CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年06月08日

登録団体こっころ主催「シニア向け絵本読み聞かせボランティアスタート講座」取材報告

2019年6月8日(土)

 6月7日(金)のお話しです。まちぴあ登録団体の「子育て応援サークルこっころ」さん主催講座の様子を取材しました。

 こっころさんは、まちぴあを拠点に子育て中の親御さんやお子さんを対象にした、交流会やママ向けの室内フィットネス、夏休みの工作づくり教室など、ママさん・パパさんたちにも、一緒に参加する子どもたちにも学びがあり、楽しめる居場所活動を行っている活動団体です。

 活動主催者である団体のメンバーさんたちが子育て奮闘中の当事者であった頃に、自分たちがやってみたいことにチャレンジする活動団体としてスタートした子育てサークルさんでしたが、

 当事者のメンバーさんたちのお子さんもすくすく成長し、小学校や中学校など、小さい時分とはまた違った子育てに関わっていく中で、団体の活動方法を緩やかに変化させ、今もって団体としての事業を継続されていることは、

 何気にすごいことだと思います。

 サークル名にある「応援」にある通り、こっころさん達の事業は、自分たちも事業を実施することで楽しみながら、子育てについての悩みやつながりを求めている皆さんの支えになっているということでしょう。

IMG_9847.JPG


 そんな、応援サークルこっころさんの新たな応援事業が、今回の

「シニア向け 絵本読み聞かせボランティアスタート講座」

 です。

 この講座は、絵本専門士という資格をもった団体メンバーの方が中心になって企画した連続講座です。宇都宮市内に限ったことではないでしょうが、昨今、小学校における朝、昼休みなどのタイミングで、地域ボランティアやPTAの皆さんが協力し、絵本などの読み聞かせ活動を行っている学校も多くあります。

 素晴らしい取り組みであるものの、忙しい保護者の方たちの協力で運営されていたり、中々思うように地域ボランティアが集まらない学校もあるとのことです。

 そこで、今回の講座にある「シニア」の皆さんに活躍してもらえるようなきっかけづくりを目的に、絵本読み聞かせボランティア講座を開催されたのです。

・・・・・ ・・・・・ ・・・・・

 今回の講座のテーマは、「大人も絵本を楽しもう」。

 昨今、子どものものとしてではなく、大人が読む作品としての奥深さも紹介されている絵本ですが、もっともっと絵本の魅力を伝えたいということで、始まった今講座には、6名の皆さんが集まりました。

 今回は、誰もが知っているお話し「ももたろう」。

 ほぼすべての皆さんに、桃太郎のお話しのあらすじは頭に入っているとは思いますが、絵本作品としての「ももたろう」は、たっくさんあるんですね。

IMG_9848.JPG


 かわいらしい絵のものから、力強いもの。言葉の表現が違ったり、ページごとに描かれた構図の違いなど、実際の絵本をみせてもらいながら、ももたろうと絵本を話題にわいわい意見交換。

 4回連続講座のもう一つのテーマでありそうだと推察される「絵本との出会い」を、皆さんそれぞれに楽しんおられ、参加者や講師の方とのお話しから、絵本やしっているはずの作品の新しい発見、思いついた楽しみ方など、いろいろな学びが生まれた模様でした。

 講座に参加された皆さんの中には、すでに読み聞かせに限らず何からのボランティア活動や、子ども達のお相手など活動経験もおありの方もあったと思いますが、ぜひ、お孫さんなど小さいお子さんがあるご家庭では、

IMG_9849.JPG


 おじいちゃんやおばあちゃんと、お孫さんとの間で、こうした絵本を介した交流がご家庭で生まれることも、素敵だと思います。学校のように、皆がいる前での読み聞かせもあり。ご家庭で昼寝の前みたいに、とても近い距離間で接する場合もあり、距離感一つとってみても、いろいろな表現の方法が違うことも、絵本というものの奥深さかもしれないなと、思えた講座でした。

 ・・・連続講座ですので、全回参加が一番いいとのことでしたが、第2回以降でのご参加も可能なようですし、参加できなかったからといって、他の参加者の方においていかれちゃうみたいなこともないですから、このブログをみて改めて関心をもたれたシニアの方は、

 お気軽に、「こっころ」さんにお問い合わせしてみて下さい♪

(記事投稿:小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック