221-3.jpg


テントでは清原地区子ども会とJAの協力により、かき氷、わたあめ、焼きそば、すいとんを無料配布。各400人分用意されたそうですが、晴天だったこともあり人出も多く、昼前にはほとんど無くなっていました。

CIMG2222-4.jpg


他にも宝探しゲームも開催され、お菓子の詰め合わせをゲットして嬉しそうな子どもの顔がちらほら。
会場には広い芝生広場もあり、犬と一緒に駆け回ったり、軽食をゆっくり食べたりと、多くの親子連れが春の陽気を楽しんでいました。

今年は残念ながら学校行事と重なり不参加でしたが、例年、作新学院大学女子短期大学の学生さん達がレクリエーションを企画して下さり、子ども達に大人気だそうです。

CIMG2214-5.jpg


このポピーまつりは半年前から準備が始まります。
軽トラ2台分の堆肥を用意し、昨年の10月1日に種蒔き。
その後、定期的に手入れをするなど、ポピーの管理には目に見えない日々の積み重ねがあります。
今年は雨が少なく例年よりポピーが生育せずにヒヤヒヤしたそうですが、無事に満開の状態で開催の運びとなりました。

会場移転の際には、駐車場やトイレ設置など場所探しが大変だそうですが、清原全域の子ども達に楽しんでもらうため、今後も続けていきたいと考えているそうです。


【参考URL】
下野新聞SOON「鬼怒川の水辺でポピーまつり 宇都宮・清原地区」

タグ:地域情報局

2015年05月21日

地域の情報局vol.3「西川田町東武下原自治会 カフェテラスと図書室」取材報告

「地域の情報局」は、宇都宮市内の自治会や地縁組織にお邪魔して、活動内容や日々のご苦労、これからの夢など、現場で活躍される方々のお話を直にうかがい、その魅力を紹介していくコーナーです。地域づくりの今をご理解いただくきっかけになればと願っております。

第3回でご紹介するのは、姿川地区の西川田町東武下原自治会の公民館に今年設置された「図書室&カフェテラス」。自治会長の十河さんにお話をうかがってきました。


1. カフェテラスと図書館の設置
「東武下原自治会」は名の通り、東武沿線沿いに広がる自治会です。公民館も線路のすぐ傍にありました。

CIMG0722-1.jpg

「図書室&カフェテラス」を設置した下原公民館


この公民館に今年3月登場したのが会議室を改装した「図書室」。
さらにくつろげるよう、コーヒーマシンを設置して「カフェテラス」仕様にしました。

敬老の記念品を各家庭に配布している際、「読書が好きだが姿川地区市民センターまで自力で行くことができない」という声を聴いたことが設置のきっかけ。

CIMG0730-3.jpg

本の寄贈もあり、3か月間で充実した書棚に


予算の問題がありましたが、「自治会活動参加促進事業」の補助で本棚・新書・コーヒーマシンを購入することができ、3月7日にオープンしました。

P3070012-4.jpg


毎週土曜日の9:30〜11:30に開館しています。


第2・第4土曜には同じ公民館内で、シニアサロン(いきいきサロン)も開催されています。

P3140035-5.jpg

健康体操のほか、介護予防手帳の活用法なども


第2土曜は「介護予防教室」、第4土曜は、わなげ・ダーツ・卓球バレーなどのゲームや健康の話など自由な形で開催しています。
このシニアサロン参加者がカフェテラスを利用している姿も見受けられるそうです。


2. 公民館の活用〜自主サークルの充実〜
2年前に老人会が消滅してしまい、高齢者の集う場所として、サークル活動を推奨しています。
現在活動しているサークルは、わなげ、囲碁、書道、手芸、健康マージャン、コーラス、カラオケ、グラウンドゴルフなど。

CIMG0726-6.jpg

図書室入口に掲示されている日程表には各サークルの予定でぎっしり


自治会としても、健康マージャン用にマージャン台を購入したり、各サークルに補助金を出したり、自治会で一括してサークル活動の保険に入るなどのサポートを行っています。さらに新サークル立ち上げにあたり、長年指導に当たっていた先生や特技をお持ちの方に講師のお願いを自治会長自ら行うなど、ハード面だけではなくソフト面でも支援を行っています。
自治会費の半分を払えば賛助会員扱いで東武下原自治会外の人も各サークルに参加でき、公民館を所有していない近隣の自治会から参加している方もいます。

各サークルの発表の場として、今年は「文化祭」を開催したいと考えているそうです。



ふれあいいきいきサロンとは、誰もが安心して暮らせる地域社会の実現を目指し、同じ地域で暮らす住民同士の触れ合いを通して、仲間作りや生きがいづくりの輪を広げる交流の場です。
タグ:地域情報局

2015年05月14日

地域の情報局vol.2「ニュー富士見ヶ丘団地自治会 憩いの広場」取材報告

2015年05月14日(木)

「地域の情報局」は、宇都宮市内の自治会や地縁組織にお邪魔して、活動内容や日々のご苦労、これからの夢など、現場で活躍される方々のお話を直にうかがい、その魅力を紹介していくコーナーです。地域づくりの今をご理解いただくきっかけになればと願っております。

その地域密着であるからこそ、その地域のニーズに応じた様々な取組みがあります。自治会などの活動に参加・協力されている皆さんや、ボランティアグループとして関わりがある方々など、各地で活動している人たちの参考になれば幸いです。

第二回でご紹介するのは、豊郷地区のニュー富士見ヶ丘団地自治会の『ふれあい・いきいきサロン ニュー富士見ヶ丘の“憩いの広場”』と街かどに設置されたベンチ『ひだまり』です。自治会長の首藤さんにお話をうかがってきました。

ちなみに、ふれあいいきいきサロンとは、誰もが安心して暮らせる地域社会の実現を目指し、同じ地域で暮らす住民同士の触れ合いを通して、仲間作りや生きがいづくりの輪を広げる交流の場です。

1.ふれあい・いきいきサロン ニュー富士見ヶ丘の“憩いの広場”
豊郷地区横山一丁目にある「ニュー富士見ヶ丘団地公民館」での活動の様子を取材しました。

blog-tiiki-ikoi01.JPG

“いきいきサロン ニュー富士見ヶ丘”は、H24年10月から始まり、以後月2回(第2・4木曜日)開催しています。取材当日は、健康体操(写真上)やギター演奏による唱歌のあと、歓談しながら楽しい時間を過ごしていらっしゃいました。ほかにも介護関係の講座や映画上映、花見会など多彩なメニューを実施しており、各回の活動の様子は報告書として館内に掲示されていました(写真下 説明:首藤自治会長)。

blog-tiiki-ikoi02.JPG

”いきいきサロン ニュー富士見ヶ丘”は自治会が主催し、地域の福祉協力員や民生児童委員の皆さんが協力しています。団地住民のおよそ60%が60歳以上という地域において、住民同士がコミュニケーションを取る貴重な場になっています。 毎回20〜30人が参加する賑やかなサロンですが、残念ながら男性の参加者が少ないのが悩みだそうです。

運営費は自治会の補助金と社会福祉協議会から「ふれあい・いきいきサロン事業」の補助金で公民館の大型スクリーンやDVDプレイヤーといった機材の購入をしています。

昨年度からは、宇都宮市が行っている『宇都宮市高齢者等地域活動支援ポイント事業』を活用し、いきいきサロン活動と“憩いの広場”の設備充実に「防犯パトロール」や「クリーンアップ活動」などを地域貢献活動・健康づくり活動として登録して、ポイントをためています。又、毎週土曜日に実施している資源ゴミ回収も今年度の重要な活動です。

また、ニュー富士見ヶ丘団地公民館では、“緊急避難事態が発生した場合”や“住民の交流の場として地域サークルや子ども会”でも使えるように釜戸が設置されています。

2.街角のベンチ“ひだまり”
 ニュー富士見ヶ丘団地では、朝夕散歩を楽しむ方が多いのですが、途中で休憩する場所がないため、空き地の路肩に腰かけて休んでいる姿が見られました。そこで昨年度、宇都宮市の『自治会活動参加促進事業補助金』を活用して、街角にベンチを設置することになりました。

blog-tiiki-ikoi03.JPG
 
公民館隣(憩いの広場)に設置された”ひだまりテーブル・椅子”と”ひだまり4号ベンチ”
住民が「桜の花見」の時期に利用できるようにと作成されたようです。

blog-tiiki-ikoi04.JPG
 
”憩いの広場の開所式”(歴代の自治会長(8名)によるテープカット風景)

“ひだまり”という文字と“ひまわりの絵(絵は、暖かいやさしい気持ちを表現しました。)”が描かれたひだまりベンチ。 今ではメインストリートを含めて、1号〜4号までの計4つのベンチが置かれております、地域間交流や世代間交流の場としても有効に利用されている。

blog-tiiki-ikoi05.JPG

blog-tiiki-ikoi06.JPG

取材後、家々の周りで立ち話をされている方々を見かけました。 首藤会長さんは「外に出るきっかけを作ることで仲間や友達はできる」とおっしゃっていましたが、触れ合いの場、人と人のコミュニケーションが取れる場があるから、安心して暮らせる地域になっているのだと感じました。

(記事投稿:小松)
タグ:地域情報局

2015年05月08日

地域の情報局vol.1『東大堀むらづくり推進協議会「れんげまつり2015」 取材レポート』

2015年5月8日(金)

 宇都宮市の各地域で活動している「地域の団体」。自治会やまちづくり協議会、子供会や育成会、防犯グループや、福祉サロンを行っている皆様など、自分たちが住むところをより良くしようと、継続的にまちづくりに取り組んでいる方々がいます。

 「地域の情報局」は、宇都宮市内の自治会や地縁組織にまちぴあスタッフが取材し、活動内容や日々のご苦労、これからの夢など、現場で活躍される方々のお話を直にうかがい、その魅力を紹介していくコーナーです。 

 その地域密着であるからこそ、その地域のニーズに応じた様々な取組みがあります。自治会などの活動に参加・協力されている皆さんや、ボランティアグループとして関わりがある方々など、各地で活動している人たちの参考になれば幸いです。

★★★  ★★★  ★★★  ★★★

 さて、そんなことで、このコーナー初回の更新は、宇都宮市の国本地区「東大堀むらづくり推進協議会」さんが主催した、この季節恒例の『れんげまつり』の様子です。

 れんげまつりは、その以前、地域の活性化を目的とした事業として、県や市の協力を得て20年以上前から続いている、地域恒例の手作りイベントだそうで、現在ではJAの皆さんも協力して取り組まれているとのことです。

DSCF9522.JPG


 国本中学校北に位置する田園に一面に咲き誇ったれんげの花を、田んぼ作りのためにかき回してしまう前に地域の幼稚園や小学校などの子どもたちを初めとした地域の子どもたちに解放し、自由に野原遊びを楽しむ機会として行われています。

DSCF9529.JPG


 主催された協議会の皆さんが、子どもたちにわたあめやポップコーンなど無料配布でおもてなししておりました。

DSCF9557.JPG


 会場には子どもたちをさらに盛り上げるために、ゆるきゃらの「ミヤリー」(宇都宮市)、「ともなりくん」(矢板市)、「トッキー」(ブレックス)も駆けつけてくれました。

DSCF9544.JPG


 近在のあおば幼稚園や国本中央小学校の子どもたちと保護者の皆さんが200名くらい遊びにきてくれていて、とても賑やかでしたね。

DSCF9547.JPG


 また、まちぴあの登録団体でもある「こくら工房」のウシさんによるバルーンアートのプレゼントもあったりして、午前中のひと時を過ごしました。

DSCF9565.JPG


 本格的な田んぼづくりを前にして、外で過ごすにはもってこいの時期に地域の子どもたちに開放している「れんげまつり」。

 今後とも、地域の方たちと地域の自然、そして次の世代の子どもたちとの交流が、れんげの花のように末永く続いていくことに期待されますね♪ ちなみに、田植えの準備を整えたこちらの田んぼでは、小学校の子どもたちが田植えや収穫の作業も体験する場となるとのことです。

 イベントだけではなく、一年を通しての取組みがはじまる「れんげまつり」。東大堀むらづくり推進協議会の皆様、大変お疲れさまでした。

(記事投稿:小倉)
タグ:地域情報局