CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月25日

第47回釜川コケ落とし大作戦 実施報告

2019年5月25日(土) 

 宇都宮市の市街地を流れる一級河川釜川。日本でも珍しいといわれる二層河川(川の下にもう一本川が流れている)の釜川。

 そんな釜川の親水スペース「じゃぶじゃぶ池」周辺を清掃する、ボランティア体験プログラム「釜川コケ落とし大作戦」の今年度2回目、令和初となる活動を行いました。

DSC01936.JPG


 5月25日は、真夏を思わせる陽気であり、つい先日にはゲリラ的な豪雨もあったわけですが、氾濫防止の工夫をされた釜川は、平然としておりまして、集まったボランティアの皆さんとともに清掃活動を行うことができました。

 今回の活動には、市内高校(日々輝学園)の生徒さんたちや、夏休みを控えボランティア経験を積もうと希望下さった短大生の学生さんたち若い皆さんをはじめ、「大和ハウス」「中外製薬」といった事業者、労働組合の皆さんなど、総勢29名がご参加下さました。

DSC01914.JPG


 前回4月の活動にも参加下さったリピーターさんたちと、今年初参加の皆さんを含め半々くらいの構成となりましたが、経験済みの皆さんたちが躊躇なく長靴で河川に入っていく雄姿を見せてくれたので、みんなでそれぞれに、

 デッキブラシ片手の川底清掃に熱中することができました。

 リピーター組の中には、市内中学校(若松原中学校、田原中学校)の生徒さんたちもあって、こうした生徒さんたちが、学校や部活の活動とは別のボランティアに自発的にご参加下さることがとても嬉しかったですね!

DSC01878.JPG


 清掃作業自体は、前回の活動もあったことで、よりスムーズに進めることができました。半年休んでいた前回よりもあきらかにスピードアップしたことで、30度を超える陽気の中でしたが、体調を崩す方も出ず、無事に終了することができました。

 今回参加してくださった中学生の皆さん、日々輝学園宇都宮キャンパスの生徒の皆さん、事業者の皆さん、ご協力ありがとうございました。

 次回は、6月22日(土)の開催を予定しています。暑さとともに雨が気になる季節に入っていきますが、コケ落とし大作戦は、いつもの感じでお待ちしておりますので、お気軽にご参加下さい♪

 近日中に次回予告もいたしますので、募集が開始されましたら、ご応募をお待ちしております。

(記事投稿:小倉)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック