CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年01月06日

第6回栃木県チャレラン大会 取材報告

2014年1月6日(月)

 昨日の1月5日(日)に、“まちぴあ”も協力団体として関わらせて頂いた、「第6回栃木県チャレラン大会」が開催されました。

DSCF0891.JPG


 この「チャレラン」は、身体を使ったスポーツ的な競技や、集中力を要する種目、手先の器用さを要するものなど、様々な特徴のある“競技”を通して、子どもたちが「競い合う」楽しさと学びを伝えるイベントとして行われている大会です。

 主催されたのは、まちぴあ登録団体でもある、学校の先生方を中心に組織されている「TOSS宇都宮プラス」をはじめとした、県内各地で活動している「TOSS栃木」の皆さんです。今年は、会場を宇都宮市の清原体育館に移しての実施となり、

 宇都宮市内をはじめとした地域の小学生35名ほどが参加して行われました。

 会場には、子どもたちが競い合いを体験する様々な種目が、8ブース展開され、ぞうきんがけ20mの速さを競ったり、バトミントンのシャトルを遠投して距離を測ったり、フィルムケースを高く積む競争をしたり…と、得意分野が違う子どもたちが、それぞれの種目に「チャレンジ」できるように行われました。

DSCF0892.JPG


 まず、最初に行われたのが、「1分間じゃんけん」。いろいろな学校の子どもたちが参加しているイベントで、多くの子たちと交流するためのじゃんけん大会を行い、ウォーミングアップ。

 手持ちのじゃんけんカードを勝った人に渡していくというルールで、最多は11枚ゲットの子がいたりしましたね。

DSCF0942.JPG


 このような「競い合い」を会場となった体育館全体で行いました。

DSCF0930.JPG


 低学年から高学年、中には同伴の保護者の方達とも競い合って楽しむ場面もあり、イベントで一番子どもたちに伝えたいとする、「挑戦する気持ち」と「友達と競い合う」姿がそこかしこで見受けられました。

 学年別での成績もその場でチェックでき、子どもたちはそれぞれの種目の一位になろうと頑張っておりました。

 競い合いの後には、1位〜3位までの子どもたちに賞状が授与されまして、みんな何かしらの賞状をゲットし、会場からたくさんの拍手をもらっていましたね。

DSCF0949.JPG


 ・・・このような様子で、行われたチャレラン大会ですが、本当に子どもたちは活き活きと種目に参加し、競い合う中でコミュニケーションを学び、また創意工夫をしている様子もうかがえました。そんな様子を保護者の皆さんも微笑ましく見学されており、

 とてもよい雰囲気の競争があったイベントだったと思います。

 このイベントは年に1回程度行われています。宇都宮市の他、栃木市でも行われたりしており、毎年の恒例イベントとして楽しみにしている子も多いはず。

 そんな地域に出ての学びの場を提供されている「TOSS」の皆さんの様子をリポートさせてもらいました。ちなみに、TOSSさんでは、2月1日にも「五色百人一首宇都宮大会」を実施予定です。次回は、文化交流も兼ねたイベントを行います。

 ぜひ、まだ参加したことのない方は、一度遊びに行ってみると学校や家以外でも学べる機会と出会えるかもしれません。

【参考URL】
 ・TOSS宇都宮プラス

(記事投稿:O)
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/924449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック