CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月14日

第50回釜川コケ落とし大作戦 実施報告

2019年9月14日(土) 

 宇都宮市の市街地を流れる一級河川釜川。日本でも珍しいといわれる二層河川(川の下にもう一本川が流れている)の釜川。

 そんな釜川の親水スペース「じゃぶじゃぶ池」周辺を清掃する、ボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」の今年度5回目となる活動を行いました。4月から月一回のペースで定期的に行っている清掃活動も、早いもので令和元年度ラス前の活動となりました。

DSC09485.JPG


 9月14日に開催した活動には、市内外の各所から29名のボランティアさんたちがお集まりくださりました。先ごろまでの猛暑はないものの、多少小雨がパラつく天候でありましたけども、無事に実施できました。

 今回は、今年度継続して参加下さっている市内の日々輝学園宇都宮キャンパスの生徒さんたちや、県内各地のまちづくり活動に携わっている学生さんや、学内のごみ減量や環境美化の取り組みをしている宇都宮大学のサークルの大学生さんたちがご参加下さいました。

「学外でもボランティアしてみたいと探していたら見つけました」

 などと、数あるボランティア募集情報の中から選りすぐって来て下さったそうでありがたいことです。

 学生さんたちの他にも今回は、「大東建託宇都宮北支店」の皆さんが7名でご参加下さったり、小学生の子どもたちと親子で参加下さった皆さんがあったりと年代や職種の違う皆さんが「ボランティアをやってみよう」ということでそれぞれにご参加下さいました。

 そんなことで、デッキブラシをもち、長靴や濡れる準備??が整い次第、川底清掃にレッツゴー―!!

DSC09422.JPG


 夏の盛りを過ぎた9月、10月の活動は例年落ち着いた雰囲気で行うことも多いのですが、今回は30名近い皆さんが集って下さったので、10分くらいでまずは、親水スペースのじゃぶじゃぶ池をキレイになっちゃいました。

 何回か河川清掃に参加されている、日々輝学園の生徒さん達などは、デッキ隊が多いと見るや草むしり作業をして下さるなど、臨機応変の清掃を展開してくれました。生徒さんの中には、今年度5回の内4回参加の猛者もいらっしゃいましたので、そんな先輩の活躍もあったものと思われます。

DSC09438.JPG


 じゃぶじゃぶ池からさらに東の下流スペースもどんどん清掃していきまして。40分ほどの作業時間の中でかなりな範囲をキレイにすることができました。

DSC09469.JPG


 いやぁ、お見事でした。ご参加・ご協力下さった皆様、ありがとうございました。おかげで涼しい季節に入りましたが、終わった時には身体もホット♪今回も爽快感を満喫できましたね。

DSC09497.JPG


 さてさて。そんなことで次回は、ついに最終回。10月12日(土)の開催を予定しています。

 近日中に次回予告もいたしますので、ご応募をお待ちしております。

(記事投稿:小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック