CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月15日

まちぴあまつり2019参加団体説明会 実施報告

2019年9月15日(日)

 9月15日、開催まで約一か月ほどとなりました、まちぴあ登録団体が一堂に会すイベント「まちぴあまつり2019」の参加団体説明を行いました。

 まちぴあ敷地内で恒例の開催となった「まちぴあまつり2018」には、屋外にて販売などのブース出展をして下さる11団体と、館内1階に4団体に、2階研修室の体験コーナーに2団体の皆さんがご出展下さる予定です。

 昨年に引き続き、まちぴあ南側駐車場のスペースを使って、学生を中心した活動団体「自然教室ネイチャーフレンド」と「KAKEHASEEDs」が、自然活動や国際交流など日頃行っている活動を活かしながら、子ども達対象の工作やフリーマーケットを行う、「わかもの企画」を実施する計画でおりまして。

 今年は、このエリアに宇都宮大学で環境にやさしい正月飾り(しめ飾り)を広めるプロジェクトに取り組んでいる学生グループ「しめ飾りからサステナビリティを考える会」さんに加わって頂き、和紙や自然物を使った手作りしめ縄づくりのワークショップも実施する運びとなっている他、

 これまでは、ウシさんことまちぴあスタッフ1名で頑張っていたバルーンアート他の会場盛り上げをを登録団体「うつのみや大道芸フェスティバル実行委員会」の皆さんが担って下さるなど、昨年のまつりを元に明らかに厚みを増しております。

DSC09540.JPG


 この日の説明会には、参加22団体中、12団体(17名)の皆さんが集まり、屋外出展のブース位置や、ステージの出演順、火器・食品などの注意事項や、前日&当日のスケジュールの確認を行いました。

 実行委員会の皆さんにもサポートいただいて、今日まで構築してきた「まちぴあまつり2019」も、今日の説明を経てより準備万端になってきました。これからは、看板などの備品や、許可関係の準備、近隣小学校や子ども施設への広報活動をして参ります。

 小粒ですが、まちぴあ版の協働活動といった風が、一層濃くなってきている今回のおまつり。

「何か落ちつくんですよね」

 と参加団体の皆さんに言ってもらえるようになった「まちぴあまつり」。おまつりのモットーである「であい、きづき、つながる」イベントに仕上がりそうで、担当者としましては、利用団体、参加団体の皆様にお礼の言葉もございません。

 広報も含め、当日、みんなで楽しめるように参加団体の皆さんに負けないように準備を頑張りたいと思った説明会となりました。

 ちなみに、この会議にご参加になれなかった参加団体の皆さまには、ブース位置や出演順を事務局で構成した資料を近日中にお送りする予定です。説明会参加団体の皆さんも含め、不明な点がありましたら、事務局:小倉までご連絡下さい。

 そんなことで、「まちぴあまつり2019」は10月14日開催です。

 あとは、台風をはじめとした天候の心配だけですかね?? 皆さま、今後とも宜しくお願いします!

(記事投稿:小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック